« つれづれにゃるままに4.0 | トップページ | イベント多し »

晴天の霹靂(たいしたこと無い)

期末の急がしさMAX。昨夜も2時まで仕事。疲労困憊して寝ていたら早朝4時に父からの電話でたたき起こされる。なんと母がひどい腹痛を訴えて病院に搬送されたとのこと。こりゃ大変と始発でかけつける。その年まで病気ひとつしたことのない母だったのでそうとうに動転している。日ごろ泰然自若とした父も悄然としている。

すぐに検査して、その日のうちに手術のはこびとなった。さあ大変。準備とかいろいろして手続きもして同意書にサインもしてるうちに9時が近づきはたと我に帰った。

期末で仕事の予定もぎっしり、その日も朝から夕まで会議が入っている。病院の庭に走り出て(院内は携帯・パソコン禁止)あわてて各方面に電話。カウンターパーソンはそれなりの年でまあいってみれば似た境遇。介護が必要な老齢の親をかかえてるわけで、皆非常に同情し「今日は仕事を忘れて付き添ってやんなさい」といってくれる。取り急ぎ上司を代行としてなんとか対応してもらうことにして、ひと安心して病室に戻ったら今度は母がたいへんに不安がっている(手術は若い頃の盲腸以来なのだ)。実は父は病弱で何度も大病をしているし、体質が父に似た私も気管支だの胃潰瘍だのの手術経験にことかかない。母ひとりが健康な家族なのだった。

父と私ふたりして「大丈夫だよ」「手術して悪いとこ取っちゃえばすぐに良くなるよ」と必死でなぐさめるのであった。

まあ、結論としては手術は成功。母を苦しめていた良性の腫瘍はあっさりとれて、ほっとしたんだけどね。

幸いにして病院が会社と近かった(タクシーで十分!)もので、ときおり会社に戻って仕事しながら、付き添っていたのだー。病室はせっかくの個室(風呂・トイレつき!)でコンセントもあるのにパソコン使用禁止なんだって。

まあ、そんなわけで、10日もすれば退院して全快するだろうとのお医者さんの見通し。ほんとーによかったあ。それよりもその間一人暮らしになっちゃう父が心配。長い一日が終わり、たまりまくった仕事を前に虚脱状態。ま、しばらくは会社と病院と実家の往復だな。

|

« つれづれにゃるままに4.0 | トップページ | イベント多し »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

nyaさん

お疲れさまです。
わぁ、いつも忙しそうなのに。
お母様、良性で良かったですね。
nyaさんも休めるときは休んでくださいね。
瞳孔開きっぱなしにならないか心配です。

LaviのCMを見て元気出して頑張ってくださいね。

それでは〜

投稿: ぎゃば | 2007.09.20 22:44

それはそれは、大変なことで。
お見舞い申し上げます。

うちの会社でも、娘さんが気管支ぜんそくをこじらせて入院しちゃったので、旦那(うちの社員)と奥さん(元社員)が代わる代わる付き添ってるんだそうです。

こればかりは、何かしてあげられると言うわけでもなく、
せめて会社のほうだけは気にせず済むようにフォローしたり、そのことを本人に伝えてあげることしかできないですからね。

でも、看病しているほうに後で疲れがドット出るということもあるので、くれぐれもご自愛ください。

投稿: やすべろ | 2007.09.21 00:50

お疲れ様でした。
お母様の状態もひどくなくて良かったですね。
でも、普段健康だと、不安も大きいのでしょう。
親孝行する良い機会と思って頑張ってくださいね~
でも、無理してnyaさんが倒れたりしませんよう…
お母様のご回復をお祈り申し上げます。

投稿: 俊子 | 2007.09.21 00:52

おお、皆様、お見舞いのコメントをありがとうございます!感謝です~。

何も一番忙しいときに倒れるこたーないのに!とちょびっとウラメしい気持ちになった薄情一人娘のnyaですが、病気は時と場所を選ばないし、一番苦しいのは病人本人で、家族は励まして付き添ってあげるくらいしかできないんだなあと思いました。うーん人生勉強だなあ(遅いって)

ぎゃばさん、お気遣いありがとうございます。

いや病気の知らせを受けたときはちょびっと瞳孔開きかけました。でも私は休んでますよ~。手術中は家族控室で父とぐーぐー寝てました。

LaviのCM観ましたよ。あいかわらず玉木くんはステキな声だなあ樹里ちゃんいなくなって寂しいなあと思いました!

やすべろさん、お見舞いありがとうございます。

会社の人にメールで連絡したら、「実はわたしも母が今入院してて..」とか「義理の父が倒れて、嫁と交代で看病を..」とか高齢の親の病気体験がぞくぞく返信されてきてびっくり。みんなばりばりはたらいてるのにやっぱり親が年とるとたいへんなんだと思いました。

私はぜんぜんダイジョブなんですが、やっぱ80越えてる父が心配です。でも「私は仕事があるからずっと家にいられないけど(薄情)、夫にいってもらおうか?」と申し出たら「ジャマだからいらん」といわれました。とーちゃんひどい。

俊子くん、お見舞いありがとー!

母は手術が終わって麻酔からさめると痛いだの気持ち悪いだの
もう我侭放題でうるさいうるさい(元気)。父とちょびっとあきれましたけど、鎮痛剤を点滴にいれてもらったら、すぐに効いて夕方にはおとなしくなってました~。ひと安心。

父も母も付き添う必要ない、会社いけーとうるさいんですな。まあいまだに実家に顔をだすと。「仕事はちゃんとできているのか。勉強しないとだめだ」とうるさい両親なんで。でも病院と会社が本当に近いので、ちょくちょく顔だそうとは思っております。すでに受付おじさんとなじみに(日に何回も出入りするから)


投稿: nya | 2007.09.21 05:31

大変でしたね。でもお母様が大事なく良かったですね。お互いに老いた父母を持つとは、歳をとりましたなー。私の母も4月に脳梗塞で倒れて半身麻痺です。自宅介護をすることに決め、昨日退院しました。子供3人が父母の家の敷地内におりますし、弟の奥さんは介護市資格あり、妻は管理栄養士、弟と私は自営業という介護にはベストな環境なのが救いです。介護者が疲れた顔しているのが被介護者にとり一番つらいのですから、明るく頑張りましょう!

投稿: Kazz | 2007.09.21 09:24

お母様「たいへんでしたね。
たいしたことなくて良かったです。
nyaさんもこんつめないでくださいね。
遅ればせながらお見舞い申し上げます。

投稿: かをる | 2007.09.21 10:24

お母さん、無事にすんで何よりです^^
孝行したい時には親はなしって言いますし、今のうちに親孝行しなきゃね^^
自分も親孝行したい;;自分のお母さんは今年の1月22日に亡くなりました。
1月3日の孫の誕生日を忘れてたんだけど、自分が教えずに抜け駆けしてプレゼント買って持って行ったら夜に「ありがとう」って電話あって、お母さんは慌てて4日に孫2人を連れて本屋にプレゼントを買いに行きました。
その日に仕事から帰ると、孫が本が好きで座り込んで読んでたって嬉しそうに話してたのが、最後の嬉しそうな顔でした。
10日あたりから具合が悪くなり病院に行っても入院が決まってるのにずっと入院を待たされ、そして22日に通院中の病院で亡くなりました。医者は検査ばかりしてたのに異変に気づかないんだから、明らかな誤診でした。
あの日の朝、水が欲しいって言うからコップに水を汲んであげたのが自分との最後の会話でした。
具合悪くて寝てるから、その日はそっとしとこうと思って「いってきます」も言いませんでした。
もっと親孝行したかった・・・nyaさんは今のうちに、親孝行してくださいね

投稿: くれよん | 2007.09.21 19:50

おお、さらに皆様からのお見舞いコメントに涙目です~。本当にありがとうございます。でも最新のポストに書いたようにもうぜんぜん大丈夫なので..ってうちの母、70越えてるんだけどマジ不死身っすよ怖いっすよ!

Kazzさん、おかえりなさい~あんどコメントありがとう!

そっかーKazzさん兄弟いるもんねー。恵まれた環境とはいえ、自宅介護というのは本当にたいへんだと思います。本当に介護される本人がいちばん大変だなあと思いましたよ~

かをるくん、コメントありがとー!

こんはつめません。つめさせてくれないんですよ~。変わった親を持つとストレートに親孝行もできなくて苦労します(涙)

くれよんさん、コメントありがとうございます

お母様たいへんでしたね。でもくれよんさんのやさしいお心はきっと伝わっていますよ。うちの母も実は先月くらいから胃痛や頻尿を訴えていて、病院で胃カメラ飲んだりいろいろ検査してたりしたのです。でもぜんぜん異常が発見されなくて、今回担ぎ込まれた病院ではじめてその原因がわかったのでした。

かかりつけの医院も今回入院した大病院もほんとうに良くしてくれて私は感謝の一方ですが、いまの医学ではどうにもならないことやめぐり合わせってあるんだなと思っています。

せいぜい親孝行したいんだけど...サセテクレナイ。

投稿: nya | 2007.09.21 23:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33364/16514409

この記事へのトラックバック一覧です: 晴天の霹靂(たいしたこと無い):

« つれづれにゃるままに4.0 | トップページ | イベント多し »