« 2013年4月:SHERLOCK S3撮影情報覚書 ⑤【ネタバレ】The Return of Sherlock Holmes with Dr.Watson | トップページ | 2013年4月:SHERLOCK S3撮影情報覚書 ⑦【ネタバレ】E2「The Sign of Three」撮影はじまったよ! »

2013年4月:SHERLOCK S3撮影情報覚書 ⑥【激ネタバレ】I survived the reichenbach fall【我ライヘンバッハカラ生還セリ】

さてさて、前回私は「ライヘンバッハの撮影状況はそんなに漏れてこないだろう」って言ったけど

ぜんぜんそんなことはなかったぜ!

ツイッターの#setlockタグやタンブラーはMassive Spoiler(すごいネタバレ)の嵐で、ネタバレに躊躇ない私でもさすがにちょっとひいてしまったよ。

でもまあミステリーのオキテ「木の葉は森に隠す」にならって、モファティスは「ネタバレはネタバレに隠す」をやってるんだと思う。真のストーリーは本編S3を見てのお楽しみってね。だから私もネタバレ画像を楽しんで勝手に憶測して本編見て「やられたあ!」ってやることにするよ。

てなわけで超ヘビーなネタバレ嵐と無責任な憶測いきますよー。回避してね~。

さて、S3E1の撮影もいよいよ最終週、ロケ地はロンドンに移った。前半はベーカーストリート221B(実際はEustonのNorth Grower St.) でのシャーロック帰還とジョンの拉致シーンの撮影。そして後半はバーツ、聖バーソロミュー病院でのライヘンバッハの追加シーンだ。この撮影、ロンドンの中心、しかも日程が週末であったため、見物人も多く、実にたくさんのSpoiler写真が撮影され、ネットにあげられた。その数数百枚。もちろんメディアにも取り上げられた。

思うにこのネタバレの嵐はモファティスの戦略ではないか。注目度の高いS2E3のクリフハンガー、ライヘンバッハのシーンの撮影をロンドンの中心部で週末に大々的に敢行する。秘密裏に行うことも出来た筈なのにネタバレ画像を撮ってくれと言わんばかりのこの公開っぷり。いわゆる撹乱作戦だ。

当然タブロイド紙もとりあげる。「そもそも見出しがMassive Spoiler」のデイリーメール行きます。どん!

Cumberbody double! Benedict dashes to switch places with his 'dead' stunt man while filming new episodes of Sherlock

どうよこの見出し。ツイッターでも「デイリーメールの見出しはネタバレになってるから見ちゃダメ~」と全世界で通達されてるだけのことはあるね。Cumberbodyがちょっとかわいいけどね!

この記事を見ると、撮られているのはS2E3のライヘンバッハの補足シーンであることがわかる。記事冒頭では以下の2つのシーンが掲載されている。

- シャーロック落下地点で身代わり死体に変わってシャーロックが横たわる。死体は仲間が運び出す。
- シャーロック落下地点で身代わり死体を残してシャーロックが立ち去る

これは2つのシーンというよりも1つのシーンを2つのパターンで撮影しているのではないか。これから何が類推されるか? その前に、S2E3のライヘンバッハのシチュエーションをもう一度おさらいしてみよう。

1.マイクロフトが何らかの意図をもってモリアーティにシャーロックの過去を話す
2.モリアーティは役者リチャード・ブルックを捏造し、シャーロックは自作自演で事件を解決するインチキ探偵であり、モリアーティも彼の指示で演じていたにすぎないと世間に信じ込ませる
3.世間にも警察にも追われたシャーロックはモリーに何事かを頼む
4.ジョンを騙して自分から遠ざけバーツの屋上でモリアーティと対峙する
5.モリアーティは彼の部下の暗殺者にレストレード、ハドソン夫人、そしてジョンを狙わせており、彼らを助けたければ自殺しろと脅す
6.シャーロックはモリアーティが暗殺の命令を解除できると彼に反撃する。モリアーティは自らの頭を打ちぬいて自殺する
7.シャーロックはバーツに駆け付けたジョンに自分はフェイクだと言い残して屋上から飛び降りる
8.ジョンは後ろから来た自転車にぶつかり昏倒する。気がついた彼の眼にシャーロックの死体が飛び込んでくる
9.バーツのスタッフに仰向けにされたシャーロックの血まみれの死に顔。ジョンは彼の腕をとって脈をはかろうとするも、すぐに引き離される
10.BBCでシャーロックの死が報道される。モリアーティについては言及がないことから彼の死体が消えたことがわかる
11.ハドソン夫人とシャーロックの墓参りをするジョン。彼を物陰から見つめるシャーロック

S2E3放映当時、ファンの間ではシャーロックの生還の背景は概ね以下のように憶測されていた。

-シャーロックとマイクロフト、レストレードはモリアーティ殲滅目的で結託している
-モリーはシャーロックの偽装自殺もしくは検死偽装を手伝っている
- シャーロックはバーツの前に停車していたゴミ収集車を偽装自殺のトリックに使っている。ゴミ袋の上に飛び降りる。そこに隠した死体とすりかわるなど
-ジョンにぶつかったサイクリストはシャーロックの仲間である。また、シャーロックに駆け寄る群衆、バーツのスタッフもシャーロックの仲間と思われる(通称劇団シャーロック)
-.ジョンが昏倒している間、シャーロックは血のりをつけて地面に横たわるなどの偽装を行っている。ジョンが彼の脈をとっているがその際は脇に挟んだボール(バーツで遊んでいた)で脈をとめている
-モリアーティの死体はマイクロフト関係で片づけられ伏せられている
-いずれにせよジョンはカヤの外なので可哀そう(涙

モファティスはこの憶測については「まだ誰も真相にたどりつけていない」旨コメントしている。ただし、今回の追加撮影を見る限りこれらの憶測シーンも織り込まれていることがわかる。それに加えて、幾つかのバリエーションがある(用意された死体ならびにシャーロック、それぞれが路上に横たわるシーンがあるなど)

また、今回の撮影でトリックに使われたと思われるゴミ収集車が待機しているが、その陰にエアマットを仲間が運び入れ、シャーロックの指示で片づけるシーンも撮られているように見える。 落下方法も路上に落ちるシャーロック、エアマットに仰向けもしくはうつ伏せに落ちるシャーロックなど、たくさんのバリエーションがある。

またもうひとつ決定的なネタバレ記事。どん!

A more fearful adversary than Moriarty? Derren Brown seen on Sherlock Holmes set 'hypnotising Martin Freeman's Dr. Watson'

これもまた見出しがひどいMassive Spoilerだよにゃあ。

ジョン側の撮影。飛び降りたシャーロックに駆け寄ろうとしたジョンになんと実在のイリュージョニストにして催眠術師(まじ)ダレン・ブラウン氏が催眠術を…ってヲイ! 文章だけで見たときはひどい冗談だと思ったけどこうして実際に画像を見るとこれはないわーって感じだよね。

この一見荒唐無稽なシーンはどういう意図で撮影されたのか。既存のシーンにたくさんのバリエーションを付け加えているように見えるのはなぜか?ヒントのひとつとして先だってのチェルトナム・ロケでのジョンとメアリ(仮)の結婚式(らしき)シーンの撮影がある。もちろんリアルかもしれないが、ネットでは「これはジョンの夢である」という説もあるのだ。

そう、実写ドラマでは夢や仮定、推理や妄想のシーンだって撮影が必要だ。とすると例えばシャーロックの帰還の真相について語り合うシーンでジョンがシャーロックに、「ひょっとして君僕に催眠術使った?」なんて映像付きで問うこともありそうではないですか(なかったらごめん)。

そんなことを考えていたらさらに大きなネタバレが!なんと!死んだはずのモリアーティ(アンドリュー・スコット)が撮影に参加している!おそらく回想シーン。バーツの裏口からゲイティス兄演じるマイクロフトと連れだって出てきたモリアーティがにこやかに彼と握手を交わし去っていく。

マイクロフトが黒幕? - たぶんそれは無いと思うので、これもおそらく補完シーンのひとつ。モリアーティの死は彼の部下の暗殺者に対して偽装する必要がある。故に誰かが彼に変装したのだ。「誰か」とは?それはモリアーティの着ているコートがシャーロックのものであることから大いに想像がつく。でもシャーロックってSHERLOCKでは変装はしないんだよね。だから「モリアーティを演じた」リチャード・ブルックかもしれない。もちろん誰かの憶測の世界を絵にしている可能性だってある。

ふうう。本当にどれがどれやら頭がぐるぐる状態だけど、たくさんのヒントをあれこれ組み合わせていくのは楽しいよ。きっと回答はどこかにある - そして本当にモファティスが観せたいお話は放映まではわからないのだ。

来週の月曜からS3E2「3つの署名」の撮影がはじまる。ジョンの結婚話。果たしてアマンダがメアリなのか?それとも別な役者によるメアリが登場するのか?これがモファティスの提示したキーワード「Wedding」だとしたら、残りの「Rat」「Bow」はどのような形であらわれるのか。まだまだ謎は沢山ある。これからもいろいろな断片情報から妄想していくよ!

BBCドラマ「SHERLOCK」感想および情報目次

|
|

« 2013年4月:SHERLOCK S3撮影情報覚書 ⑤【ネタバレ】The Return of Sherlock Holmes with Dr.Watson | トップページ | 2013年4月:SHERLOCK S3撮影情報覚書 ⑦【ネタバレ】E2「The Sign of Three」撮影はじまったよ! »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

おお…おおお。
面白いですね。こんなにも世界を推理の渦に巻き込むとは!モファティスこそ世界一のイリュージョニストじゃないすかね。頭の悪い私はただただ真相を待つのみデス…
しかしベネさんってほんとにノーブルというか育ちの良さが滲み出ていて、むしろ隠せない域まできてますね。見る画像いちいちジェントルマン。早く嫁さんこないかな。

投稿: aiko | 2013.04.18 21:47

おお、aikoさん、コメントありがとうございます!

モファットとゲイティスの頭の中をのぞいてみたいです~。しかもシャーロックと並行して11月に放映されるドクター・フーの新作も撮影しているんですよ!本当にすごいクリエイター達です!

ベネさんは本当に佇まいが美しくノーブルで惚れ惚れしちゃいますね~。オフではあんなにほやほやしているのにシャーロックになると凛々しく恰好いいし! 素晴らしいですよ~。

投稿: nya | 2013.04.19 06:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33364/57187712

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年4月:SHERLOCK S3撮影情報覚書 ⑥【激ネタバレ】I survived the reichenbach fall【我ライヘンバッハカラ生還セリ】:

« 2013年4月:SHERLOCK S3撮影情報覚書 ⑤【ネタバレ】The Return of Sherlock Holmes with Dr.Watson | トップページ | 2013年4月:SHERLOCK S3撮影情報覚書 ⑦【ネタバレ】E2「The Sign of Three」撮影はじまったよ! »