« 10月の楽しい催し | トップページ | 近代英国122年史(New Hovis Ad) »

グローバル社会に生きる(おおげさ)

外資系の会社員やって20年。いろいろな国の人とお仕事をしてきたよ。いまだってボスのボスは米国人だしね。最近はそれにくわえて社内のさまざまな部門がまるまる海外にアウトソースされてたりするのだ。BRICsはもとより、他の国もいろいろ。そんなスタッフと毎日ふつうに仕事してるけど、時折文化の違いを感じることもあるよ。

先だって、あるひとにお仕事で連絡しようと思って現地時間のあさいちに電話をかけたら、誰も電話とらないのだ。おっかしーなーと思って周囲の人に聞いたら、「あ、あの国はラマダンの時は1時間出社が遅くなるんだ~」だって。うーむもうクリスマスやサンクスギビング、春節やサマータイムはカレンダーのデフォのイベントだけど、これからはラマダンもいれとかないとねえ。大変だけど面白いよね。

|

« 10月の楽しい催し | トップページ | 近代英国122年史(New Hovis Ad) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33364/42603405

この記事へのトラックバック一覧です: グローバル社会に生きる(おおげさ):

» ラマダンの実話 - Ramadan - [日本→アメリカ→アルゼンチン→ガーナで生活!日本ーベネズエラの超遠距離国際恋愛を乗り越えて結婚したプリンセスアリス♪の海外生活日記]
こんにちは♪ 今日は仕事が休みです(泣) 気晴らしに仕事を思いっきししたい気分なんですけどねぇ。。。 ヨルダン移住はまだ決心が出来ていません。 そう簡単にできることじゃないですしね。 まあ、今月中には結論を出します。 9月3日の日記にも書....... [続きを読む]

受信: 2008.09.27 03:47

« 10月の楽しい催し | トップページ | 近代英国122年史(New Hovis Ad) »