« 限定公開**公開終了。ありがとうございました!** | トップページ | 「港町純情オセロ」開幕と夏公演「髑髏城の七人」情報 »

「のだめカンタービレ イラスト集」感想

二ノ宮先生は絵が巧い。それを実感したのは新丸ビルで開かれたのだめ原画展を見たときかな。ラフな作風だけど、描写は的確だと思ってた。原画でそれを実感し、さらにその生き生きとした生の描線に魅せられた。漫画家は世に多いけれど本当に生きた線を描ける人は実は少ない。二ノ宮先生は私の中ではクイーンオブ"生きた絵が描ける"漫画家だ。のだめが千秋がくろきんターニャが二次元の紙の中で息づいている。

てなわけで満を持しての「のだめイラスト集」ですよ。なんと二ノ宮先生。このイラスト集の印税を全額東日本大震災の義援金として寄付されるそうです。その気高いお心に共感して、私も参照用と保存用に2冊買いました!(その後、もう1冊買っていたことが判明…えっとこれは布教用かしら?)

ネタバレなんでたたみます~。とにかく買って損なし!千秋のだめのらぶらぶ満載ですよ~。

ふふふのふ。てなわけでちあのだらぶらぶイラストはええのう。描きおろしイラストはどれもこれもステキ!

表紙:ちあのだ美男美女で眼福眼福
中表紙:連弾ちあのだ。二台ピアノじゃないのがあえて新鮮
p2-3:雪ふるウィーンの二人。わあいまた行ったんだねウィーンに!
p4:新緑とのだめ、かわええのう
p5:のだめにルビーのハートシェイプペンダントをつけてあげる千秋。L72のノエルの夜の二人ですな。
p14-18:メインキャラの水彩風ラフ。千秋だけモノ(笑)。真澄ちゃん美人。ターニャ大人っぽい美女。ユンロン笑。
p30-31:のだめ日常ラフ。みな美人。猫を抱くのだめ好き
p32-33:千秋日常ラフ。ピアノ・歌う・自転車レーサー千秋格好いい!
p34:デュオ練習中のRuiとフランクのために手料理をふるまうRuiまま。ちょっと待て!その物体は料理か!?
p35:ピアノが上達した由衣子ちゃんにメロメロ千秋(背後にジト目のだめ)
p50-51:のだめ実家で歓待される千秋(腹をくくっている)。入り婿状態。
p52:サファリエリーゼ。ミルヒーアフリカまで逃げたんかい!!
p53:雅之スケッチ2種。赤ちゃん千秋をだっこする(?)雅之。ひとり温泉雅之がツボだ!雅之温泉大好きなのかあ。
p54:ジャンとゆう子の結婚式@日本。ブーケはのだめがもらってるよ!
p55:ドイツくろきん宅でくつろぐターニャ。手には東京のガイドブック→オペラ編に続く。
p67:華麗なるフォーマルちあのだ!のだめが綺麗~。
p82-83:フランクユンロンターニャ試験が終わって打ち上げ酔っ払い写真(のだめ撮影)。
p84-85:料理を作る千秋と頬張るのだめ。レシピつき!
p88:共演の打ち合わせをする二人。決まったんだね!
p90-91:先生からのご挨拶。恩返しのだめ、二ノ宮先生とマングース。
p94-95:ソファでくつろぐ二人。ラブさMAX!
p96:のだめコミック史上最大の胸キュンスケッチ。二ノ宮先生ありがとう!

私的にいちばん好きだったのは温泉雅之。恩返しのだめ(ラフだけど激かわええ!)。そしてラストの千秋とのだめかな。かねてから主張しているように、漫画に描かれない二人の日常のぶらぶっぷりが垣間見えるようなステキなスケッチです。

コミック過去感想まとめ

ドラマ・映画の感想はこちらです~

|

« 限定公開**公開終了。ありがとうございました!** | トップページ | 「港町純情オセロ」開幕と夏公演「髑髏城の七人」情報 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

私も2冊買いました~!
2人のらぶらぶっぷりには本当に
癒されます。いいなぁ。
nyaさんの挙げてくださったイラストはほんとに素敵です。
あと私は裏表紙の手をつなぐ2人の後ろ姿にきゅんとしました(^^)

投稿: きみえ | 2011.04.14 00:15

きみえさん、コメントありがとうございます!

一家に2冊!いいですね~。イラストの二人は本当に美男美女でらぶらぶでステキです!

裏表紙の手つなぎ後姿もほのぼのしてていいですな~。大好きです!

投稿: nya | 2011.04.14 05:57

おはようございますnyaさま。
速い!!もう感想あがってます。
よかった、よかったですね~。
ハイ、私も雅之さんツボでした。ちゃんと息子可愛がってましたね~w
ストーリーでは省略されていた日頃のあれこれが垣間見れて大満足です。
あ、私も2冊…(^_^。普段は絶対にそういう事しない人なんですけど、義援金という事もありますし、やはり感謝の意味を込めてもう一冊注文します♪

投稿: 茶々 | 2011.04.14 08:33

茶々さん、コメントありがとうございます!

よかったですよねえ~。雅之の愛情表現がツボでした!

私も普段は1つの本を複数冊買うということはしないのですが(まちがえてダブリ買いはよくやります~)、今回は買ってしまいました。感謝と満足でいっぱいです!

投稿: nya | 2011.04.16 08:40

イラスト集、明日絶対買いますっ。今日ヤマダ電気の本コーナーで見かけたけど(笑) 何か恥ずかしくて買えず(ファン失格?)てか、ヤマダ電気にまで売ってんだ!表紙だけ見て、おおーこれかー、と。えと、違う話になってすみません、今、映画前編テレビ初放送が終わりましたが、改めて思ったのですが、フジのドラマだったのだめを映画にした意味は、やはり音楽だなあと。日本編は青春群像的なドタバタ、て感じだったが、ヨーロッパSP、そして映画は、原作がそうだったように、登場人物と共に、作品自体が成長し、いつまでも余韻たなびく芸術に昇華している。それは、原作にもアニメにもない、実際の音楽の力だな、と改めて感じました。俳優の演技も素晴らしいけど、うーん、音楽の力って凄い。そもそも二ノ宮さんは原作で、その事を伝えたかったんだろうし。イラスト集と違う話になってゴメンなさい。違う所に移していただいて結構です。イラスト買ってまた投稿します。

投稿: y_ida | 2011.04.16 23:41

最後の絵 うるうる(T^T)です〜なんて ステキなんでしょう♪
のだめと千秋の結婚式は なかったけど のだめの白いワンピースは まるでウェディングドレスみたいで♪
二ノ宮先生は のだめと千秋の共演も結婚も 描かないんですね〜そこに 行き着くまで続いてる二人があるから みんな どんなコンチェルトなんだろう とか 二人の家庭はどんなだろう 子供は何人かな? とか いろいろ 想像してイメージが膨らんで いくんですね♪♪♪


Nyaさんの イースターのエピソードにも ほっこり♪♪♪アパートメントの中庭の絵を見て 思い出しました〜そこで 彼女が はしゃいでタマゴ拾ってるのが 浮かびます♪♪♪暖かい目で 見つめる千秋センパイも〜

投稿: みもざ | 2011.04.16 23:43

nyaさんおはようございます。
nyaさんのHPを読んで、のだめイラスト集早速購入しました!!
印税全額寄付の二ノ宮先生の心意気も素敵ですが、
内容もとてもよかったです。
のだめと千秋の二人の仲は永遠に続く・・・読んでハッピーな気分になれる一冊でした。

PS:今日からドラマ「JIN-仁」が始まりますね。感想楽しみにしてます!!

投稿: nonki | 2011.04.17 08:53

y_idaさん、コメントありがとうございます!

ふふふイラスト集いいですよ~是非是非。そして私も昨日はNHKのサンデル先生の震災特別講義をすっとばしてのだめ映画に魅入っちゃいました。おっしゃるとおり音楽の力は本当に凄いです。学園コメディドラマとしてスタートしたのだめ実写版は、SP、映画とどんどん洗練され、いつのまにか「音楽」そのものを訴えかける作品となりました。

音楽は即ち人間、それを掘り下げることは芸術です。まず原作者が成長し、読者も成長する。スピンアウト先のメディアのスタッフも成長し、視聴者も成長する。作品に関わる万人が良い方向に成長した稀有な作品だと思っていますよ。そんな作品をこの世に生み出した二ノ宮先生には感謝の心でいっぱいです。

投稿: nya | 2011.04.17 10:19

みもざさん、コメントありがとうございます!

イラスト集良かったですね~。本当にらぶらぶな二人にこちらも幸せな気分になりました。

はい~のだめ物語は成長がテーマですので、いわゆるところのゴールは描かないんですね。私達は物語を読んでそれぞれの心の中に二人のこれからのさらなる成長と栄光を描くわけです。

だからこのイラスト集は、二ノ宮先生のファンに対する最大の贈り物だと思っています。共演の準備をする二人。愛情溢れる彼らの日常。そんな姿を垣間見せていただき、私達が心に描いている彼らの未来の幸福を確信しました。本当に嬉しかったです。

ふふふ、p27の絵ですね。これは昨年のKissの表紙となったものですが、これを見た時、「私の描いていた復活祭の二人のイメージがそのまま!」と狂喜しました。まさにあれです。

投稿: nya | 2011.04.17 10:28

nonkiさん、コメントありがとうございます!

わー嬉しいです。買って損はないお得なイラスト集でしょう?これからも二人のらぶを確信させてくれますよね。

そしてJIN2!楽しみです楽しみです!感想も書いちゃいますよ~。

投稿: nya | 2011.04.17 10:30

Nyaさま
久しぶりにお邪魔します。
遅ればせながらようやくイラスト集買いました。
書き下ろしの千秋はどれもすごく色っぽくてGOOD!!ですね。
最終ページ(96)の二人。
パリ暮らしがすっかり身についた感じで、大人な二人ですね。ホントにすてきです。
表紙の見返しの小さなイラストも久々に「その口ヤメロ」の口になってて微笑ましいですね。
最近またヨーロッパ編を1から読み直しています。
DVDもさんざん見たけれど、やっぱりもう1度みようかなって思いました。

投稿: あまぐり | 2011.04.25 10:11

あまぐりさん、ご無沙汰してます~

ほんとどれもこれもステキなイラストばかりで、書下ろしもたっぷりあって素晴らしいです!

映画放映の影響もあり、私ものだめ読み直してますよ~。

投稿: nya | 2011.04.26 05:11

お久しぶりです。のだめのイラスト集、ゲットしました。実は私 、のだめはコミック=ストーリー派 →実写版派で、イラストにはあまり興味がなかったのですが(二ノ宮センセイ、ゴメンナサイ(^-^;) これは正真正銘、のだめのフィナーレだし、Nya さんお奨めだし、印税寄付だし、ってことで買いました。ホンワカした雰囲気が何ともいいですね。センセイ、ファンの期待にも十二分に応えてくださって、のだめ=樹里ちゃん+玉木君というイメージだったのが、やっぱり原点は二ノ宮先生の絵なんだなあと実感しました。

投稿: つんどく | 2011.05.16 10:19

おお、つんどくさん、コメントありがとうございます。

つんどくさんもイラスト集ゲットされたのですね!楽しまれたようで本当によかったです。

二ノ宮先生の絵って独特ですよね。絵が達者でその絵自身を楽しむタイプの漫画もありますが、二ノ宮先生の場合、絵は物語を伝えるための手段であると思っております。だからこそドラマ・映画ではその漫画を忠実に実写として再現しているのでしょう。登場人物のルックス(除くミルヒーとテオ)はもとより、コマ割まで見事に再現しています。

二ノ宮先生のイラストからは物語を感じます。のだめと千秋が幸せに生活している日常を垣間見たようで嬉しかったです。

投稿: nya | 2011.05.17 05:03

のだめカンタービレって千秋が女性でのだめが後輩男性なら普通なんです。逆転で恋愛コメディなのだと思いました。

スポーツ万能、才能豊かだけどデキの悪い男子学生のだめが、逆玉に乗る話で、当たり前過ぎます。

最初に酔っぱらっているとき息を吹き掛けられた千秋はのだめの魔法に懸かっんしまったですね。のだめは菊地君並のやり手です。

投稿: 野田千秋 | 2014.12.03 11:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33364/51381707

この記事へのトラックバック一覧です: 「のだめカンタービレ イラスト集」感想:

« 限定公開**公開終了。ありがとうございました!** | トップページ | 「港町純情オセロ」開幕と夏公演「髑髏城の七人」情報 »