« 超簡単ジャガイモのガレット | トップページ | STIDスペシャル・プレビューを観てきたよ!ベネさん舞台挨拶編 »

ベネさんが再び日本にやってきたのでお迎えしたよ!

さあて、昨年12月STIDのプロモーションで我らがベネさんが来日した折 - その頃ベネさんはSHERLOCKで一部のファン(私たちね)に人気を博していたとはいえ、日本での知名度はいまいち。特にメディアではね。著名なハリウッド映画の悪役への起用が特に洋画不振の日本でどのような効果をもたらすか、まだまだ未知数だったといえましょう。

それを払拭したのがベネさんの成田でのファンの歓迎っぷり。初来日のベネさんを精いっぱい歓迎しようと集まったファンが500人  - ベネさんも驚いたけど日本のメディアも驚いた。その後のベネさん(そしてマーティン)のメディアでの扱いの変わったこと変わったこと。ベネさんにも喜んでいただけたようで折に触れて日本での歓迎のことを語ってくれる。本当にお迎えに行って良かったなあと思ったよ!当時のレポート。

ベネさんが日本にやってきたのでお迎えしたよ!

てなわけで8月の日本でのSTIDの公開に先立ち、ベネさんがプロモーションのために再来日してくれることが決まった時、私はやっぱり感謝の意をこめてお迎えしに行こうと思ったのだ!それがたとえ猛夏でも!三連休の最終日でも!

以下長いのでたたみます~。

例によってTwitter情報では早朝から人が集まっているとのこと。この様子なら今回は間違いなく前回の500人を越えるだろう。しかも第一ターミナルは狭くて二階がない!でも前回一階を早々にあきらめて二階からベネさんアライバルの様子を見ていた私はたいそううらやましかったのだ!後ろの方でもいいから一階でベネさん歓迎の感動を皆とわかちあいたいと思ったのさ。

15時過ぎの便で到着と聞いていたので、今回はお昼すぎくらいに空港についた。この時点でこんな感じ。

006

300人くらいかな。明らかに前回より多い。軽く食事をとって同行夫を喫煙ルームに追いやって、私も後列についたよ。位置が到着口の正面だったのは後にナイスな選択と知る。すでに最前列はウェルカムボードを掲げたり浴衣姿のお嬢さん方など気合いのはいった歓迎ムード。皆さん、前回同様大人で落ち着いていて素晴らしいふるまいをなさってたよ。

で、前回同様サインはNG。プレゼントやお手紙は責任を持ってスタッフが預かってベネさんにお渡しいただけるとのこと。前回と違ったのは。後ろの人も見えるよう、前3列位まで座るようにとの指示がでたこと。前の方々にはちょっと負担で申し訳なかったけど後ろの列の私にはたいへんにありがたかったです。

そして15時45分くらいかな?ベネさんが到着口に姿を現しました!前回はノーブルなスペンサーハートのスーツ姿だったけど、今回はおなじみ白Tシャツをインしたダンガリーシャツに濃い色のパンツにスニーカー。ベネさん先週の木曜日のTopGearの収録から土曜日のウェリントンでのTWEのプレミアまでずっと同じテイストのファッションなので皆の生温かい目が気持ちよかったよ(ああ、やっぱりねーって感じ!)。そしてヘアスタイルはくりんくりんのゆるふわダークヘアで本当にリラックスなさってた。こんな感じ!(ボケボケご容赦。写真下手で…)

Bene1

最大のサプライズは、ベネさんが私たちの前で立ち止まり、静かにするようにジェスチャーで指示(何回かやったので面白かった~)、私たちに語りかけはじめたことでした。それはベネさんの本当に真摯なメッセージ -

以下メッセージ:I just want to say to all of you - I'm sorry I can't come round and meet you all individually, I know how long some of you have waited here and I'm very, very touched.
When I get home, my mum and dad don't even come and see me at the airport, so to have all of you here is so amazing.Now please all go and see the film that I'm here to promote - Star Trek Into Darkness, thank you!

nya嘘訳:皆にこれだけは言いたかった。ひとりひとりに会う時間がなくてごめんなさい。長い時間到着を待ってくれて感動してる。帰国の際に両親でさえ僕を空港でこのように出迎えてはくれないよ。こんな温かな歓迎を受けるなんて信じられないくらい嬉しい。僕のプロモートするSTID是非みてね(笑

ベネさんのこの肉声を聞くことができたのは本当に僥倖でしたよ。彼が心から私たちの出迎えを喜んでいることがわかったから。行って良かった! 願わくばベネさんの再びの日本滞在が素晴らしいものでありますように。そして勿論STIDの成功も!

<追記>なんと上記ボケボケ動画がいつも面白記事を紹介する英国の東スポ、デイリーメールに載っちゃいました。記念にゃ!デイリーメールはメッセージの聴き取りもしてくれたのでありがたく載せてしまいましたにゃ!

He's big in Japan then! Benedict Cumberbatch seems overwhelmed as he's greeted by sea of excited fans at airport

映画.comさんによるベネさん来日Ustreamアーカイブ

夫が2階からとった写真もつけておこう。

ベネさん挨拶の図。私も写ってるよww

Img_0265_1

Bene3

さて明日は六本木でSTIDスペシャル・プレビューです!勿論行きます!こちらのレポートもするよっ!

BBCドラマ「SHERLOCK」感想および情報目次

|
|

« 超簡単ジャガイモのガレット | トップページ | STIDスペシャル・プレビューを観てきたよ!ベネさん舞台挨拶編 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは(^-^*)/

成田の様子、USTで見てましたよ~!ベネさんの優しさがあふれ、PCの前で感動しておりました。明日の舞台挨拶も楽しみですね。私は7時の回に参戦ですO(≧∇≦)o
ベネさんは甘党なので、日本でぜひハニトーを食べていってもらいたいです(^~^)

ベネさんももちろんですが、映画めっちゃ期待してます。早く、愛するエンタープライズとスポックに会いたいです(*゚▽゚*)

投稿: aiko | 2013.07.16 00:44

おお、aikoさん、コメントありがとうございます!

USTでご覧頂いていたのですね!ベネさんの誠実さ優しさ素晴らしいです~。そうそう!日本のスイーツ美味しいですから是非体験していただきたいです!

aikoさんもプレビューいらっしゃるのですね!私もSTIDわくわくです。エンタープライズの雄姿を観たら泣いちゃうかもしれません!そしていちおしペグっちスコッティにはやく会いたい~

ではでは、プレビューの感想もネタバレありで書いちゃったりする予定ですので是非またいらしてくださいね!

投稿: nya | 2013.07.16 05:47

今朝のめざましで放送されてましたね。1000人がお出迎えと。うらやましい!
軽部さんも「ベネさま」覚えておかなければいけませんね〜って、言ってましたので今以上にブレークしてしまうかも…。

投稿: nemu1neko | 2013.07.16 07:31

をを、neme1nekoさん、コメントありがとうございます!

お出迎え賑やかでしたよ~楽しかった!ベネさんブレークは必須ですな。もっとたくさんの人に素晴らしいベネさん演技を知ってほしいです!

投稿: nya | 2013.07.21 18:53

シャーロックを最近知り、こちらに参りました。
素晴らしいレポート拝見できて嬉しかったです。

始めはストーリーでわからないところがあり、
こちらへ伺ったのですが、
丁寧に綴られたあらすじの記事もとても勉強に
なりました。話がより深く理解できました。
ありがとうございます。

浅い「シャーロック」のファンですが、
これからもいろいろ勉強させていただくために
こちらに伺います。よろしくお願いします。
読んでいてとても楽しかったです。

投稿: 通りすがり | 2013.08.27 00:00

通りすがりさん、はじめまして!コメントありがとうございます!

こんな辺境のブログにようこそお越しくださいました。通りすがりさんもシャーロックのファンなのですね!記事を読んでいただけて、嬉しいです。これからもよろしくお願いいたします。

S3の撮影も終了し、BBCで新しいフッテージも発表され、これから年末年始の本国での放送に向かっていろいろ情報もでてくるかと思います。のんびり更新ではありますが引き続きおいかけますのでどうぞまたいらしてくださいね!

投稿: nya | 2013.09.02 06:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33364/57797835

この記事へのトラックバック一覧です: ベネさんが再び日本にやってきたのでお迎えしたよ!:

« 超簡単ジャガイモのガレット | トップページ | STIDスペシャル・プレビューを観てきたよ!ベネさん舞台挨拶編 »