« つれづれ水無月:涼を求めてミッドタウン | トップページ | 野田地図「ザ・キャラクター」感想 »

「のだめカンタービレ」番外オペラ編 AKT8.感想

1ヶ月ぶりのご無沙汰でした。いやあ仕事理由ではあったけどこのブログそのものも更新頻度が著しく落ちて、あやうく休眠ブログになりかけてしまい反省反省。Twitterでは毎日つぶやいているけどね。140字の世界もいいけれど、長めの文章もまとめる努力をしないとますます老化が進行してしまうのでがんばりマス。次のアナリゼは全編からのだめラブシーンをピックアップしてその意味を分析!というヨコシマ極地なお題を準備中です~。がんばれ私!

さてさて、Kiss本誌感想、のだめ番外オペラ編もいよいよAKT8。今回をいれてあと3回なんでそろそろ終わりも見えてきたけど、今号はなんといってものだめのアレですよ。千秋も内心大喜びだ!(私にはわんこ千秋が尻尾をぶんぶんふってるのがみえた~)

扉絵名作オペラシリーズは「ラ・ボエーム」。キャラクターブックのアレですね。ロドルフォ"巻毛"千秋にミミのだめが美人だよ!

例によって私の感想はネタバレには躊躇がありませんので、単行本派の方はご注意くださいませ~。

とうとうオケ練がはじまったけど、いきなり千秋の粘着爆発。例によって序曲から細かく細かくチェックしていくよ。焦る団員の中、コンマス高橋君は千秋をうっとり眺めてしやわせそう。一方、ジャンケンで負けてコンマスになれなかった清良はくやしそうだよ。

休憩時間、ロビーでぐったりする団員たちはどこかでみたような画。でも学生時代と違ってみんな職業を持っている。うまいこと音楽の世界に職を得た人もいれば、普通に就職した人もいるだろうし、なかなかにたいへんそう。仕事に追われ練習に疲れる姿に初期のマルレを思い出す黒木くんなのでありました。(青緑百句あり)

しかし高橋君の出来がどうもアレ。オペラの内容がわかってないようだ。そんな挙動不審の高橋君を見て、清良が彼が魔笛のストーリーを知らないことを指摘する。見たことくらいはあるらしいけど、留学したてのパリでみたから言葉(独→仏だね)もわからなかったんだって。そんな高橋君を蹴りだして(ひでえ)キャプテン清良が無理やりコンマスに!ありうるのかこれって!(漫画ですから~)

考えてみればオペラのオケって、要するに芝居を把握してないといけないわけで、もちろん指揮者は台詞も演出も全部わかってないといけないわけで…どれくらいの負担がかかるのか考えてみるだにおそろしい。いままでミュージカルや新感線の音楽劇を気楽にみてたけど、音楽担当者の苦労を改めて知ってしまったあ!これからは襟を正して観るよ!ありがとう塩田さん(東宝ミュー指揮)、岡崎さん(新感線座付き音楽監督)!

日もとっぷりくれて、見学ターニャとのだめも疲れ気味。ターニャは原宿とか行きたいのに、くろきんやそのご家族は巣鴨や浅草にしかつれてってくれないんだって。でもすげえ!くろきんファミリーとも仲良くなれてよかったね嫁ターニャ!

じゃあみんなで飲みにいこうと千秋を待っていると千秋と峰くんのどこかで聞いたような会話。曰く「まだ練習はじめたばかりなんだから、そんなに細かくやらないで、全体を整えたほうがいいんじゃないか」ってね。「焦る気持ちもわかるけど、みんなまで焦らせるな」と千秋を諭す峰くんはすっかり大人な演出家。一方千秋は、自分が焦ってることに気が付いて愕然とする。

でも千秋はすぐに仕事で欧州に(今度はラズベリー収穫祭だって)。その間のお稽古は片平さんにおまかせ。稽古に参加できないビギナー千秋の焦りは増幅する。とんぼ返りで日本に帰ると、もう舞台稽古。R☆Sオケも千秋もオーケストラピット(オケピ)ははじめて! 閉所恐怖症の真澄ちゃんは「せまい、暗い…」と白目になって、杏奈ちゃんに心配されてるよ。

そしてコンマスの座はまた高橋君が奪回!なーにしてんだか。高橋君は猛勉強でドイツ語の芝居の台詞まで全部いれてきて、あっという間に清良を追い落としたらしいよ。まさにコンマス戦国時代!虎視眈々と奪回を狙う清良(漫画ですからねえ)

オケピの指揮台に立つ千秋ははじめての感覚に愕然とする。オケピって舞台下だもんね。舞台が遠い。歌が遅れて聞こえるし、役者の姿も見えない。その中で舞台と息をあわせて音楽を進めるにはエネルギーが必要。いつもヴィエラ先生のすぐそばで聴いていたのに、やはり自分が指揮するとなると違うもの。焦る千秋を不安そうに見るメンバー。

休憩中の千秋に温泉饅頭を差し入れる峰くん。「そんなに力いれなくても大丈夫」と慰める峰君に「うしろで聴いてるだけでわかったようなこと言うな!!」と怒る千秋。すぐに我にかえって謝ろうとするも「「千秋のバカァアア」(久々に死ねとおもった~)と泣きながら走り去る峰くん。まるで学生時代だねえ。

しかも真澄ちゃんまでもが女子代表として現れる。千秋の白シャツが指揮台の後ろの壁と同色のため見えづらい。色つきのシャツでお願いだって。千秋のアイデンティテイー白シャツまでも問題に!

団員さんが片平さんと比較した千秋の余裕の無さの立ち話を聞いて青ざめる千秋。

「ヴィエラ先生の下で」「現場で、ちゃんと経験を積んできたつもりだったのに」

実践の厳しさに打ちのめされる千秋。

そこへあらわれた森の妖精…もといっ!ハルヒコス(涼宮ハルヒちゃんね。最近は生田とーま君とCMにもでてるよねー)ののだめ!手にはお弁当の風呂敷包み。「千秋先輩~~~!!」「お昼ごはんの差し入れ」「持ってきましたよ~~~!」。団員も千秋も白目。あわてて指揮者室にのだめをひっぱりこむ千秋。

のだめはどうやらターニャとコミックフェスタに行くらしい。「おまえ コスプレだけはしないって……」「あれほど豪語しておいて…」と千秋。どこでどんなシチュエーションでそんな意味深な会話したんでしょーねー(ふふふのふ)。 俊彦君がこれを着ていけば3000円くれるっていったんだって!俊彦君にそんなシュミが?!

「水着のときは無反応だったくせに……(4巻)」「好きなんだから」とのだめ。この水着のだめのカットがめっぽうプリティでかわいいっす。4巻当時より巨乳なのは千秋回想だからか!

ところでコミケは会場外コスプレ禁止ですヨ。ちゃんと所定の場所で着替えるんですヨ!けっこう規律が厳しいのだ。風紀が乱れると次回から会場貸してくれなくなるからね。

でものだめが「これでも食べて午後もがんばってくだサイ(はあと)」と差し入れてくれたおにぎりと玉子焼きwithお茶はとても美味しそう。風呂敷かぶってこっそりでていくのだめを見送って、思い起こすのはSオケ、マルレで千秋が苦しんでいたときにのだめが作ってくれたおにぎり。「なぜか弱ってるときにでてくる……」「4年間、ずっとこれだったな」と脱力しながらも嬉しそうにおにぎりを手にする千秋。

そして思い至る。 「そうだ」「最初からうまくいったことなんか、ひとつもなかった」

ぶー子が、清良が、真摯に音楽にとりくんでいる。高橋君も団員も、そして千秋も、それに感化され落ち着きを取り戻して行く。

「R☆Sオケの変なエネルギーが」「オレを引っ張る」

それは峰の思惑。千秋、菊地、黒木くん、主要メンバーが帰ってきて、だらけていたオケにたらされた真っ赤なラー油!!(清良)

俺のオフェンス計画!! オペラでライジング!! どうだこれ!!

あとは千秋だ!!

まあ、このあたりはいわゆる千秋のいつものサクセス・ストーリーだからねえ。番外編までこれをやるかとは思うけど、やっぱりまとまりがいいんだわ。わくわくするしね!

なによりすごいのは、このルーティーンなサクセス・ストーリーをそれこそ何回も千秋は繰り返してるんだけど、周囲ものだめもそしてなにより千秋自身がどんどんその立場を変えていってるってことかな。音楽家は一生成長。特に若くて未熟な千秋はどんどん成長していくのが頼もしいね。

そして、変わりのないものも勿論ある。それが千秋のよりどころ。のだめの愛(わはは)かしら。いつだってのだめは千秋を元気付ける愛と音楽の天使なんだよ!

それにしても世界のNODAMEがハルヒコスでいいのか!パパラッチされて世界に配信されたら問題じゃないのか!?マジ心配(うそうそ)

まあそんなわけで次は7/25。この分だと終わるのは夏まっさかりかな~。まだまだ楽しめますよ~。

過去感想まとめました。

|

« つれづれ水無月:涼を求めてミッドタウン | トップページ | 野田地図「ザ・キャラクター」感想 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

nya様

まさかこんなに早くAct8の感想を書いて頂けるとは…
今回もnya様の感想を心待ちにしていました(*^_^*)
お忙しい中有難うございます。
私も早速kiss読んでまいりました。
のだめおにぎりに萌えっとする千秋様に激萌えです…
コスフェスでターニャちゃんが何を着たのかも気になります(笑)
あと番外編も残り少ないと思うと悲しいですね、
nya様のラブシーンアナリゼ、すごく楽しみにしています♪

今夜もnya様の感想を片手にkissを読み返したいと思います。

投稿: mya | 2010.06.25 21:17

は、早いですよnyaさん。お仕事お忙しいのに、こんなに早く感想を上げられるなんて素敵です。私は暑さでバテバテ・・・

千秋にとって、のだめおにぎりがどんなのもかよくわかった今回でしたね。ピリピリしていた気分が一気に解れて上手く流れる、さすが愛妻弁当です。そして、千秋の回想ののだめがすごく可愛い。わかりやすいな~彼ってw。
>どこでどんなシチュエーションでそんな意味深な会話したんでしょーねー(ふふふのふ)
そんな会話どこかにあったっけ?って思わず探そうとしましたよw

やはりR☆Sの話はテンポがいいですね。何よりも皆の成長っぷりがいいです。例え指揮者が頼りなかったとしても(笑)、心強い。
舞台の裏側の事情も垣間見れて面白かったです。

>コミケは会場外コスプレ禁止
そうなんですか!知りませんでした。
ではでは、次回も楽しみですね♪

投稿: 茶々 | 2010.06.25 23:17

nyaさん

オペラ編の感想ありがとうございます。
今回を含めてあと3回なんて淋しい~。

それにしてものだめちゃんかわいいですね。
ハルヒコスの似合うこと
(涼宮ハルヒちゃんをよく知らなかったんです。
おしえてくださってありがとうございます。)
お弁当もバージョンアップして美味しそうですね。
ラブな二人が見られて嬉しかったです。

ぶー子も衣装をつけたらキラキラしてましたね。

あと真澄ちゃんに「大丈夫?」って声をかけたのって
萌ちゃんかなぁと思ったのですが・・・。

そして頑張れ千秋先輩!
(いつもbotに「おはよう」って言ってもらえて喜んでますcoldsweats01

投稿: きみえ | 2010.06.25 23:57

本当に、お仕事お忙しい中ご苦労様です。
のだめ 仕事の同僚のチェリストがファンであることを、
カミングアウト(笑)
英語版のコミックを読んでいるそうです。

のだめのお弁当が美味しそうだ、というところに
彼女の成長を感じます・・・って視点が違う(笑)
私は部分、浦島太郎状態なので、ハルヒコス?
でしたが、なるほど、これですね。
これは むっつりの千秋先輩・・・大変ですね(笑)

派手なようで、実は指揮者って地味・・・
演奏者のような派手なデビューなんてないし、
地道に実績を積んでいくしかない。
そうそう、指揮者が落ちてどうする・・・
やるしかないよ、千秋!

オリジナルは日本で楽しみに、
これからも、nyaさんの感想、楽しみにしてます。
もちろん、アナリゼも・・・。ラブシーンですか、ますます楽しみです(笑)

お仕事大変ですね、どうぞお体を大切に


投稿: rico | 2010.06.26 03:26


nyaさんお久しぶりです!覚えていらっしゃいますかねsweat01?大学生になってからバイトやらレポートやらで、こちらに足を運んではいたのですが、コメントする余裕がなくてbearingすみません〜!!


前回のkissの予告に、“以前恋人としての絆は強いが、音楽家としてのだめとの差に焦る千秋”って書いてあったので、なるほど〜そういうことかと読んで納得しました。

>あんなに豪語してたのに
いつそんな事言ったんですかね〜catfacew 他にどんなコスプレしたんでしょうか?ww

お弁当も上手に綺麗になってるし、愛は偉大ですねheart

ラブシーンアナリゼ楽しみすぎますlovely!お仕事大変でしょうが、頑張って下さいbearingまた来ますcat

投稿: なな | 2010.06.26 15:15

Nyaさん、こんにちは!

この番外オペラ編って、千秋の成長(カラ破り)のために、
千秋が主役で描かれているんだと、私は思ってました。

もちろん、二ノ宮先生ご自身が、
オペラを描きたかったっていうのもあるのでしょうし、
他のメンバーの、その先も気になるところでしたし。

ところで、作中の高橋くんのドイツ語。
第1幕イントロの、侍女2のセリフですね。
タミーノを助けた侍女達が、いい男のタミーノの存在を、
女王様に知らせに行くのに、誰が行くかで揉めてる場面より、
 「いいえ、いいえ、あなたが行って、
 私が彼(タミーノ)を残って見守るから。」

付け足しで、前回AKT.7の、「グロッケンシュピーゲル」は、
正しくは「グロッケンシュピール」だと思うんですよね・・・。

ドイツ語ネタで、すみません sweat02

投稿: ゆきだるま | 2010.06.26 16:36

こんにちは、今回は千秋受難の回ですね。
オペラと普段のオケの違いって大きいんですね。

オケと衝突してしまって峰に注意される始末でのだめに驚かれたり。
峰に当たってしまったり真澄ちゃんに白シャツやめて欲しいなんて言われたり、何よりのだめにだいぶ差をつけられたりして。

のだめの方は仕事(ソロコン)が終わって余裕ですね、愛妻弁当届けたりターニャと遊びに出かけたりで、千秋に比べてのだめが苦労しすぎという所を帳消ししましたね。

あのコスプレしないとか言うやり取り興味ありますね~~
何よりも世界のNODAMEになってギャラも多くもらってるはずなのに高校生に3千円で買収されるなんて~~
のだめ、相変わらずで笑っちゃいます>▽<

俊彦君ってこんな人だったの~~と思いました。
オペラ、後2回上手くいきそうですね。

投稿: あみーゆ | 2010.06.27 22:45

初めて 書かせていただいてます♪いつも こっそりここに 伺ってました…『みもざ』といいます。いつも nya様の 読みの深さに感動しきりです〜♪


今回の オペラ編は のだめ千秋のラブラブ定着具合に 涙です〜もう すっかり スティディですね♪後はプロポーズの行方ですね〜

私的に とっても うれしいのは 峰クンが演出家として 生き生きしてること☆今までは 清良を支え、のだめや千秋の成功を讃えてきてくれた峰クン〜
今度は 峰クン自身が 演出家として 認められて 千秋や 清良と 公に対等になれるかな〜と(のだめは別次元にいるのかな…)。お金持ちの地主さんかもしれないけど 彼にも 音楽家として成功してほしいと切に 思っちゃいます!!


nya様〜お仕事タイヘンかと思います〜のんびり のだめ千秋のラブシーンのアナリゼ楽しみに してます♪


みもざ♪

投稿: みもざ | 2010.06.30 02:36

sunmyaさん、コメントありがとうございます。

前回を反省し、今回はがんばって早めにだしてみました~。コミフェスにターニャがいったら金髪碧眼ロシア娘で大注目ですね!そして日本のころから千秋はのだめのおにぎりに癒されているのですよ。きっと一生そうなんでしょうね(萌)

そう、番外編もあと2回で、これでお別れと思うと寂しいのですが、きっと楽しいラストになると思うので、ゆっくりたのしみに待ちましょう~。

sun茶々さん、コメントありがとうございます!

すみませんすみません。がんばって感想は当日あげましたが、コメントのお返事が大幅に遅れており、会社お昼休みにこっそり返しております~。(自前のPC&eモバからですヨ!)

今月ものだめと千秋がらぶらぶでよかったですね~。二人の間になにものもはいる余地はありませんよ~。回想の水着のだめもかわいくってマスコットにしちゃいたいくらいでした!

千秋はまだまだ未熟ですが、お互いの存在に刺激をうけながら成長していくR☆Sのみんながすばらしいですね。峰も頼もしいです!

sunきみえさん、コメントありがとうございます!

そうなんです。あと3回は寂しいですが、ゆる~くたのし~く続いているのであまり終わる感がありませんし、きっと最後もそんな感じでいつでものだめと千秋に会えるような気分で終わってくれると思います。楽しみに待ちましょう。

ぶー子、美人ですよねえ。歌の才能もばっちりですし、ダイエット成功のあかつきには引く手あまたにちがいありませんよ。

千秋ものだめのおにぎりに励まされながらなんとかやっていけるでしょうし、まだまだお楽しみは続きます~。

sun ricoさん、コメントありがとうございます。

ふふふのふ、グローバルにファンを獲得するのだめはすばらしいですね~。ハルヒちゃんは、ちょっと前までは結構巷を席巻する萌えキャラでしたよ。もともとラノベでそれがアニメになって大ブレイクしたんですね~。男の子キャラもいい感じです。

指揮者は地道にキャリアつんでいかなきゃならなくって本当にたいへんですよねえ。がんばれ千秋ー!

アナリゼもがんばりますね!

投稿: nya | 2010.06.30 13:13

rainななさん、コメントありがとうございます!

はい~、もちろん覚えてますよ!受験生だったななさんも大学生に!素晴らしい大学生活を謳歌されているようでなによりです~。
ふふふのふ。いつの間にかのだめと千秋の音楽家としての立場は逆転していますよ。でものだめも千秋もお互いを思いやっているのが素晴らしい。千秋も前向きにがんばっていますよ~。

アナリゼもがんばります~。ななさんもお体おいといつつ、一度しかない季節をどうぞ楽しんでお過ごしくださいね!

rainゆきだるまさん、コメントありがとうございます!

ですです。この番外編は、花開いたのだめの快進撃と千秋のたゆまぬ努力と成長あーんど峰をはじめとするR☆Sメンバーの成長が描かれていますね~。

ドイツ語、私は全然読めないのでありがとうございます!綴りミスは、まあよくあることなので~。

rainあみーゆさん、コメントありがとうございます!

はい~、千秋は前からずっとオペラをやりたいといってましたが、私自身もこんなに大変とは思っていませんでした。音楽だけでな台詞(歌)も覚えなきゃいけないし、演出も芝居毎にちがうだろうし、本当に大変です。

のだめのコスプレかわいかったですね~。俊彦くんのキャラを疑っちゃいますね!

rainみもざさん、はじめまして!コメントありがとうございます!

こんな辺境のブログにようこそお越しくださいました!読みなんて深くないですよ~妄想がハゲしいだけです!

はい~私もなにより峰くんが生き生きしているのがうれしいです。彼も才能豊かな音楽家ですから、きっちり花ひらいてほしいですね!

アナリゼもがんばりますので、どうぞまたいらしてくださいね。

投稿: nya | 2010.07.03 23:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33364/48719467

この記事へのトラックバック一覧です: 「のだめカンタービレ」番外オペラ編 AKT8.感想:

« つれづれ水無月:涼を求めてミッドタウン | トップページ | 野田地図「ザ・キャラクター」感想 »