« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

「87CLOCKERS」短感 003

ほほほ、焼きPCを作ったことがありますか?私は2度ほどあるかにゃあ。電源ふっとばしーの火花ちらしーのブレーカー落ちーの。そしてあの独特のつんとくるようなヤな匂い。ノーパソの裏ぶたあけていじっててちょいとショートサーキット起こして目の前で基盤がぱふんと煙吹いてお亡くなりになったときはちょっと悲しかったにゃ。電源はおとしてやろうよ~静電気にも気をつけようよ~埃と猫毛は電子の敵だよ~。

てなわけでハナクロもはや第3話。今回はジャンプ改の表紙もハナクロだよ。浴衣姿のハナミケ奏くんないすないす。ううんもうちょっとPCネタをいれていただきたいところだが(浴衣が回路模様とかさ→やめておけ)。

さてさて今回はミケくんの牧場のバイトシーンから。インドア派と思ったら意外にアウトドア派。実は窒素を安く手に入れるためのバイトなのだ。牧場では牛の精液保存用に窒素を大量に仕入れているらしい。なるほど~。オーバークロックをやっている牧場主は多いらしいよ。窒素が安く手に入れられるからね!

一方奏くんは愛しのハナちゃんを家に招いて浮かれ気味。とはいえそこはマニアのハナちゃん。前回秋葉原で買ったパーツを使って自作PCを組み立てるのだ。ハナちゃんの組み立て教室。ううむ私が自作PC作ってた10年前といまもそんなに変わらないのだにゃ。ま、本当このまんまで組み立てはレゴブロックみたいでとてもカンタン。OSをいれるのにちょっと時間がかかるくらい。OSはLinuxなのかにゃ?

そしていきなりベンチマーク! ベースとオーバークロックと。試行錯誤して徐々に性能を上げていくのが面白いと語るハナちゃん。だけどまだ奏くんはその面白さがわからない。でもハナちゃんにメロメロ(死語)の奏くんなのでそこは薦められるままにオーバークロックにトライしてみようと決意。

ハナちゃんはパイナップル工場でバイト。ものすごく手際が良くて他の人の倍の処理性能。ミケくんの家では造花つくりの内職をやってるよ!ミケくんに「お前の本職はなんだー!」とぶっ飛ばされてるけどね!ハナちゃんの本職って何?

自宅で奏くんは地味にオーバークロックに精をだしている。本当に地道な作業だけど、実は音楽家の奏くんには結構性にあってるみたい。思わず電圧を2Vくらい一挙にあげたら…そりゃあふっとびますわなあ。

てなわけで私のなんちゃって自作PCの歴史を思い起こしちゃうような今回の奏くんの所業。まあ2,3PC吹っ飛ばし
て一人前の世界だよ(嘘です)。

「87CLOCKERS」短感 002

「87CLOCKERS」短感 001

あ、そうそう私のミーハーポケコン/ノーパソ/PDA遍歴をちょっとジマンしちゃおうかな。チラ裏なのでスルー推奨。

・1980年 : 高校生のときにはじめて買ったシャープのPC-1210が全てのはじまり。BASICが使えたんだよ!大学にはいって現在の夫と出会ったのも、彼が同じシャープのポケコンもってたから。ただし彼は上位機種のPC-1211でちょっと悔しかった~。

その後は、ちょっと間があく。この間に買ったパソコン(当時はマイコン)はSONY SMC777→NEC PC-6601→ Macintosh PLUS→ IBM PC/AT。月刊アスキーは高校時代からずっと買っていたにゃ。年刊Ah!SCII(4/1発行のパロ雑誌)ももちろん。巻末のマシン語を打ち込んでPC6601(しゃべったんだよ!)に「羊が一匹羊が二匹…まだ起きていますか?」としゃべらせて喜んだりな。

・Macといえば、Plus(開発者の名前がケース裏にきざまれてる)→SE →LC→LCⅢで心が折れてMac界からリタイヤしたよ。ジョブス復帰前でAppleが迷走してたころね。15年後に林檎のマークの携帯電話を持つようになるとはのう。

・1989年 。東芝の初代Dynabook。J-3100SS。これは勿論買った。いまのノーパソの直系の元祖だね!ダイナブックといえばアラン・ケイの提唱したあるべき理想のコンピュータの名称。確か日本での商標は当時アスキー社長の西さんが持っていて、東芝から「新しいポータブルパソコンにダイナブックの名前をつけたい~」っておねだりされて「ええよええよ」ってあげちゃったと聞いている(伝聞)。当時月刊アスキー編集者だった夫が「西やん~欲なさすぎ!」と嘆いていたのを覚えているよ。

・1994年 IBMのThinkPad220! サブノートの初登場ですよ奥さん!これは限定販売で、当時参加してたパソコン通信アスキーネットの旅先通信sig(グループね。故辻バードさん(涙)が主催されていた)が大騒ぎになってみんなでl競って予約して買ったことを覚えてる。ThinkPadはそれからほぼ毎年新モデル買ってて私のノーパソの標準装備。まあThinkPadの名前が無くなるまでは買うな(もうすぐなくなる)。

・それ以外としては東芝のミニノートLibretto20。本当にコンパクトで電池駆動でどこにでも持っていけて重宝したにゃあ。そしてHPのパームトップ。HP200LX。日本語化していろいろ遊んだにゃ。PalmはPalm時代あーんどIBMに買収される間に3台くらい買い換えたけど、私には小さすぎてちょっとだったにゃ。あ、そうそうIBMのカード型のPC。ChipCard TC-100というのもあってだにゃあ。これもなぜか家に3台くらい転がってていまもどこかにあると思うんだがにゃあ。

PDAは本当にいろいろ買ったけど、実際のところどれもマニアックで私には少々荷が重かった。ちゃんと使えるPDAって実は昨年買ったiPhoneがはじめてかも。最初のPC-1210から実に30年! 長かったにゃあ(涙)。すっげー面白かったけどね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラマ「SHERLOCK」S1感想

※下記S1の感想が中途半端に終わっており申し訳ありません。BDも手に入れておりますので、近々特典ディスクのパイロット版含めた感想に置き換えるように致します。パイロット版のシャーロックが若くてかわいいんだ!ジョンは通常営業でこちらもぐー!コメンタリ情報もいれますよ!2012年10月頃からぼちぼち更新予定です(as of 2012/9/18)

うわわ~、ひさびさにおっもしれードラマ観ちゃったよ。BBC制作のUKドラマ「Sherlock」。タイトルでわかる通りホームズ譚。英国ドラマでホームズったらグラナダ版が超有名だけど、このドラマはぬわんと、舞台を現代に置き換えたモダンシャーロックなのだ!ホームズは変人で超マイペース(自分でソシオパスっていってるよ。社会不適応者だね)。ベルスタッフのコートにドルガバのシャツを着こなしスマホを駆使して犯人を推理するおしゃれ(笑)探偵!ワトソン君はアフガニスタンに従軍し、負傷して帰国した元軍医。原作設定が違和感なく現代に通用することに呆れるよ英国!従軍経験がトラウマとなり虚無的になってしまったワトソン君はセラピストにすすめられてブログを書いてるよ!

第1期はこの二人がベーカー街221B(一階はサンドイッチ・カフェ)のフラットメイトとなり、周囲のゲイカップル疑惑に抵抗しながらも(マジ。ハドソンさんまで疑ってるよ!)、次第に打ち解けて無二の親友となるまでを書いてる。もちろん事件を解決しながらだよ!

本国では昨年末に放送された1期3話をNHKBSプレミアムで一挙放送という太っ腹。1期で3話って少なくね?と思ったけど本編をみたらすっげー納得。凝ってるんだ~。ストーリーはオリジナルなんだけど、もう原作のガジェットてんこもり。うまいことオリジナル台詞も組み込んでるシャーロキアン脱帽の脚本!おまけに演出も美術もはんぱねえ!ホームズ君の推理は注釈付きで表示され(拡張現実(AR)みたい!セカイカメラとかあんな感じ!)、犯人を追いかけるときは、頭の中にグーグルマップが表示されるのだ!やるやる~。

こっりゃあ手間かかるわ~。そしてラストはすっげークリフハンガー(最後の事件リスペクト?)!海外ドラマによくある手とはいえ、これで2期を待たされるのはいやだにゃあ、いつなのかにゃあと調べたら、まさにいま撮影中で本国でも放送は来年だって!1年以上のインターバル!ひっでえ!でもまあいいっか~録画をニラニラしながら見直してのんびり待ちましょうUKタイム!

あ、タイトルがホームズでなくシャーロックなのは、現代英国人はお互いを苗字で呼び合わないだろうってことらしい。だから「ホームズ氏」「ドクター・ワトソン」ではなく、「シャーロック」と「ジョン」なんだよ。でもハドソン夫人とレストレード警部、マイクロフト兄さん(ステキ!脚本もこの人!)はそのまんま。そして黒幕ジムも勿論でてくるよ!しかもすっげー面白いキャラ造形で第2期の対決が楽しみだ!

あ、私はシャーロッキアンには程遠いけど、子供の頃はルパンよりホームズ派。その後クリスティに親しんで、結果英国が大好きになったんだ。20年近く前はじめて出張で英国に言った際にも、もちろんベーカー街221B(はないけどホームズ博物館がある)を訪ねて、ストランド誌(ドイル先生がホームズを連載していた雑誌)のレプリカをお土産に買ってきたよ!

そういえば2005年の英国旅行も、ダートムーア(バスカヴィル家の犬の舞台ね)を訪ねて、魔犬のTシャツ買ってきたにゃ。(旅行記)

というわけで元ネタ探しはファンの使命。随時やっていきます~。(時間かかるから少しづつね)

続きを読む "ドラマ「SHERLOCK」S1感想"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

髑髏城が近づいてきたよ!

わああ、気が付くともう8月!今週末には髑髏城が大阪で開幕するじゃあないか。ひええー私は9月の東京公演を観にいくからまだ先なんだけど、なんだか粟根さんブログによると、「今までと同じようで違うドクロ」「正直、私も幕が開くまで読めません」「それくらい異質」なんだって!すげえすげえ。どんな感じなのかなあ。楽しみ~。私はネタバレを厭わないので大阪で観た方はどうぞ教えてくださいね!

そんな中、アワブロの栄子ねえさんと聖子ねえさんがいい感じ!先代と当代の極楽太夫。聖子さんは97年と04年のアオドクロで極楽太夫やってる。ちなみに91年の初代極楽太夫は羽野アキちゃんだ!ナイスバで凛々しい小池栄子姐さんが後半の戦闘服でガトリング砲持って立ち回るシーン(微妙ネタバレ)が楽しみだ!

1997年、サンシャインで観た髑髏城。無界の里で聖子ねえさん扮する極楽太夫が登場するシーンは本当に美しかったにゃあ。若き古ちんの捨之介は本当に色っぽかったなあ。そして粟根さんの蘭兵衛にヤバいくらいにはまったなあ。イーオシバイのサイトでちょっと動画見れるよん。沙霧は芳本みっちょんだ!コレを今回りいさちゃんがやるのかあ。すげえにゃあ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »