« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

業界はせまいなあ

2004年5月からブログをはじめたからもう6年かあ。飽きっぽい私にしては本当に良く続いてる。日々の雑記、折々に興味のあることや読書観劇感想など。ジャンルを特定しないままユル~クやってきてるのが長続きの秘訣かな。

最初は1ヶ月に数アクセスしかなかった訪問者の方々も、のだめの感想をきっかけに中高校生から同年輩の方々まで多種多様なコメントをいただけるようになり感激至極。たくさんの方々とお話できるのは本当に楽しい。ブログをやっていて良かったなあと日々思っているよ。

長年に渡って多種多様なエントリーを書き散らかしているので、稀に雑誌やテレビなどのメディアの方々から取材やエントリー転載のご依頼をいただくことがあります。夫が前職業界誌の記者、現在はフリーのライターのため、かの業界の厳しさはわかっているつもり。ために基本はウエルカムです。こんなゴミのようなエントリーでよろしければ幾らでも使ってやってくださいませ。(無断転載は困るけど)

で、先週の9/17(金)の夜更け。連休前日のため夜更かししていた私たち。夫の携帯が鳴った。メディア業界は24時間体制なので、夜更けの電話は当たり前。でも内容は夫の仕事じゃあないみたい。「はい、たしかにそのブログはうちの女房がやってます。はい、いいですよ。この電話に連絡いただければ女房と話せますんで」。

え、私?

訝る私に夫はいった。「いや、アニメの中でお前のブログに載ってた翻訳を使いたいみたいなんだよ。制作の人が連絡をとりたがってるって。すぐこの電話に連絡くれるみたいだよ」

アニメ?でも何で夫の携帯に?

聞けば連絡をくれたのは、夫の仕事先の某編集者の方。私のブログを見つけたアニメの制作者の方が、エントリーを読んでいるうちに夫に関するエントリーを見つけ「これはひょっとして夫のことでは?」と、かの編集者の方に連絡をとったとのことだ。業界せめえええ!

すぐに電話が鳴り、かの制作者の方と直接お話をした。アニメの最終回にエリオットの詩篇を使いたいが、その翻訳として私のエントリーをみつけたので、使わせてはくれまいか?とのこと。

それがこれ、「かくて世の終わりきたりぬ」。英国の国民詩人エリオットの「ホローマン」。

原詩はすでに著作権がフリー(のため、私のブログにも全文掲載している)であるが、エントリーにもあるようにこの詩はSF古典の名作、ネビル・シュートの「渚にて」にゆかりのあるもの。「かくて世の終わりきたりぬ」の一文は、故井上勇先生が訳されたものだ。ゆえに版元の東京創元社にお話通すようにお願いして私の翻訳掲載を承諾した。

それにしても今までの業界からの連絡は、ブログのプロフィール欄に掲載されている私のメアド経由でいただいていたのに、今回に限り夫経由という方法を使った理由は何故かしら?と訝っていたが、すぐに謎はとけた。

何故ならかのアニメ「学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD」の最終回は、9/20(月)の連休最終日の深夜に放映されたのだから。みじけええ!

てなわけで、なかなか面白く、かつ業界の狭さクイックさを思い知った経験だったのでありましたよ。

P.S.ご連絡いただいた制作の方はとても礼儀正しく丁寧で、「掲載のお礼にこのアニメのDVDをお送りします!」とおっしゃってくださったが、録画してはじめて観たそのアニメは、いわゆる乳ゆれパンチラばりばりの美少女アニメだったのでちょっと複雑な気分。でも原作はあの佐藤大輔先生だし、作画は丁寧で良いし、声優さんも豪華なのできっと人気があるんでしょうねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ドラマ「10年先も君に恋して」第四話「恋の犠牲者?」感想

うわああん、今回もおもしろかったよう!

もう切なくてかわいくて…里花ちゃんも!30博も…そしてなにより40博ですよ奥さん。魅力爆発でそれまでのうさんくさいおっさんが一気に少年の心を持ちかつ包容力のある純で優しい男性に!もううっちーの表情がよくってねえ。若い里花ちゃんを目の前にして、途方にくれたような目で「もう、そんなかわいい顔で俺のことを見るな」ですよ!何なんだこのかわいいおっさんは!

そして明らかになる二人の破局の原因。結婚後、博が海外に転勤になり、里花は仕事をやめてついていく。どんどん仕事で評価され活躍する博。博は里花のためにがんばって成功し、素晴らしい生活を与えたのに、家庭に閉じ込められた里花は鬱屈し、なんとDV妻になってしまう! 里花の大好きなチーズケーキをお土産に買って帰った博に、当たり散らし「私の人生はあなたの成功のために犠牲になったのよ」と責め続ける。遂には二人の間に会話もなくなり、亀裂は決定的に。

まあありがちな夫婦破局原因ですね。でも里花ちゃんはどうしてそこまで鬱屈したのか、すれちがってしまったのか。そのあたりの原因は、今回の若い里花と30博のふるまいに暗示される(うまいなあ)

博に誘われて、同僚の亜美(木南晴夏ちゃん!20世紀少年のこいずみきょうこだね。達者な若い女優さんだ!)と宇宙エレベータの競技会に参加する里花。これは本当の競技会なのかなあ。さすがNHK! 興味なっしんぐの亜美とちがい、ケーブルの先の宇宙を想う里花。嬉しそうな博。ただ博は自分の競技に夢中でつい里花をほっぽってしまうんだよね。そんな里花の前にあらわれた40博。開口一番「退屈してないか?」で、若い30博との心持の違いを出すのはうまいなあと思ったよ。

宇宙エレベータの競技を懐かしそうに見つめる博は、やっぱり30博の成長した姿。うさんくさいおっさんとしか見れなかった里花の心の変化も細やかに描いてる。

しかし二人の姿は、博の研究室仲間の隼人くん(わあい、大好きな阿佐スパのメガネ役者中山祐一朗さんだ!)に目撃され、30博に報告されてしまう。博の心に芽生える里花への不信。それが40博であることを知っている教授がいっしょうけんめい里花をかばっているのがかわいい!

里花は仕事が大好きで、努力の甲斐あって(どっちかっつーと40博エピソードに興味をもった)濱田先生に。やっと新作のプロットをもらうことができた。そして担当する日高先生は芥山賞にノミネート!仕事に夢中の里花は博の約束に大幅遅刻。お誕生日なのにレストランで待ちぼうけの博がかわいそう。そんな博に、「そこで買った」と靴下のプレゼントを渡す里花はちょっとがさつなのかな?それまでの恋がすべて破局したのもちょっとわかる感じ。

そして30博。結構強引で独占欲が強く、嫉妬深いことが今回判明!恋人になるまでの好青年っぷりと、恋人になってからの変化。それはきっと恋に不慣れで、里花のことが大好きで、いっぱいいっぱいだからなんだろうねえ。

里花と30博。どちらも自分の好きなことを仕事にして、一生懸命で、でも目の前のことに夢中になるとそれ以外のことをついおろそかにしてしまう。どちらもすこしづつ相手への思いやりが足らない。いまのままの二人が結婚すると、その足らない思いやりが決定的な亀裂に至ってしまうのだろうことが容易に想像できるのが哀しい。

そして、里花と40博と30博がついに邂逅!(いや面と向かってあってはいないけど)。「誰と逢っていたんだ!」と責める30博に背を向け、夜の街に姿を消した40博を追う里花!

以下次回!どーするどーなる!

次回の予告では若い二人はついに破局してしまうみたい!きっとここから未来が大きく分岐していくんだろうなあ。この一連の出来事で30博と里花が成長し、未来の破局を防ぐことができるようになるといいなあ。楽しみ楽しみ。

そうそう、明日9/24(金)にサウンドトラック発売ですよー。早速予約しちゃったよ!エンディング曲のCannonboll が大好き!BGMも素敵~。(アマゾンで視聴できますよ)。あ、追加情報、クリケイが歌い上げる「Time of Love」ははいってないんだって、残念~。

***9/24追記

9/21の放送は、ニュースの関係で15分遅れ。録画失敗しちゃった方のために、総合で再放送決定だって。
見逃したかたもどうぞ~。

~「10年先も君に恋して」第4回「恋の犠牲者?」再放送予定~
総合 10月3日(日)<2日土曜深夜> 午前2:05~2:49

公式ホームページ

前回の感想

| | コメント (7) | トラックバック (0)
|

ドラマ「10年先も君に恋して」が面白い!

NHKで8/31(火) 22:00からはじまったドラマ「10年先も君に恋して」。予告が面白そうだったので観はじめたら面白い!

ドラマホームページ

主演はうっちーこと内野聖陽さんと上戸彩ちゃん。なんとSFだよ!

本の虫が高じて編集者になった26才の里花ちゃんは、モト彼が痴漢でつかまっちゃうという男運の悪さ!でも仕事は充実。子供の頃から大好きだった作家の担当に抜擢されてはりきる里花ちゃんの前にトレンチコートの怪しい中年男のストーカーが!そのうさんくさい男はなぜか彼女の恋路をじゃましようとする。

里花ちゃんが出会ったのは、純情そうな草食系の若き研究者(笑)円山博。宇宙エレベーターを研究してる。はじめての遊園地デートでクラークの「楽園の泉」について熱く語る理系男子と文学少女。里花ちゃんと博はすっかり意気投合。しかし新しい恋の予感に浮かれる里花ちゃんの前に再びあらわれた中年男は、「10年後の君の夫」と名乗る。彼女と博は恋に落ちて結婚するけれど10年後はすっかり夫婦仲は冷え切り、ふたりとも不幸になっている。博は10年後から二人の結婚を阻止するためにタイムスリップしてきたのだ!

うっちーもあやちゃんもそれぞれ現在と10年後の二役を演じてる。特にうっちーが凄いよ!実年齢41才。最近ではJINの龍馬役で暑苦しさっぷりを発揮していたうっちーが演じる30才の博くんが、ちゃあんと草食系の理系男子になっててすげー!しかもオクテで純情で誠実。たどたどしくも一生懸命、里花ちゃんへ気持ちを語る第二話クライマックスでは胸がきゅんきゅんしちったよ!で、10年後の40博はいつものちょっと暑苦しい色気のあるうっちー。宇宙エレベーター事業に成功し、セレブでスタイリッシュになった40博もステキだよ!

40博と里花の会話はテンポがよくって楽しくって(10年後、スカイツリーは頓挫してるんだ!には大笑い)、一転して30博と里花の初々しい恋は切なくってかわいらしい。楽しくて切なくて"すこし不思議(SF)"な「大人の少年ドラマシリーズ」といった趣。いいねいいね!これからどうなっちゃうのか楽しみ!

すでに2話まで放送されてるけど、NHKオンデマンドで有料コンテンツとして配信されてます~。ご興味のあるかたは是非どうぞ!来週も「時をかけるうっちー」見るぞ~!

あ、そうそう。たぶんタイムスリップの理論を発明する、博のお師匠さんの大学教授役の藤竜也さんがすっかりお茶目でかわいいおじいさんになっててびっくり。藤さん、昔ニヒルでクールで格好よかったよねえ。もちろん昔も今も素敵です。

9/19(日)に一挙三話放送ですよ!見逃した人はぜひ!公式お知らせ

~「10年先も君に恋して」再放送予定~

総合 9月20日(月)<19日(日)深夜>

第1回「未来からの恋人」 午前1:25~
第2回「運命の恋なんて」 午前2:14~
第3回「恋の骨折り損」  午前2:58~

NHKオンデマンド(有料) 第一話 第二話

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

秋の気配の備忘録いろいろ

長い夏休みも終わってもう9月。体が夏休みモードでもどらないよう。夜10時就寝朝4時起床。そんでもって午後にはお昼寝。しごとになりませんがな。

それにしてもまだまだ暑いなあ。涼しくなるのかな。秋の催しの備忘録を書いてみよう。この項はどんどん更新しますよ。

日比谷オクトーバーフェスト。9/15(水)~/17(金)

ハイランドゲームズ。10/3(日)

■横浜オクトーバーフェスト仮日程。10/10(日)~10/17(日)

■シティボーイズミックスPRESENTS「10月突然大豆のごとく」 10月。10/23(土)観劇。

■新感線秋公演「鋼鉄番長」 メインビジュアル更新してかっこいい!
10月から。11/3(水)観劇。

じゅんさんと古ちんがすげースマートに!そんなにおけいこ厳しいのか~。お体おいといください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »