« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

「のだめカンタービレ」番外オペラ編 AKT7.感想

うわわわん、25日の朝にKiss購入して読んだのだけど、今週は忙しくって更新できませんでした!すみませぬ~。

てなわけで、マンスリーでまったり楽しめる番外編。映画後編も上映中でお得感まんさい。今回はラブラブなのだめと千秋がおがめますよう!

表紙の名作オペラシリーズはリヒャルト・シュトラウス の「ばらの騎士」。扮するのは小間使いゾフィーに杏奈ちゃん。ばらの騎士オクタヴィアンの男装のだめが凛々しいね!二人とも寝てるけど~。

によって私の感想はネタバレには躊躇がありませんので、単行本派の方はご注意くださいませ~。

続きを読む "「のだめカンタービレ」番外オペラ編 AKT7.感想"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

つれづれ皐月 もう月末!

うわわわ~。5月半ばからすっげー仕事忙しくなってわたわたしてるうちに誕生日が過ぎのだめAkt7発売日が過ぎ、もう月末になっちゃったよ!人生はやっ!

■昨日新宿ヨドバシでiPadにさわってきたよ!デモ機5台しかなくって長蛇の列。でっかいiPhone。買ってもいいけどiPhoneとの棲み分けが~。

107677154

自分のブログをだしてみる

■おおお、12月はいのうえ演出。古ちん主演で「ロッキー・ホラー・ショー」。

ロッキー役、オーデ募集の要綱「身長180センチ以上、見目麗しき容姿と、古田新太をお姫様抱っこできる腕力を持つ男性、国籍不問」。古ちんをお姫様だっこ!是非やってくださいまし~。

学生時代、夫とオールナイトで「ロッキー・ホラー・ショー」映画版をはじめて観てすっげー熱狂した。その後渋谷のライブハウスで新感線の舞台(っつーかコントミュージカル)「ボッキー・ホラー・ロックンロール・サーカス」を観て、「この人たちはロッキー・ホラー・ショーがすっげー好きなんだろうなあ。でも予算がないからこんなショボイコントやってるんだなあ。はやく売れるといいねえ。」なあんて思ってた。それから四半世紀。やあっと舞台で「ロッキー・ホラー・ショー」ができるんだね!でも昔の美しい古ちんでフランケンフルターが見たかったなあ。まあがんばれ。

■新進気鋭の女優さん、仲里依紗ちゃんの初主演ドラマになるしもでるよ!

仲里依紗、連ドラ初主演!負けず嫌いな“熱血”日本語教師役に挑戦!

ハルコとは対立しながらも、彼女の教師人生に大きな影響を与える上司(鷹栖一樹)役を池田成志がそれぞれ務める。

こ、これからはなるしの時代が!10年前にはサダヲとか蔵之介さんがドラマの主演を張るなんて思わなかったもんなあ。同世代として応援しちゃうよ!

■ついに政権瓦解したなあ。決断力も実行力も無いこの政権を選んだのは日本国民だ。現政権の不甲斐無さはいまの日本の姿そのものだ。それを哂う資格のあるものは誰もいまい。しかし、隣国での緊張が高まっているのに、こんな暢気なことをやっているヒマはあるのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」三回目感想

うわあ、前回からすっかり間があいちゃった。仕事がむにゃむにゃのステータスはあいかわらずなんだけど、そろそろファーストランもおしまいでスクリーン縮小になっちゃうからね。でTwitter情報で、28日までTOHOシネマズ川崎のプレミアスクリーンで上映されていると知り、こりゃ幸いといってきたよん。

いやあよかったですプレミアスクリーン。こじんまりとしてるけど、ゆったりゴージャスシートにサイドテーブル。スクリーンは大きく音響も最高THX。お近くの方は是非是非ご利用ください。いまなら通常料金でハイクラスなのだめ鑑賞ができますよ!

例によって私の感想はネタバレには躊躇がありませんので、未見の方はご注意くださいませ~。

続きを読む "映画「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」三回目感想"

| | コメント (14) | トラックバック (0)

つれづれ皐月 いろいろピンチ!

