« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

つれづれ文月もう終わり

■あああ、7月に夏休みとっちゃうと8月が長いよう。合間をみてもうちょっとヤスミタイ。
仕事のモチベーションさがりっぷりで最近は真剣にやヴァい。なんとか自分を鼓舞しないとなあ。キッカケがないよう(;-;)

■つよポンドラマ、「任侠ヘルパー」にはまって毎週みてます。コメディかなと思ったら真摯に介護の現状を訴えていてびっくり。もちろんドラマ向けにわかりやすく甘く作ってるんだけどね。老人役の俳優さんたちがみなみな達者でうまくて素敵。冷徹に見えて義に厚いヤクザをつよポンが好演してます。そして黒木メイサちゃんも超男前です!前作BOSSはクールなエンターテインメントだったけど、任侠ヘルパーは真面目な社会派ドラマ。どちらも素晴らしいです。

■ソレと比較して「華麗なるスパイ」はなあ。1話目を途中までみてリタイヤ。これくらいぶっとんだドラマはテンポよくやんないと本当につまらないんだ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

辞職の真相(ゴシップ雑誌風)


横浜市長辞職で飛び交う憶測

任期途中(来年4月満了)、大阪府の橋下徹知事らとの「首長連合」を立ち上げたばかりの不可解な決断について、市政関係者の間では、いぶかしがる見方や様々な憶測も出ている。

中田市長、そんなにY150失敗の責任とるのがいやだったのか~と横浜市民なら誰もが思うはず…いや、私は横浜市民ではありませんが。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

行く夏休みを惜しむ

わー、夏休みが終わっちゃう~。来週から通常運転デス。でもまあ8月も、仕事の状況によっては2,3日休もうかなあと思ってるんだけどね。

本日箱根からの帰りは、新装なってからはじめていく、鈴廣かまぼこの里。ネリモノと干物が大好きなnyaは箱根の帰りはいつもここで、金目鯛の一夜干しとさまざまなネリモノを買って帰るのだ。おいしいよ~。

今回は併設のレストラン、割烹「潮の音」でお昼ご飯を食べたよ!

Img_0613

私「潮の音弁当」。ちょこっとづつたくさんのおかずがあって嬉しい~。冷酒のおつまみに最適(それかい!)

Img_0616

夫は「天麩羅定食」。二人でシェアして食べました。

秋田の古民家を移設した建物(お蔵つき!)は雰囲気がいいし、ごはんもおいしいのでまた来よう!

併設売店でお土産を買って帰りました。最近は夏の冷やしおでん(ゼリー寄せね)がはやってて、ネリモノのご本家の鈴廣もだしているのだけど、なんかへんなモノが…。

Img_0632

中華風!あとイタリアンもあった~。すげー!(買わなかったけど) オンラインショップで売ってる~orz。

買ったのはこれ!

一汐干物きんめ鯛..焼きすぎかな?と思うくらい焦げ焦げに焼くと、中の身がほっこりしておいしい~。大根おろしをどっちゃりつけていくらでもご飯がすすみます。

えび枝豆 おしゃれで美味しい。シャンパンとかシャブリがよくあうよ!

あとは夏限定「夏天」を買ったのでありました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

箱根の夏休み

てなわけで富士屋ホテル。

Dscn0231

フロント前のレトロな階段を上ると、レトロなお部屋。登録有形文化財。富士屋ホテル本館。

Dscf2266

Dscn0525
(なんか写ってるけど気にしない→ベッドで寝てた)

いつもは花御殿に泊まるんだけど、まだ一度も本館に泊まったことがなかったので、泊まってみました。

過去の花御殿宿泊記。

2005年11月
2006年8月

続きを読む "箱根の夏休み"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「のだめカンタービレ」 感想 Lesson 132

祝・二ノ宮先生ご快癒!祝・再開のだめフィナーレ!そしてのだめウェルカムバック音楽の世界へ!千秋は…まあガンバレヨ(笑)。

例によって私の感想はネタバレには躊躇がありませんので、単行本派の方はご注意くださいませ~。あ、それに加えてヘンな断言やら予想やらが入ってますけど、あくまで私の世迷言なんでホンキにしちゃいやですよ~。前回同様ひっかかった台詞を太字にしてみました~。

続きを読む "「のだめカンタービレ」 感想 Lesson 132"

| | コメント (24) | トラックバック (0)

讃岐うどんと夏休み

夏休みも半ばをすぎた。いまのところは仕事で大波もなく無為に過ごしているよ。朝はのんびり…といってもいつもよりおそめの6時くらいに起きて、洗濯掃除したり。夫はもっとのんびり8時過ぎくらいに起きてくるので、ゆっくり朝ごはんを食べて10時くらいに家を出て、近場をぐるぐるお散歩したりドライブしたり。

てなわけで今日は正真正銘ご近所(歩いて15分くらいなのだ)の名店。讃岐うどんの「」へ。と、いっても行くのははじめて。とってもこじんまりとしたカウンターのみのお店なんだけど、関東一との声もある讃岐うどんの名店で、週末はいつも大行列。平日ならなんとか空いているだろうと思って挑戦したのさ。ちなみに夫は関西人にもかかわらず、うどん嫌い(蕎麦好き)なので、お隣にあるパソコンショップのPC DEPOで時間をつぶしていたよ。ために写真は無し(携帯で撮ったけど失敗した~(;-;))。

11時過ぎ、のれんをくぐってお店に入るとカウンターは半分の入り…だったけど、後からどんどんお客さんが入ってきてすぐに満席になっちゃった。頼んだのは冷たい麺とおつゆの「ひやひや」。若いご主人が目の前でうどんを打ってる、打ちあがったうどんをお湯に投入して待つことしばし(15分くらいかな)。目の前にだされたうどんはつやつやぴかぴかでまぶしいくらい。ねぎとしょうが、お好みですりごまをたっぷりトッピングして、セルフの海老天をのっけて、一気に食べちゃったよ。うどんは強烈にコシが強くて、食べてて顎が疲れちゃった。でも単に硬いわけじゃあなくって、弾力があって食べ応えがあって美味しい。冷たいおつゆも薄味だけどだしがきいてて飽きない味。

いやいやこれで550円(うどん(大)450円+天ぷら100円)とはおそれいったうまかった。でも行列並ぶの苦手なんで、平日うまいことお休みが取れた日にまたこよう。他のメニュー(ひやあつ、あつあつ、ぶっかけ、じょうれん(ざるうどん))も食べたいよう!

その後は、お昼を食べ損ねた夫がお腹すいたを連発するので港北IKEAへ。

ミッドサマープレート。冷製おかずがちょっとずつ。1杯300円のシャブリをグラスになみなみついで(セルフだからね)おつまみモードで飲むのが大好き。

Img_0580

夫はスエーデン風カツレツ。ふつうのコロッケでどこがスエーデン風なのかと思ったけど、まあ甘いクランベリーソースついてるしな。おいしかったよ。

Img_0584

その後は腹ごなしにIKEA内を散策。セール中だったけど何も買わずにカエル。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふるさと村の夏休み

家から車で15分(歩いてけ)の寺家ふるさと村に行ってきたよ。夫おすすめで前から誘われていたのだけれど、民家園のようなものを想像していていまいち食指が動かなかった。

そしたら、横浜市が昔ながらの農村風景を保存している地区だったのだ。里山風景が美しい~。

青々と繁る水田。実りの秋の風景も見たいなあ。春は桜。秋は紅葉が見事だそう。

Img_0579

しばし散策。水車小屋。ため池。陶芸舎もある。東京の下町で生まれ育った私には全く無縁の風景なんだけど、どこか懐かしさを感じさせる日本の原風景。これはお金をかけても保存して欲しい。

お休み処「青山亭」。ここもまた鄙びた佇まいが素敵。陶器の販売所も併設。

Dscn0523

Dscn0517

お昼ごはんに稲庭うどんを食べたよ!揚げたての野菜のてんぷらがおいしかった~。

Img_0571

私「いやあ、いいところだねえ。これからもちょくちょく歩いてこよう。ところで、この夏休みに君は私を近場でお金のかからないところばかり連れ出しているけど、ひょっとして老後の予行演習?」
夫「ばれたか~」


| | コメント (2) | トラックバック (0)

1Q84の夏休み

■夏休み2日目。あいにくの天気で地元での日蝕観測はあきらめ。NHKの中継番組を見る。硫黄島沖での「ぱしふぃっく・びいなす」船上中継が素晴らしかった。プロミネンスが大きくて美しい~。

■書斎を整理。ダンボール10箱分の古本をブックオフにひきとりにきてもらう。(でもまだ床はみえない…)。そのイキオイでクローゼットも整理。夏物スカートを18着持ってることを認識してちょっと落ち込む(こんないらないじゃん)。こっちは75リットルゴミ袋1袋分の古着。捨てるだけの人生はムナシイ…。

■で、夕食後、2か月ほどツン読だった、村上春樹先生の「1Q84」にとりかかる。2時間ほど集中して読みきってしまったあ。いやあ面白かったよー。「海辺のカフカ」のミニマリズム、「アフターダーク」での散文性は影を潜め、大衆娯楽小説のような俗な世界が村上文法(しかしよくいわれるように三人称だけどね)で語られる。転がる物語にぐいぐいとひきこまれ、悲劇的なラストへと収束する…ように見せかけてぽーんと放り出される。あれえ、1Q84ってひょっとしてもっと長い物語のプロローグだったの?だからBOOK1とBOOK2なの? ち、ちょっともう一度読み返してみなくっちゃ!

「1Q84」は物語としてはきっちり完結して過不足がないけれど、実はこの先にもっともっと大きな物語がひろがってるんじゃないのかなあと思わせる構成。その先の物語は読者の心の中にあるのか。それとも村上先生、失われた青豆嬢を巡る天吾くんの冒険を描くのかなあ。ま、そんな混乱も含めてきわめて興味深い物語でした。それにしたってカルトだよな。先生より上の団塊の世代の永遠の宿題が学生運動であるように、先生の世代の宿題はカルトなんだろうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雨の夏休み

今週は夏休み。ニュースで米イージス艦が寄港していることを知り、横浜へ。

大桟橋の駐車場は満車。厳戒態勢でトランクチェックがあったよ。

思ったより小さい。兵器の塊が大桟橋の客船ターミナルに停泊していることのフシギ。軍事評論家の夫から艤装の解説受けているうちにちょっと血の気がひいた。「一隻で戦争できるやん!」と言ったら、夫は「いや、イージス艦は複数艦の武器管制による攻撃が得意なので…」などといっていた。私自身はその存在と目的の是非を問う気持ちはさらさらなく、寧ろ最先端のテクノロジーが高度に集積化されている軍艦は嫌いではないんだけどねえ。やっぱフクザツ。

イージス駆逐艦ジョン・S・マケイン(オフィシャルサイトがあるよ!)

Dscn0293

大桟橋の反対側には日本丸。こちらは平和で優雅でよいなあ。フィギュア・ヘッドの女神様が素敵。

Dscn0309

横浜に着いたのはすでに17時過ぎ。歩き回っているうちに夕暮れに。雨に煙る夜景が美しい。

Dscn0316

象の鼻地区から、みなとみらいを臨む。赤レンガ倉庫、大桟橋までをパノラマ風にあわせてみました。

Dscn0317

赤レンガ倉庫のKUA AINAで夕ご飯。アボカド・バーガー。
うまいけど量が多いので1人前を2人でシェア。

Img_0520

雨だけど気温が低くしのぎやすかったので、楽しかった。でもY150に人ははいってなかったなあ(だいじょうぶか!)

Y150のお土産売り場。Y150シンボルキャラのたねまるとひこにゃんのコラボが!と思ったら「ひこねのよいにゃんこ」とのコラボでした。大人の事情だなあ。

Img_0514

| | コメント (2) | トラックバック (0)

旬なガンダム

ちょっとお台場潮風公園。先月の公開前と全く違うあまりの人並みにびっくり。みんなそんなにファースト好きか~!

Img_0397

頭部が動いてスモークでてた。そのたびに周囲からどよめきが。

Img_0433

夕方にわか雨が降った。天気雨となってきれいな虹が見えたよ!

Dscn0271


| | コメント (0) | トラックバック (0)

つれづれ文月

■Mr.BRAIN終わったねえ。香川さん目当に観てたけど、最後まで脚本が脚本のていをなしておらず、やけくそ気味な落ちにも苦笑い。最終回は夫もつきあってみてたけど、途中で「体調悪くなるほどひどい作品を観たのは久しぶりだ!」と寝込んでしまったよ。その後思わず口直しに「踊る大捜査線」映画を観ちゃった。軽快なテンポ、シンプルでよくまとまった脚本。格好いい見せ場と決め台詞(まあエヴァとパトレイバーなんですが)。いやあ本当に面白いねえ。

■WOWOWでインディジョーンズ4部作一挙放映を自宅仕事しながらながら見。1~3までは夫と映画館で観たけど、2作目がテンポ良くて好きだなあ。「クリスタル・スカル」はいまの技術でよく往年の雰囲気だしたなあ、還暦インディがんばってるなあくらいの感想。別に宇宙人出したってかまやしないんだけど、往年の軽快さがないのがちょっと悲しい。

■仕事…するつもりだったんだけど、目の前でねこまるがこんな格好してたらやる気なくなるよな。

1


| | コメント (2) | トラックバック (0)

旬じゃないガンダム

先月潮風公園でバーベキューした際にとった写真発掘。工事中の時。

Img_4798


| | コメント (2) | トラックバック (0)

映画「のだめカンタービレ最終楽章」情報+α

ついに映画のだめの情報が解禁になったねえ。早朝CXの「めざましテレビ」。楽友協会でタクトを振る玉木千秋を観て感激しちゃったよ。毎年NHKの元旦中継でウィーンフィル・ニューイヤーコンサートを観ながら、いつかはここでラデツキーの手拍子を~と思い続けた憧れの黄金ホールの指揮台に立つ燕尾服玉木千秋はひときわ凛々しく格好良く(MWの結城の面影がないよ!すげー)、花束もった樹里ちゃんのだめは愛らしく、ほんとうに封切りが楽しみになりました。

ファン待望! 映画版『のだめカンタービレ』撮影現場からレポート!

映画公式サイト

映画公式の詳細インタビューを見る限り、前編のクライマックスはやはり千秋の弾き振りかなあ。それとものだめサロコンか。いずれにせよドラマチックな展開に違いないし、わくわくしながら待ってるよ。

そんな映画情報を追っかけていた私に(仕事しろ)、びっくりなニュース。

のだめカンタービレ:アニメ化三たび 来年1月から完結編放送へ

>「劇団☆新感線」の座付き作家で、アニメ「天元突破グレンラガン」にもかかわった中島かずきさんがシリーズ構成を担当する。

はいぃぃぃ!? かずきさんがのだめアニメ!!アニメはいままでスルーだったんだけど…、微妙な気分だなあ。いままでの轍からいってもかずきさんは構成だけでなく脚本にも手を出す可能性が高い。たしかにパリ編後半はドラマチックだけど、かずきさんの方向性とは違うような…。ここしばらくで、いちばんビックリしたニュースです。

追記 : かずきさんのWeb連載、AERAの「電人N」の今週「のだめフィナーレ一大プロジェクト」を読んでちょっと安心。そっかー、二ノ宮先生もちゃんと構成打ち合わせに参加されてるのだな。考えて見ればかずきさんの本業はベテラン編集者。原作を大事にしてきっと素晴らしい構成をしてくれることだろう。のだめは本当に皆に愛されて良いメディアミックスの展開をしているなあ。原作のフィナーレ、映画のフィナーレに続いてアニメのフィナーレも楽しみだ!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」感想(短感)

「新世紀エヴァンゲリオン」(ヱヴァンゲリヲンに非ず)は、おそらく私が人生最初で最後にはまったアニメだ。1995年の年の暮れ、夫に今度のガイナのアニメはすっげー面白いぞといわれてビデオ録画を見せてもらったのが最初。夫婦ではまりまくり、あらゆるアニメ誌、ムック、アニメ・サブカル系の評論をおっかけ、ビデオ、フィギュアやプラモ、トレーディングカードまでコンプリート。TV版オンエア最終回に振り回されまくって、1997年の劇場版EoEを観て、いろいと納得できない部分もあったけど、まあムリヤリ納得して全てが終わった - 筈だった。

それ以降は、すっかりアニメからは遠ざかってしまった。唯一、大好きな戯曲家、中島かずきさんが脚本と構成を担当した「天元突破グレンラガン」に熱狂したくらい。

ために、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」の劇場公開もスルーで、ヱヴァなんかもういいやなあんて気分でいたのに、7/3(金)、地上波で放映された「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」を観たら、結構面白く、なんだか懐かしくなっちゃって近所のシネコンに予約入れて、土曜日に「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」を観ちゃったよ。グレンラガンでは決して劇場版についてこなかった夫も「365歩のマーチ」を歌いながらついてきた。

いやあすげえや圧巻圧巻。私はグレンラガンに熱狂し、これがエヴァ後のアニメのひとつの最高点と思っていたけれど、正直ヱヴァは格が違った。勿論、グレンラガンはよく出来ているアニメなんだけど、私はこれをアニメではなく演劇作品として観ていたのだなあと思ったよ。

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」はTV作品のリメイクでもなく、EoEの方向修正でもなく、新しい2009年の作品となっていた。シンジ君は格好よく(螺旋力でてたね)、レイはいじらしく、アスカは切なく、そしてゲンドウの夢は何回物語が巡ったとしてもかなわない - 。

これは果たして何巡目かの物語なのか、「you can (not) advance」の持つ意味は(成長する(しない)のは誰に向けてのものなのか)、レイにはより濃くユイの魂が宿っていることが暗喩されているにもかかわらず、ヒロインポジションが与えられているのは何故か - などなど思うところは確かに多いんだけれど、いまの私には、深く考察するほどの情熱はない。やっぱり私のエヴァはEoEで終わっていたのかなあ。ちなみに私のエヴァ観は"ゲンドウがユイを取り戻そうとしてかなわぬ話"だ。夫に鼻で笑われたけどな。

しかし序と来て破、TV版19話「男の戦い」までを見事にリファインして新しい物語を作り上げていたけど、物語の真価が問われるのはこれ以降。EoEの解答にムリヤリ納得した私が再び納得する日は来るのだろうか。まあミサトさんの予告も観た事だし、次作も映画館に観にいっちゃうと思うけどね!願わくばその日ができるだけ早からんことを!

P.S.夫の感想はレイちゃんヒロイン、マリちゃんはフリクリキャラだよな~、でした。観てからにゃーにゃー言ってるし(まあフリクリのハルコなんだけどね)。私以上にXXだな~。(月面で冬月先生とゲンドウが載ってた宇宙船がスペース1999の宇宙船だって即効気がついてたけどな)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

僅か10分の休暇

たいへんな6月がやっと終わってすこし仕事も落ち着いた。金曜日は有給休暇でもとってのんびりしようと思ってたんだ。そしたら週半ばで午前中に抜けられない会議がはいった。じゃあ午後休でもとって、湘南鎌倉あたりまでドライブでも~と予定を変更。そうしたら当日朝、同僚がどよんとした目で出社してきた。昨晩は貫徹で提案書作ったんだって。懇願されて午後の会議をかわってあげた。まあ15時には開放されるから、横浜Y150にでも行って有料会場にはいらずにラ・マシーンの蜘蛛でも見るか~とまたまた予定変更。しかし仕事途切れずやっと開放されたのは定時10分前。意地でも休みは取り消さず(まだ有休30日以上ものこってる~)、そのまま帰宅。たまプラの駅で夫と待ち合わせてご近所でイタリアン食べましたとさ。あ~あ。

ピッツェリア・マルターノ。家から車で10分(歩いてけ)の名店。

Dscn0019

前菜、牛肉のカルパッチョ。グリルしたズッキーニ、ふき、パプリカが香ばしい~。

Dscn0023

ナポリピザが美味しいんだけど、今日は渡り蟹のパスタ。美味しすぎて夫と奪い合いながら食べる。

20090704

コメントいただけた中埜さんへのお礼ねこまる最近画像。エアコンとりつけ工事の人が部屋にはいって怯えるねこまる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »