« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

COLDPLAY 「ウォーターフォール~一粒の涙は滝のごとく」字幕つきPVが!

大好きな英国のバンドCOLDPLAYの新曲「Every Teardrop Is a Waterfall」が大好きで、iTunesで買って毎日iPhoneでヘビロテしてた。歌詞が素晴らしくって自分で下手なりに訳して感じ入ってたら、のわんと日本語訳コンテストがあったんだって!しまったー応募すればよかった(ヲイ)

そんでもってグランプリの歌詞のついたニューPVが!すげええ!

最近はずっとこの歌詞で自分を鼓舞してた。 - BUT STILL I'LL RAISE THE FLAG!

そうかあここはこんな風に訳すのかあ。素晴らしい。勉強になるにゃあ。本当に大好き!

MAYBE I'M IN THE BLACK, MAYBE I'M ON MY KNEES
MAYBE I'M IN THE GAP BETWEEN THE TWO TRAPEZES
BUT MY HEART IS BEATING AND MY PULSES START
CATHEDRALS IN MY HEART

きっと、僕はもう暗闇の中で。きっと、僕はもう膝を追っているのかもしれない
きっと、僕はもう不安定な足場から放り出されて宙に浮いているのかもしれない
だけど、僕の心は踊り始め、脈動しはじめる
-大聖堂を心に抱いて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「87CLOCKERS」短感 002

月刊って長いなあと思ってたら、あっというまにJUNPX2号がでていたよ。しっかしこの雑誌、どうも二ノ宮作品以外に興味を引く作品がないなあってかむしろ苦手なタイプのマンガが多くてねえ。

そんな私にに朗報が!Yahooコミックで「87CLOCKERS」の第一話が無料で読めちゃうよ!

これができるんなら有料でいいからリアルタイムに配信してくれないかにゃあ。コンテンツにお金を払うことは当然だけど、雑誌を買って即二ノ宮作品以外は読まずに古紙回収へってのが後ろめたくってねえ。

てなわけで「87CLOKERS」第2話。ハナクロって呼んでってそりゃハチクロのパロかよ!って思ったらあのかわいらしい女の子はハナちゃんって名前だったんだね。前回でハナちゃんとであった奏くん。でもすぐにミケの存在を知り即失恋とがっかりする。しかしどうやらハナちゃんはミケに虐待(外に立たされてたもんね)されている…と思い込んだ奏くんは彼女を助けるべく、高級ネコえさをもってミケのアパートに乗り込む。そこではじめて知らされる真相!

彼らはオーバークロッカー。自作のチューニングマシンで世界中とレースをしている。しかもどうやらミケがプレイヤーで部品調達はハナちゃんがやってるみたい。イキオイで自作マシンを作ることになり、奏くんはハナちゃんとデート気分で秋葉原へ!

ラジオデパートでCPUを真剣に選ぶ(産地は工場とロットだね)ハナちゃんはかなりのマニアで奏くんはちょっと引き気味。でもそこでハナちゃんとミケがつきあっていないことを知ってちょっと浮上。以下次号!

って今回はオーバークロッカーズの背景説明だったにゃあ。ミケくんもいい人みたいだし、ハナちゃんはマニアだし。でもまだまだ序章は続きそうだなあ。

それにしたってラジオデパート!nyaは小学生の頃から家電の修理が趣味の父に連れられて出入りしてたよ。最初は電子工作系でラジオ作ったりしてたけど、高校になってマイコンキットのTK-80が売り出され、アスキーも創刊され(最初はラジオデパートや秋葉原のパーツやさんにおいてあったんだよ。薄くて同人誌みたいだった!)、大学時代にはもうパソコン(SONYのSMC-777)を、これはラジオ会館の方で買ったのだにゃあ。実際にPCパーツを買うのはかなり後。1990年代頃のDOS/Vパソコンが流行った頃で、この頃はラジオデパートの地下や秋月電子、若松通商でASUSやGIGABYTEのボードをベースにいろいろパーツ買って組み立ててた~。

そんなヲタな私もいまはすっかり年をとって(ごほごほ)。ノーパソとスマホで十分~とかほざいてます。でもオーバークロック面白そうだにゃあ。ちょっと血が騒いできたよ。のだめみたいにブームを巻き起こせるか(いやそりゃ無理だわ)!

「87CLOCKERS」短感 001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つれづれ文月:薔薇サムトークショーとか粟根さんとか

■7/15(金)夜は新宿バルト9でのゲキシネ「薔薇とサムライ」の劇団員によるアフタートークショー。チケットがんばってとろうとしたんだけど瞬殺されてしまった。しょうがない、行った人のレポートでも読もう~と思ってたら、USTREAM中継があるとの嬉しいお知らせ。最近はありがたいねえ。18:30の回だけど、なんせ薔薇サム長いからね。橋本じゅんさん、高田聖子さん、粟根まことさんによる劇団員トークショーがはじまったのが22:30!以下Twiterの私のログと記憶より。

・このメンツ(いやどのメンツでもそうなんですが)だと、粟根さんは当然司会進行。じゅんさん聖子さんや観客に目配り気配りしながら、カンペキな進行っぷり。柔らかい関西弁がいいにゃあ。
・冒頭、Twitterで募集したファンからの質問を粟根さんが読むんだけど、尊敬している粟根ファンのののちゃさんの質問が読まれてた!粟根さんの口から「ののちゃさん」って読まれて、とうぜん会場にいるののちゃさんはめちゃくちゃ嬉しかったろうにゃあ。質問の内容は、粟根さんが殴られてぽーんと飛んでく時の気持ちを問うものでした。いわゆるお約束黒子にかつがれて飛んでくわけで、粟根さん的には黒子さんが大変だなあと毎回気遣っていたようだ。
・粟根さん、エリザベッタ役の森奈みはるさんと仲良かったみたいで、じゅんさん聖子さんに「結婚しちゃいなよ~」とからかわれてもガン無視。そしたらじゅんさんが「愛はいらん、モノが欲しい、しかも電気関係」と言ったもんだから劇場おおうけ。粟根さんに「うるさい」と怒られる~。
・天海ねえさんのカンペキな美しさ!でもあまみんと聖子さんは同い年!「なんかしゅんとなりますね」と聖子さんにじゅんさん「なる必要ないよう~」!聖子ねえさんもお美しいですよ~いやまじで!
・根本的な質問「お三方はどうしてそんなに濃いんですか?」にみんな濃いかなあ、そうかなあと。会場から「濃い~」と。客演先でも濃いという結論ってか劇団員みな濃いわ!
・聖子さん粟根さんはワカドクロのお稽古中。聖子さん「イケメンがいるっているゲンバはいいもんですなあ」だって。いのうえさんもイケメンっぷりに感動してたみたい。小栗くんに未来君に早乙女君に勝地くんだもんねえ。みんなならぶとすげえすげえ。
・これからじゅんさんはピーターパン。もうフックも三回目かな。今度は笑いの無い怖いフックなんだって。まじか!じゅんさん「チケットは売るほどありますから」

粟根さんの仕切りっぷりがマジハンパ無いトークショーでした。じゅんさんも聖子さんもお元気そうで本当良かった!

完全レポートがゲキシネページにあがってた!写真も~。素晴らしい~。

薔薇とサムライ 新感線劇団員トークショーレポート

■そして「髑髏城の七人」のドクロブログ内のアワブロにバナー(?)が!ステキすぎて思わずリンクしてしまいました。しばらく飾っとこう。

粟根まことのアワブロ

粟根さんのレポートするお稽古風景は本当に楽しそうで大好きだ!役者さんが皆生き生きしてるよ。個人的にはiPadの地理ゲームで未來くんに負ける粟根さんが!あとどこの写真にも写りこんでるさとみちゃんがカワユス。栄子ねえさん聖子ねえさんともにお綺麗。太一くんの姿勢良すぎ殺陣格好良すぎ。未來くんはどんなときでもトレーニングしてるストイックな姿が素晴らしい。いやあ本当に凄い舞台になりそうだなあ。

■冬のデカワンコ、春のJIN2とそこそこ面白い(デカワンコはDVD買ったくらい好き!)ドラマが続いたけど今期はないにゃあと思ってたら意外なところに伏兵が!

勇者ヨシヒコと魔王の城

いやテレビ東京深夜枠の低予算ドラマなんですけどね。予告編動画みていただけるとそのハンパない脱力っぷりがわかると思います~。いわゆる「下北沢の駅前劇場で絶賛売り出し中の小劇団がやってるコントか芝居かわからないもの」観てるみたいな感じで~。ストーリーはドラクエで、その中身は役者さんのコネタ大会。毎回冒頭がゲスト役者さんの芸みせみたいになってて、2話がなるし先輩で3話がヤスケン。もう舞台まんまですよ。なるし先輩のコソクな小悪党っぷり。チン○ジにこだわるヤスケン。もうもう大好き!

主演の山田くんも脱力系の勇者(本性はスケベ)を好演してるし、ムロツヨシ(本性はバカ)はムロツヨシだし、木南晴夏(本性はぶりっこ)はかわいいし、宅間伸(本性はオカマ)はのりのりだしで、もうくせになっちゃう。来週のゲスト小池栄子姐さんの天女(ドスがきいてる)も楽しみ!今後のゲストは古ちんやじゅんさんも予定しているというので、HDDに録画して楽しく観るよ!

■小演劇界騒然!阿佐スパ長塚くんの新作は井上ひさしミュージカルだ!メンツがすげえ!

長塚圭史が井上ひさし作品&ミュージカルに初挑戦 『十一ぴきのネコ』来年1月公演決定

11ぴきのネコといえば、馬場のぼる先生の絵本だよね!井上ひさし脚本を長塚くんが演出!しかも北村ゆっきーに粟根さん、山内タカヤさんまで!いいねいいね!絶対観にいこう!で、わたしは長塚演出が苦手なんだ~。きっついよ!でも11ぴきのネコもシビアな話だからなあ。心してみよう。

こまつ座&ホリプロ公演・紀伊國屋書店提携 『十一ぴきのネコ』 【スタッフ】作=井上ひさし 演出=長塚圭史 音楽=宇野誠一郎/荻野清子 【キャスト】北村有起哉/中村まこと/市川しんぺー/粟根まこと/蟹江一平/福田転球/大堀こういち/木村靖司/辰巳智秋/田鍋謙一郎/山内圭哉

2012年1月10日(火)~31日(火)予定
・会場=紀伊國屋サザンシアター

| | コメント (2) | トラックバック (0)

マナーと私

亀の甲より年の功。ばりばりのミドルクラス出身で高校の時、授業の一環として上野の精養軒でマナー教室を受けた際にはじめてフレンチ料理のマナーを知って目をシロクロさせていた私も、もはや世界のどんな高級ホテルやレストランにいってもそれなりに振舞える自信があるよ。なにものおじしなきゃいい話。大昔、ロンドンのハイドパーク・ホテルでフロントに電話して「マダム○○」といわれて背中がむずむずしたのもいい思い出だ。

それでも時々失敗しちゃうのはドレスコード。私は女なので良い素材のアンサンブルにきれいなストールやアクセサリーをあわせるだけでナントナク様になるけれど、何しろ夫はスーツに馴染みのない自由業。夏に英国に行った際泊まったウェールズのスランゴイド・ホール(滞在記。2004年の記事だが私は執事カフェを予言していたのだなあ)。夏だったため夫が持っていったのはセルッティで誂えた麻のスーツ。滞在初日のディナー。夫は同じくセルッティのスタンドカラーのシャツにそのスーツでダイニングに入ろうとしてスタッフに咎められた。正式なディナーではスタンドカラーはNG。襟のあるシャツにネクタイが必須なのだ。旅行中でもあり、その日は仕方ないということで端っこの席に案内されてしまった。翌日は街の洋服やさんでシャツとネクタイを買い求めたため、きちんと真ん中の席に案内されるようになったよ。ちなみにそれから10年以上立つが、夫はいまでも旅行に出る際にはそのシャツとネクタイを持っていく。物持ちがいいというより、それ以外に襟のあるシャツとネクタイをもっていないのだ。ひでえ!

で、この前のシンガポールのラッフルズでもドレスコードにひっかかったのは記憶に新しい。リゾート地でもさすがもと英国植民地のマナー意識(階級意識なんだけどねえ)はハンパねえ。

てなわけでこの本。二ノ宮先生のお師匠さん、村田順子先生は香港通として有名で、香港旅行にはまってた頃は先生のガイドにずいぶんお世話になった。そんな先生のマナー本。英国で学ばれ、神戸でフィニッシング・スクール(マダム養成学校だね)を主宰されている佐藤よし子先生の監修で、私にはずいぶんとなじみのある英国風のマナー解説が面白かった。

そんな私も知らなかったマナー。お皿に残ったソースをパンでぬぐうのはフランスではOKだけど英国ではNG。やってたよ思いっきり…。大昔、京橋のシェ・イノで「ソース美味しかったら全部パンでさらって食べてくださいね~。さがってきたお皿が洗ったようにピカピカなのがシェフにとっての勲章なんですよ~」と言われて、美味しければそうするのが礼儀と思ってたので目ウロコ。あと食後のカプチーノもNG(夜に飲むものではない)。お腹一杯のときはさすがにエスプレッソだけど、カプチーノ好きなんでつい頼んじゃう。これもどこのレストランでも快く持って来てくれたけど、これからはエスプレッソダブルにしておこう。

マナーは知識と経験。それを守ってリラックスして美味しいご飯を食べるのは大好き。高級ホテルやレストランで慇懃無礼な対応をされたことは無いし、気持ちの良いホスピタリティを心がけるひとたちだから、もしマナーに反しているようなことをしていれば、ちゃんと親切に教えてくれるしね。今度はどこに食べにいこうかにゃあ(お財布と相談だ~)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つれづれ文月:猛暑到来肉骨茶!

うわああ梅雨があけたら途端に猛暑!USB扇風機に扇子に最近はネッククーラー(アイスノンね)をとりいれました。首を冷やすとだいぶちがうもんだにゃあ。クーラー弱いので空調弱めなのはウェルカムだけどね。うちのクーラーは震災前からずっと夏の設定温度29度です。必要最小限はかけるようにしないと体調崩すねえ。

■こんな暑いとシンガポールが恋しい。というわけで、週末赤坂の海南鶏飯で肉骨茶食べてきたよ!

夫のもと上司の遠藤諭さん(ホーテンス・エンドウさんね)は、著作多数の著名なアジアン・フードマニアだ。一緒に香港でご飯を食べたこともあるのさ。楽しくためになるツイートをいっぱいされているのでTwitterでフォローして、ときどきアジアン・フード談義をしたりもしてる。

遠藤諭の東京カレー日記

遠藤さんがCOOをされているアスキー社が、最近飯田橋に引っ越した。そしたらエンドウさんのtwitterで圧倒的に増えたツイート。

Photo_2

遠藤さんは週の半分は神楽坂の新東記で肉骨茶食べてるよ!あとの半分は麹町のアジャンタね。毎日そのツイート見てたらシンガポールご飯がとてつもなく食べたくなる~。

Img_0923

肉骨茶うまうま。薬膳スープとほろほろのスペアリブ!なぜか香港おかゆ風に油条(あげぱん)がついてる。浸して食べるもまたよし

Img_0922

チキンライス!あげと蒸しのハーフがいいんだ~。ジューシーとクリスピーの両方あじわえるよ(本国では蒸しとローストだけで、揚げはみなかった。でも揚げチキン好き)

Img_0924

今日もおいしかった~。チキンライスやカレーはテイクアウトできるんだけど、肉骨茶はスープだからむずかしそう。おなべをもってきたら肉骨茶テイクアウトしてくれないかなあといいながら帰る。二食分くらい買って、家で煮返して食べるのだ~。

閑話休題:エンドウさんといえば、PC創生期の頃の月刊アスキー編集長。長くコンピューター雑誌界の中心にいて現在はアスキーCOOのエライ人だ。でも実はサブカル創生期のエライ人でもある。私が学生時代からすでにサブカル系のライターとして活躍されていて、とても憧れていた。エンドウさんが創刊した同人サブカル誌「東京おとなクラブ」が私は大好きで、もちろんとりよせて読んでいた。後年夫が月刊アスキーの編集者となった際、私はまっさきに夫に頼んで過日の「東京おとなクラブ」にエンドウさんのサインをもらったのさ。

おまけ:週末に発作的に3DSを買ったら、ゼルダマニアの夫がずーっとゼルダ(時のオカリナね)をやっている。昨日「ほらほら、新しいアイテムをゲットしたよ」と見せてくれたのが

Img_0927

まことでメガネといったら粟根さんしかいないじゃないか~!時オカはもう10年以上前のNINTENDOのゲームで、その頃も夫はずーっとはまってた。私「前のゲームからこのアイテムあるの?」夫「あるよ」。うーん偶然の一致にしてはあまりにもにゃあ。勿論ゲームマニアの粟根さんも時オカやってるだろうし、どう思ってるのかにゃあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「CLOUD」感想

ネットワークSEやってた頃、スニファー(ネットワーク監視ツール)でよくお客様のネットワークチェックしてた。画面を流れる膨大な16進数。プロトコル毎にカプセル化されたデータ(パケットね)。UDP、TCP、IP…ヘッダーを見つめ続ける。無機質な英数字の羅列に見えるそれには全て意味がある。その頃は有線のLANだったけど、いまは無線。パケットは空間に溢れ出す。有意信号に満ち満ちた芳醇な空間。

ネットワークにつながるあらゆるデバイス。サーバー、パソコン、プリンター、携帯電話、ルーター、スイッチ。みんなつぶやいてる。自分の存在を主張してる。

「おおい、おおい、私はここにいるよ。生きているよ。気がついて。そしてあなたたちのディレクトリー(住所録)に私を登録して。」

生き物みたいだ。そう、わたしたちは正しくネットの海に浮かぶデバイスだ。生きて、処理して、記憶して、生存信号を発呼して、他のデバイスとつながろうとして-

つながろうとしてない?つながらなければどうするの。

オガワ - あなたはどうしてそこにいるの?

続きを読む "「CLOUD」感想"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

新感線関連など:粟根さんブログと仮面ライダー

うわあもう7月で暑いのなんのって。すでにばてばてです。会社はスーパークールビズでそろそろポロシャツチノパン族が増えてきたよん。ユニクロ率高し!襟をたてるのはやめろー。

というわけで(なんのわけだ)。粟根ファン界騒然!粟根さんブログはじめたよん!

デジタル地上派

粟根さんといえば、アワブロ。新感線公演毎の特設サイト内ブログに、お稽古やお芝居レポートを載せてくれる。洒脱な文章と達者な写真をいつも楽しみにしてるけど、いままで(期間限定はあったけど)個人のブログは持ってらっしゃらなかったんだよねえ。どんなこと書くのかな?週一の更新頻度らしいので楽しみ楽しみ!

そして「髑髏城の七人」内のドクロブログでもアワブロ開始の予告が!お稽古はじまったし、これも楽しみ~。お写真粟根さんが素敵すぎてもうもう!

『髑髏城の七人』編のアワブロの予告!

そしてかずきファン界(あるのか!→あるんだ~)騒然!かずきさんが次の仮面ライダーのメインライターですってよ奥さん!

新ライダーのビジュアルみたのは1週間前くらいで、しかも宇宙飛行士ライダーとかで夫と大笑いしてたんだけど、かずきさんがメインで脚本かくとわー!しかもストーリーは「男一匹!グレンラガン」とか「鋼鉄番長(あ、いのうえさんだ)」のニオイがしますよ。

登場人物名が、歴代ライダーの名前のアナグラム(歌星賢吾(うたほしけんご)→本郷猛)とか、怪人デザインが麻宮騎亜先生とか、キョーダインオマージュとかそもそも初の宇宙飛行士ライダーとかいってるけど、スーパー1はなかったことになってるのかーとか、すでに話題騒然!きっとトンデモナイ仮面ライダーになるんだろうにゃあ。楽しみ~。

2011年9月4日(日)スタート 毎週日曜 午前8:00~8:30

<新番組>
仮面ライダー生誕40周年記念作品
仮面ライダーフォーゼ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »