« 「仮面ライダーフォーゼ」感想目次! | トップページ | 髑髏城全五作比較 »

劇団☆新感線 「髑髏城の七人」感想

わあい、連休の中日に青山劇場で「髑髏城の七人」を観てきたよ!

過去髑髏城のネタバレしてるんでたたみますね。そして結構毒吐いているので今回の髑髏城がお好きな方はスルーしてくだされ~。これでも私は新感線あーんどかずき脚本ファンなんだ~。

劇団☆新感線「いのうえ歌舞伎」の傑作「髑髏城の七人」は1990年の初演、1997年の再演、2004年のアカ・アオのダブルドクロ、そして今回2011年の若手役者をメインに据えた通称ワカドクロ - 5回も再演されている人気作だ。そもそも新感線がこのような大劇団になったのも、染五郎が1997年の再演を観て、「これぞ現代の歌舞伎だ!」と絶賛し、新橋演舞場に「阿修羅城の瞳」をかけたのがきっかけ。当時は新橋演舞場という松竹歌舞伎の牙城に小劇場の演目がかかるということがチャレンジだったのだが見事連日満員の大盛況、新感線は一挙にメジャーに躍り出た経緯を持つのだ。

そんな「髑髏城の七人」の成立には逸話がある。当時から看板役者は古ちんこと古田新太。いまでこそ堂々たる体格のおじさん役者になってしまったが(好き)、当時はほっそりしていて滴るような色男。滑舌もよくないし、台詞もよくとちってたけど、なんともいえないオーラを持っていて舞台を支配する。即ち主役、看板の器であったのだ。そんな古ちん、前の舞台でしくじってしまった(西遊記と聞いている)。自分の出番なのに楽屋で煙草をすってくつろいでいた - すなわち「出とちり」をやってしまったのだ。

ところで新感線には、「罰ゲーム」という伝統がある。お稽古に遅刻をしたり、舞台で失敗をした役者にはペナルティがついて、それがたまったら「罰ゲーム」をしなければいけないのだ。プロパー劇団の頃からの伝統で、もちろん客演俳優さんも例外では無い。私も罰ゲームによくいきあたる。最近では五右衛門ロックの千秋楽で森山未來くんが物販でチョコ売っていた。今回も勝地くんが、カーテンコール後ひとりでギター持って舞台にでてきて「さくららら」(映画少年メリケンサックでの彼の持ち歌。わりといたたまれない)を熱唱して大喝采をあびていたよ。

で、罰ゲーム。いのうえさんとかずきさんは古ちんが「出とちり」を二度としないように、「主役も敵役も古ちんにやらせて舞台にでずっぱりにする」ことを考えたのだ。ひどいよね。それが「髑髏城の七人」。本能寺後の関東。信長の影武者だった捨之介と天魔王。信長の遺志をついで天下を支配するために兵をあげた天魔王。目的のためなら殺戮をいとわない彼を捨之介とその仲間たちが成敗する話なのだ。

古ちんは当然捨之介と天魔王の二役。「浮世の義理を三途の川にすべて流した」と嘯き、飄々としてふところの大きな捨之介と冷酷で笑いながら殺戮を行う天魔王。もちろん天魔王が捨之介に化けて仲間をだまそうとするシーンもあるし、なんせラストは捨之介と天魔王の一騎打ちだ。古ちんの卓越した演技力でちゃんと捨之介と天魔王は別人に見えたし、その倒し方も見事だった。

ま、いってしまえば一人二役は「髑髏城」のキモなのだ。新感線がプロデュース公演中心になってからも、髑髏城だけはアオドクロの染五郎を除いて一貫して古ちんが主役をはりつづけたのもそういうわけだ。古ちんにしかできないのだ。

で今回の「ワカドクロ」。主役は当代随一の若手役者。人気も実力もバツグンの「小栗旬」くん。彼を捨之介に据える際にいのうえさんとかずきさんは何をしたか - 一人二役をやめて、天魔王に森山未來くんを持ってきた。若い彼らでは「信長の影武者」設定に無理があるため、早乙女太一くんの蘭兵衛をいれて、信長に仕えた少年武士、すなわち信長ユーゲント出身という設定を作ったのだ。

私はかずきファンであるけれど、「髑髏城の七人」はそれほど優れた脚本では無いと思ってる。むしろ凡庸。「髑髏城の七人」は群像劇でもある。兵庫ひきいる関八州荒武者隊、極楽太夫ひきいる無界屋の女たち、天魔王ひきいる関東髑髏党 - そして「七人」。でもこれ非常に弱い。そもそもかずき脚本で群像劇をもくろむと失敗する。「ロスト・セブン」とか「七芒星」とかね。かずきさんは「七人」にすごいこだわるんだけど、おしいかな七人のキャラ全部たたせるような脚本がかけないのよ。髑髏城でも、それぞれの集団が弱く、かつ集結したはずの七人も全員がうまく舞台の上で動けているわけではない。

そしてなによりオチが弱いのだ。「天魔王」は闇雲に周囲を殺戮し、乱世をめざす。それは何ゆえか理由がわからない。そして最後は「敵も味方も全部殺して逃げちゃう」のだ。これもわからん。たぶん最初はかずきさんオチを考えてなかったのだ。「古田が一人二役で舞台の上で戦ったら面白いぞ~」のりで作っちゃったからね。だから初演では病死。再演以降は「味方に付くはずだった英国がこなかったからやーんぴ!」というなんとも微妙なオチをつけた。

そんな脚本の弱さを「捨之介」という強烈な個性が補ってる。客席は、古ちんが一人二役を見事に演じていることに大いに感じ入る。くるくるとかわる表情に魅了される。そして出ずっぱりな舞台の上に、「百人斬り」という大仕掛けの場面までこなしちゃう。彼の魅力をあますことなく伝えるためだけの芝居。脇を固めるのは劇団員のテンプレ登場人物。なんというかまあ大衆芝居だよね。

だから、その一人二役という大設定を外してしまったあとに残るのは何か - 「凡庸な脚本」だ。それを若手役者さんが演じているからら、なんというか新感線に強烈に感化された学生劇団の芝居のようになってしまった。

もちろん実力も人気も当代髄一の役者さんが演じているのだからうまくないわけがない。小栗捨之介は堂々としていて格好よかったし、森山天魔王は天才だ!と思った。あんなファナティックでヘタレな天魔王見たこと無い。とっても魅力的だった。そして早乙女蘭兵衛ってまだ十代なのよ!若いのにすごすぎ~。台詞はもうちょっと頑張ってほしかったけど。

勝地兵庫もじゅんさんがちょっと憑依してたけどすっげーがんばってた!りいさちゃんの沙霧がキュートで小池極楽太夫は申し分なし!ほーんと小池姐さんはすごい女優さんだ!おっぱいもでかいし度胸もあるよ!千葉さんの狸穴二郎衛門は色気すら感じさせて歴代最強だったよ!…でもやっぱり、芝居自体はつまらなかったし退屈した。夫と私がいちばん喜んだのは、裏切り三五のサンボちゃんと贋鉄斎の聖子さんだった。磐石のうまさ!あ、粟根さん、五右衛門ロックにつづいてまた森山君のお守り役だ~。さらさら黒髪ヘアーがとてもステキだった。

てなわけで結論は、この配役なら髑髏城じゃあなくて、魔性の剣をみたかったにゃあ。ということでした。小栗くんがイズモ、勝地くんがクマソ、そしてオグナは森山くんだね!うんうんピッタリ!観たいなあ森山くんの槍さばき(うっとり) 早乙女くんはマホロバ(エミシ)がいいね!トランスジェンダーの麗人。小池栄子姐さんはヤマトだな。乳でかいしな!アズマは仲りいさちゃんとしてミヤズ様!はどうしよう。ちょっと年増設定なので聖子さんでもじゅうぶんいける。でもオオウスはサンボちゃんだよ!森山くんがお兄さんになっちゃうけどね(オチはそれかよ!)

過去の新感線観劇感想

|

« 「仮面ライダーフォーゼ」感想目次! | トップページ | 髑髏城全五作比較 »

「劇団☆新感線」カテゴリの記事

コメント

nyaさん、こんばんは。
待ってました、ワカドクロ感想。私も「さくららら」の日に観ておりましたよ〜(*^^*)
新感線を初めて観たのが97の髑髏城だったので、やはりその印象が強烈で。思うところはたくさんありますが…。聖子さん、そうきたか!三五と兄さはやはり鉄板!エマちゃんカナコちゃんかっちょいい!よし子さんさとみちゃん可愛い!とか、とか。
ワカキャラで私がしっくりきたのは兵庫でした。アホさ、真っ直ぐさ、かっこよさ、男くささ、上手く出せてた気がします。太夫も堂々としていてよかった。逆に残念に思ったのが沙霧。
服部半蔵の武田さんが素敵で目がハートに(^^) 我らが粟根さんももちろん素敵でした!そーだよなぁ、粟根さん蘭兵衛だったんだよなぁ…。時の流れを感じます。
作品が、手を変え品を変えて進化するのは素敵なことだと思います。今回の試みが、次回のドクロ(あるのか?)にいい形で繋がって、受け継がれてゆけばいいなと思います。

投稿: 知子 | 2011.09.24 22:48

知子さん、コメントありがとうございます!

おお、同じ日にご覧になっていたのですね!勝地くんの罰ゲームかわいらしかったですね~。聖子さんのおかんキャラ最高でしたね!そして三五の素晴らしいこと。裏切りっぷりに酔いました。

兵庫はいいんですよ!ちゃあんと兵庫でした。殺陣も良かったし勝地くんがんばった!沙霧はあれ、ホン変えたために登場シーン変わってるじゃないですか、いろいろ弱くなっちゃったんですよね。あ、半蔵の武田さんステキでしたよね!今回家康半蔵の主従コンビがツボでした!粟根さんのビジュアルは最高でしたね。CLOUDに続いて眼鏡なしですよ!もうばっちりです(何が)

もちろん演劇作品は繰り返しの再演でどんどん進化していくものです。次は7年後かなあ。楽しみですね!

投稿: nya | 2011.09.25 20:39

そうなの、魔性の剣なのよ!<食いつくのそこ?(笑)
オオウスは倫也押しなんですが。まぁオグナ倫也でもいいんですが<ただの倫也押し(笑)。
そうかぁ、エミシが太一って手があるかぁ!て思いました。
わりと定期的に魔性の剣キャスト妄想はしてるんですが、エミシにしっくり来る人いなかったんですよね。
まぁ、あんま真剣に考えてないってのもありますが(笑)。
やってほしいですよねー、スサノオシリーズ。
俺スサ2見たことないから、そっちも気になるんだけど。

投稿: ののちゃ | 2011.09.26 00:18

おーののちゃさん、コメントありがとうございます!

ですよねー>魔性の剣!中村倫也くんがオオウスorオウス?いいかも~。今回はワカドクロキャスト縛りだったので、エミシに太一くんを持ってきましたが、フリーに考えるとやっぱり天海姐さんかにゃあと思ってます>永遠の女王様キャラ!

スサ2って武流転生ですな。スサ1もやったんだから再演してほしいですにゃあ。これこそ若手のイキのいい役者さんに再演してほしい~。私もシアターチャンネルの舞台録画を観ただけなのですが、タケハヤ聖子さんはもとよりニニギのカナ子さんがすげえいいんですよ。

投稿: nya | 2011.09.26 05:23

小栗旬は、いまいち。堤さんの着流しの方が素敵。でも一番素敵なのは、市川染五郎様。リイサちゃんは、声がねー。小池さんは頑張っていた。舞台装置、演出はすばらしかった。青山劇場。9/27。古田さんが、出てなくてよかった。久々に良かった舞台だった。染五郎様のいのうえ歌舞伎見たいなーーーー!!

投稿: ういちょーる | 2011.09.28 09:50

ういちょーるさん、はじめましてかな?コメントありがとうございます!

こんな辺境のブログにようこそおこしくださいました。そうですよねえ捨は着流し!着流しといえば古ちん、つつみん、そして染様ですよね!板についてるついてる。

りいさちゃんはがんばってたけど喉つぶしちゃってかわいそうでしたよねえ。小池さんはすごかった。また演舞場で新感染といきたいもんですな。祈アテルイ再演!

投稿: nya | 2011.09.30 04:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33364/52797153

この記事へのトラックバック一覧です: 劇団☆新感線 「髑髏城の七人」感想:

« 「仮面ライダーフォーゼ」感想目次! | トップページ | 髑髏城全五作比較 »