« つれづれアドベント | トップページ | 祝伊藤悠先生新連載 »

Accelerated Seasonal Greetings

クリスマスアーンドイブが平日なので前倒しで…って、天皇誕生日やん!

朝、ネットでUK Newsを見ていた夫が、UK Chartの話題をだして「1位は、Alexandra Burke のHallelujahなんだね。クリスマスらしいな」と言った。英ITVのオーディション番組「X Factor」で2008 Winnerとなったパンチ効いたおねーさんAlexのデビューシングルは、超有名曲Leonard Cohenの「Hallelujah」のカバーで発売即1位。

X Faxtorのサイトでミュージックビデオが見れます。AlexねーさんWinnerへの道編。

というわけで実は仏教徒のCohen先生オリジナルのHallelujahから。嘘訳はnya。

You say I took the name in vain
I don't even know the name
But if I did, well really, what's it to you?
There's a blaze of light
In every word
It doesn't matter which you heard
The holy or the broken Hallelujah

Hallelujah, Hallelujah
Hallelujah, Hallelujah

あなたは私がみだりに御名を唱えるという
その真名すら知らないのにと
しかし、たとえそうであったとしても、実際、それが神にとって何ほどのことであろう
すべての言葉には
強く激しい輝きがある
歓喜に満ちたハレルヤか
失意に沈むハレルヤか
どちらを神が聞いたとしても
それにはたいした違いは無いのだ

ハレルヤ 主を讃えよ

クリスマス恒例 NORAD TRACKS SANTA (まだオープン前) 今年はGoogle Earthとタイアップよ。

クリスマスディナーは毎度恒例

フォアグラのソテー風呂吹き大根のせバルサミコソース。風呂吹き大根はnya作。外はカリカリで中はとろとろのフォアグラでらうま。昆布だしで炊いたうす味の大根とよく合うのだ!シャンパンはドンペリ。

Pc223841

フランス鴨「フィレドカナール」のローストマスタードソース。フライパンで皮目をこんがり焼いたら後はオーブンに放り込んで。盛り付けが致命的に下手。夫はうまくできたと自己満足げだけどちょっと焼きすぎだと思う。肉厚にスライスした身はやわらかくて本当に美味しいんだ!

Pc223837

ご近所の名店「ベルグの4月」の大好きな塩チョコケーキ「カマルグ」。 今年はちっちゃいので。

Pc223848

|

« つれづれアドベント | トップページ | 祝伊藤悠先生新連載 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

はじめまして! Londonでいつも楽しく読ませていただいています。
X Factorも子供に馬鹿にされながらも見て、感動したりして・・・
日本では田園都市線沿線に住み、仕事に追われていたこと。舞台やのだめをはじめとした話など好きなことの共通点も多くて、本当に楽しませていただいています。
nyaさんのクリスマスディナー、おいしそう! 
しかもケーキが・・・あぁ、日本のケーキが食べたい!


投稿: kyo | 2008.12.27 11:50

kyoさん、はじめまして!

こんな辺境のブログにようこそお越しくださいました!

Londonからのお越しをありがとうございます!いまの季節の英国は寒くて日が短くて(地方では雪が降ってましたね!)、でも豊穣のクリスマスシーズン!ですねえ。どうぞご家族の皆様ともどもお体おいといくださいませ。行きたいなあLondon(;-;)


「X Factor」私も大好きです。今年はAlexねーさんガチだと思っていたので優勝して嬉しかったです(歌唱力は途中敗退したLauraちゃんの方がすごいと思ったのですが)。

日本ではお近くにお住まいだったのですね!そしてのだめや演劇など共通点も多いなんてとても嬉しいです。ぜひいろいろお話したいです~。

これからも是非いらしてくださいね!ではでは~。

投稿: nya | 2008.12.27 13:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33364/43501767

この記事へのトラックバック一覧です: Accelerated Seasonal Greetings :

« つれづれアドベント | トップページ | 祝伊藤悠先生新連載 »