« Twitterで楽しく70年代少女マンガ談義 | トップページ | 野田地図「南へ」感想(超短感、でもネタバレあるので注意) »

テオ・ヤンセン先生を観てきたよ!

先週の金曜日のお昼休み。iPhoneでTwitterを観ていたらTLに「テオ・ヤンセン先生緊急来日!日曜日にトークライブが」のお知らせ。早速ネットでチケットとって観てきたよ。うーむ即断即決ネット時代はいいねえ。

テオ・ヤンセンとストランドビーストのこどもたち

お台場のZepp Tokyoの2階にある東京カルチャーカルチャーはお洒落なロフト・プラスワンという趣。サブカル(って死語?)イベントをよくやってるみたい。日曜朝10:45開場というので、車で家を9:30頃でたら首都高がすごく空いてて10時にはついちゃった。お隣のヴィーナス・フォートに車をとめて外に出たらすっげえ大行列。のわんと「渡り廊下走り隊」の握手会があったのでした。男の子がたっくさーん。でも女の子もいたよん。

チケットはSOLD OUT。内部はレストラン形式で全員着席。お客さんは若い人から、お子さん連れ、私たちのような年配まで本当にさまざま。みんなビースト好きだと思うとなんだかにこにこしちゃう。約2時間のプログラムは2部形式。1部はヤンセン先生のビーストに触発されて日本でマイ・ビーストを作ってる人たちの座談会。いやあいろんなビーストがいるなあ。

のれるビースト。昨年のMake Japanのコンファレンスにも出展されてた。お子さんに「ぱぱーロボット作って~」といわれて作ったけど「顔がない~」といってdisられたらしい。かわいそうなお父さん。材料費は35万円くらいだそうですよ!

Img_0587

木製ビーストを作った方は、ヤンセン機関を使って鉄の玉をもちあげて転がす永久機関マシンを作成。美しくて素敵。モーターはスイス製(音が静かなんだって)。100均の木製お玉など利用、ヤンセン先生ものすごく気にいっておられた。

Img_0594

写真とらなかったけど他にペーパークラフトのビーストも!夫も前にペパクラでビースト作ってたから(夫は昔ASCIIでペーパー・クラフト連載してた)ライバル意識を燃やしていたよ。

休憩はさんで第二部はいよいよヤンセン先生登場!大人の科学マガジン西村編集長がオランダのヤンセン先生のスタジオを訪ねた際の写真をみながらの対談形式で。ヤンセン先生はとても優しそうでクリアな英語で語られました。以下覚えてること羅列。

・ビーストに使うパイプの加工は1本5秒
・ビースト組み立てに使用しているパイプ(黄色いプラスチック)はオランダのDIY屋さんで売ってるパイプ。モデルチェンジされたらしいが、ヤンセン氏それを使うのは拒否。倉庫には50Km(1本4m)のストックあり。
・失敗セル(パイプを組み合わせた構成物)はどんどんたまっていく。
・過去に組み立てた失敗作(?)はスタジオ周辺に放置。墓標も作成。古いパイプはいい感じに色あせて白くなっていくのでパイプの色で作成年代がわかる。
・大人の科学マガジンのミニ・ビーストをはじめてみたときのヤンセン先生の写真。すげーシリアス顔。あまりに細かくて見事な細工なのでびっくりしすぎたせい。過去他人が作成したミニ・ビーストはいろいろあったが、みんなモーターで動いて風で動くものはひとつもなかったそうです。
・ミニ・ビーストを自分で組み立てて海岸で動かすヤンセン先生の写真。かたわらには愛犬マーフィー。

最後は日本の人たちが作ったビーストへのヤンセン先生の講評でした。いやあ憧れのヤンセン先生のお話を直接聴くことができて本当にうれしかったなあ。よいイベントでした!

Img_0596

テオ・ヤンセン展の感想はこちら

|

« Twitterで楽しく70年代少女マンガ談義 | トップページ | 野田地図「南へ」感想(超短感、でもネタバレあるので注意) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33364/50793739

この記事へのトラックバック一覧です: テオ・ヤンセン先生を観てきたよ!:

« Twitterで楽しく70年代少女マンガ談義 | トップページ | 野田地図「南へ」感想(超短感、でもネタバレあるので注意) »