« つれづれ師走 | トップページ | ドラマ「JIN -仁-」第九回 感想 »

コミック「テルマエ・ロマエ」感想

小学生の時、実家を新築する折にアパートに仮住まいしたことがある。風呂無しアパートだったからしばらく銭湯に通ったんだ。昭和の頃の東京下町。一人っ子で温泉にも入ったことの無かった私は、たくさんの人たちの裸は珍しく、風呂上りのお約束フルーツ牛乳が嬉しかった。脱衣場では、シュミーズやタオルを巻いただけの半裸おばさん達が牛乳飲みながら楽しくおしゃべりに興じてる。銭湯は下町の社交場。お風呂であるとともに遊興施設でもあったのだ。

長じて英国Bathでお風呂の英語語源となったローマ浴場遺跡を訪れて、幼少の銭湯体験を思い出した。なにしろ遺跡には古代ローマ時代のお風呂が社交場であった面影がきちんと残っていたんだよ。モザイクタイルには富士山じゃないけどキレイな絵。スチームバスにエステ、発掘されたコップや食器、お風呂の中に落ちたたくさんのヘアピンやコイン(落とすな~)。

てなわけで、私はお風呂が大好きで、征服した土地にどんどんお風呂を作っていった古代ローマ人には親近感を持っているのさ。

前置きが長くてごめん、もうひとつ前置き。夫は活字中毒だけど、もっぱら翻訳モノやノンフィクションでマンガはあまり読まない。私が大好きなのだめを薦めても全然読んでくれなかったし~。そんな夫が珍しく「これおまえが好きそう。面白いよ」と薦めてくれたのがこのマンガなのだ!夫がマンガを買うのなんて10年ぶりくらいじゃないかしらん。

のわんといま流行り(?)のタイムスリップもの!古代ローマに住まう風呂設計技師ルシウスがお風呂の底から現代日本のお風呂(銭湯とか温泉とか家庭風呂とかいろいろ)にたびたび現れては、言葉もわからないのにお風呂好きという一点を武器に平たい顔族の日本人と和やかに交流、その都度新しいお風呂文化や技術(フルーツ牛乳とかシャンプーハットとかいろいろ)をローマ風呂に持ち込んで大成功をおさめる!歴史は彼に何をさせようとしているのか…!!

勿論何もさせようとしていないと思います(きっぱり)。

作者はリスボン在住のヤマザキマリ先生。イタリアの方とご結婚されてイタリアにも長くお住まいになられていた国際派…な感じはあんまりしない(すみません…)日本人になじむ癒し系っつーか脱力系の絵で素晴らしい。大好きです。ローマ史に造詣の深いお風呂コラム付きでますますローマ人への親近感が増してしまいますよ~!

先生のブログも素晴らしいので是非!

ヤマザキマリ・Somos em Portugal

|

« つれづれ師走 | トップページ | ドラマ「JIN -仁-」第九回 感想 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

Hello Nya-sama,
How are you?
It's very cold in Chicago!
The auther (ヤマザキマリ san)is going to move here to live with her MBA grad-student husband. It's such a small world! (I work for the University.)

投稿: norimaki | 2009.12.06 09:01

Norimaki-san, thank you for your comment! I'm very fine. This winter is warm in Kanto.

あーっ!そうですよね。norimakiさんってヤマザキマリ先生の旦那様と同じ大学にいらっしゃるのですね。そして来年は先生もシカゴ在住に。まさにまさに"It's a small world!"ですねえ。

norimaki-san, be careful not to catch a cold! どうぞご自愛くださいませ~。

投稿: nya | 2009.12.06 09:57

I forgot to write this before,,,.

I have Wall-E (Three-Disc Special Edition + Digital Copy) DVD. This package contains “The PIXER story” on disc 2 (about 90min). PIXER’s director John Lasseter tells the idea of Luxo Jr. the first 3D-computer animation.

投稿: norimaki | 2009.12.08 06:15

norimakiさん、コメントありがとうございます!

おお、Wall-Eのスペシャルエディションにはジョン・ラセター監督のインタビューがはいっているのですね。Luxo Jr.はCGアニメ史に燦然と輝く金字塔です。CGアニメに命が吹き込まれた歴史的な作品なのですから。それが長い年月を経てWall-Eに継承され、またそれを目撃できてほんとうに良かったなあと思っていますよ~。

投稿: nya | 2009.12.08 22:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33364/46945560

この記事へのトラックバック一覧です: コミック「テルマエ・ロマエ」感想:

« つれづれ師走 | トップページ | ドラマ「JIN -仁-」第九回 感想 »