演劇

NTLive「コリオレイナス」感想

リハビリ企画第一弾行きます!さて本年から始まったNTLive!英国立劇場が英国の質の高い/最先端の舞台を厳選して英国のみならず世界にスクリーンを通して発信しようという素晴らしい企画。日本での興行を成立させてくれたTOHOシネマズさんにたいへんに感謝している。TOHOシネマズカード作りましたよ!通いますw

NT Live日本公式サイト

続きを読む "NTLive「コリオレイナス」感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

シティボーイズミックスPRESENTS『西瓜割の棒、あなたたちの春に、桜の下ではじめる準備を』感想

年に一度のお楽しみのシティボーイズだけど、前回「動かない蟻」は2011年9月だったから1年半開いちゃったんだな。いずれにせよ今年も恙無く開催されたのはめでたいことだ。みんなお年寄りだからね!観客もね!

ところで今回の公演の詳細が発表されたとき、みな吃驚した。だって脚本と演出が宮沢章夫だったから!ここ10年くらいのシティボーイズは若手の脚本・演出でやっていたので、いきなり!しかも宮沢さん!

宮沢さんとシティボーイズといえばラジカル・ガジベリビンバ・システム!今日のシティボーイズMIXによるコントの基となった伝説のユニットだ。概要はwikiで(手抜き)。ともかくシティボーイズにスネークマンショー、中村有志、いとうせいこうその他もろもろの同時のサブカル芸人・文化人などとんがった人たちが参加してた(でも結構ぐだぐだなww)ユニット。バブル&サブカル全盛の頃は、民放の深夜テレビも前衛的なコント番組を流していて、そこでも活躍していたねえ。その頃関西では新感線と関西小演劇番組を…これもぶっとんでたよ!

そんな宮沢さんが25年近くぶりに参加というので、ファンはみな「あの往年のラジカル・ガジベリビンバ・システムが!」と期待した。私もちょっぴり期待して見に行ったら、わりといつもの還暦を越えたおじさまたちのゆる~いコントでしたよ。ただちょっと私の見始めた頃の三木聡演出の雰囲気があったかな。このあたりがシティボーイズの根幹なんだなあ。で私はそのゆるくてぐだぐだなシティボーイズが好きなんだなあと思いましたよ。

以下コント覚えてる限り!ネタバレなんで観劇予定の人はスルーしてね!

続きを読む "シティボーイズミックスPRESENTS『西瓜割の棒、あなたたちの春に、桜の下ではじめる準備を』感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

「11ぴきのネコ」感想

井上ひさし作品にはじめて出会ったのは小学生の時だったな。デビュー作の「ブンとフン」(新潮文庫版)。ユーモア小説と思って読み始めたらかなりシビアな文明&人間風刺小説だったのでびっくりした記憶がある。その後五月雨式に小説を読み、芝居もいくつか観ているけど、まあいずれもシニカルで人間のずるさ哀しさ怖さ愛しさを描いている。

「11ぴきのネコ」もそうだ。原作は馬場のぼる先生のかわいい猫の絵本だけど、井上先生はそれをかわいらしい猫の皮をかぶったシビアな(蠅の王みたいな?)群衆劇にした。前向きで理想に満ちて仲間思いで勇猛果敢なにゃん太郎。彼がにゃん老人から聞き出した北の大きな湖に棲むというおおきな魚。それをつかまえればもう仲間が飢えることはない。彼のいざなう旅。都会の片隅でそれぞれの事情で野良ネコとなり腹を空かせた10ぴきのネコたちは、それぞれの思惑で彼にしたがっていく。

一見明るく陰りのないかわいらしい(でもやってんのはアラフォーのおっさん小劇場俳優だけどね)猫の冒険劇の奥底に絶え間なく流れる不協和音はやがて戦慄のラストとなって観客に牙をむく。つけたしのように語られる後日談が彼らの真実だ。ラストのにゃん十一の歌「11匹のネコが旅にでた」がむなしく悲しく劇場にこだまする。それは私たち日本人が敗戦後歩んできた繁栄への軌跡への残滓なのか。その歩みの先にいまの私たちが知ってしまったひとつの回答―無残に壊れた原発の残像があるように感じた。

続きを読む "「11ぴきのネコ」感想"

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

シティボーイズミックスPRESENTS『動かない蟻』感想

年に一度のお楽しみ。還暦を越えたおじさまたちのゆる~いコントを楽しみに今年は三軒茶屋駅前の世田谷パブリックシアターにやってきましたよ!ほーんと家から近いのよ。車でドアツードアで30分でついちゃった。しかもキャロットタワーの地下の駐車場にとめて4Fにあがれば劇場なんでラクチンラクチン。三茶はいいねえ。

てなわけで今年のシティボーイズは脚本・演出に漫画家の天久聖一、共演に荒川良々、辺見えみりを迎えてちょっと演劇・サブカルよりでやってみましたって感じかな。ところで天久さん、私この人を漫画家として認識していたのだがあまり作品を知らないことに気が付いた。バカサイ(バカはサイレンでなく)くらいかなあ。多才な方で、今回の脚本演出はほぼはじめてということだったけど問題ない出来!だってシティボーイズのコントだもん!

あ、そうそう今回中村有志さんをとてもうまく使ってた。この人アクがつよいからいつでもちょっとやりすぎ感があったんだけど今回は絶妙なサジ加減。それよりアクのつよい荒川良々くんがいるからなあ。「巨大なマゾ」と「タカシくん」最高でした!プロの役者だよねえ。

そういう意味では今年はちょっと演劇よりだったので、きたろうさんのうまさが際立ってた。いや台詞はあいもかわらずぐたぐたなんだけど(斉木さんも~)、演技はいいよねえ。「30年のキャリア(斉木さん談)」だけのことはあるよ。

p.s. アフタートークで良々くんの滑舌(あれは味だよね~)について言及されたとき、斉木さんが「昔劇団で一緒だった石丸謙二郎も最初何いってるかわからないほど滑舌が悪かったが、いまでは「世界の車窓から」で見事なナレーションを。。」っていってた。人に歴史ありじゃのう。

以下ネタバレなんでたたみます。これから観劇の人は注意!

続きを読む "シティボーイズミックスPRESENTS『動かない蟻』感想"

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

「CLOUD」感想

ネットワークSEやってた頃、スニファー(ネットワーク監視ツール)でよくお客様のネットワークチェックしてた。画面を流れる膨大な16進数。プロトコル毎にカプセル化されたデータ(パケットね)。UDP、TCP、IP…ヘッダーを見つめ続ける。無機質な英数字の羅列に見えるそれには全て意味がある。その頃は有線のLANだったけど、いまは無線。パケットは空間に溢れ出す。有意信号に満ち満ちた芳醇な空間。

ネットワークにつながるあらゆるデバイス。サーバー、パソコン、プリンター、携帯電話、ルーター、スイッチ。みんなつぶやいてる。自分の存在を主張してる。

「おおい、おおい、私はここにいるよ。生きているよ。気がついて。そしてあなたたちのディレクトリー(住所録)に私を登録して。」

生き物みたいだ。そう、わたしたちは正しくネットの海に浮かぶデバイスだ。生きて、処理して、記憶して、生存信号を発呼して、他のデバイスとつながろうとして-

つながろうとしてない?つながらなければどうするの。

オガワ - あなたはどうしてそこにいるの?

続きを読む "「CLOUD」感想"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

野田地図「南へ」感想(超短感、でもネタバレあるので注意)

はあい年に一度の野田地図。今年は意外とはやかったなあ(昨年が遅かったんだな)の2月公演。妻夫木くんと蒼井優ちゃんをフィーチャーした新作「南へ」。

Img_0612

芸術劇場恒例スパークリングワイン。野田さんAERAえっせい「ひつまぶし」(notひまつぶし)も買う。

今回の舞台は火山観測所。所員が連れてきたのは火口に身を投げようとした女アマネ(蒼井)。そこへやってくる新任観測員南(妻夫木)。着任早々、アマネの嘘に振り回される。観測そっちのけでナイターを見る所長(渡辺いっけい)。人のよい人吉(山崎清介)。理路整然とした道理(チョウソンハ)。いまにも噴火しそうな火山を目の前に「この火山は噴火しない」といいはる所員たちに南は疑問をいだく―

舞台はかわり火山のふもとの旅館。VIP(野田秀樹)とSPたちを迎える女主人(高田聖子)。VIPは天皇陛下がここを行幸するための事前調査を行っていたのだ。秘密の調査だがみなにはバレバレ。天皇皇后両陛下の影武者(藤木孝、銀粉蝶)を交えたドタバタをするうちに、時代はさきに火山が大噴火した宝永の世に移り変わっていく―

以降、ほとんど感想ないんだけどネタバレしっかりしてるのでこれから観に行く人はご注意ください。

続きを読む "野田地図「南へ」感想(超短感、でもネタバレあるので注意)"

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

シティボーイズミックスPRESENTS「10月突然大豆のごとく」感想(ネタバレあり)

年に一度のお楽しみ。還暦を迎えたおじさまたちのゆる~いコント。でも毎年ゴールデンウィークあたりにやる公演が今年は無かったのであきらめていたら「10月突然!」公演のお知らせが!喜んでチケとって出かけましたよオペラシティの新国立劇場中劇場へ。

池尻ジャンクションができてから、新国立劇場は三茶の世田谷パブリックシアターに次いで「車で行くと近い劇場」になっています。ドアツードアで30分。近っ!

今年は中村ゆうじさん(54才。三度目の離婚をなさったことをアフタートークで大竹さんにバクロされていました。お盛んですなあ)に加えて若手漫才コンビの「ザ・ギース」と「ラバーガール」。この2組知らなかったのですが、何度も賞をとられている実力派の方々なのですな。実際うまくってバツグンの安定性。大昔、くりぃむしちゅーの有田さんと上田さんが「空飛ぶ雲の上団五郎一座」で舞台に立った時、あまりのうまさに「やっぱ芸人さんて演技もうまいんだ~」とすっかり尊敬したけどそんな感じ。

むしろだめだめなのはきたろうさんと斉木さんだ…いやそれを期待して観に行ってるところもあるんだけどさあ。今回も期待にたがわぬだめだめさ。斉木さんはセリフでてこなくって、大竹さんに教えてもらってるし、きたろうさんはあろうことか漫才コンビのセリフを間違えて相方のラバーガールの飛永さんをあわてさせていましたよ。

あとはネタバレ含むんでたたみます。観劇前の方はご注意ください。あ、今年もWOWOWの収録日にあたってしまった。なぜかあたる機会多し。

続きを読む "シティボーイズミックスPRESENTS「10月突然大豆のごとく」感想(ネタバレあり)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

野田地図「ザ・キャラクター」感想

年に1度の野田地図公演。今年は東京芸術劇場だよ!はじめての劇場だけど、副都心線の開通で田園都市線からの乗り換えがぐんとらくになって池袋までも楽々。行ってびっくり、でかい劇場コンプレックス。今回のパンフに大好きなアーキテクト隈研吾先生と野田さんの対談がのってて、それによると東京芸術劇場はロンドンのバービカンをモデルにしてるんだって。大中小と劇場あって、カフェやシアターショップもはいってて、野外ステージもあってお客さんがはいってて、いい感じ。やっぱ都市には劇場が不可欠だよ!どんどん税金つかってくれい(うそうそ。でも劇団に安く貸してあげてください)

å??è?¸è¡?å??å ´ ã?§ã??ã?£ï¼? on Twitpic

初芸術劇場、でかい吹き抜けエスカレータ

観å??å??ã?·ã?£ã?³ã??ã?³ on Twitpic

カフェも充実。観劇前にスパークリングワインのんだよ!

さてニュースでも流れたように、銀粉蝶さんが、お稽古中に骨折されて、当面舞台は代役をたてて上演されている。銀粉蝶さんは劇場をまるごと支配するオーラを持った素晴らしい女優さん。リチャード三世に続いての古ちんとの共演を楽しみにしていたのに返す返すも残念無念。一日も早いご快癒をお祈り申し上げます。

例によって私の感想はネタバレには躊躇がありませんので、これから観劇予定の方はご注意くださいませ~。 

続きを読む "野田地図「ザ・キャラクター」感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年観劇予定と感想

  1. 3/20(日) 劇団☆新感線春興行 薔薇とサムライ @ 赤坂ACTシアター(☆☆☆☆★) 感想
  2. 6/27(日) 野田地図 ザ・キャラクター @ 東京芸術劇場
  3. 10月 シティボーイズミックスPRESENTS 『10月突然大豆のごとく』.@新国立劇場
  4. 11/3(水) 劇団☆新感線秋豊年満作チャンピオン祭り 鋼鉄番長 @ サンシャイン劇場
  5. 12/17(金) 劇団☆新感線秋豊年満作チャンピオン祭り 鋼鉄番長 @ 福岡 嘉穂劇場

|
|

演劇関連2題

■プロペラ犬新作「アウェーインザライフ」 み、水野美紀ちゃんがオーケンになっておられる!と思ったらまじオーケンのステージ衣装だって!素晴らしい~筋少コラボ。水野美紀ちゃんは本当に舞台人生謳歌しているなあ。女古ちんになってください。いやなれますマジで。

森三中・村上が初舞台!「緊張しています」

■ののちゃさんのところで知った。ヴィレッジ(劇団☆新感線運営会社)公式サイトオープン。本谷さんだけ異質(いやハブにするわけじゃなくって)。いろいろアレですがまあみんないるからいいや(逆木さんとこぐれさんは?)。っつーかみんな私服。粟根さんの普段着ぷりったるや。これに釣りベストとキャップ装着がデフォ。劇場の客席でお見かけする姿です。

公式サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