« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

ご挨拶

**この記事は常にトップに表示されております。

こんな辺境のブログにようこそお越しくださいました。Nya's Manorのnyaです。ヌルい日々の移ろいやその折々に興味を持ったコンテンツの妄想交じりの感想を叫んでいるやくたいも無いブログではありますが、訪れた方々の何らかの心のお慰めになれば幸いです。

またブログにコメントいただきありがとうございます。皆様からいただいたコメントは私の宝物です。平日はなかなかお返事できませんが、いただいたコメントには必ずお返事をさせていただきます。もうすぐGWなので、連休に入りましたらきっちりお返事させていただきますね!

コメントをいただくにあたって僭越ながらお願いしたいことがあります。このブログは皆様にとって心地の良い場所であることを深く願っております。私自身は愚痴や悪口、根拠の無い噂、情報等の皆様にとってお耳障りのよろしくない日記・コメントを書かないことを心がけております(時々弱音はいてます。すみません)。コメントに関しても、違法コンテンツの話題、公序良俗に反するもの、宣伝、耳障りのよろしくないものに関しては編集をお願いしたり、掲載をお断りすることがあることをご容赦ください。

そしてネットや新聞・雑誌等に掲載されるニュース等もその信憑性には十分ご留意ください。メジャーな新聞ですら誤報、不正確な情報に基づいた飛ばし記事を掲載することはよくあります。公式の発表無き記事は噂と大して差はありません。私は情報に疎いため、そのような情報を教えていただけるのは非常に感謝しております。ただ、その際にはお手数ではありますが、情報の掲載元について明記される等のご配慮をいただければと思います。

うるさいことを言って申し訳ありません。ただ、まあここNya's Manorは私nyaのただの公開日記で公共の掲示板でもなんでもありません。基本的に縛りは無く、皆様に読んでいただき、お気が向いたらご自由にコメントをいただければこれ以上の喜びはありません(コメントいただくたびに浮かれて踊っております♪)。広いネットの中でお目にとめていただいたご縁を大切にしたいと思っておりますのでどうぞよろしくおねがいいたします。

それでは、5月の声も聞こえますが、なぜか今年は天候不順。なかなか冬服がしまえません。日本を含む北半球にお住まいの皆様はお風邪など召されぬよう、南半球にお住まいの皆様も体調崩されぬよう、どうぞご自愛ください。

nya拝(2010/4/27 編集)

|

「劇場版天元突破グレンラガン螺巌編」のDVD特典中島かずき書き下ろしCDドラマ「男組だよ!グレンラガン」の実況風感想(なげえ)

わあい、仕事でばたばたしてる先週週半ば、お待ちかね「劇場版天元突破グレンラガン螺巌編」のDVDが届いたよ!なにが楽しみって、かずきさん渾身の書き下ろしCDドラマ「男組だよ!グレンラガン」…ってそれかよっ!

すみませんアホな新感線ヲタで。だってさあ、キャスト表でいきなり吹いちゃったよ。「アンスパ野郎と呼ばれる男(アンチスパイラル) 上川隆也」ってなによ!もうやる気まんまんじゃんかずきさん!

去年のエッセイではCDに収録可能な枚数超えるかもっていってたけど、超えなかったんだね1:15でした。

てなわけで日曜朝ののどかな時間。これから聴きます!ついった実況風で行くよなう!

例によって私の感想は劇団☆新感線の座付作家の中島かずきさんが脚本を書いたCDドラマ(笑)という観点に基づいております。あ、ネタバレばりばりだから気をつけてね~

続きを読む "「劇場版天元突破グレンラガン螺巌編」のDVD特典中島かずき書き下ろしCDドラマ「男組だよ!グレンラガン」の実況風感想(なげえ)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」五回目感想

ふわあ、やっと週末に時間ができたので、ウィークリーのだめ1/10ぶりの再開です。3週間も空いてる間に、ロードショーのファーストラン期間は終わり、大ヒットでロングラン決定したよ!めでたい~。主要シネコンで回数は減ったけどやってるし、単館にも展開されているという選択肢の増えたしやわせな状態。やってる限りは観にいくよってことで、今回は単館!小さいながら音響が評判(THXだし)の渋谷シアターTSUTAYAで観て来たよ!

行ってびっくり。渋谷円山町にあるこの単館シアターコンプレックスビルにはなんとユーロスペースがはいってましたよ奥さん!懐かしいなあ。まだユーロスペースが桜丘にあった25年前に、夫とクローネンバーグのビデオドローム観たなあと懐かしく思い出されましたよん。

そんなシアターTSUTAYAはおしゃれでシンプルなつくりながら設備も良いし椅子のすわり心地の良いとても素敵な映画館。お客さんは若いカップル中心で4,50人くらいはいってたから立派なもんだ。音はほんとーに良かったです。おすすめですよ~。音に厚みと力ががあって1812に聴き入ってしまった。素晴らしい!

今回新規に気がついたこと。結構あるじゃん!
・ピアノに励むフランクの部屋にエヴァのフィギュア。ナルトもあったね。
・某所で話題になってる樹里ちゃんの靴の滑り止めゴム問題は…正直あまり気になりませんでした。
・裏軒のメニュー。峰の後ろに「焼きたてパンはじめました」と「ウッチャーハン」「餃子パスタ」「四川風サンド」
・千秋の読むデプリースト先生の記事は佐久間が書いている

それから今日のお客さん、テオとポールの登場シーンで笑ってた。なだぎさんとチャドは若い人にはお馴染みのお笑い芸人さんだからねえ。

あ、そうそう、はいりさんRuiママのスタイルは優ちゃんRuiより良いんだよねー!はいりさんはすらっと長身で細くて足が長くてモデル体型なのだ。大人計画の舞台「ニンゲン御破算」でセクシーなイブニングドレス着て「Fly me to the moon」を歌ったはいりさんの美しさにうっとりしたことを思い出しましたよ。

後編予告の詳細を思い出すままに順不同
・「せんぱいのこと嫌いになりそうで」の背景が子供の絵や色紙の飾られたまさに幼稚園。
・アパルトマンの中庭で携帯で話す千秋とそれに続く千秋がシーツにくるまったのだめを抱きしめるシーンはつぶれ肉まんハロウィンのだめか?!
・ドアをあけてバーンと満面の笑みではいってくるのだめはラヴェルのピアノ協奏曲ト短調を発見したときのだね

さてさて、来週はどこの映画館に行こうかなあ。品川プリンスシネマのプレミアスクリーンがいいみたい。来週もやってみたら行って見ようっと。

P.S.これも某所で話題になった「オール讀物」2月号の長部日出雄先生のエッセイ「紙ヒコーキ通信」ののだめ評。買って読みましたよ!せ、先生!昨年暮に映画初見でのだめをお好きになられて即原作全23巻購入一気読みですか!しかも映画リピですか!それ75才の著名文学者のなさることじゃあありませんよう!ただののだめヲタの行動ですよう…すっ素晴らしいです!

"前略。近年これほど人を喰って、野放図な面白さと楽しさに溢れ、一見アチャラカ風に軽く見えながら、やがて紆余曲折を経てクライマックスに到達すると、まさに劇的としかいいようのない怒濤の感動で、観る者の感官を全身的に震撼させる映画はない。"

という前編への大絶賛ではじまり、

"おそらくぼくは号泣を堪えきれない予感がする。ぼくは生まれて初めて、映画館へ行くのにタオルを用意しなければなるまい"

と後編への期待で終わるのだめ賛歌エッセイ。3ページと短いものではありますが読むと感動しますよ~。素晴らしいお言葉をありがとうございました。先生も後編は全国ののだめファンといっしょに泣いて笑いましょう!それまでお体おいといください~。

映画第四回目感想

映画第三回目感想

映画第二回目感想

映画第一回目感想

ドラマ・SPの感想まとめました。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

『薔薇サム』公式サイト本格的にオープン!

わあい、本日王様のブランチに古ちんがゲストでだよ。すてきだった~。ついったでお教えいただいたtamakiraさん、ありがとうございました~(涙の感謝)

で、古ちんとあまみんもブランチで宣伝してた「薔薇とサムライ」の公式サイトが正式オープンしたよ!

「薔薇とサムライ」公式サイト

石川五右衛門&アンヌ・ザ・トルネード。
この春、些か歌舞いて魅せやしょう

だって~、うひー古ちんもあまみんもかっこええ~。あらすじもできたよ!粟根さんはみさるさんと夫婦役なのだな。ふむ~。みさるさんは歌姫要員だろうから粟根さんも歌うのかしらどうかしら(期待)

そしてサイトになにやらステキなバナーが!「SHINKANSEN 30'th ANNIVASARY まこととショーコの部屋」ですって!粟根さんと聖子さんのナニカが!アワブロとともに楽しみにしてまっせ~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

曽我梅林から江ノ島へ

新年からぶっ続け週末出勤が続いたせいか、先週は喘息が悪化した。げほげほいいながら勤務するのは皆さんのご迷惑。本日有休をとって通いつけの呼吸器科に行ってきたよ。

…あさ10:30に受付して診察が12;30、検査治療で1:00で終わったのが13:30。疲労困憊しますた。案の定、気管支が半分くらいしか機能してなかった。吸引が新しい薬に変わったよ。「シムビコート タービュヘイラー」。粉系の吸引。細い気管支狭窄に効くんだって。

で、夫に迎えに来てもらって車の助手席に乗ってたらこんなところにつれてこられたよ。

Dscn1506

小田原の曽我梅林。うちから1時間足らずでいけるとってもきれいな梅の名所。明日から「小田原梅まつり」だけど、今日は平日だしとても静か。梅はとてもきれいなので、是非お近くの方はいらしてください。2月いっぱいの開催です。

帰りは西湘バイパス 通って江ノ島へ。いつもの「イルキャンティビーチェ」で夕ご飯。

Img_2588

夕日がキレイ。

ごはんはいつものシラスピザ。超うまい!

Img_2577

メインの真鯛の生うにのせオーブン焼き 長葱のクリームソースも絶品!

Img_2595


| | コメント (2) | トラックバック (0)

突発企画:のだめアナリゼLesson67と68

というわけで私の独断と偏見によるコミックのだめカンタービレアナリゼを行います。当然ヨコシマで妄想だらけ。あくまで私の解釈なのでどうぞご容赦ください。

**
早速コメントいただき本当にありがとうございます!のだめ番外編とあわせてコメントのお返事は少しづつさせていきます。「のだめカンタービレ」という大作の物語構造が如何に綿密に作られているかを掴むために、既存レッスンのアナリゼを前々からやろうと思っていたのですが、どのように形でまとめれば良いか自分でもまだわかっていません。しばらくは習作のような形でやっていこうと思っております。こんなgdgdな妄想アナリゼですがどうぞよろしくお願いいたします。(as of 1/27 5:00)
**

アナリゼ対象はのだめ千秋の恋愛関係のキーとなっているLessonをとりあげていきます。そういう意味では最初に全話中いちばん暗喩に満ちているLesson67・68をとりあげないわけにはいかないでしょう。

【アナリゼ方針】
・意味、行間、他のエピソードとの相関関係(強調、繰り返し、変奏、テーマと思われるもの)について解析
・他のエピソードとの相関関係から導き出される物語構造、作者の訴えたいテーマについて考察

てなわけでここから先はたたみマス。あくまでも私はのだめをこう解釈しているという見解を示しています。

続きを読む "突発企画:のだめアナリゼLesson67と68"

| | コメント (20) | トラックバック (0)

「のだめカンタービレ」番外オペラ編 AKT3.感想

ふふふのふ~。楽しく愉快なオペラ編ももう3回。このユルさがたまらないっ!くろきんのターニャへの電撃プロポーズにショックを受けるのだめ!千秋に愛され幸せいっぱいだったはずなのに~のだめだって結婚したい…だそうデスよ千秋さん!

表紙のオペラシリーズは推定Eカップのカルメンのだめ美女モード。でもこの配役だと峰がドン・ホセ?それってどうよ千秋!?(千秋は闘牛士ね。カルメンの恋人だからいいのか)

はあはあ出勤時駅前のコンビニで手に入れて、帰りの電車で読んで、ぽちぽちとケイタイに感想書き込んで…帰宅していまアップしましたよ!(as of 23:59) すみません筋追うだけで精一杯でした。感想は今週いっぱいかけて書いてきます~のだめがかわいいよう(涙)

例によって私の感想はネタバレには躊躇がありませんので、単行本派の方はご注意くださいませ~。

続きを読む "「のだめカンタービレ」番外オペラ編 AKT3.感想"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

アニメ「のだめカンタービレ フィナーレ」第二話 超短感(こころの叫び)

えっとこれから出勤なので、冒頭部分だけ見た感想(あからさまだなあ)

ノクターンの流れるタイミングぜんぜんちがうだろう!!

はあはあ、以上!ってか台詞間の余韻がゼロでノクターンやってもらっても全然萌えないことがわかったよ。まさに原作が神。せめて上玉で観たかったなあ、映画ではやらんだろうなあノクターン(涙)。

P.S.家に帰って後半みました…Rui編まとめって感じだな。これはこれでOK!でも来週はのだめサロコンかあ。(テンション低っ!)

P.S.その2 監督今千秋嬢インタビュー

うーん、さすが女性監督だけあって目のつけどころはいいんだよねえ。

のだめプロポーズは本当に衝撃だった。仕事してる妙齢女子はきっとみんな身に覚えがあるだろう結婚への逃避。自分の才能と将来に自信を失い立ち位置を見失った時、つい縋ってしまう結婚というレガシーで安易(勿論これは幻想だ)な道への逃げ。そんなある意味ベタな展開をのだめでやられるとは思わなかったので大いに意表をつかれた。もちろんこのプロポーズはラストへの大仕掛けのひとつなんだけど、その後のだめにふられて大いに弱った千秋がこの逃避プロポーズに縋ったのもプチ衝撃だったなあ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「薔薇サム」ポスターかっこよすぐる!

うわわわん、昨日新感線春公演「薔薇とサムライ」の制作発表があったんだけど、あまり芸能ニュースではとりあげられてなくてがっかり~、とか思いながらWebニュース読んでたのさ。

「コスプレあります!」天海祐希が新感線の新作で女海賊に

座付作家の中島かずきが「脚本でこだわったのは天海さんの衣裳」と言い切るように、男装の麗人、王家のお姫様、甲冑姿の軍人と、新作は天海の七変化が楽しめるインチキくさい“なんちゃってヨーロッパ”の世界を表出する。

天海祐希が古田新太を「フルチン先輩と呼ぶ」

そしたら、いちばん大きくとりあげられてたマイコミジャーナルに薔薇サムポスターが!

天海祐希、七変化の「コスプレあります」--劇団☆新感線『薔薇とサムライ』

なにこのロゴ!古ちん!あまみん!わーかっこよすぐる~。

薔薇とサムライポスターアップ

演出のいのうえひでのり曰く、「生バンドを入れて、チャンバラやって歌って踊っての活劇だった『五右衛門ロック』は僕らもやっていて楽しかったし、お客さんも想像以上に盛り上がってくれた。30周年だしお祭りみたいな公演にしたい。ぱっとしない世の中だから劇場くらいは楽しくないとね」。

本当に五右衛門ロックは楽しいオマツリだった。あのオマツリまたやってくれるんだね!チケ東京3回とってるけど面白ければ大阪まで追いかけちゃうよっ!

公式ブログにお稽古も始まった報告!わあい大好きな粟根さんの公式内ブログ「アワブロ」もはじまるよっ!

薔薇サムブログ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

週刊アスキー2/2号中島かずきさんインタビュー

夫が執筆してるので、週刊アスキーはアスキー・メディアワークスさんから毎号届くのだけれど、本日発売の今号は思わず買ってしまったよ。だってかずきさんのインタビューがのってるんだもの。聞き手は編集長の福岡さん。ふーん福岡さん新感線観てるんだあと親近感。

で、インタビューの内容は、どうしてかずきさんがのだめアニメ第3シーズンのシリーズ構成を手がけたのかっ!といういちばん聞きたかったことが!理由は割りとあっけなかったけど、かずきさんが手がけたからといって千秋は指揮台の上で見得はきらないし、のだめもセクシーなコスチュームに変身したりはしないよん。だってかずきさんの本業は編集者。アニメ第3シーズンは17巻から23巻、レッスンにして96から136の40話。これをアニメの11話に収めなきゃいけない。しかも毎回クライマックスを作ってね。

あの見事なフィナーレまで、芸術と人間とそして恋愛と。あの原作のラインをいかに崩さずに、アニメにするかを冷静に計算して構成したつもりですけどね。
本当に、僕は二ノ宮知子さんの描かれた原作がすごく好きなんですよ。芸術に向かうシビアさを描きながら笑いを忘れない。だからあのテイストや原作のよさをできるだけチョイスしてアニメに立ち上げるための骨子、構成プランをどうたてるかという点をがんばったつもりです。

いいねいいね~。やっぱりかずきさんの目線は私たちファンといっしょだ。で、かずきさんは編集者だから、そのファンの見たいものをきちんと提示してくれるにちがいない。これはある意味、実写より期待していいかもね~。

インタビュー後半は、新感線のこと以外に、かずきさんがいかに編集者になったかも語られていて、非常に読みごたえのあるインタビューでした。買い~。

で、その何ページかあとに夫の書いた記事が載ってたりしてなんだかちょっとへんな感じだったのでしたっ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

週刊のだめ映画今週はお休みっ!

土日はおこもりして仕事してたのでのだめ映画にはいけず(泣)。本当は週半ばくらいまでは行くつもりで、「次はどの映画館に行こうかな~」とシネコン物色したりしてたのですが、さすがにね~。来週は行きたいな。

のだめ映画も5週目にはいって、入りも上々だし評判も良いし嬉しいなあ。次の映画もはじまってハコも小さくなったけど、細々でもロングランにしてくれれば通っちゃうよっ!六本木ヒルズのTOHOがハコ小さいけどTHXにも対応でいい感じですな。来週はここにしようっと。

そんな中、そろそろ後編の絵も出てきたみたい。まだ映画情報誌チェックですな。こたつな二人がらぶいよ~。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

つれづれ睦月もう2週間!

■昨日組織全体のキックオフミーティングがあったんだ。ゲストの米国本社のマネジメントのスピーチでチェンジチェンジ言うのにちょっと笑ってしまった。まだ流行ってるのかよ!いやスピーチ自体はとても良いメッセージだったんですが。

■今年もはじまってもう2週間たっちゃったと頭を抱える今日この頃。いろいろやりたいことがあるのに日々の仕事にまぎれてなかなかすすまないのでちょっとイラツク。でもなんとかしないとホントにクビになっちゃうよ。

■今年の会議では、昨年末ボスに言われた「人の話は最後まで聞いて発言しなさい」を守るようにしてる。で、昨日のタスク会議でも、メンバーの話を最後まで聞いて発言をしたのさ。で、途中まで話したら当のボスに「いや、XXさん(私)の言っていることもわかるがね…」とさえぎられたのさ。思わず「ヲイ!」とつっこみそうになったよ。

■夫に教えられて気になった本。アマゾンで注文したけど品切れ中だよ!ドラッカーは私が社会人になった頃の、ビジネスパーソンのバイブルだったなあ。新入社員研修でも読まされた記憶があるよ。今日の会社組織セールスマーケティングの考え方の基礎だもんね。

この「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」 は、ちょっと前にはやった「萌えビジネス書」なのかなあと思ったら、なんと青春小説。高校野球部の新人マネージャーみなみちゃん(笑)がマネージャーの勉強をしようと思って手に取った書がなぜかドラッカーの名著「マネジメント」。ドラッカーの経営論をもとにみなみちゃんと野球部が力をあわせて甲子園をめざす!という。経営論=組織論だからわからないでもないけどすごい目の付け所だよね。評判もなかなか良いし、なぜか泣けたという評が多いので気になって注文したのさ。

日経BPサイトの書評より引用。ね、面白そうでしょ?

青春小説で人材マネジメントを学ぶ~『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』

何と、あのダイヤモンド社のドラッカー担当が、「ドラッカー関連本としては、いちばん完成度が高い」と絶賛し、かつ長年ドラッカーの翻訳を務めてきた上田惇生さんが推薦するという、じつに本格的な一冊なのです。


まず、マネジメントを学ぶのに、あえて非営利組織である野球部を舞台に選ぶ、というセンスがいい。
そのことによって、ドラッカーが残した「われわれの事業は何か。何であるべきか」あるいは「顧客とは誰か」という問いの答えが、研ぎ澄まされた形で出てくるのです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

アニメ「のだめカンタービレ フィナーレ」第一話 超短感

のだめアニメ第3シリーズだよっ!ちなみに私は第1,2シリーズを観ていません。声とキャラデザと動かない動画にどうしてもなじめなくてなあ。当時の「クラシックは苦手なのでクラシック音楽の無いのだめにしたかった」という監督のインタビューに憤慨し、原作への思い入れの全く無いドラマとは方向性の異なる作品作りに失望して幾星霜。第3シリーズを観る気になったのはひとえにシリーズ構成で愛する劇団☆新感線の座付き作家の中島かずきさんが参加したからだよっ!てこ入れ?

なによりかずきさんは原作のファンを公言し理解してるし本職は編集者なので原作アレンジもお手のもの。大いに期待しちゃうよっ!アニメ代表作は天元突破グレンラガン。誰が何と言おうとあの壮大で無茶苦茶でアツくて素晴らしい物語はかずきさんのものだ(アニメ本体はガイナックスのものだけどねっ!)

てなわけでなんとなくリアルタイムに観てしまった~。後でビデオ観て追加するかも。おおっ!このストーリーのはしょり具合はひょっとして映画より私の好みかも。雅之エピをちょっと残してノクターンにつなげるってよいアイデアだ。そんでもってベト4失敗エピはまんま外したわけだね。気に入った!

キャラデザと声(すみません川澄さんは素晴らしい声優さんだと思いますが私樹里ちゃんからはいったからアニメ声のだめにどうしてもなじめないんです)とヘンなCGとあと音楽の使い方(バッハのヘンテコな切り方はなんだー!)にはまだ慣れないけど、かずきさんがこの17巻から23巻までのシビアエピてんこもりストーリーをどのように構成するか、この1点にのみ注目して見続けるよ。来週はノクターンだ!楽しみだなあ。

公式サイト

ドラマ(映画含む)感想

原作コミック感想

| | コメント (10) | トラックバック (2)

つれづれ睦月もう半ば

■毎月年末年始にやる野田地図がちょいとずれたみたいでメルマガ(Web先行予約会員なんで)おしらせ。

14回野田地図バイパーはりえちゃん産休前の最後の公演で、話はともかく(ひでえ)りえちゃんが神々しいほど美しく凛々しく素晴らしかった。復帰第一作も野田地図とはね!おまけに古ちん!銀粉蝶さんに橋爪さんのベテランが楽しみ~。こりゃチケがんばるしかないなあ。でもコクーンじゃないのね…。芸術監督だもんね~池袋はトオイ…。

NODA・MAP 第15回公演『ザ・キャラクター』

日程:2010年6月20日(日)~8月8日(日) 東京芸術劇場中ホール


出演:宮沢りえ 古田新太 藤井隆 美波 池内博之 チョウソンハ 田中哲司 銀粉蝶 野田秀樹 橋爪功

野田秀樹よりメッセージ:

「町の小さな書道教室、そこに立ち現われるギリシア神話の世界、
それが、我々の知っている一つの物語として紡がれていく。
物語全てが、ギリシア神話さながらの、変容(=メタモルフォーゼ)をモチーフとしたお話になっています。信じていたものが、姿を変え、変化を遂げていく物語。その最後に立ち現われる、我々が知っている物語とは…。
物語尽くしの物語です。乞う、ご期待!」

■なんか「薔薇とサムライ」の先行あたりまくり(HP先行、ファミマ先行)でもう3回もおさえちゃったよ!お金がたいへんデス。東京分しかおさえてないけど面白かったら大阪も遠征しようっと。

薔薇サムブログはあまみんの4変化。オスカルにエリザベス女王様にジャンヌダルクにジャック・スパロウ。もうかっこよすぎ。舞台じゃ早がわりもするみたいで楽しみ楽しみ。美しいだろうなあ凛々しいだろうなあ歌うまいだろうなあ殺陣すごいだろうなあ…そんでもってマヌケだろうなあ(笑)。アラフォーあまみんを使いたおす!それが新感線クオリティ!がんばれあまみん!

薔薇サムブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

VOWじゃないよ

よくお伺いする英国在住の方のブログで見つけたUKブランド。

Superdry 極度乾燥(しなさい)

若い子向けのブランドみたいだけど、VOW狙い?Tシャツの柄とかもアヤシイ。

Classic Osaka T shirt

wikiより引用。

Superdry products fuse vintage Americana fabrics with pseudo-Japanese text.

ヴィンテージアメリカンファブリックとニセ日本語の融合?わけわかんない~そのコンセプトは誰が考えたんだ~。

p.s. ところでVOWっていっても最近の若い人はわからないのかな?Googleでイメ検してみてください。

p.s.その2 UKにもVOW的なサイトがありますよ。Daily Telegraph誌の"世界で見つけたヘンな看板とおかしな翻訳(strange signs and bizarre translations)"ページ。日本の記事があっても恥ずかしくないやい!

Sign Language

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」四回目感想

年があけてもウィークリーのだめ続行!第四回目はミューザ川崎を擁するわが地元音楽のまち・かわさきに戻ったよ!といってもいつものチネチッタではなく、川崎駅西口の巨大ショッピングセンターラゾーナ川崎内のシネコン109シネマズだ!

ラゾーナ川崎は川崎駅の西に広がっていた東芝工場の跡地の再開発で出来たショッピングセンター。実は立川から川崎までのJR南武線沿いには、名だたるITメーカーの工場や事業所が点在し、日本のシリコンバレーと呼ばれているのだ。20年前結婚したとき夫は沿線の某ITメーカーの工場勤務、私も現在の会社の川崎事業所勤務だったため、南武線沿いに新居をかまえたのさ。20年間の川崎駅前はまだ再開発前。アゼリアもなければ川崎BE(いまの駅ビルね)もルフロンもチネチッタもなかった。岡田屋More'sとさいか屋、銀柳街はあったけどね。

京急川崎駅の近くにはいわゆる立ちんぼの姐さんたちがいたし、競輪場でレースのある日には駅前でおじさんたちが車座になって酒盛りしてたりして猥雑でパワフルな雰囲気もあった。いわゆる大きくはあるけれど、垢抜けない街だったなあと、すっかりきれいでおしゃれでファミリーもたくさん来る場所に変わった駅前やラゾーナを見て、昔を懐かしんだ次第。

そんでもって109シネマズさ!お客さんは8割くらいの入りかな。チネといっしょで場所柄家族連れが多かったな。最初は子供さんが結構はしゃいでたけど、さすがマルレ再生の1812の前には場内水を打ったように静かになる。この心地よい緊張感はクセになるよ!たくさんののだめ好きのお客さんといっしょに笑ったり感動したりの一体感、しかも老若男女!のだめというメジャーな物語に出会えて、好きになって本当に良かったなあとちょっと感動。

今回はみんなが笑うポイントを抜き出してみたよ。◎は爆笑。○はふつうに笑ったり笑わなかったり。

○呪文料理のシーンで千秋ほっぺが赤くなる
◎のだめ市場で千秋にかみつく。その後やぎと同じ目
○妻デス
○人前で噛み付く大和撫子はいるのか!
◎のだめ池ポチャ
○今日は眼鏡かけてないんだー
○ドラは死ぬ気で探して来い!
◎千秋電話にのだめあへー
○共演の夢ついえてのだめがーん!
◎空気読めっていってるんデスよ!
○黒髪の貴公子ってキャラかぶってるんだよ!
◎ボロボレロ全体的に笑いがでて、ドラでとどめ
○Ruiママ登場
○センパイ今日はスナオですね
○のだめ即コロカレー
◎ターニャ黒木くんの伴奏で必死の表情→ターニャ倒れる
◎のだめゆうこの戦いで、ジャンの飛行船が落ちる
○じゅーでーん!
◎電話しなさいよ!
○ついに核心にふれた!(ノースリーブの件ね)
○「さっきも3時で…いまも3時」→シャツとブラジャーを一瞬で脱ぎ捨てる
○松田さーん!ああ、すべすべしてるby高橋くん
○真澄ちゃんの髪の毛がスパーク!
○ラストシーン

今日あらたに気がついたところとしては、子供バレエ団乱入で、千秋と会話しながらテオが白鳥の湖にあわせて踊りながら去っていくところと七三千秋のワックスがCGで光るところくらいかな。

玉木千秋の指揮は魅せる指揮。実際の指揮者は音楽を創り上げるリハ時はともかく、本番では殆ど身体や手を動かさない人もいる(高齢者も多いしね)。指揮者はその目線と表情で、オーケストラという巨大な楽器を奏でているのだ。これは指揮指導の飯森先生の方針だと思うけど、わかりやすく華やかな指揮は少々大げさで原作千秋のイメージとはちょっと違うんだけれどもスクリーンの千秋にはふさわしいと思うよ。

前回はピアノのハンマーの動きに注目したが、今回は運指。ターニャ○(出来はともかく本当に弾いてるね)、のだめちとアヤシイ。千秋○ただし引き振りとしては未完。フランクあんたサボったねってな具合。いえ単なるヨタです。みんな本当にがんばってて全然問題ないです!

それにしても玉木千秋の黒ポロシャツは絶品のスタイルだなあ。腕の筋肉と背筋が素晴らしい。いやあ眼福眼福。リピはまだ続けたいなあ。そろそろ次のプログラムもはじまるからハコは小さくなるかもしれないけれど、やってる以上は観にいくよっ!

ああ、これは言っておかなきゃと思うんだけど、私は実写のだめを原作のだめと同じくらい愛している。ドラマ、SP、そして映画。スタッフがのだめという原作を好きでとても大事にして魂こめて実写にしたということが本当によくわかる。その愛は作品に溢れ観客を幸せにする尊いものだと思う。

その上であえて言うが、これを映画作品として見た場合の出来は決して良くない。そもそも私はドラマを映画化することには懐疑的だ。よりクオリティの高い、自分の思い通りの映像を作るためにはより大きな投資が必要。そしていまの日本のドラマ業界を鑑みた場合、それを実現するには映画という手段をとらざるを得ないということは良くわかってる。しかし、ドラマと原作を前提に作られた作品は、場面場面は完結しているけれど全体としての完結感の無い中途半端なものにしかならない。ドラマサイズでとられたカメラワークの平坦な映像はスクリーンの中ではとてもみすぼらしく感じる。のだめ映画は映画自体の価値を高めるためには必要がない作品だ。

ただ、それはこの映画「のだめカンタービレ」の魅力を少しも損なうものではない。大好きだし手元において何度でも繰返し鑑賞したい気持ちに偽りは無い。のだめファンであれば観る価値は大いにある。むしろ観るべきだ。

映画第三回目感想

映画第二回目感想

映画第一回目感想

ドラマ・SPの感想まとめました。

| | コメント (14) | トラックバック (1)

英国大寒波

英国在住の皆様に、雪害お見舞い申し上げます。どうぞ皆様、お身体おいといください。

英国は年明けから30年来という未曾有の大寒波に見舞われている。よくお伺いする英国在住の方のブログもみな雪景色。

NASAの今日のイメージ、スコットランドからウェールズ、南イングランドまで真っ白。しばらくこの寒波も続くということだが、被害が少ないことを祈るばかりです。

Snow across Great Britain Posted January 8, 2010

写真はバーミンガムからロンドンまでのアップ。クリックすると英国全体のイメージが表示されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つれづれ睦月平常営業

■てなわけで、仕事始めが月曜ってすごいよね。もうすっかりお屠蘇気分も抜けてるよ。ってまだ松の内なのに~。

■NHKニュースウォッチ9の平井さんのお天気コーナーは萌えキャラの春ちゃんが大人気。ついにサイトで4コマがはじまりましたよ!夫に教えてもらった。すげー!私は冬将軍も好きですよ。

春ちゃんの気象豆知識

■pixivの広告欄に表示されたこれすごい。いやもう私BL属性無くなったんだけど、スーツ姿には萌えるので思わず買っちゃおうかと…ポイントはBL作家の先生が監修されてることですね。ツボをつくポーズ!しかもトレスフリー!

■新感線春公演「薔薇とサムライ」の公式ブログに古ちんとあまみんのスチル・レポートが!わーっ!やっぱあまみんはオスカル様だっ!似合いすぎてくらくらしちゃう。古ちん五右衛門も格好いいし楽しみすぐる!

『薔薇(ばら)とサムライ』公式ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つれづれ睦月ニューイヤー

■今日は仕事始めだったよん。外資系なので1月が新年度。行く人来る人のご挨拶メールたくさん。出会うひと毎にあけおめご挨拶。初日はあさいち7:30に始まって19時まで、ほぼ途切れることなく会議が続いたよ。今日の会議はいずれも第一回会議。で、会議は初動がたいせつなんだ。みな虎視眈々と会議のイニシアチブをとるのを狙ってるから疲れちゃった。

でもビジビリティあげないと自分の思う仕事できないしねえ。私もチェアはともかくアテンディーの時は前のめりで発言するから、ボスに「人の話は最後まで聞いて発言しなさい」といつも言われるんだ。昨年末のインタビューのときも注意されて「でも、人の話が終わるの待ってると自分が何発言しようとしてたのか忘れちゃうんです~」と反論したらどつかれました。すでに耄碌はじまってマス。つらいなあ。でもまあ明日もがんばろー!

■ウィークリーでのだめ観てると、映画の予告編をたくさんみちゃう。ゴールデンスランバーが頭から離れない今日この頃です堺さんはうまいなあ。で、昨日はじめてみた!「時をかける少女2010年版」の予告!ユーミンの「時をかける少女」(歌は「いきものがかり」)が流れてきたときあっけにとられたよ!アニメ版で真琴ちゃんを演じた仲りいさちゃんが主役。かわいいねえ。子供世代を主人公にするなら、お母さんは知世ちゃんだろうとちょっとフラストしましたよ。

■Twitterの使い方がいまいち良くわからない。とりあえずTwitterの女王広瀬香美先生と尊敬する勝間和代先生と鳩山首相はフォローしてみましたが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

映画「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」三回目感想

ウィークリーのだめ映画三回目っ!お正月でも休まないよっ。いや休みだから見るんだよ(わけわかりませんね)!三回目は前回に引き続き新宿!スクリーンも音も良いと評判の新宿ピカデリー、通称新ピカでみてきたよっ!

いやあ新宿で映画見るのも久しぶり。確か前に観たのが結婚前に夫と観た「スター・ファイター」だったかしらん。どれくらい昔だよ!25年前だよ。すげええ。いやあ結婚前は良く二人で映画見に行ったんだよね。ぴあを片手に単館系(「薔薇の名前」とか)から大箱、そしてオールナイト(大林とか)まで、年に数十本は観てたなあ。でも結婚してからは興味が演劇にシフトしたんで極端に回数減って、年に1,2回近所のシネコンに観にいくくらいだった。まさかこの年になっておひとりさまでのだめを観にいくようになるとはねえ。

と、感慨にふけりながらケータイの地図を頼りに紀伊国屋アドホック館の隣の新ピカに着いたら。なにこれ!でけえええ!松竹会館跡地がすんげーでかくてキレイで豪華なシネコンに!びっくりびっくり。いやあ長生きはするもんだ。お正月なので混んでるけど、広いので快適。ビバレッジ系も充実してるよ!座席も立派でスクリーンでかいし音も迫力。お客さんはほぼ満席。お正月だからかな。小さいお子さんが多かったねえ。

てなわけで三回目なんで、特に新しい発見はないかな。元旦にNHK教育のウィーンフィルニューイヤーコンサート中継で見たばかりの黄金ホールをでっかいスクリーンで迫力の音響で味わえる幸せに浸りましたよ。あ、でもカメラワークはニューイヤーコンサートの方が良かったかな。会場の拡がりを感じるんだよね。まあ中継の歴史が違うのでしょうがないと思いますけど。

ああ、そうそう、ピアノのハンマーの動き。くろきんオーデションのターニャ伴奏は×。のだめトルコ行進曲×。千秋のバッハは○でした。動かそうよ~。

もういっこ思い出した!ヴァイオリンのトラでマルレにはいった千秋が稽古場でボレロを弾く時の左手ポジショニングのカモフラージュの仕方が絶妙。あ、けなしてるんじゃないよ。指揮にピアノにヴァイオリンまでやったら玉木くん死んじゃうよね。ヴァイオリンを弾く千秋は指揮ピアノ同様とても優雅でステキなのでオールおっけー!

即コロカレーに倒れたフランクにのだめが正露丸をあげるシーン。フランクの部屋にグレンラガンのヨーコフィギュアがあったのも気がついたよ!

今回、Ruiが帰った後の千秋のだめの喧嘩シーンがとても好きだということに気がついた。のだめの「しんいちく~ん」あーんど千秋のキョドっぷりがステキ。制作者側の意図としてはここでこの二人がすっかり「できあがった」カップルになってることを示したんだろうな。私的にもこれでOK(えらそうでスミマセン~)

ま、とにかくマルレ復活、1812からバッハピアコン、チャイコ悲愴の流れは何度見ても素晴らしいし、劇場で味わいたいものなのでリピは続きますよ~四回目!さあて来週はどこの映画館行こうかなあ。

映画第二回目感想

映画第一回目感想

ドラマ・SPの感想まとめました。

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2010年観劇予定と感想

  1. 3/20(日) 劇団☆新感線春興行 薔薇とサムライ @ 赤坂ACTシアター(☆☆☆☆★) 感想
  2. 6/27(日) 野田地図 ザ・キャラクター @ 東京芸術劇場
  3. 10月 シティボーイズミックスPRESENTS 『10月突然大豆のごとく』.@新国立劇場
  4. 11/3(水) 劇団☆新感線秋豊年満作チャンピオン祭り 鋼鉄番長 @ サンシャイン劇場
  5. 12/17(金) 劇団☆新感線秋豊年満作チャンピオン祭り 鋼鉄番長 @ 福岡 嘉穂劇場

|

実況明治神宮初詣

ケータイから恒例明治神宮への初詣をTwitter実況してみたよ。川崎インターから東名にのったらちょいと混んでて、池尻インターから山手通りに乗って、毎年車停めてる明治神宮内の臨時駐車場が設けられていなかったため甲州街道沿いのTimes24にとめて、てくてく歩いて参拝して、鏑矢とお守りアップデートして甘酒飲んで帰りました。所要時間1時間30分。凄い人だったなあ。

人凄いーのところ。本殿前は入場制限していたよ。

20100102_1

■Twitterログをまとめてみました。一番上が最新。まだTwitterの利用に慣れていないためこれから工夫していきたい。

nyasmanorお参り終わった。甘酒美味しいー。link
nyasmanor人凄いーlink
nyasmanor駐車できるかな。link
nyasmanor渋谷突入。link
nyasmanor東名渋滞中。link

| | コメント (0) | トラックバック (0)

謹賀新年

あけましておめでとうございます。旧年中は辺境のブログにお越しいただき、まことにありがとうございました。

昨年は特に、日本を含む世界中にお住まいの皆様からたくさんのコメントをいただき本当に嬉しかったです。何のとりえも無いへっぽこブログですが、皆様のコメントは私の宝物です。ありがとうございました。

今年も引き続きほそ~くなが~く続けていく所存ですので、どうぞよろしくおねがいいたします。皆様の2010年が素晴らしい年でありますように!

2010年元旦 nya拝

2010_2


虎柄ねこまる

| | コメント (13) | トラックバック (1)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »