« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

大晦日ちょい実況

はあああ、年越し蕎麦もがっつり食べていま恒例第九聞き中。今年の第九はオーソドックスで安心して聴けますネ(よくわかってないよ)。

第九後も(みるものないので)教育テレビを見続けていたら今年のクラシックハイライトで、ウィーンフィルのベト7とランランとギエムのボレロ(感動!)をやってくれたよ。どこまでのだめ!

お正月の煮物をつまみに純米の酔鯨をヒヤで。怒られるのでちょっとだけ。

東急ジルベスターはじまったよ!今年のカウントダウンはジュピターだって。おおっ!大友先生ちゃあんとあわせたよっ!

てなわけであけおめです!

新年第一曲は、国際宇宙ステーションISS実験棟「きぼう」の野口さん(鏡餅持っていったんだねえ)からの中継リクエストで「美しく青きドナウ」だよっ!ISSがソユーズとダンスしてる~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Sylvesterに思うこと

ジルベスターも良いけれど、大つごもりってコトバも良いよね大晦日。樋口一葉先生~。

てなわけで2009年の年の暮れですよ。今年はカレンダー通りできっかり5日のお休みだ。昨日大車輪で家中掃除して、なんとかお飾りも飾って格好がついて一安心。年賀状も書いたよ!虎ねこまる年賀状。画像は年明けて公開しマス。

今年は実は仕事では壁にぶちあたって悩みに悩んだ1年だった。試行錯誤の繰返しで洒落にならないような失敗もたくさんして落ち込んだ。(迷惑かけた皆さん本当にごめんなさい) いよいよ私もリストラか…とやさぐれて酒に溺れたりもしたが、成績は意外にも良評価だったのでちょっとびっくり。うちの会社、学校みたいに年末に仕事の相対評価するんだよ~。中位以下は翌年の昇給もないどころか低位になると減給、リストラ候補になるので毎年戦々恐々とする年末なのだ。

ボスとの年末面接で、この成績は来年の活躍に期待したものと知らされて、納得して気を引き締めた。今年、同僚達と新組織、新職務のブループリントを作って会社に提言した。それが受け入れられ、来年から新組織発足。しかも自分がその職務につく。自分の提言した新職務を実現し、業績をあげないと今年の努力がナニモカモ水の泡になる。期待され必要とされている以上全力で答えたい。やさぐれている暇なんてないね!がんばろー!

そして一方、50の声を聞き、老後も見えてきたのでその助走期間に入る。生活を慎ましくしてゼイタクせずにでも心は豊かに生活する…ま、一朝一夕には行きませんが、観にいくお芝居も外食も減らしたし、ゼイタクごとはやめて、生活パフォーマンスアップに励んでおります。

特に今年は後半、酒に溺れ、信じられないくらい健康状態も悪化したので、酒は一切とはいえませんが(ダメダメ)減らして、健康に留意して、仕事がんばって、慎ましく穏やかな2010年になればいいなと思ってますよん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

後遺症

現代が恋しいよう。カップラーメンが食べたいようと泣く仁先生に、咲ちゃんと仁友堂の仲間達がいっしょうけんめいチキンラーメンを開発する、これがいわゆるニッ○ンのはじまりである - 嘘です。百福翁すみません。

なあんて絵がほやほやと頭に浮かぶ今日このごろです。私の頭の中で仁先生と愉快な仲間達はいまも江戸に生きているのだなあ。そのうち某音楽漫画のように、このサイトのどこかでそんな妄想を書くかもしれません。オール小ネタですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つれづれ師走カウントダウン

■わあああ、JINの最終回に呆けたり、のだめ映画に浮かれたりしてるうちに年の瀬がきちゃったよ!あしたあさってと会社(え、2労働日?)、にいったらお休みになって、なああんと1週間後には新年のお休み終わってるってダンドリだよ。すげえええ欧米並みのニューイヤー休暇。勿論何もしていない(きっぱり)

■でもとりあえず週末にはプレ大掃除をしておこうと、書斎と格闘すること8時間。床が見えた時点で力尽きた。おかしいなあ秋に段ボール箱本6個ブックオフに売ったのになあ。そのとき床みえてたのになあ。とにかくとにかく本当に手元に置いておきたい本しか残さない!という決心でナニモカモ…捨てらんないよう(;-;)

■健康診断のありえない数値にびびって禁酒中。私の禁酒にビールは含まれません(だめじゃん)。年末年始は暴飲暴食をやめて年明けに医者に行こう。おっこられるだろうなあ(涙)。

■WOWOWでミュージカル映画「マンマ・ミーア」。見ている途中で夫が「きっついなあ」とリタイアして書斎に逃げた。全曲おなじみでそりゃあ楽しくってメリル・ストリープめっちゃがんばってるけど画面全体に漂う加齢臭になんともあてられちゃってさあ。あとピアース・ブロスナンの歌はありゃあなんとかならなかったのか。ラジー賞なのがうなづけるよなあ。コリン・ファースのおっさんぶりにびっくりしたけどそれは素敵~(らぶ)。

■鴨ちゃんとりえぞう先生の物語、来年浅野忠信と永作博美で東陽一監督で映画化ですって。毎日かあさんの実写化ってわけだな。救いのある話にして欲しい。

■「サラリーマンNEO Winter Special 2009」超面白かった!NHKが本気だすと本当に怖い。ゲストも皆本気で凄かった!日曜美術館姜先生の真顔で冗談が怖かった。亀ちゃんvsセクスィー部長ないすってか亀ちゃんのりすぎ。バラカンさんとNHKはCBSドキュメントに仁義きったのか?ナレーションまでいっしょなのが凄まじかった。そしてまさかウィッキーさんのドジョウすくい@新橋が見られるとは思わなかった~。あ、ノムさんと夫人が真摯に悩みに答えていたのもかわいかったよ。いや~年末に良いものを観た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DVD「のだめカンタービレ 最終楽章 ロケ地マップ」感想

わあい。映画を見た後にロケ地マップが届いちゃったよ。いやあやっぱりいいなあヨーロッパ。来年くらいは行きたいけど先立つものがないよう…貯金しよう。

DVDの中身も映画本編も盛大にネタバレしてますので注意ですよ!

続きを読む "DVD「のだめカンタービレ 最終楽章 ロケ地マップ」感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」二回目感想

ウィークリーのだめ映画二回目っ!リピしてまいりました。折角だからいろんな映画館に行ってみよう!ってなわけで、音響が良いと評判の新宿バルト9で観てまいりました。バルト9ははじめてだったんだけど、新宿南口のマルイ別館の9階から上のシネコンだったのね。さっすが土曜の新宿。満員御礼の札止めでしたっ!

満員の観客は老若男女いろいろ。場所柄若いお嬢さんとカップルが多かったかな。みんな良く笑い反応が良かったよ。後編予告が終わり、2010.4.17公開!との字幕がでた途端、満場の客席からため息のように「4月…」「遠い~」というつぶやきが。みんながんばれ!それまで前編をリピして待つんだ~(だから無理いうな)

記憶が薄れぬうちに覚えてる限りのことを。ドラマのときはやっていた後編ストーリー予想もやってみました!

例によって私の感想はネタバレには躊躇がありませんので、未見の方はご注意くださいませ~。二回目だからネタバレだだもれですよん。でも前編ラストはネタバレしません。是非劇場でこの衝撃を!

続きを読む "映画「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」二回目感想"

| | コメント (18) | トラックバック (3)

「のだめカンタービレ」感想 番外オペラ編 AKT2.

わあい、月に2回のだめ新作を読むことのできる幸せ。しかも映画も公開中。なんだか2006年秋のしやわせなあの頃が戻ってきたみたいだなあ。でも当時ののだめ原作はLesson100前後。千秋がいちばん苦しい頃だったからちと複雑。ま、それもノクターンという素晴らしい萌えで帳消しでしたが。

ま、とにかくのだめオペラ編はゆる~くたのし~く進行中。しかしそこへ思わぬ伏兵が!のだめ危うし~(笑)。

表紙はヨハン・シュトラウスの「こうもり」。扉絵名作オペラシリーズ2だって、1はなによ!ひょっとしてLesson28の彩子のだめ千秋の「コジ・ファン・トウッテ」?

プリマドンナのロザリンデはのだめで、小間使いアデーレがぶー子かな?このオペレッタ、チャーミングな小間使いアデーレがキモなんだよね~。だから「ちょっとそこのアナタ……」「のだめより目立ってるんですケド」 なのかなあ。

さてさてAKT2はのだめピ~ンチの回(笑)あーんど黒木くんがターニャにとうとう!

例によって私の感想はネタバレには躊躇がありませんので、単行本派(24巻!)の方はご注意くださいませ~。

続きを読む "「のだめカンタービレ」感想 番外オペラ編 AKT2."

| | コメント (10) | トラックバック (0)

感想遅延のお詫び:「のだめカンタービレ」 番外オペラ編 AKT2.

うわわわわ、すみません。早朝、最寄のコンビニにいったらKiss最新号がありませんでしたっ!売り切れ?扱い無し?ショック~!はやくかわいいのだめが読みたいよう。

てなわけで、感想は本日夜になると思います。どうもすみません~(;-;)

過去感想まとめました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぼくのかんがえたほるまりん君のひみちゅ

あーあ、ドラマJINが終わっちゃってすっかりがっかりの私の気分を逆なでするように、夫が昨日から咲ちゃんの真似をやめないよ。「しゃきはぶしのムスメでごじゃいますからっ!」とか「しょれはいかなるものでごじゃいますかっ!」とかうぜーうぜー。

会社の往復にぼんやり考えた「ぼくのかんがえたほるまりん君のひみちゅ」。

・ホルマリン君は時間軸間を移動できる時空生命体(高次元生命体)。時間軸に強い干渉があると発生する。人間(三次元人)の脳に宿り、ある程度成長すると宿主を離れる。ネオテニー(幼形成熟)なのであれでオトナ(まじか)

1.本来の時間軸をAとする。ホルマリン君が項目5の干渉を受けて仁先生の頭に宿る。

2.最初のタイムスリップで新規の時間軸Bが発生。仁先生は時間軸Bに移動する。これが仁先生が過去を改変してよい時間軸。

3.龍馬暗殺のタイミングで、ホルマリン君は本能で生まれた時間軸Aに戻ろうとする。ただし時間軸Aに戻れる保障はない。Aの周囲の近似の時間軸に転移。

4.転移先の時間軸(仮にA´とする)には仁先生A´がいる。仁先生A´の脳内にはまだホルマリン君はいない。同じ時間軸上にAとA´の仁先生が存在することは許されないため、1人を異なる時間軸に飛ばそうとする力が働く。しかし仁先生Aのホルマリン君は仁先生A´によって摘出されてしまう。仁先生Aはもうタイムスリップできない、

5.時間軸の強い干渉を受けてホルマリン君が仁先生A´の頭に宿る。仁先生A´は新しく発生する時間軸B´にタイムスリップする。

6.仁先生A'のいなくなった時間軸A´で仁先生Aは生きていく。

7.仁先生Aのいなくなった時間軸Bは、歴史補正をかけながらできるだけ本来(ってなんだ)の歴史に近い流れになる。時間軸Bの現代に仁先生が産まれるかどうかは未定。

先生はタイプスリップした先の幕末とは違う時間軸からきているのに、原作13巻でお初ちゃんを手術したときに先生が消えかけたのは、おそらくこのタイムスリップが無限に繰り返されているため、結果として時間軸もまた無限に発生し続け、多数の時間軸間で干渉が起きているためと思われる。ドラマ未来ちゃんの写真の変化もそれが理由。

はっ、ひょっとして時空生命体ホルマリン君一族が発生したのって仁先生のタイムスリップが理由?時間軸の干渉が大きくなってくからどんどん増えてヤバイことに!タイムパトロールが修正に走るかも。仁先生あぶないー。逃げてー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラマ「JIN -仁-」最終回 超短感

うわああああ。なにこのラスト!伏線回収せずに原作へ回帰かよ~、だったらドラマオリジナル展開必要ないじゃんとちょっとがっかり。夫がラストの野風の語りのときに、「お前がしゃべるな。ホルマリン君にしゃべらせろ~!」と叫んでましたよ。

最後のアレは本当にMr.Brainの残念ラストを思い出しちゃって蛇足感でいっぱい。余りにも脚本と演出が甘い。どうして最後まで緊張感を保つことができなかったのかなあ…なあんてことを含めて、いろいろ言いたいことはあるけれど、これはシーズン2決定だよね?原作アレンジ部分は台詞含めて本当によいお話だったので、是非余計なオリジナルをいれずに続編につなげて欲しい。ほややん仁先生と男前咲ちゃん、わんこ龍馬あーんど江戸の愉快な仲間達にまた逢える日を楽しみに待ちましょう。

えっと本編感想は心が落ち着いてからね。あ、ひとこと。龍馬、最後まで(いろんな意味で)期待を裏切らない男だぜ!もう大好き!

そうそう、これはきちんといっとかなきゃ。大沢さん、内野さんはじめこの素晴らしいドラマに関わった全ての方々へ。幸福な日曜の夜をありがとう。すっごく楽しかった!是非またお会いしたい。気長に気長に待っております~!

感想まとめました。

| | コメント (20) | トラックバック (1)

映画「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」感想

わあい、ついに本日12月19日のだめ映画前編の封切りだよっ!日本在住のだめファンの心意気で初日に観て参りましたよ。最寄の劇場でいちばん音響の良い川崎チネチッタで!大画面で!THXで!5.1chドルビーサラウンドで!

良かった~。まだ頭の中を1812がバッハがうわんうわんと鳴っているよ。これは映画ならではの醍醐味ですよ!ドラマファンも原作ファンも観て損なし…ってかむしろ観ろ!観てくださいお願いしますよ。音響の良い映画館でね!私もリピします~。来週もまた行こうっと。

お客さんは8割くらいの入りだったかな。老若男女幅広い。中高生くらいの男子グループがいたのが面白かった。ギャグによく笑い、演奏に感心し、反応はよかったよ~。みんなリピしろ~(無理いうな)

ふうう、感想ひととおり書いたけど、カンジンの前編に関していろいろ思うところあるので追加していきます~。リピもするしね。細かいとこいっぱい見逃してると思うのでそれも発見したいな。

Pc180151

限定版のパンフはマングースのイヤホンホルダー付きだよ!


例によって私の感想はネタバレには躊躇がありませんので、未見の方はご注意くださいませ~。特に後編予告のネタバレは盛大だよっ!でも前編ラストはネタバレしません。是非劇場でこの衝撃を!

続きを読む "映画「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」感想"

| | コメント (34) | トラックバック (6)

【のだめフィナーレ祭だ~!】二ノ宮先生インタビュー@「THE BEST MANGA 2010─このマンガを読め! 」

年の瀬のお約束、「このマンガを読め!」本年版に掲載された、のだめ完結記念二ノ宮先生ロングインタビュー。インタビューアはいしかわじゅん先生。辛口評論で知られるいしかわ先生だがBSマンガ夜話でのだめをとりあげた回で熱く語っておられた通り、のだめの大ファンなんだよね。だからインタビューも和やかかつツボをついていて面白い。以下ポイント。

続きを読む "【のだめフィナーレ祭だ~!】二ノ宮先生インタビュー@「THE BEST MANGA 2010─このマンガを読め! 」"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ドラマ「JIN -仁-」第十回 感想

いやあ、NHK20時からの「坂の上の雲」は滅法面白いねえ。(小澤夏目先生の「これからは猫じゃ!」の猫ニャンポーズええのう!)。でも21時からはリアルタイムで「JIN」を見たよん。

崖の上で例の頭痛の発作に襲われて意識を失う仁先生。きっと咲ちゃんは倒れた仁先生を担いで橘家まで走ったんじゃあないかなねえ。「うぉりゃああああ」とかいって。それくらいやるよなっ!いつも大沢仁先生の隣にいるので華奢で小柄に見えるはるかちゃんはピンで立つと結構立派な体格だ。身長高いしね。

野風の身請と恋人未来の因果関係を咲に語る仁。頭に胎児を抱えるあの患者は自分自身ではなかったのか。頻繁に起こる頭痛と相まって終焉が近いことを予見する仁 - そして

どうするどーなる仁先生あーんど江戸の愉快な仲間達っ!

続きを読む "ドラマ「JIN -仁-」第十回 感想"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

つれづれ師走第三週

■劇団☆新感線2010年春興行「薔薇とサムライ」。FC先行とりあえず3/20(土)ソワレペア確保。ふうう。ここ数回はずれまくってたので1日カクホしただけでも良しとしよう。Cube先行は思いっきりはずれたよ。あとはのんびり確保しよう。古ちんとあまみんだもんなー。歌もダンスも迫力だろうなー。なんてったってGoemonRockだもんなー。楽しみ楽しみ。

公式サイト

■「坂の上の雲」第三話。わああんノボさんがかわいいよう。子規といえば「鳴いて血を吐くホトトギス」。これを知ったのは小学生の頃だったか。その才気と情熱で明治の世を駆け抜けて若くして逝った文豪。いまその青春群像、人となりが香川さんの素晴らしい演技で血肉の通った人間像として立ち上がってくる。素晴らしいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

待ちぼうけ

金曜の夜、夫が仕事で新宿に来ていたので、初台のHUBで待ち合わせ。8時すぎについたんだけど、テキの仕事が終わらず待てど暮らせどきやしねー。金曜の夜のパブに1人でがんがん飲む寂しい中年女ってどうよ。ボンベイサファイヤとタンカレーのNo.10を交互でソーダ割withライムで6杯くらい? 9:30頃夫がついたときはつぶれてましたとさ。つまみはフィッシュアンドチップスとシェパーズパイとマッシュルームフライを食べました。日本にHUBがある限り英国にいかなくても…すまねーよ行きたいよう英国。

20091211

オペラシティのクリスマスツリー。ボタンおすとイルミネーションが点灯し、音楽が流れるんだよ!みんなケイタイで写真とってた。

待ってる間に、ケイタイのワンセグでテレビ「ぴったんこカンカン」見てたよ。JINの放映前番宣の再放送。大沢さんと安住アナウンサーが赤坂の龍馬・勝先生のゆかりの地を訪ねるという。しかし玉木くんといい、大沢さんといいイケメン俳優さんはなぜ私服がビミョーなのだ。元がいいんだからシンプルな服でいいじゃんよ!

大沢さんが氷川神社でお賽銭をあげようとして出した財布がヴィトンなのにorz。「いまどきヴィトンかよー」と思ったけど、私の財布もヴィトンでしたすみませんすみません。丈夫で長持ちするからいいんだよねっ(フォロー)!そんな感想を抱きつつ某2ちゃんJINスレをみたらやっぱりヴィトン財布を嘆いてる人がいて、「マジックテープ財布よりいいじゃん」というナイスなフォローが。「咲さん、黒米いなりの支払いは私にまかせろ~(バリバリ)」「仁先生やめて~」ですねわかります。

そして流れた戦慄の10話予告。わ~龍馬が~仁先生が~どうなるの~(涙)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

それはちょっと見たいかも

中島かずきさんの、WebAERA連載「電人N」12/10付記事を読んで噴いた。

『のだめ』アニメ版も頑張ります

僕がシリーズ構成をやるということで不安なファンもいるとは思いますが、千秋真一が指揮台に立っていきなり「弦が呼ぶ打が呼ぶ管が呼ぶ、指揮棒振れと俺を呼ぶ」とか「白と黒との五線譜に赤い血通すコンダクター、白目の黒王子千秋真一様たあ、俺のことだあ!」なんて見得は絶対に切りません。ご心配なく。第一、脚本は一本も書いてないし。

それはちょっと見たいかも…嘘です。すみません。普通に構成してくださいかずきさん(泣)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

演劇関連2題

■プロペラ犬新作「アウェーインザライフ」 み、水野美紀ちゃんがオーケンになっておられる!と思ったらまじオーケンのステージ衣装だって!素晴らしい~筋少コラボ。水野美紀ちゃんは本当に舞台人生謳歌しているなあ。女古ちんになってください。いやなれますマジで。

森三中・村上が初舞台!「緊張しています」

■ののちゃさんのところで知った。ヴィレッジ(劇団☆新感線運営会社)公式サイトオープン。本谷さんだけ異質(いやハブにするわけじゃなくって)。いろいろアレですがまあみんないるからいいや(逆木さんとこぐれさんは?)。っつーかみんな私服。粟根さんの普段着ぷりったるや。これに釣りベストとキャップ装着がデフォ。劇場の客席でお見かけする姿です。

公式サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「のだめカンタービレ」感想 番外オペラ編 AKT1.

少女漫画史に燦然と輝く金字塔「のだめカンタービレ」Lesson全136。8年余にわたる連載を感動の中、堂々完結!

人生は長く、音楽はさらに長い。のだめと千秋は共にその頭上に音楽の神を頂く敬虔なる音楽の使徒。そしてかけがえの無い人生のベターハーフ。いままでも、そしてこれからも、互いの存在を糧として果ての無い音楽の巡礼を続けていくのだ。

文句の無い大団円。鳴り止まぬカーテンコール - そして!

はい~真面目モードはこれでおしまいっ!楽しい音楽の時間リプライズ。変態のだめとのだめにぞっこんツンデレ千秋を中心に楽しい音楽の仲間達が日本に大集合。ゆる~く楽しいオペラ編がはじまるよっ!期待にたがわぬ出来で満足満足。のだめかわいい~千秋ふけた~(雅之そっくり)。さあ、お楽しみはこれからだよっ!

今回はKiss表紙は、のだめソロコンでピンクのドレス。漫画表紙は東京の空にバルーンで浮かぶ妖精のだめwith千秋峰真澄ちゃん。両方ともかわいいよ~。

例によって私の感想はネタバレには躊躇がありませんので、単行本派(24巻!)の方はご注意くださいませ~。わあい。この世迷言注意書きもまた書けるのが嬉しいなあ楽しいなあ。のだめと千秋にまたあえて本当に幸せだっ!

続きを読む "「のだめカンタービレ」感想 番外オペラ編 AKT1."

| | コメント (16) | トラックバック (0)

つれづれ師走第二週

■うわあ上川さんご結婚おめでとうございます~。蛮幽記終わってからの発表だったのですね。てっきりキャラメル関係の方だと思っていたら、加藤社長がブログで否定されておられましたね。奥様のご病気は心配ですが、どうかおしあわせに~。

上川隆也さん、元舞台女優と結婚

続きを読む "つれづれ師走第二週"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラマ「JIN -仁-」第九回 感想

うわあ、今回はなんだかリッチですごい~お腹がいっぱい~でもあと2回~どうしよう~!

閑話休題。NHK「坂の上の雲」も再放送(当日の22時からBSで再放送ってJIN対策?)でちゃんと見てます~。すげ~金かけてる~英国ロケ~。明治の世、国家草創期に青雲の志をもって世界に挑戦する若き秋山"イケメン"兄弟と文人"野球大好き"子規!みんな若い~格好いい~すげ~面白い~。でもロケ地(ワープステーション・日光江戸村)がいっしょなんでJINで見慣れた江戸風景がでてくるのがなんだか変ですヨ。ま、これはスパンも長いのでゆっくり見よう。原作も持ってるのできちんと読み返そう。閑話休題終わりっ!

続きを読む "ドラマ「JIN -仁-」第九回 感想"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

コミック「テルマエ・ロマエ」感想

小学生の時、実家を新築する折にアパートに仮住まいしたことがある。風呂無しアパートだったからしばらく銭湯に通ったんだ。昭和の頃の東京下町。一人っ子で温泉にも入ったことの無かった私は、たくさんの人たちの裸は珍しく、風呂上りのお約束フルーツ牛乳が嬉しかった。脱衣場では、シュミーズやタオルを巻いただけの半裸おばさん達が牛乳飲みながら楽しくおしゃべりに興じてる。銭湯は下町の社交場。お風呂であるとともに遊興施設でもあったのだ。

続きを読む "コミック「テルマエ・ロマエ」感想"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

つれづれ師走

■pixivでJINタグをクリックすると毎日素敵絵や素敵マンガが増えていってうれしいな。神絵師と崇める方も素晴らしいドラマJIN絵を描いてくれて眼福眼福。ほややん仁先生は皆に愛されているなあ。でもドラマは風呂敷畳みモードにはいってきていて、仁先生と愉快な仲間達の日常風景はもう見れなくなるんだろうなあ(涙)

■マイ備忘録。薔薇とサムライのFC先行は12/5から。これは外せないからがんばってとろう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »