心と体

Analyze me! (Continue..)

さてさて、前回オーダーした肥満遺伝子分析キット。諸般の事情によりやっと届いたので分析開始。

キット箱。思ったよりコンパクト。

Img_0359

専用爪切りまでついている。自前の爪切りを使うと他の人の爪が入ってしまう恐れがあるからとのこと。

Img_0362

標本採取前に添付のブラシで爪をきれいにする。これも前記同様対象以外の不純物がはいるのを防ぐため。

Img_0365

爪は2つ切る。

Img_0367_1

それぞれ4分割して、添付の2つの採取瓶に入れる。1つの爪を4分割するのが意外に難しい。問診表といっしょに封筒にいれて送って20日くらいで結果が届くそうだ。またレポートするね。

Img_0369

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

胃カメラを飲む

健康診断のフォローオンで胃の内視鏡検査(=胃カメラ)を受けたのだ。会社から紹介された六本木ファーストクリニックは、流行のセレブな雰囲気(すまんプアな表現で)。大昔、十二指腸潰瘍をわずらった際に受けた胃カメラ検査にはにはえらい苦労させられた思い出しかない。故にずっと胃カメラ検査を拒否してきたのだが、最近の胃カメラ検査は昔ほど無体なものではなく、かつここでは苦痛の無い内視鏡検査が受けられるということで渋々受けることにしたのだ。

1.リクライニンチェアに座ってリラックスした状態で喉にゼリー状の麻酔薬を含む。5分放置。舌が痺れてきて喉がつまったような気分になる。喘息もち(あらかじめ伝えてある)なのでちょいとヤな気分に。
2.5分後にゆっくりと麻酔薬を飲み込む。更に麻酔薬追加して5分。喉の感覚は完全になくなる。舌も痺れてるのにちゃんとしゃべれるのが不思議
3.その後検査室へ。鎮静剤を注射。ちょびっと意識が朦朧となる。
4.口にマウスピースをはめた状態で、胃カメラを挿入。あっという間にはいっちゃった。鎮静剤のせいかこのあたりの記憶はあいまいだが、先生がカメラを操作しながら映像(目の前にディスプレイがある)の説明をしてくれるのを面白く聞いていた。
5.その後、回復室で1時間ほど休む。ぐっすり寝ておきたらのどの麻酔も切れていた。

結論としては、いやー楽チンでした。前に点滴を受けた際も思ったんだけど、本当に医療の進歩ってすごいな。おみやげに胃カメラ写真(グロなのでアップしません)もいただいたしね。肝心の検査結果も良好で、胃炎(逆流性食道炎・びらん性胃炎・表層性胃炎)は起こしていたけど、直った跡&直りかけばかりで、食生活に注意すればリカバー可能とのことだ。まあせいぜい節制いたしましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

Analyze me!

こんばんわ。ポエマー(誤用だってばよ)nyaです。暑さが高じると脳が熱暴走するんだよな。熱にうかされついでに昨夜のWBSで取り上げられていたこんなものオーダーしてみました。 ニュースリリースはこれ

つめで肥満体質を遺伝子診断=検査セット発売―オリンパス子会社

オリンパス の子会社で遺伝解析のノバスジーン(東京)と栄養補助食品の販売などを手掛けるイービーエス(広島県)は22日、つめを切って郵送するだけで、太りやすい体質か否かを遺伝子診断する検査セットを発売すると発表した。デパートや薬局などで、肥満解消に役立つダイエット食品とともに23日から販売を始める。 

遺伝子分析という言葉に無条件に反応するnyaなのだ。フォローレポートしますので。

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

喘息記 : このごろの体調

今月の福岡出張以来、諸要因により喉の調子は悪化の一途をたどっていったので、先の金曜、医者にいってきたら、ピークフローが平均値の半分もでてないレッドゾーンということでえらいおこられますた。

続きを読む "喘息記 : このごろの体調"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

喘息と副流煙

喘息の敵といえば風邪・ペット・ストレス・運動そして煙草だ。先月、迂闊にも風邪を引いてしまい、例によって喉に来た。直りかけの頃に送別会に出席。通常会社の宴会関係は喫煙者席が隔離されるのだが、遅れていったせいで喫煙者席しかあいていなかったのさ。宴会中、副流煙を浴び続けた私は当然その夜喘息の発作を起こして死ぬかと思った。で、それから一ヶ月あまりずっと喉の調子が悪かった。私の夫も煙草を吸う。私が喘息にかかった当初は台所の換気扇の下で吸っていた。その後、書斎、中庭とどんどん遠くにおいやられ、いまではベランダにでて吸う蛍族となっているのだ。

続きを読む "喘息と副流煙"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

睡眠周期

私の眠りの周期は1時間半。で、平日はだいたい3クール4時間半寝てる。12時頃寝て4時半に目が覚めるのだ。わりと正確。

ところが週末張り切って仕事してたらちょいと寝不足気味になった。で、昨夜早い時間に眠くなって23時ごろ寝たら2時頃目が覚めてもう寝れない。2クールで途切れちゃったのだな。こまったにゃー。3時頃までには寝ないと明日いつもの時間に起きれないようと悶々としてるのだ。とりあえずビールでも飲もう(ダメ人間)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

尾篭な話

尾篭な話で恐縮だが私は膀胱炎持ちである。女性に多いこの病気は冷えや尿意を長期に我慢したり、生理などで尿道付近で雑菌が繁殖し膀胱が冒された場合に発症するものだ。営業関連の仕事をしていると時にトイレに行くのもままならなかったり、ききすぎた冷房に晒されがちで同じ悩みを持つ女性は多いと思う。私もご多分に漏れず年に1回くらいの割合で発症している。こじらせると血尿が出たりもするが、たいていは早いうちに気がついて市販薬(ウロナミン腸溶錠など)を飲んで直してきたのだ。この手の薬は腸で吸収されて膀胱に排出されて殺菌効力を持つ。2、3日飲めばてきめんに効くので常備薬として買い置いていた。

で、昨夜から下腹部がどよんとした感じになってきたので、薬を飲もうと思ったら切れている。あわてて薬局にいったら、なんとこの四月から服用系の殺菌薬は市販できなくなったということ。がーん。すぐに内科に駆け込んで処方箋(クラビット錠)を出してもらって事なきを得たが、買い置きができなくなったのはちとつらいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

盲腸じゃないよ

てっきり盲腸だと思ったのだ。昨日は朝起きた時から右下腹がしくしくと痛かった。とはいえ、激痛というほどではないしと出社したら、どんどん痛くなる。朝から夕刻までスケジュールが詰まった状態であり、かなり我慢はしていたが、いよいよ絶え間ない激痛となりいけなくなった。とうとう午後三時、顧客訪問後会社に断って早退し、自宅近くの総合病院に駆け込んだ。

手際よく血液検査とレントゲンをとり、先生はその結果を見て首をひねった。「うーん微熱もあるし白血球数は確かに多くて腸は炎症をおこしてるんだけど、盲腸ほど多くはないんだよね~。ちょっとそこで飛び上がってみて」「へい」ドスン!「ほら飛びあがれるでしょう。盲腸の人は飛び上がることもできないくらい痛いんだよ。」「そんなものですか」「まあ、腸炎ってとこかな」

うう~ん、こんなに痛いのに盲腸じゃないのか~。そのまま処置室で抗生物質の点滴を受け、クスリをもらって帰宅。確かに激痛は治まったのだが今度はしくしくとおなか全体が痛い。やっぱ暴飲暴食はいかんなー。しばらくお酒はひかえよう。

下記は点滴記念写真。吃驚したのは看護婦さんが点滴を入れてチューブを腕に固定した後は、「このまま腕は自由に動かせますよ」といったこと。たしか20年ほど前に入院して点滴を受けたときは腕は固定、ちょっとでも動かすと点滴が漏れて腕が丸太のように腫れ上がっていたはず。なんでも金属の針ではないのだとか。医療は進歩するんだなあ(涙)。でも時間がかかるのは同じ。2時間以上かかったので思わずノーパソ広げてベッドの上で仕事してしまったよ。

20050621

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

もはや年中行事

夜中に嫌な夢を見て目が覚めた。寝る前に次回大人計画の公演「キレイ」の主演酒井若菜ちゃんが体調不良のため降板したというニュースを見たからか、松尾スズキさんが困っている夢だった。がんばれ松尾部!蘭々ちゃんもがんばれー - それはさておき、起きたら喉が痛くて身体ががたがた震えている。こりゃあやられたなと思って熱をはかったら38度。私の体には年単位でのタイマーでもついているのか - 去年の今頃もひっくり返っていたよ。

今年は昨年の轍を踏むまいとして身体を冷やさないようにしてたんだけどねえ。しょうがないよな私の扁桃腺。週末でよかったけど、来週は期末だし予定が詰まっているしで休むわけにはいかないのだ。根性でなおすぞ~!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

アレルギー体質を憂う

先週、出張にいったとき那覇空港のDFS(あるのよ!)で普段使いの基礎化粧品を買ったと思いねえ。そしたら、サンプル品を結構もらったのよ。「夏用のクレンジングクリームです。メラニンを定着させない効果があるんですよ」と化粧品売り場の店員さんがいったのさ。で、使ってみたら...かぶれた。

既出であるが私はアレルギー体質だ。花粉症にアトピー、喘息。いろいろあってそりゃもうやっかいなんだけど、成人していちばんこまったのが化粧品にかぶれる体質だ。特に基礎化粧品。アレルギーフリーをうたっていようがなんだろうがかぶれるものはかぶれるのだ。試行錯誤のX十年。基礎化粧品はランコム。メイクアップ用品は資生堂のそれぞれごく限られた製品ならばOKというところにたどり着いたのさ。でも新作がでれば試してみたいのは女心(藁)。そしてかぶれちゃって泣きをみるのだ。今回はランコムの日ごろ使っているラインの新製品だったのでちょっと油断した。パッチテストもせずにいきなり使うのはやっぱよくないなあ。

ほっぺたぼろぼろ状態。かゆいし痛いし皮向けてがさがさだし...明日からどうやって会社いこう(;-;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|