« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

往夏来秋

ああ、気が付くと2008年の夏も暮れていくねえ。8月後半の冷夏といまも続くゲリラ豪雨には本当に泣かされ、かつ地球温暖化の影響の早さ恐ろしさに震感したけど、まあ生きてかなきゃいけない人類ってことで(意味不明)。

昨日は(詳細は省く。ものすごい尾篭なので)、ひどい自家中毒に悩まされ1日の大半をトイレとバスルームで過ごす。両方えらいことになってしまい、文句をいわず掃除をしてくれた夫ありがとう。夜半に症状も収まり、お風呂であったまってきれいになってベッドに横になりしみじみと自分の不摂生について考えてしまったよ。でも酒はやめられないんだよなあ。とはいえ、規則正しい食生活と適度な運動を心がけないと、このままでは老後に夫に迷惑をかけることになってしまうなあ。

てなわけで、明けて日曜日、夫は役員をしている町内会の防災訓練にでかけてしまった。私は気の抜けたようにソファにでろれんとなってます。外はセミがうるさいなあ。微熱37.5度。クーラーが気持ちよい。

私はブログで身近な人の悪口をいうのは好きじゃないなあ。つい言ってしまいたくなる気持ちはわかるんだけど、あまり特定の人に対するネガティブな感情を吐き出されても、周囲は対応に困るじゃない。共感を得たくて書いているのはわかるんだけど、負の感情に共感されてもねえ。そんなチラ裏はこころの復讐ノートに書くだけで十分だと思うんだけどなあ。とまあこれは自戒もこめて。

仕事に関してはあらゆる意味で猛省中。私に欠けているのはやっぱり俯瞰の視点だ。どうすれば組織のパフォーマンスを良くすることができるのか。みんなが気持ちよく働くことができるのか。それがひいてはお客様に質の高いサービスを提供し、ステイクホルダーに満足の行く業績を示すことができる。忙しさにかまけて、逃げて本質を見失わないようにしなくちゃね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょびっと反省

うちは夫がほぼ専業主夫なので、お財布代わりに私のアメックスプラチナの家族カード渡して、好きに使ってもらってる。まあ彼も自分の小遣いくらいは稼いでる(よね?)んで、その用途はほぼ日常のお買い物。近所のスーパーマーケットが多い。成城石井とか東急ストアとかね。

従ってその請求額も知れたもんなんだけど、どうもこの数ヶ月請求額が増えている。先日問いただしてみたら「増えたぶんは全部お前の酒代だ!」って逆に説教されたよ…orz。この夏はビールとかワインとかジンとか飲みまくったもんなあ。反省反省。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

演劇情報

忙しい。死ぬほど忙しいのだ。昨日は朝9時から夕方5時までお昼時間帯含めて切れ目無く会議やレビュー続きで飲まず食わずトイレにもいけずに死ぬかと思った。夕方、カフェテリアでデニッシュとコーヒー買って席に戻ってやっと本日初のご飯~と食べようとしたら、同僚に声をかけられる。そのまま仕事の話をしてたら、待ち行列ができてしまい、「とりあえずトイレにいかせてくれ~」と恥も外聞もなく叫んだよ。尾篭な話で御免。

とまあ仕事の愚痴はおいておいて、演劇関係にうす。

■古ちんリチャⅢ続報

古田新太がシェークスピア作品に初主演

をを悲劇の王妃アン役は安田成美さんかあ。

■じゅんさん粟根さん出演、忠臣蔵劇「冬の絵空」のチラ写真。

大石内蔵助がじゅんさんで吉良上野介が粟根さんかあ。プレミアムシートチケ確保しておいて本当に良かったあ。

■大阪でもらったチラで気になったクドカンウーマンリブの「七人は僕の恋人」。

なるしかよっ!ウーマンリブの下品でぬる~いゆる~い世界にぴったりだよっ!これは2005年「七人の恋人」の女版なんだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祭りのあと

頭の中をぐるぐると、アヤシい南蛮商人コンビが踊りまくっております。「死の商人~」「……と王子!」あ、孤高の王子もね!森山君かっこよかったなあ。

千秋楽記事。まじで10万人動員したのかあ。大楽に細川ダンディ社長がいらしてたけど、笑顔だったもんなあ。良かったねえ。

「五右衛門ロック」完全燃焼!

記事写真は、伝説になるであろう四人見得!左から森山カルマ王子、古ちん五右衛門、松雪お竜、江口左門字、
かっこよかったなあ。はやくDVDにならないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「五右衛門ロック」大千秋楽感想だよっ!

まず、日曜の新幹線。スタッフ、出演者の方々を含めて、東京着が月曜未明となった方々にお見舞い申し上げます。熱海~小田原間がまた運転取りやめになっていたとは~。家に帰ってニュース見て吃驚したよ!

さてさて大阪に遠征するのは、2006年7月の「メタル・マクベス」大千秋楽以来、2年ぶりだなあ。新感線稀代の看板役者古ちん主演のベタな音楽活劇はもうなんだかめちゃめちゃ面白くって大ハマリ。楽しいお祭りの打ち上げを目に焼き付けておこうと、チケットなんとか手に入れて、新幹線の予約もして万全の準備で大千秋楽にのぞんだのさ。

続きを読む "「五右衛門ロック」大千秋楽感想だよっ!"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

新感線新作情報「リチャード三世」「蜉蝣峠」

さて「五右衛門ロック」の大千秋楽で、気になるチラシがいくつかあったよ。

まず古田新太俳優生活25周年と銘打って2発連発!

■INOUE☆SHAKESPEARE
古田新太inリチャード三世
作/ウィリアム・シェイクスピア 演出/いのうえひでのり
大阪公演 2008年12月 シアターBRAVA!
東京公演 2009年1月 赤坂ACTシアター

■INOUE-KABUKI☆
古田新太in蜉蝣峠
作/宮藤官九郎  演出/いのうえひでのり
東京公演 2009年3月 赤坂ACTシアター
大阪公演 2009年4月 梅田芸術劇場

うわあすげえ、古ちん2連発@ACT。こりゃあ事件だ。見にいかなくっちゃあ。悪の魅力のピカレスクロマン、リチャート三世とめちゃくちゃかっこいいだろうなあクドカン歌舞伎!そろそろ羽野ぴゃも復帰じゃねーの?

でも12~1月にかけては、じゅんさん粟根さんアクションクラブの前田さん武田さんは忠臣蔵「冬の絵空」にでてるんだよねえ。もろかぶり。どんな座組になるのかなあ。でもやっぱり新感線の中央にはかっちりと古ちんがはまるんだよな。しかもかずきさんをはずしてきたからな。どんな絡め手でくるのやら。お手並み拝見だねいのうえさん!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「五右衛門ロック」遠征記改め帰路東海道新幹線遅れ記

てなわけで五右衛門ロック大千秋楽目指して、東海地方の大雨に不安を覚えつつのぞみで西進中。

それにしてもe-Mobileすごいねえ。ぜんぜん切れないや(のぞくトンネル)。快適に仕事してマス。

080824_0915212_2

朝ごはんは崎陽軒のポケットシュウマイ。ビール飲みたいけど寝ちゃうのが怖いしコーヒーで我慢(そういう問題ではありません)。ボケボケご容赦。

11:30 もう着いちゃった。ノー遅延。大阪暑いです。

12:20 会場着。当日券の列。厚生年金会館前の公園でたむろる人々は、メタマクの時と同じだなあ。

17:30 終わった~、もう帰りの新幹線の中~(はやっ!)。楽しかった~遊んだ遊んだ。さっきまで小田原~熱海間で大雨のため運転見合わせとなってたんだけど、それも再開したみたい。

080824_1730262

大阪帰りの新幹線定番。柿の葉寿司とビールはやめられませ~ん。

19:30 本来の到着時刻なんだけど、まだ熱海~。車内放送によるとこの列車と東京の間にあと20本の列車がはさまってるんだって。てなわけでとまったりすすんだりののろのろ運転。あと1時間くらいはかかりそうかな。これを見越して毛布も確保したし、座席は最後部なのでフルリクライニングでゆったりできるし、骨休めだと思ってのんびり帰ろう~。しかし窓の外は滝雨だ。車内販売で二本目のビール買った(ダメ人間)。柿の葉寿司9個入り買っておいてよかった~。まじうまい!

080824_1944112

熱海駅。別にドアはあかないけど止まってる。東海道新幹線でトラぶるのははじめて。得がたい体験だ。これが出張で後に会議がつかえてるとかだったらこんなに余裕こいてられないけどね。

080824_1959592

ヒマなので、グリーン車備え付けJRビジネス誌WEDGEを読む。をーい、どこがリニューアルしたんだ~。「こんな農協はいらいない」とかややタカ派記事が増えたとか?イメージまったく変わらず。仕事しよ。

080824_2016442

20:00 大雨の小田原駅。ノーパソのバッテリーあと2時間。車内放送で、新横浜到着予定時刻は20:55といってるな。

20:45 新横浜着 70分の遅延。行きじゃなくて本当に良かった~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

市民権?

ああ、最近朝晩涼しくて嬉しいな。昼間は暑くてもいいんだけど、夜が涼しいと本当にありがたい。

過日、オフィスでレイアウトチェンジがあったのさ。会社は基本フリーアドレスなんだけど、今は内勤の部門なので固定席なのね。で、席の周りのメンツもちょいと変わった。お向かいの席は隣の課の30代男性。ちょっと太め(人のことはいえん)なんだけど、気さくで明るいおにーさん。長身なのでくまさんみたい。お茶目だけど仕事は真面目で好感触。その課の人たちも皆明るく楽しくて、いい席になったなあと喜んでたのさ。

さて先週の金曜日、その人がお休みしていたの。お盆時だから当然と思って、何気に同じ課の人に「○○さんは今日から夏休みですか?」って聞いたのさ。40代のこれは壮年男性の同僚。彼の返答に私は耳を疑った。だって「ああ、○○さんは今日はコミケ」って言ったんだよ。「はい?」私は思わず聞き返した。

そしたら通りかかった彼の上司も加わってなんだかアレな会話がはじまった。

「○○さん、夏コミにも参加かあ。で今回は作るほう?」「いや、今回は行くだけだって」「この間、エスカレーター事故があったし、人も多いんだろう?怪我しないといいけどなあ」「いやあ、コミケはさすがに何十万人も来るみたいで、あのエスカレーター止めるみたいだし大丈夫でしょう」「いい買い物ができるといいねえ」「そうだねえ。俺にはわからんけどねえ」

私は目の前で繰り広げられる和やかかつヲタな会話にただただあっけにとられていたよ。言っとくがその会話は、その人の上司の40代と50代の壮年男性のものなんだよ。彼のオープンな人柄もあるんだろうけど、ヲタもすっかり市民権を得たのかなあ。嬉しいやら面映いやら。

ちなみに私はコミケは産業会館と晴海の時代にそれぞれ一度ずついったことがあるだけだよ。若気の至りだったなあ。いわゆるアニメや漫画など一般的なヲタからはだいぶ遠のいてしまった(ボーダーにいるけどね)私だけど、会社では、演劇と英国ヲタを公言してます。これも近くの席の女の子に、この間コマ劇で目撃されてしまった。その人も演劇好きであることが判明して、演劇話に花が咲いてしまったよ。嬉しいねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

辺境のブログにようこそ

2004年5月にブログを開始し、しばらくたってカウンターを設置しました。当初は数日におひとりきていただけるかというご訪問者数だったのですが、いつの間にか100万を超えておりました。

日々のよしなしごとを中心に、心の赴くままに、演劇や英国、その時々にはまったコンテンツの感想を綴っております。ブログを読んでいただける方、コメントをいただける方には本当に感謝しております。私の宝物です。

これからもネットの片隅で、ささやかにぬる~くゆる~く地味に続けていけたら良いなあと思っております。多謝。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

つれづれにゃんこ v2.0

■暑いですなあ。もはや家のクーラーは室温28度固定で常時稼動。これ以上下げると喉に来る。これ以上あげると暑くていられない。あー不経済でECOじゃないよなあ。

■お盆時の電車はすいてていいね。今週は夏期休暇奨励期間中で、いつもよりは仕事は混んでいない。まあそれでもぱらぱらと仕事は来るし、こんなときこそ普段はおっつかない、データ分析とか今後の仕事のプランをたてなきゃね。英語の勉強もしなくちゃあ。なかなかできませんが。

■いつものごとくひねくれ夫は「俺はオリンピックなんかみないぞ~、テレビ中継はうるさいから消せ!」って怒るんだけど、なんだかんだいって一緒に見てるし、雑学の鬼なので日ごろなじみがない競技の解説もしてくれるのがありがたい。フェンシングすごかった~。太田選手銀メダルおめでとうございます! 数日前にテレビで見て、従来知っていた豆球点灯のウェア(古い)じゃなくって、なんだかワイヤレスでLEDでサイバーになってて「なにこれ!」って騒いだら、夫がいろいろ解説してくれた。

■業界騒然、筒井御大のラノベ「ビアンカ・オーバースタディー」を読んだよん。わはははは。下品な時をかける少女って感じ?面白いー。でもこれのどこがラノベ?いつもの筒井作品だよねえ。のいぢー先生のイラストはかわいいよん。

■グレンラガンDVD全巻購入特典の画集も届いたよう。巻頭サインは今石監督、かずきさん、吉成先生、錦織先生だっ!錦織先生のDVDカバーと吉成先生のボックスアート、アニメ誌アートに各界アーティストによるガイナさんトップ絵!個人的には雷句先生のウェディングに涙!既出イラストばかりだって文句はいわないけどさ、でもひとこと。なんで今石監督の男たちの挽歌絵を載せなかったんだよ~。あれ大好きなのに!あ、別の画集とかにいれるのなら大歓迎。絶対買うよ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「のだめカンタービレ」21巻感想

若く美しく生命力に溢れた少女は、その身の内に天才という怪物を宿している。才能に溢れた青年に恋をして、彼に並び立つため、闇雲にその天才性を爆発させ、彼の後を追いかけた。

純情で傲慢で恐れを知らぬ彼女 - 曇りの無いその瞳は、しかし彼の背中しか映してはいない。彼の背中にたどり着いたその先を彼女は想像しない。

そして絶望が訪れる -

***差し込み情報(2009/3情報追記

3/10発売のKiss誌上にてのだめ22巻の情報がでましたヨ!2009年8月10日(月)発売とのこと。DVD(OAD)特典付きは完全予約生産で6/11までの予約だそうです。

**

例によって私の感想はネタバレには躊躇がありませんのでご注意くださいませ~。 

続きを読む "「のだめカンタービレ」21巻感想"

| | コメント (10) | トラックバック (1)

二ノ宮先生おめでとうございます

おお~、妊娠8ヶ月とは! 水面下ではいろいろ囁かれておりましたが、そのお体で月いちのだめ連載を続けられていたプロ根性に脱帽です。ほんとうにありがとうございます。臨月の10月までは連載されその後は休載とのこと。健やかなご出産をお祈りいたします~。ま、連載はあとは大団円までまっしぐらでしょうから気長にお待ちしますよん。

てなわけで21巻の感想書き中ですが、おめでたいお知らせについ浮かれました~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

のだめ CD BOOK Vol3.

8/11と聞いていましたが、8/9発売だったのですな。amazonから本日届きました。

続きを読む "のだめ CD BOOK Vol3."

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「のだめカンタービレ」感想 Lesson 126

遂にのだめが世に知られるときが来た!衝撃のデビューまでカウントダウン。8/7発行のCREAの二ノ宮先生インタビューによれば、本来の構想では21巻のところ、「ちょっとはみだしちゃった」そうなので、22巻、今回入れてあと5話が妥当な線かな(私の勝手な妄想デスよ)?いま展開されているのは、二ノ宮先生がまさに「ここを目指して描いてきた」ラストエピソード。本当に待ち焦がれていたのだめデビューだね!

今号のKISSの表紙は、カフェでお茶する千秋とのだめ。扉絵は見開きカラーでピアニストのだめ。もひとつクリアファイルはCDブック表紙のフルートのだめ。表紙のだめはかわいらしく、扉のだめはコケティッシュ、クリアファイルのだめはキュートでセクシーとまさにのだめ三昧となっております。幸せだ~。

例によって私の感想はネタバレには躊躇がありませんので、単行本派の方はご注意くださいませ~。あ、それに加えてヘンな断言やら予想やらが入ってますけど、あくまで私の世迷言なんでホンキにしちゃいやですよ~。

続きを読む "「のだめカンタービレ」感想 Lesson 126"

| | コメント (50) | トラックバック (0)

ストリートビュー

Googleマップ日本語版の話題の新機能「ストリートビュー」すげー。自宅とか駐車場にとめたマイカーとか実家とか鮮明。こえー。まあ表札やナンバーなどぼかしてあってプライバシー的にはぎりぎりセーフなのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

備忘録ブラム学園

「ブラム学園! アンドソーオン 弐瓶勉作品集」は9/11発売だよ!講談社サイトより

何気にnya家には弐瓶作品が全作そろっております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近読んだ本

さいきん、本力(ほんぢから)がめっきり落ちてしまい、紙の本を読む機会がすごく減ってしまいました。今日めずらしくまとめて読んだので記録。

■「おそろし」宮部みゆき

いやーやっぱりミヤベさんの時代劇は読み応えがあっていいなあ。連作がひとつの大きな物語となってクライマックスの解放につながるドライブ感は健在。続きがあるのかな。業を背負ったヒロインおちかちゃん物語はまだまだ読みたいところだねえ。

■「いっちばん」 畠中恵

病弱若だんなシリーズ最新刊はさすがの安定感でどれもこれも楽しく読めた。天狗と管狐の友情が可愛らしい「天狗の使い魔」が好き。

■「荒川アンダーザブリッジ」 中村光

聖☆おにいさん」を読んでその巧みさに感心し、一気に7巻大人買い。なにこの傑出した才能と絵の上手さ。このカオスな状況でニノとリクが真面目に愛を育んでいるのに感心。 ただ、この作風が私の好みに会うかというとちょっとビミョー。とりあえず垣間見えてきた完結は見届けようと決意。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

ひさびさに丸天

伊豆の帰り道、沼津漁港の「丸天」に行ったよ。

ここは新鮮で美味しくって盛りも豪快で最高なお店で、学生時代からずっと通っている。もう私たちは年をとってしまってたくさん食べられないので、二人で定食ひとつをシェアしておなかいっぱい。それでもおいしい~。

Imgp0604

お刺身定食(ご飯とお味噌汁とおしんこつき)。めちゃくちゃ新鮮でおいしいよ!

Imgp0608

かに味噌汁はあまくてコクがある。

Imgp0648

おみやげも充実

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »