« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

ドラマ「SHERLOCK:S2E2 バスカヴィルの犬」感想

うふふのふ~シャーロックおんもしろいにゃあ。らぶらぶいってたらあっという間に一週間が過ぎちゃった。あ、オリンピックもはじまっちゃった!Benedict Cumberbatch(以下ベネさん)はBBCのオリンピックカウントダウン番組のオープニングアクトやっててすげー格好よかった。舞台で鍛えてるだけあって佇まいと声と台詞回しが最高なんですな。

こんなのも買った。もうシャーロック中毒。特集としてはしょぼいんだけど(インタビューとパスティーシュ数編あんど座談会)編集部と日暮先生のはまりっぷり(特に編集部は腐の方向で。。ってミステリマガジンの編集者って編集長以下みな女子なんかあ!?)が面白かったのでよしとします~。

えっと私のドラマ感想は例によってネタバレに躊躇はありません。未視聴の方はどうぞスルーして、そして観てくだされ~。NHKオンデマンドで!面白いんだよ~損はさせないよ~(ステマ)。見たのは吹き替え版です。要所要所で原語版で台詞確認してますがおっかけきれない英語苦手もののかなしさ(;-;)。

ヌルイホームズファンのため見落とし勘違いたくさんあります!気がついたら更新していきます~。

では今回は、私がダートムーアまでいっちゃったくらい大好きなお題!S2E2の「バスカヴィルの犬(The Hounds of Baskerville)」の感想いきます!

The past and the present are within the field of my inquiry, but what a man may do in the future is a hard question to answer. (僕の捜査の対象は過去と現在で人がこれから何をするかというのは答え難い問題だな)
- Doyle, Arthur Conan. The Hound of the Baskervilles(Electronic Text Center, University of Virginia Library)

続きを読む "ドラマ「SHERLOCK:S2E2 バスカヴィルの犬」感想"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ロンドン五輪開会式感想

いやあロンドン五輪はじまったね!英国ファンとしては様々なメディアで英国がとりあげられるのがうれしい限り。ここ数年ご無沙汰になっちゃってたけど英国行きたくなっちゃったよ。マイレージがたまってるので時間さえとれればいけるんだけどねえ、まあそのうちに。

てなわけで開会式!漏れ聞こえてくるダニー・ボイル監督の演出プランがとても興味深く、楽しみにしていた。日本時間朝7/28(土)5時(現地時間7/27(金)21時)からの開会式をリアタイでみたよ。ツイッターからの抜粋。

・英国の偉大な作曲家エルガーのエニグマ演奏曲の「ニムロッド」。大好き!のだめと思ったことはひみつ。

・スタジアムの中央にはカントリーサイドが再現されている。丘陵、小川、水車、農家、リアルな牛や羊が放牧されている。農民たちはメイポールで遊んだり、ピクニックをしたり。のどかな農村風景 - 私も大好きな英国カントリーサイドをまず冒頭に持ってきてくれたのがうれしかった。前にも書いたがブリテン島は本来は森と荒地の島。美しいカントリーサイドは貴族によって作られた景観。いわばブリテン島は大部分が人工の島なのだ。英国おそるべし。

・セレモニーのタイトルは「Isle of Wonder(驚異の島)」。これはシェークスピアのテンペストの第3幕。島を支配する怪獣キャリバンの台詞から「Be not afeard; the isle is full of noises, Sounds and sweet airs, that give delight and hurt not.(こわがるこったねえ。この島はうるせえ音や音楽や歌声で満ちている。楽しいばかりで害はねえぜ)」

続きを読む "ロンドン五輪開会式感想"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ドラマ「SHERLOCK:S2E1ベルグレーヴィアの醜聞」感想

きましたよきましたよ!昨年夏にNHK BSで放送されたBBCドラマ「SHERLOCK」ファーストシーズン(S1)全3話。度肝を抜く面白さに心奪われ待つこと約1年。やああああっとセカンドシーズン(S2)が開始されました!S1のブルーレイも買って予習はカンペキ。前回ラスト、宿敵の犯罪コンサルタント、ジム・モリアーティの姦計にはまってゼッタイゼツメイのシャーロックとジョン!どうするどーなるという壮絶なクリフハンガーで待たされた1年 -

あ、おしゃれ探偵シャーロックに対抗するためモリアーティもおしゃれさん!纏うはヴィヴィアン・ウエストウッドの細身のスーツ。おしゃれですねー(棒) ちなみにジョンはユニクロだよ!文句あるかよ!かわいいよ!

えっと私のドラマ感想は例によってネタバレに躊躇はありません。未視聴の方はどうぞスルーして、そして観てくだされ~。NHKオンデマンドで!面白いんだよ~損はさせないよ~(ステマ)。見たのは吹き替え版です。要所要所で原語版で台詞確認してますがおっかけきれない英語苦手もののかなしさ(;-;)。

ではS2E1「ベルグレーヴィアの醜聞(A Scandal in Belgravia)」の感想いきます!

続きを読む "ドラマ「SHERLOCK:S2E1ベルグレーヴィアの醜聞」感想"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »