« 風邪だったよ | トップページ | 提灯鮟鱇のような »

つれづれにゃるままに9.0

年明け早々、雑談ばっかりだなあ。

■いろいろ物議をかもしているアニメ「ヤッターマン」。主題歌にさしたる感想無し(風邪で寝ていたら夫にたたき起こされて冒頭だけ視聴)。もとアニメ再放送すればいいじゃんという某先生にはまるっきり同感。実写は生瀬さんボヤッキーに爆笑。ぴったりじゃん。衣装は団吾さんなんだって。新感線風キワドイ悪の女幹部コスチューム(これが聖子さんや羽野アキちゃんに滅茶苦茶似合うのよ)の深キョンは是非見たい。

■玉木くんの今期主演ドラマ「鹿男あをによし」。巷で「あをによし」という言葉の意味があまり理解されていないことを知って愕然としたのだ。最近の学校では習わないのか?

で、夫に「信じられないよね~、みんな『あをによし』の意味わかんないんだって」と言ったら、夫も「『あをによし』っつったら奈良の枕詞だよな~」と同調した。でも更に夫に「で『あをによし』ってどんな意味、代表的使用例は?」と聞いたら答えられないでやんの。日本関係の知識はめちゃ疎いんだよなあ。『あをに』は、緑に朱で昔の建物の装飾色だよ~。代表例は万葉集の『あをによし奈良の都は咲く花の薫ふがごとく今盛りなり』だよ!

■あ、本編視聴。玉木くんのライバルが手塚とおるさんなのに噴いた。年の差どれくらいだよ!篠井英介さんもでてるよ~と演劇ファン的感想しかないのか~。(あ、白井さんにキムラ緑子さんに蔵之介さんもだ!)ってまだ導入部なので評価は未定。とりあえず来週も見るよリチャード児玉~。や、ほんと児玉清さんてすげー格好いいよね!

■鹿男録画見返して気がついた(遅い)けど小川先生ふる薄情な彼女って山口さやかちゃんだ!う~む、ゆう子に振られる千秋か~。いや玉木くん千秋の面影全く無くて天晴れ役者魂ですが。

■いやあ、録画見直してるけど鹿男おもしろいね!特にEDのアレはくせになるよ~。走る鹿の大群に壮大な音楽はどこの大河ドラマかと思ってしまってヘビロテしてる週末です。堀田イトちゃんは、のた魚に似ててかわうい~。若草山行きて~。(2008/1/19追記)

WEBアニメスタイルの今週のサムシング吉松氏のコラム「メガネを脳内補完」を読んで、ちょっと納得がいった。

アニメ「大江戸ロケット」は原作演劇版と比較して、新感線眼鏡役者粟根さん演じるところの同心赤井さんがとても格好よくフィーチャーされていた。それはまるで「スサノオ-魔性の剣-」のオグナや「髑髏城の七人(97年版)」の蘭兵衛等の美形ヒーロー役の粟根さんにお熱をあげたニワカファンが、続く「大江戸ロケット」の粟根さんが悪役(しかも小物)赤井であったことにフラストして、赤井をヒーローとして創作したファンフィクションのようだったんだ。赤井フィーチャーはウェルカムだけど、粟根ヲタとしての自分の振る舞いを揶揄されているようでちょっと恥ずかしかった。

てなわけで吉松氏、粟根さんは昔から眼鏡無しの役もやってるんで。あー、西遊記再演版素敵だったなあ。あ、もちろんアニメスタッフのニワカぶりを揶揄しているわけじゃないからね。むしろ感謝(でもハズカシイ)

■同じWEBアニメスタイル。ガイナ制作スタッフによる「今こそ語ろう『天元突破グレンラガン』制作秘話!!」第8話 あばよ、ダチ公を読んで、今石監督の言葉に非常に感銘を受けた。以下まるごと引用御免。

今石 中島さんのホンが、まさに感情そのもので書かれているんですよ。…中略…細かいシチュエーションを作って、こうしてああしてこうやったから勝ったんだ、という伝え方じゃなくて、カミナの感情と一体化したから勝った気分になれるんだ、という。多分、劇団☆新感線の芝居は常にそうだろうと思っていたので、それを何とか再現したかったんです。ひたすら見栄を切る瞬間が気持ちいいかどうか、その境地へいかに導けるか、その事だけが目標でした
今石 でも多分、普通に乗っかってもダメなんですよね。本気で乗っからないと。中島さんのホンって、意外な事とか、珍しい事とか、見た事もないような事とかそんなにあるわけじゃないんだけど、でもどういうわけか、ものスゲエ面白い。だからホントに信じて乗っかって、どんどん気持ちを上に乗せていかないと。サラッと流しちゃうと真価を発揮しない危険性を孕んでる。

今石監督、わかってるじゃん!すげーわかってるじゃん!ともうヘッドバンギングのイキオイで頷いた。ほんとうにグレンラガンは産まれるべくして産まれる作品だったんだなあと中島さんmeets今石さんの幸運に胸震える思いだ。

で、こんなドライブ感の上に人間ドラマが産まれるんだよ!わかってよいのうえさんって感じでひとつよろしく(意味不明)

|

« 風邪だったよ | トップページ | 提灯鮟鱇のような »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、恵です。
本日、IZO見に行って参りました。
面白いけど薄い、ってのが非常に納得いたしました。
奥行がない感じ、とでも申しましょうか。ん〜、役者さんが良いだけに、何だかな〜って感じです。
TBもさせていただきましたので、そちらもご報告させていただきます。

>>で、こんなドライブ感の上に人間ドラマが産まれるんだよ!わかってよいのうえさんって感じでひとつよろしく(意味不明)

激しく同意っす!

投稿: | 2008.01.18 00:38

おお、恵さん、コメントありがとうございます!

ほぼ同じ感想ですね~>奥行なし。役者さんがどなたも熱演されていただけにちょっと腑に落ちませんでしたな。

TBありがとうございます!後で伺いますね~。

いのうえさんのパンフでの語りに納得できず、WEBアニメスタイルの今石さんのお言葉に膝を打った私です。

ではでは、またいらしてくださいね!

投稿: nya | 2008.01.18 01:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33364/17729756

この記事へのトラックバック一覧です: つれづれにゃるままに9.0:

« 風邪だったよ | トップページ | 提灯鮟鱇のような »