« ぐれらがつれづれ8.0 | トップページ | 「のだめカンタービレ」感想 Lesson 122 »

つれづれにゃるままに11.1

■鹿男最終回やっと見たよ~。いや~良かったな重さん…じゃあなくって堀田イトちゃん!あのシーンは本当に原作のイメージどおりだった。イトちゃんはどんどん可愛くなっていってすごかった。ラストの切ない表情に胸キュンだったよ!

原作をリスペクトした丁寧な脚本、美しい奈良の風景、達者でクセのある登場人物、山ちゃん鹿に戸田さん鼠と好みのガジェットばっかりで文句はないんだけど、私自身としては、最後まで藤原君の立ち位置に慣れなくって乗り切れなかったのが寂しかった。や~綾瀬はるかちゃんは本当にかわいかったんだけどね。私の中での藤原君はやっぱりアリキリ石井さんなんで(でてたけどさ)。

しかしそれを補って余りあるのが、瑞々しく凛々しいイトちゃんの好演と飄々とした重さんのステキっぷりだ。やー玉木小川先生と佐々木重さんが並んでると、ダントツで重さんのほうがいい男に見えるんだわ。これってもちろん玉木くんがイケメン封印演技してるのもあるんだけどね!

そして、まさかのリチャード落ち!キュート~、ラブリ~。この作品は、活字中毒者で原作愛好者で本当にこの役を楽しんで演じていた児玉さんに捧げるってことでひとつ。や、サントラCDも買ったし愛してますよ~。
次ドラマのラストフレンズは瑛太くん樹里ちゃんあさみちゃんがでるんだねえ。どんなのだめ枠なんだよ!

■ドラマといえば、CSのスーパードラマTVで放送されていた「HEROES」の第一シーズンはちゃんと観た。いやー、落ち(大ピンチ!)には笑った。そうきたかあ。でもドラマ自体は骨太でまじめに作っていて見ごたえあった。

ヒロ君は当然良かったけど、お友達のアンドウ君の友情に涙した。コリアン系の役者さんだけどちゃんと日本語しゃべってて偉いなあ。あ、もちろんヒロパパ役のジョージ・タケイさんもね!ま、二人ともたどたどしいのはご愛嬌。ネイティブ・ジャパニーズのマシ・オカ君がちゃんと監修したため、台詞の意味も的確で良い時代になったなあ

第二シーズンも放送するのかなあ。楽しみだ。(サイラー生きてるってホント?)

■劇団☆新感線の夏芝居「五右衛門ロック」は、とりあえずFC先行で2日は押さえたけど千秋楽は見事に外れた。まあこれから各種先行が走るので、何とかあと一日は押さえときたいなあ。そしてe+のいのうえさんメッセージ「"ちゃんと面白い"新感線版『パイレーツ・オブ・カリビアン』」ですってよ。ちきしょう、やっぱ「IZO」は確信犯だったんだないのうえさん。


|

« ぐれらがつれづれ8.0 | トップページ | 「のだめカンタービレ」感想 Lesson 122 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

nyaさん こんにちは お休みのんびりされてますか?

私も、事業主(一応)なので年度末は忙しいです。休みがあると仕事が前に進まず、他の日への皺寄せがきついとおっしゃるnyaさんの心境よくわかります。nyaさんの後輩たちへの思いも共感させていただいてます。組織から脱出(脱落?)して、もう15年になりますが、その頃の後輩は立派になっています。

クラーク、読まれてましたか。私も中学校の頃~高校にかけて、学校の図書館で文庫(早川文庫だったかな?)借りて読み漁りました。なつかしいです。

鹿男終わりましたね。私も藤原君を思わず探して?いました。原作読んでなければ、あれはあれでいいんでしょうけど。

HEROES私も見ました。いつ、第2シーズン放映してくれるか楽しみですよね。Super DramaTVにはお世話になってます(Star Trekファンなので)。アメリカのTV番組は本当に良く作られているものが多いので、ついついはまってしまいます。

あさってはのだめL122発売日ですね。楽しみです。それでは残りの週末をお楽しみください。

投稿: wako | 2008.03.23 16:44

こちらはイースターでまったりすごしてます。
鹿男の最後、すっごくよかった!
中途半端なところとか一切なくて、すっきり。

そして、イトちゃんのお手紙を読むところでは、もらい泣きでした。「先生だったらまぁいいかなと思います」「かりんとうとラブラブ」って、好きだったんですね。藤原先生の気持ちも分かってるから精一杯の強がり書いて・・・。

こんな有り得ない話に、ここまではまれるとは思いませんでしたが、映像もきれいだし、DVD出たら買おうと思ってます!(きちんと作ってるものにお金払いたいので・・・今のままでは罪悪感が・・・。)

原作は今、母が読んでるのでそのうちこちらに送ってもらう予定で~す・・・はやく「のだめ」も送ってもらいたいのですが・・・。

それにしても、視聴率ってあまり当てにならないのでしょうか。満足度ではダントツの1位みたいです、今のところ。URLを名前のところに入れておきます!

投稿: みちえ | 2008.03.23 19:07

sunwakoさん、コメントありがとうございます~。
お気遣いありがとうございます。ながら仕事をしながらも、まったりの週末でございます。

クラーク作品は、私も学生時代に読みふけりました。家の創元推理文庫の「地球幼年期の終わり」の奥付は1978年とあります。驚きは30年たっても変わりません。

のだめのL112も明後日ですね~。連載期間中は日のたつのがはやいはやい。そして定期休載の1ヶ月半はとても長く感じるのですよ~。のだめマジック!

ではでは、またいらしてくださいね~。

sunみちえさん、コメントありがとうございます~。

欧州に春を告げるイースター休暇の到来ですね!これからどんどん日が長くなって、一年で一番美しい季節(と私は思っているのですが)がやってきますね~。

おお、みちえさんも鹿男をご覧になっていたのですね。イトちゃんの淡い恋心はかわいらしかったですねえ。イトちゃんを演じる多部未華子ちゃんは本当にはまり役で小説から抜け出たようでした。

あれ見ると奈良に行きたくなってしまいますよね~朱雀門!

視聴率的には振るわなかったようですが、私も満足の一品です。

ではではまたいらしてくださいね~。

投稿: nya | 2008.03.23 20:26

こんばんは、ご無沙汰しております。
「五右衛門ロック」、ワタクシも先行でチケット確保出来ました♪
秋のグレンラガンの映画と共に、目の前の人参として仕事頑張ろうと思っております。
nyaさんもお忙しそうですが、どうぞお身体大事になさって下さいませ!

投稿: | 2008.03.24 00:58

恵さん、ご無沙汰しております!コメントありがとうございます!

おお、恵さんも無事五右衛門チケ確保されたのですね!これで安心して7月を迎えることができます。高い(っすよね~12,500円X?回)チケ代を稼ぐためにもそして、グレラガもまだまだコンテンツに投資しそうですし、がんばってお仕事いたしましょう!

ではでは、恵さんもお体おいといください!またいらしてくださいね!


投稿: nya | 2008.03.24 06:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33364/40604182

この記事へのトラックバック一覧です: つれづれにゃるままに11.1:

« ぐれらがつれづれ8.0 | トップページ | 「のだめカンタービレ」感想 Lesson 122 »