« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

「リチャード三世」感想

新生赤坂ACTシアターで、いのうえさんあーんど古ちんvs沙翁のリチャ3観てきたよ!

もう混じりっけなしの100パーシェイクスピア!でちょっとびっくりしちゃったよ。ここまで直球勝負で来るからにゃあ、いのうえさんに勝利の採算あったんだろうと思うんだ。そりゃあ「メタル・マクベス」と「朧の森に棲む鬼」をあれだけ成功させたいのうえさんだもん。お題は悪の魅力のピカレスクロマンで「天保12年のシェイクスピア」でも取り上げたケレン味たーっぷりの「リチャード三世」。不世出の天才古ちんと組めばそりゃあすげーシェイクスピアが出現するんだろうなあとわくわくしてACTに赴いたら…

ど、どーしたのっいのうえさんあーんど古ちん。なんだかふつーのお芝居みちゃったよ!うーむいのうえさんを持ってしてもストレートで勝負すると沙翁に勝てねーってことか。おそるべしニナガワ!(違!)

あとは果てしなくぐだぐだネタバレなのでたたみます!

続きを読む "「リチャード三世」感想"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

休日つれづれ

■あー蜉蝣峠一般発売も惨敗。東京千秋楽とれず(もう5回分とってるのだが)涙。大阪にかけよう。

■先週K-20に出かけて見ることの出来なかったBL大河「天地人」を土曜の再放送で。そっかー「天・地・人」の信長だもんなーとひとりうなづく。それにしたって主人公のヒロイン(総受け)っぷりにくらくらします。未来の奥さんにまで助けられるってどうよ(暴れ馬には笑った)。玉山影虎の魅力に周囲の女の子がばたばた倒れるってセクスィー部長かよ!セルフパロティーかよNHK...もう一生ついていきたいと思いましたよ。

■地下鉄大手町の駅貼りの新マキアージュのポスターの上野樹里ちゃんの足の長さ美しさに毎日くらくらしてます。見目麗しいだけじゃなくって女優として天才。天はニ物も三物も与えちゃって凄いなあ、がんばれ~!(若い人向けなのはわかってますがマキアージュのファンデは薄付きが具合が良いのでずーっと使ってマス…。)

■そういえば私、昨年乱歩歌舞伎「江戸宵闇妖鉤爪」観た際の感想で、下記のように語っていたが、K-20の仲村明智はまさにこれやん!理想どおりやん...でもちょっと優しげだったのが?だったのも事実。いやあ人間ってゼイタクだ。

やっぱり明智小五郎はスタイリッシュでちょっと皮肉屋でないとなあ。あとやっぱ変装ですよ変装!すぱっとマスクをとると、明らかに変装後より顔のでかい明智小五郎が!って天知小五郎やん(違うよそれ)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ねこまる

多くはいわん。週頭、「It has been a hard days night~♪」とうたいながら帰宅したら出迎えてくれたのがこいつらだ。夫とその膝の上に座るねこまる。1日こーしてたとしたらすげーおこるぞ。

200901193


| | コメント (3) | トラックバック (0)

映画「K-20 怪人二十面相・伝」感想

巷で評判の「K-20」を観てきたよっ!いやあ封切前は全然期待してなかったんだけど、予告編が面白そうだったし、観た人の評判も良いので、本日さくっと近くのシネコンで観たら、すっごい楽しい冒険活劇映画だったよ!いいねーこういうの大好き。同行の夫も「まあふつーだな(これで最大限のほめ言葉)」と喜んでたよ。

■ストーリー
時は1949年。舞台は第二次世界大戦を回避したパラレル世界。華族制度がいまだ残り、貧富の差著しく、一部の特権階級が富を独占している帝都に、金持ちだけを狙って盗みを働く怪人二十面相が出没。 ナゾの男に陥れられ、怪人二十面相に仕立て上げられ、世間から追われる身となったサーカス団の曲芸師・遠藤平吉(金城 武)は、富豪の令嬢・羽柴葉子(松たか子)や 名探偵・明智小五郎(仲村トオル)らを巻き込み、怪人二十面相に戦いを挑むことを決意する。

ネタバレありの感想なのでたたみます~。

続きを読む "映画「K-20 怪人二十面相・伝」感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チラシあれこれ

「冬の絵空」でチラシをいっぱいもらったよ。

■「蜉蝣峠」本チラ

おお、お話の概要が!なんだか陰惨なお話みたいだけど、先週の制作発表会見の様子を読む限りでは、なんだかぶっ飛んでるような、ネタもののような感じもするし、楽しみだなあ。

公式サイト

■ご存知ピーターパンのフック船長にじゅんさんが!

もれなく村木さんとメタルさんもついてくるよ!今回のウェンディ役は神田さやかちゃんかあ。古ちんのフック船長は観にいったなあ。一度くらい行きたいなあ。

■「夜は短し歩けよ乙女」がグローブ座で舞台になるよっ!

原作感想。センパイ役の渡部豪太くんはセンパイってイメージじゃあないなあ。アトリエ・ダンカンは「鴨川ホルモー」も舞台にするし何かあるんですかね。

公式サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「冬の絵空」感想

世田谷パブリックシアターって家からDoor to Doorで30分かからない。いちばん近い劇場かも。おまけにキャロットタワーの中で足の便も良い。

というわけで、じゅんさん粟根さん生瀬さん目当てに行って来ましたよ「冬の絵空」。そしたら片桐さんとか中村まことさんとか伊達さんとか内田さんとかヤソチンとか前田さんとか、おまけにシンシンまで、いい男いっぱい芝居で眼福眼福。粟根さんの吉良は…まあ賑やかしですね。流石にうまいけど。伊達さんとXXって萌えないよう(;-;)

そしてここから先は、悪口とかネタバレになるのでたたみます。未見の人ならびに特に藤木さんファンの方は見ないでやってくれい!

続きを読む "「冬の絵空」感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜中に

ひとりでタモリ倶楽部の空耳アワーでひとしきり爆笑して、しんとなった居間の空しさ。

いや夫いま11時には寝てるからさ。ねこまるもソファの上でまるまって寝てるし。

でも可笑しかったなあ「ブ専=部長専門」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

脳内ミュージカル

時折頭のなかでどんどこ踊ってる人とか動物

「Augustus Gloop 」 ウンパルンパ(チャーリーとチョコレート工場)

「So Long and Thanks for all the Fish」 銀河ヒッチハイクガイド

「Every Sperm is Sacred」 モンティパイソンの人生協奏曲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つれづれ三連休

■仕事始めの先週はいきなりMAX。リセッションの嵐の中、夜となれば新年会歓迎会に混じって送別会。入社以来、たいへんにお世話になった方々が多く会社を去られてちょっとショボンヌ。今年は自分で自分のロールを作ってかなきゃいけなくて、それどころか組織も作ってかなきゃいけなくて(去年も作ってたけどそれは一応与えられた組織だったし)、本当に正念場になると思う。意図的に自分の視点を引き上げられるのか、そしてそれで会社に貢献できるのか、CHALLENGEの年だ。オバマ新大統領とともにがんばろー!

■とはいえ、週末に全部観劇いれちゃったんだよね。パイパーに冬の絵空にリチャⅢ。これもがんばって観にいこー!

■わああん、恐れていた「ジェネラル・ルージュの凱旋」が映画になっちゃったよう!だーかーらー田口先生を女性にした時点でまちがってるんだからさあ。非情で冷徹で凛々しいオジサンの星速水先生を、「喜怒哀楽を全て微笑みで表す役者」堺さんがやるなんてさー…まあ卒なくやっちゃうんだろうけどね堺さんめちゃくちゃうまいから。将軍の懐刀ハヤブサこと花房師長は羽田さんかあ。まあイメージあってるかもね。でも堺さんルージュひくの?

■昨日の大河すごかったっすねえ。萌えシチュと萌え台詞満載でまさに(ショタ)BL大河。予告の恋に呆ける北村さんも素敵~。

■パイパーでもらったチラシ。

さとし~、次の新感線公演に出てほしかったのに~(;-;) しかしゴシック"中ニ病"大河ラブロマン、ブロンテ姉のジェーンエアとは~。そして松たかちゃんのお相手役かよ!ほんとーにえらくなってすごい。絶対観にいくよっ!

ミュージカル「ジェーン・エア」 2009年9月 日生劇場


原作/シャーロット・ブロンテ 脚本:作詞・演出/ジョン・ケアード 作曲・作詞/ポール・ゴードン


出演:松たか子 橋本さとし/幸田浩子 寿ひづる 旺なつき 伊藤弘美 山崎直子 小西遼生 福井貴一 壌晴彦

■WOWOWで放送された、蜷川芝居「表裏源内蛙合戦」。後ろで夫に「で、これはいつ面白くなるんだ~」と言われながら観た4時間。いやあ上川勝村の芸達者の表裏源内のガチンコ勝負は素晴らしかった~。でもこの二人のミュージカルは微妙じゃね?二人とも歌唱力が…。めまぐるしい場面転換膨大な台詞の果てに表裏双方の源内が壊れていく様は流石の蜷川だけど、なんせ長い!これコクーンで観たら拷問だったろうなあ。初舞台の豊原功輔さん見事でした。

■お正月の食材片付け続く。本日はドンペリあけてる(あける必要はないじゃん)。あとお昼ごはんにこの海老塩焼きにして食べた。クリスマスの残りなんだけど、塩味だけで激うまで悶絶。

■TBS新ドラマ「ラブ・シャッフル」番宣で玉木くんがTBSの各番組に出まくっていて眼福眼福。いっときの激やせが大分もどってきて一安心。地の声が良すぎで死にそうです。DAIGOくんより年下なのに「DAIGOくん」「玉木さん」と呼び合うのってどうよ。でも「玉木たん」はやめろ。あとCM新作も多いよねえ。ユーキャンの眼鏡男子姿もいいけど、ミスドの侍姿もたまりません!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

野田地図「パイパー」感想

さてさて、2009年初観劇は渋谷シアターコクーンで、年始恒例野田地図「パイパー」だ!ソワレ観劇だったもんで、夕刻渋谷に出かけたら、もんのすごい人出で嫌になっちゃったよ。もう渋谷もパルコ劇場かコクーンで芝居観るときしか行かなくなっちゃったもんなあ。

あ、それよりびっくりした!渋谷ブックファーストが無くなってたよ!少し早く着いたので、ブックファーストで本でも見ようと思ったら、きれいにビルごと消えてました。2007年10月の閉店というから、昨年の野田地図観劇の際にはもう閉店してたはずなんだけど、気がつかなかったなあ迂闊。

そんでもって今回の野田地図は、野田版火星年代記。野田初のSFとうたっているけれど、まあ他の野田作品とそんなに変わんないわな。

以降あんまネタバレしてないけど冗長なので畳みマス。

続きを読む "野田地図「パイパー」感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

のだめ映画続報

のだめカンタービレ THE MOVIE Ⅰ& Ⅱ(仮)

『のだめカンタービレ』 待望の映画化決定! あの“のだめと千秋”にまた会える!! テレビサイズでは描ききれなかったスケール感、そしてオーケストラの生演奏さながらの大迫力演奏シーンを、 今度はぜひとも映画館で!

「描いていないエピソードの中には、これまで以上に華やかでスケールの大きなものが残っていますし」「制作部隊は、現在ヨーロッパ各国をロケハン中。実はこの話を聞いた日も、若松プロデューサーは、12日間で8カ国のクラシックホールを巡る、過酷なスケジュールでのロケハンから帰国したばかり。」という一文を読み、根拠はまったくありませんが、クライマックスの英バービカン・ホールでのロンドン響とシュトレーゼマン、のだめの共演はあるなと思いましたよ。叶えられない夢はないんだなあ。がんばれー若松P!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一年の計は

ほほほ、けっきょく正月休みはだらだらしちゃったよ~。決意も無く覚悟も無く道理もなく、己の欲望のままに過ごしましたよごめんなさいアンスパさん(@グレンラガン)。

今年の抱負は…「太らない」「酒のまない」「英語やる」「ピアノやる」「リストラされない」。どれも結構難物。夫には「庭にダリウス・サボニウスl型風車を作る」を課しておきました。まわるやつね。好きなんだーダリウス・サボニウス型風車発電機。

お正月にうっかり観ちゃった福家警部補の挨拶 ~オッカムの剃刀~

なるしーみたさに最後まで見ちゃったけど。こーゆー演出はクドカンとか三木さんとか堤さんにまかせときゃいいのにさ~。三谷さんを見習ってコロンボリスペクトで通せばよかったのに~永作ちゃんはかわいくって萌え。きたろうさんがやせちゃって心配。

あと、今年の大河は腐女子大河ですね。わかります。北村さんと阿部ちゃんが濃ゆくって抱き枕にしたいくらい良い。

090104_214434

今とった写メ。うたた寝する夫の膝の上で寝るねこまる。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

自堕落マックス

あ~食べた食べた飲んだ飲んだ。イマシメに三が日に食べたもの飲んだものを書いておこう。朝ごはんは食べる習慣がないのでコーヒーだけです。

1月1日(水)

昼 : 実家にてご馳走 :お寿司とお刺身どっさり。浦霞五合
夜 : 黒豆、海老の鬼殻焼き(実家から強奪した御節 )。かにすき(大晦日に夫実家から届く。おなかいっぱいなので具はかにだけ。めっちゃ甘くてうまい~)。ワイン1本(750ml)

1月2日(木)

昼 : お雑煮(鴨、蕪、蒲鉾、三つ葉、お餅1つ)、焼餅(イクラ、海苔)、八海山ニ合
おやつ:くりまんじゅう(実家から強奪したお菓子 )
夜 : 筍、百合根、蓮根、つくね団子(実家から強奪した御節 )。ワイン500ml、ジンソーダ3杯

1月3日(金)

おめざ:花びら餅(実家から強奪したお菓子 )
昼 : けんちん雑煮(御節の煮物を細切れにして鴨肉と煮込んだあんどお餅1つ)、ワイン250ml
夜 : カレー(お歳暮にもらった岡山和牛カレー、げきうま)、おさしみ、ビール500ml

もう食べれません~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

荒川ロックゲート

元旦は恒例私の東京下町の実家詣で。ご馳走食べて、お餅とおせちとお米を強奪。帰りに近くの荒川ロックゲートを見学。水位のちがう荒川と旧中川間で船が航行できるように設けられた水位調節のためのロックゲート(=閘門)。

このロックは運河の国英国では良く見られ、一般のひとでも気軽に利用している。私の育った東京下町も実はたくさんの水路が走る運河の街で、水門やロックゲートが多く存在するということについ最近気がついたのだ。

てなわけで荒川ロックゲート。むちゃくちゃかっこいい~。動いてるところみたい~。このゲートは一般の人でも気軽に利用できるんだって!マイ船で通りたい~。

Img_2866

Img_2857


Img_2855

おまけ

年賀状の返事をかこうとPC(夫の)に座ったらねこまるがじゃましてかけない。夫のPCのOfficeは2007なので使い方が全然わからない(私のは2003)よう(;-;)

Img_2898

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年観劇予定と感想

  1. 1/10(土) 野田地図「バイパー」@Bunkamura シアターコクーン(☆☆☆) 感想
  2. 1/17(土) 「冬の絵空」@世田谷パブリックシアター (☆) 感想
  3. 1/25(日) 古田新太inリチャード三世@赤坂ACTシアター(☆☆)感想
  4. 3/15(日) 古田新太in蜉蝣峠@赤坂ACTシアター(☆☆☆☆)
  5. 感想
  6. 3/20(金) 古田新太in蜉蝣峠@赤坂ACTシアター(☆☆☆☆)感想
  7. 4/12(日) 古田新太in蜉蝣峠@赤坂ACTシアター(☆☆☆☆)感想
  8. 5/6(水) シティボーイズミックス「そこで黄金のキッス」@新国立劇場 中劇場(☆☆☆☆) 感想
  9. 10/9(金) 劇団☆新感線2009秋興行 蛮幽鬼 @ 新橋演舞場(☆☆☆)感想

| | コメント (0) | トラックバック (0)

謹賀新年

あけましておめでとうございます。旧年中は辺境のブログにお越しいただき、まことにありがとうございました。

観劇記録だったりのだめ感想だったり、はたまた外資系IT会社に勤務するへっぽこ会社員顛末記だったり、ねこまる日記だったり、要するにポリシー無き雑記ブログです。今年も昨年同様ぬる~くゆる~く続けていく所存ですので、どうぞよろしくおねがいいたします。

2009年元旦 nya拝

2009


| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »