« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

カーネーションと私

もう半世紀生きてしまった。すごいよね。就職して26年、結婚して23年。重ねた日々はすごいと思うけどいかんせんどんくさいので、成長はなく精神年齢はずっと20代の頃で止まってる。

それでも老いは迫る。老眼になって皺と白髪が増えてメタボになって膝と肩を痛め気管支も弱る今日この頃。このまま衰えて滅びていくのだという実感に時折打ちひしがれそうになる。子供もなくなにも継続しない私の人生はいったいなんだったんだろうってね。

時間は人はゆきすぎてとめるすべはない。

日々そんなことを思っていたから、NHKの朝ドラのカーネーションは特に糸子が老いてからの日々が胸に迫った。若い時の思い出と出会った人との交流を宝物のように胸に抱いて日々を愉しみ明日を夢見てずっとずっと生きていく。

目にうつるすべてのものが奇麗でいとおしい。

街に風に緑に水に私は居る。ひとりの人間が生きて死んで - 繰り返す。繰り返すただひたすらに。そして偏在する。素晴らしい人間賛歌をありがとう。

オノマチ糸子も夏木糸子も、あ、もちろん星ちゃん糸子も最高だったよ!

カーネーション公式サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新感線「シレンとラギ」公式サイトリニューアル

おおっ!シレラギのサイトがリニューアルしてるー。

「シレンとラギ」公式サイト

格好いいにゃあ。そもそも永作博美ちゃんは、20年ちかく前、アイドルグループribbon時代に新感線に出演しているのは有名な話。青山円形でやったその「TIMESLIP 黄金丸」を私は映像でしか見たことがないんだけど、可愛かったにゃあきれいな脚だったにゃあひろちゃん。でもその目は悪役宇賀地典膳の粟根さんに釘付けだったのでありました(腐れ粟根ヲタ)。

粟根さんのエッセイに「関西の小劇団だった新感線のムサイ稽古場にアイドルが!一緒に柔軟体操とかランニングをやってくれて劇団員が色めきだった」とありましたよ。

そして20年、永作ちゃんは押しも押されぬ演技派女優となり、新感線も大劇団となってふたたびがちんこ勝負に!しかも藤原くんと!楽しみだにゃあ。この二人童顔同士で顔も似てるし、愛し合い殺しあういのうえ歌舞伎お得意のシチュだけど、かずきさんのことだからもうひとひねりもってくるな。たぶん生き別れの母子設定だな(→まったくの憶測)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »