« 震災とTwitter | トップページ | つれづれ弥生:春はまた来る »

つれづれ弥生:On the Beach

Img_0671

― ベランダの桜が咲いたよ。春は何度でも巡りくる。

葛飾柴又育ち(マジ)の私にとって、3月10日の「東京大空襲」は9月1日の「関東大震災」と並ぶ特別な日であった。幼少の頃から繰り返し聞かされた祖父母の世代が体験した災厄とそこから得たたくさんの教訓(Lessons Learned)は疑似体験となって私の体に沁み込んだ。でも、本年2011年より、3月11日とそこから続く長い災厄と復興の日々が私自身の Lessons Learnedになるんだろうと思ってる。生まれて半世紀目のコペルニクス的転回。学ぶべきことは多いし、それを今後の社会に還元していかなければと日々思いを新たにしている。

とはいえ、今週からようやくe-workが終わり、出勤できるようになった。照明の落とされたターミナル駅。動かないエスカレータ。棚が空のスーパーマーケット、計画停電で真っ暗になった街並。これから日常になっていくであろう、でもまだ非日常にちょっぴり心が折れかけてる(よわよわ)。オフィス節電で、ソーラー電卓が使えないんだよう(;-;)

若い頃は、50才になったらリタイアして、悠々自適に過ごすんだ!英国に住むのもいいなあ。なんて呑気なことを思っていたけど、まさかこんな老後が待っていたとは!うーむ、もう少し働いてお金貯めとかないと今後の生活が大いに不安だ。経済はシュリンクするだろうし、今後は会社もクビになっちゃうかも(がーん!)。おうちのローンは払い終わったけど、あとはどうやって生計をたてていこうかねえ。

1960年代、日本の高度成長期に生を受けた私たちはまた、冷戦の時代の子でもあった。米ソ欧が競って核実験を行っていた時代。空気中に排出された夥しい放射性物質、雨が降ると放射能に気をつけろといわれた。核戦争の危機が叫ばれ、核戦争による人類の終末(もしくは復活)を描いた厭世的なSFが多く発表された。

昨年、アニメに私の訳を使っていただいたエリオットの「The Hollow Men」。静謐で穏やかな終末(感)を描いた詩篇。でもあの頃は、まさかこんな日を迎えるとは思わなかった。本当に人生はわからないな。

この詩篇も、この詩篇を掲げた核戦争による人類の終焉を描いたSF「渚にて(On the Beach)」も大好きだけど、もちろん穏やかに現状を受け入れるだけでなく、力強く歩きださなきゃいけないってわかってるよ!(いまはちょっとwhimperモートだけどね)

|

« 震災とTwitter | トップページ | つれづれ弥生:春はまた来る »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おっと!乙女チックになっちゃってぇ!生涯現役でがんばんべぇ!

投稿: 246の白い狼 | 2011.03.26 00:57

わあい、先輩、コメントありがとうございます!

励ましのお言葉ありがとうございます。震災からいろいろあってともすれば心が折れそうになる日々ですが。先輩もご存じのとおり能天気でおばかなnyaですので、すぐ元気になりますよ!がんばって働きます~。

投稿: nya | 2011.03.26 20:23

のだめ のアナリーゼ以来 ここに来ています♪みもざです〜お久しぶりです〜

先日 長男の小学校の卒業式でした〜電気のついた体育館で卒業式が できる有り難さを痛感し 被災地の子供達を思うと 申し訳ない気持ちにも なりました…我が子達は これからの未来に向けた夢 希望 憧れの歌詞を歌いましたが この子達の これから10年は 茨の道なのではないか?!日本は どうなるのか?!と 感じて帰って来ました。子供が社会に出る10年先に きちんとバトンタッチが できるように 私たちの世代が 頑張らなければ!!!!と 感じています〜


今は 原発や被災地の救済など 渦中にあって 具体的な行動は募金や節電などですが もう少ししたら エネルギー問題や経済の立て直しなど 沢山考える事が ありますね〜正しい判断が できるように 学ばなければ ならないこと山積みです〜

Nyaさんの blogからも 沢山参考に なることが あります〜日本の明日の為に がんばりましょうね♪♪♪お体 ご自愛くださいませ♪

ねこまるちゃん 大好きです♪またアップして下さい〜癒されます〜

投稿: みもざ | 2011.03.27 17:11

みもざさん!お久しぶりのコメントありがとうございます!

おお、お子様の卒業式!おめでとうございます!お喜びもひとしおでしょう。

今年の春はほんとうに美しいと感じています。この美しい季節が何度でも巡りくるように、私達は未来に責任があります。電気の問題については私はいままで無自覚で、結果として福島の方々にご苦労を強いてしまっているのが心苦しくてなりません。

日本をよりよい形で残すためにも、沢山考えて迅速に行動していかなくてはなりません。私は頭悪いまま年をとってしまいましたが、それをエクスキューズにせずに、自分で考えて判断し、行動していきたいと思っています。

あ、でもでも基本はおバカで楽天家なので、ブログはこれからもゆるいままいきますよ~。ねこまる画像もアップしますのでどうぞこれからもいらしてくださいね!

投稿: nya | 2011.04.03 01:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33364/51216158

この記事へのトラックバック一覧です: つれづれ弥生:On the Beach:

« 震災とTwitter | トップページ | つれづれ弥生:春はまた来る »