わあああ、いっこ年とっちゃったし、いろいろ仕事もむにゃむにゃでどんづまりだし、ピンチピンチ。でもそのピンチを楽しんでる自分もいたりする罠。どうせ一度の人生なんだし、楽しまなくっちゃ損だわね♪

■てなわけで、恒例アメックスプラチナのスカなバースディプレゼント。ことしのプレゼントは錫の置物。やらかいからいろいろ形かえて遊べるよ...つかえねーよ!

P5160450

P5160456

■腕時計はオメガのコンステレーションミニ。ダイヤのベゼルのやつ。どうしてこんなバブリィな時計持ってるかのいきさつはこちらを参照。まあ見栄です。でもコンステレーション(星座)という名前。蓋裏の天文台のマーク。貝パールの文字盤に星のマーク。華美ではないダイヤのベゼル。なにもかもが大好き!とってもとってもきれいで素敵な宝物なのだ。

だいたい3年くらいで電池きれるので、交換は銀座のオメガショップでやってた。おとといくらいに電池きれて、ふと思いついてネットで調べたら、家からほど近い港北ニュータウンにヴィンテージ時計のメンテ専門店があることを発見。週末さっそくいってきたよ!

アクアタイム。きれいな工房でお値段もリーズナブル。見栄で買っちゃったバブリィな時計だけど、末永く使いたいのでこんな工房を近所に見つけられたことが嬉しい。電池交換を待っている間にもお客さんはひっきりなし。「親父の時計なんだけど…」なんて声も聴こえてなんだか嬉しくなっちゃった。みんな素敵な時計を大切に使ってていいなあ。私も大切に使おうと思ったよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「テルマエ・ロマエ持参でポンペイ展入場料が“銭湯”料金に」

大好きなタイムスリップローマお風呂漫画「テルマエ・ロマエ」。夫のプッシュではじめて読んで大ハマリしたのが昨年の12月(当時の感想)。アレヨアレヨという間に評判となり、マンガ大賞や手塚治虫文化賞などそうそうたる賞を受賞されて、なんだか我がことのように喜んでしまったよ。

おりしも現在、横浜美術館で「ポンペイ展」が開催されており、ローマ風呂などの展示もある。ポルトガル在住の作者ヤマザキ・マリ先生が来日された折に来場、超推薦されていたので是非行こうと思っていたのだ。

そしたらそしたらこんなタイアップが!

テルマエ・ロマエ持参でポンペイ展入場料が“銭湯”料金に

横浜美術館にて開催中の「ポンペイ展 世界遺産 古代ローマ文明の奇跡」と、ヤマザキマリの風呂マンガ「テルマエ・ロマエ」とのコラボ企画「テルマエ・ロマエ・ナイト!」が、5月21および28日に開催される。「テルマエ・ロマエ」1巻などを会場に持っていくと、「ポンペイ展」の入場料が割引になる企画だ。


持参すると入場割引になるのは「テルマエ・ロマエ」1巻、月刊コミックビーム、もしくは作中にも出てくる古代ローマの金属製アカスリ「ストリジル」のいずれか。一般当日料金1400円が、“銭湯”とかけた1010円にて入場可能となる。また参加者全員に高温浴室が描かれた「ポンペイ展」特製ポストカードを配布。さらに両日17時以降に特設ショップで図録を購入した先着50人には、「テルマエ・ロマエ」特製手ぬぐいがプレゼントされる。

行きて~!でも平日なんだよね。夫がすっかり行く気になっているので、是非ポストカードと手ぬぐいをもらってきてもらおう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

つれづれ皐月 五月病なう

■やべえ、GWボケが直らない。今週仕事する気おきねええ!モチベーションあがれ~踊りを踊るも猫踊らず。どーしよ。

■膝の痛みとれず、GWにMRIを撮ったが、結局靭帯が腫れているだけという結果。たいしたこと無くて良かったんだけど、MRI撮るのに1万円近くかかってるんだよなあ。自然治癒を待つしかないんだって。でも痛いよう(;-;)

■ツツイストならいちおう買っとけ「筒井漫画"涜"本ふたたび」。前回の筒井漫画涜本はもう15年も前の刊行かあ。書斎のどこかに埋もれていることでしょう。いがらしみきお「北極王」、とり・みき「我が良き狼」秀逸。田亀先生畑中先生は…あまりにもなんだか想像通りで笑った。大地監督が描いてるよ!みずしな「フェミニズム殺人事件」はいいんかい!と思ったら「のようなもの」ってついてたよ!

■祝!佐渡先生ベルリンフィル定演指揮就任…じゃあなくって、玉木千秋DVDのジャケ写がでましたよ!いいすなあ。のだめDEBUT!と対ですな…ってことは二ノ宮先生のジャケ絵特典がつきますよね!ついてくださいお願いします。ならべて飾ります。

並べてみました。


| | コメント (5) | トラックバック (0)

のだめ関連出版物

わあいマイ連休終了カウントダウンで忘れてたアーティクルをアップです。

オトナファミ最新号の二ノ宮先生ロングインタビューは、連載終了後の先生の所感で読み応えがあるよん。デビューからのだめを書くまでの先生の足跡。二ノ宮先生は基本、うんちくコメディなんだよね。特に天ファミは面白かったなあ。(私は「よっぱ研」は読んでないのだ~)。綿密な取材をベースに構成された破天荒なストーリーは一貫して変わらない。のだめに関するインタビュー抜粋。以下たたみマス。


続きを読む "のだめ関連出版物"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

のだめアナリゼその4:のだめの夢の変遷と開放【初稿】

前回のRuiアナリゼからすごい時間が空いてしまいすみません。へっぽことはいえ、アナリゼするにはつくづく頭が足りないなあと嘆く今日この頃ですが皆様いかがお過ごしでしょうか?

てなわけで(なんのわけだ)GWにちょっとがんばって「のだめの夢の変遷」についてアナリゼしてみましたよ。例によってアタマワルイ私のタワゴトです。なんだかぜんぜんまとまらずだらだら長いだけなので、どうぞお時間のあるときにご笑覧くださいませ。私ももう少し推敲進めてみます。あ、でもでもつっこみコメントも大歓迎です。どうかよろしくお願いいたします。

ところでIT用語になるのかな。何か(料金、報酬等)に上限を設けることを「キャップをかぶせる(cap)」と言います。上限が無いのは「キャップが無い(uncap)」ね。のだめは自分の才能に「先輩とのコンチェルト」というキャップをかぶせてしまっていたわけですな。

のだめはカイブツ的な音楽の才能を持ち、かつ自らの才能に絶大な自信を持っている。(パリ編からは)たゆまぬ精進を続ける精神力もある。即ち、申し分ないプロの資質をもっているのだ。だからこそオクレール先生も彼女に「プロの自覚」を持たせるための促成指導をしたし、千秋はサン・マロで彼女の才能の開花を予感し「覚悟」もした。それほどにのだめのポテンシャルは凄い。なのに、どうしてのだめは自分にキャップをかぶせてしまったのでしょうか。

その理由は日本編から提示されていました。のだめの夢の誕生とその変遷について日本編から読み解いていきましょう。

ここから先はたたみマス。

続きを読む "のだめアナリゼその4:のだめの夢の変遷と開放【初稿】"

| | コメント (20) | トラックバック (0)

つれづれ皐月 セルフGWは続くよ

世間的にはゴールデン・ウィークは昨日で終わりですが、私は木金と休暇をとっているので週末まではGWでござるよ。もちろん会社は休みじゃないので、生ぬるく仕事しながら休んでます~。

てなわけで、今朝呼吸器科に喘息の薬をもらいにいったのさ。受付1時間前に到着したらすでに10番目。受付が開いた時点ですでに数十人待ちになってました。連休明けは混むにゃあ。

私は10時には終わったので、すいてる首都高をドライブして羽田空港まで行きましたよ。家から車で(すいていれば)30分。やっぱり羽田に国際線を持ってきてほしいなあ。

で、何をしたかというとこれを買いました。空スイーツ「東京カンパネラ」とのだめコラボ。

羽田空港にて映画「のだめカンタービレ最終楽章」との特別企画商品を販売しております。

Img_0306

売り場はこんな感じ。

Img_0356

鍵盤バック紙袋にピアノあんどマングースパッケージ。三層の薄焼きラングドシャでチョコをはさんだ上品な味のスイーツ(チョコとバニラ)。5月31日までの限定だそうで、羽田空港ご利用の際は東京おみやげに是非どうぞ。

Img_0317

その後は第二ターミナルの展望デッキでビール飲みながら飛行機の着陸を見て和む。

午後は家に帰ってちゃんと仕事したよ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

『のだめ カンタービレ ♪ ワールド』 特別展

新丸ビルでやっていると聞き、本日首都高がすいていたのでさくっといってきました。

新丸ビル3周年記念Special 『のだめ カンタービレ ♪ ワールド』 特別展

5月9日(日)までの開催です。お近くののだめファンは是非どうぞ!

Img_0274

3階アトリウムの一角に、Lesson127およびオペラ編Akt1のネームが展示されてます。ネームはガラスケースにはいっており、比較対照のための完成原稿(パネル)が壁に展示されています。ネーム用紙はNinomiyaの名入りでかっこいいっす!

ネームといってもフキダシ+絵のアタリをつける程度のものではなく、鉛筆できっちり人物から背景(該当資料の指示等はあり)まで描かれています。アシさんや編集ミカりんへの指示もあります。おそらく二ノ宮先生がこの段階まで描いたら、ご主人POMさんがコンピュータに取り込み、アシさんが背景・効果等を入れていくのでしょう。

それにしても二ノ宮先生の手になる鉛筆書きののだめや千秋、その他登場人物の表情が素晴らしく生き生きしており、この段階でも十二分に商品になるくらい完成されています。先生は本当に絵がうまい。たいていの漫画はそうなんですが、ペンがはいると5割がた下書きの鮮度が落ちてしまうんですよねえ。もちろん効果その他で作品全体としては完成されるのですが。すさまじく詳細な指示、書き込みから二ノ宮先生の作品にかける情熱が伝わってきます。のだめの大判のネーム集がでたら絶対ほしいです!

Akt1冒頭で千秋がつくってるのは野菜スープ。そして電話する峰の欄外には裏軒の構造の指示が詳細に書かれていて楽しいです。オーディションを受けにきた幸夫人は下書きでは亀ブローチをしていましたな。

今日はラ・フォル・ジュルネも終わって、お客さんはそこそこはいってました。でも小学生のお嬢さんからお年を召した男性までみなみな列を成して食い入るようにネームをみつめていたのが面白い。もちろん私もしっかと目に焼き付けてまいりましたよ。のだめは本当に愛されてますね~。

その他扉絵パネルの展示などもありますよ~。


| | コメント (6) | トラックバック (0)

つれづれ皐月 もうGW半ばだ…と…?

うわわわん、いつの間にやら5月も3日じゃん!遊び暮らしているうちに半分すぎちゃったよ。もうなにしてたか忘れたので写真だけあげときます。順不同。

Img_0981

1ヶ月以上膝の痛みとれず。原因究明のためMRIを撮りに銀座まで行きました。帰りに食べた鯛しゃぶ。めちゃおいしかったよ!店はSin。超おすすめ。

Img_0189

材木座

Img_0069

葉山の夕暮れ

Img_0231

葉山といえばマーロウ。あいかわらずの大混雑。ブイヤベースうまー。ここ家から東名~横浜横須賀~逗葉新道
~三浦半島中央道路(トンネル)~湘南国際村 経由で1時間かからないで行ける事に気がついた。

Img_0210

名物ビーカープリンをお土産に買って帰る。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »