« ネパール・デー@日比谷公園 | トップページ | 犬顔家ネタ補足 »

アニメ「天元突破グレンラガン」第24話 悲しみのぷち感想

わああん、予想されてたとはいえ、強大な敵を前に次々と仲間が散っていくのを見るのは胸が苦しいよ~。すぐ、すぐ次回を見ないと死んじゃうよ~。

例によって私の感想はネタバレには躊躇がありませんので、未見の方はご注意くださいませ~。また私の感想は劇団☆新感線の座付作家の中島かずきさんが脚本を書いたアニメという観点に基づいております。いよいよ物語大詰めの第4部。かずきさんとガイナさんが拡げた風呂敷をどう畳むのか楽しみにしておりマス。

先週はグレラガに加えて、大江戸ロケットとゲキレンジャーの最新回の脚本がみな中島さんという「かずき祭」だったのですな。すげーなかずきさん引張りだこ。大江戸ロケットは視聴地域ではないので、DVDで買おうかな。ゲキレンはちゃんと録画して観ましたよ。ただ他の回をしらないのでニンともカンとも感想の書きようがありませんでした。相変わらず悪の幹部側のほうがかっこいいなあとは思いましたが。

と、いつまでも逃避(だったのか)してないで本編感想。悲しくってまとまらないので羅列御免。

・OP変わるとの噂だったけど変わらないで良かった。だって変わったらロシウが消 - うわ何をするやめ(ry

・巨大磔ニア映像はウルトラセブン?

・アンスパ上川さん初登場。ロージェノムなるしーとアンスパ上川さんという新感線的布陣が同一シーンに!新感線ヲタとしてちょいと感動

・ニアの指輪を餌にアンスパの作り出す因果宇宙に誘い込まれた大グレン団。無量大数のアンスパガンメンはやっぱりどうも顔神様に見えるんだよなあ

・レイテさんにより、大グレン団のガンメンは全部巨大化~って比較するものがないから大きさがよくわからない(→録画を見直したら、ちゃんとオリジナル・ガンメンがそれぞれの機体の前にありました...ってことはアークグレンラガンと一緒で、ガンメンのまま搭乗するのだな。すげー!)

・たぶん、皆からつっこまれると思うけど、超銀河ダイグレン内・超絶螺旋機関->アークグレンラガン内・超絶螺旋機関->グレンラガン内・超絶螺旋機関(シモン)ってギャグ?っつーか人力なのね結局。螺旋力ですが。

・ゾーシィだけかと思ってたら、キッドにアイラックにジョリンボーまで...

・ジョリンボーがギミダリを助けたのは双子が双子を助ける構図なんだなあ(号泣)

・犠牲はこれで打ち止めかと思ってたらマッケンまで.....レイテさんが気丈なのに泣いた。

・そして宇宙に海出現!巨大アンスパガンメンが哄笑する中、沈む超銀河ダイグレン!アンチスパイラルの手中に落ちた大グレン団はなすすべもないのか!どーするどーなるToBeContinued!!

わああん、いますぐ来週になれ~(じたばた)。

見終えたあとの夫婦会話

夫「これぞまさに新感線いのうえ演出(*注)!新感線芝居はいっつも二幕後半は尺が足りなくなって殺陣シーンだけで話つなぐからなあ」
私「でもでも、今回はいわばメタルさんとかいっそん級のキャラが死んだようなもんじゃない(ひでー)。この次に来るのはじゅんさん級の壮絶最後シーンだよね...ってことはキタ..(ぶわっ!)」

そして、これは物語が終わってからあらためて考察したいと思うのだが、いまの冒頭ナレーションは「これは戦闘因果に支配された宇宙の運命に風穴を空ける男の物語」だ。

戦闘因果 - それは現行宇宙の理。ビッグバンに始まったこの宇宙は予め終焉が約束されている。この宇宙に存在する全てのモノはエントロピー増大という終焉に向かっての活動を課せられている。生まれ争い勝ち残り繁栄し消費し衰退する - それこそが宇宙にある生命の本質である。ならば人間もまたその生を存続させるために競争に戦って勝ち残り、つかの間の平和を甘受し、また争うということを繰り返しながら衰退していくのが、その理にのっとった行動であろう。

と、したら人が望む平和、全き安寧とは決してかなわない幻想であるのだろうか。上川さん主演の戯曲「SHIROH」でかずきさんは、無辜の民37,000人を虐殺し、島原の乱を静定した江戸幕府に対して「あなたがたはここにどんな国をつくるのか - はらいそか - それとも いんへるのかと」と問うている。

いつも残された(=勝った)ものの課題は同じ、即ち次も勝つことだ。際限の無い戦いのインフレーション - そこには平和など望むべくもない。終焉まで果てしなく戦い続けるのが人間の運命か、それともさらなる階梯に登り新しい運命を獲得するのか、かずきさんは「SHIROH」で提示した課題に、「グレンラガン」でなにかしらの解を出してくれるに違いない。それは今後のかずきさんの戯曲にも反映されるはず。とても楽しみだ。

(*注)
グレンラガンの演出にいのうえさんははいっていません。いのうえさんとは劇団☆新感線主宰いのうえひでのりさんです。座付作家中島かずきさんの伝奇性の高い脚本を、メタルでスピーディで格好よくてちょっとおポンチなエンターテインメント芝居に仕上げる稀代の演出家。大阪芸術大学の同好会的小劇団を、わずか20年余りで帝劇を連日満員御礼にする当代一の大劇団に育て上げたエライひと。

公式ページ

過去感想目次
(目次独立させました)

|

« ネパール・デー@日比谷公園 | トップページ | 犬顔家ネタ補足 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

宇宙の海は螺旋の墓場数多の無念が眠る闇
死に望んで咲かせる花で 明日の勝利を掴んでみせる!!
お前の意志は受け取った!!!
冒頭からすいません。なんせ いきなり大グレン団の仲間たちが壮絶な最後を迎えるとは思っていなかったのでちとショックです。特に お父ちゃんが亡くなっても気丈にふるまうレイテには ただただ脱帽です。今回は全体的に最初から最後まで雰囲気的に暗かったような気がしますね。
もう一度 巻き戻して またあとで コメント します。

投稿: ツフィー | 2007.09.09 13:56

最初は絶望的で最後は逆転して勝つのが王道とはいえ、これはあまりにも悲しすぎる;;
最後に実は生きていたってなるんでしょうか?
でも1人1人の死に様がカッコよすぎます・・・
友達に薦められて昔「サクラ大戦」ってゲームをしましたが、それも最後は里見八犬伝のように1人ずつ仲間が死んでいきます・・・その時も涙が出ましたが・・・残り3話、こんなに死んでどうするんでしょう?
大銀河グレンラガンは予想していましたが、それが最後の希望ですね!
ところでnyaさんの旦那の言葉で知ったんですが、これって井上さんの作品でもあったんですね・・・どうりでグレンラガンは熱く、面白いハズだ^^
nyaさんは中島かずきさんのファンのようですが、自分は平成仮面ライダーシリーズで井上さん好きなんですよ・・・前回書いた仮面ライダーファイズも井上さんの仕事ですしね^^(井上さんって、井上敏樹さんですよね?)
懐かしさで見た仮面ライダークウガの第1話・・・昭和ライダーのイメージだったので度肝を抜かれて、それから特撮番組を見るようになりました
正直言って、ゲキレンジャーは面白いとは思いません・・・惰性で見てますが・・・確かに悪役のほうがカッコよすぎですね^^
大江戸ロケットは1度見ましたが面白いとは思いませんでしたので、それ以降は見ていません。
ところでDVDって買う感覚なんですね・・・すごい!
自分はDVDは借りるものだって決めつけてるから^^;

投稿: くれよん | 2007.09.09 16:11

ツフィーさん、コメントありがとうございます。

今回は特攻シーン多くて本当に鬱はいりました。必然的な展開とはいえ、短い作品にもかかわらず、見事にキャラがたった人たちが死んでいくのをみるのは本当につらいです(が、かずきパターンだとあと数名は犠牲になりそう...で、泣かされるんだ~)。

レイテさんは格好良いです。憧れの女性です。

くれよんさん、コメントありがとうございます!

本当にみんなの散り様が格好よくて。まさか私の人生でジョリンボーに泣かされる日が来るとは思いませんでした。

ところでいのうえさんとは、劇団☆新感線主宰のいのうえひでのりさんです。紛らわしい書き方をして申し訳ありません。

新感線芝居はいのうえさんが演出、中島さんが脚本でもう25年近く続けているのです。近年アニメ・特撮脚本に進出した中島さんと違っていのうえさんはずっとお芝居一筋ですね。あ、キングゲイナーのED曲の作詞とかやったことあるなあ。

断り書にもありますよう。私は最近のアニメや特撮を知らなくて、あくまでも新感線のお芝居ベースに感想を書いていることをご斟酌いただければ幸いです。

投稿: nya | 2007.09.09 17:30

あの〜…すいませんがnyaさん…。今更ながら恐縮ですが 今回 儚くも散っていった大グレン団の仲間たち……彼らの名前って1人1人 わかりますぅ? オレもわかるのとわからないのと あってるのか不安なんですけど
キッド、アイラック…喜怒哀楽?かな? アーテンボロー………慌てんぼう? ゾーシィ………………騒々しい? ジョーガン……………頑丈? バリンボー……………??? マッケン………………松平…ピー ?
あと 彼らのガンメンの ネーミングも わかっていらっしゃれば、おしえていただきたいです。
副官でてきませんでしたね。(オレ的には名前はエマで…)
第4部 オープニング変わるとしたら ちょこっとぐらい 絵がかわるぐらいでしょうかね。DVD第3巻 第6話2パターン収録ですってね。放送版と解放版意味深だな〜…解放版
あとDSの10/25スピンオンのDVDも気になりますね♪♪
ダヤッカ、キタン、 死ぬなよ! ヨーコ ギミー ダリー は 大丈夫かな?
超銀河大グレンラガン
ネーミングは長いが その分 期待は ギガドリルコズミック級 ですね♪♪

投稿: ツフィー | 2007.09.09 21:14

おお、ツフィーさん、コメントありがとうございます。

上記メンバーとガンメンの名前はガイナさんのグレラガ公式サイト
(私の本文の一番下の公式サイトのリンク)に掲載されておりますが、この際お教えいたしましょう。

また今回は、みなアークグレン級(アークグレン級の新機体にいままでのガンメンごと搭乗している)になっているので、名前が変わってるかも知れませんが、それもそのうち公式サイトのメカニックに記載されるでしょう。

ダヤッカ(穏やか) : ダヤッカイザー: いまはダヤッカが超銀河大グレンの艦長のためヨーコが搭乗
キタン(短気): キングキタン(とキャルの乗っていたキヤルンガが合体している)

以下今回死亡組(合掌)

ジョーガン&バリンボー(頑丈&暴れん坊) : ツインボークン : ギミーダリーを護って今回死亡。立派な最期でした。
マツケン(松平健) : モーショーグン : ミサイルに特攻して今回死亡。レイテさ~ん(涙)
ソーシィ(騒々しい):ソーゾーシン : いつもシケモクを銜えていたお兄さん。今回の戦闘の最初の犠牲者。「俺、どこまで行けたかな」が今際の言葉。結構好きでした...。
キッド(喜怒):キッドナックル : アイラックと最後までコンビで亡くなってしまいました。合掌
アイラック(哀楽):アインザー:キザなお兄さん。7年の間に結構ふけてしまいましたが..(涙)

投稿: nya | 2007.09.09 21:43

いのうえさん違いですか~残念(;_;)
仮面ライダーの演出家や脚本家がもっと注目あびて欲しいとずっと思ってたから喜んでた(笑)
自分は演劇は分からないけど映画好きで、でもアクション映画は嫌いでした!
映像の派手さばかりで、内容が薄っぺらな映画が多いから…
だからアクションシーンだけだと惹かれないんですよ…
仮面ライダークウガが始まった時、仮面ライダーというタイトルを付ければ視聴率稼げると思ってるだけと思って、設定だけ興味あったから設定が分かるまで見たら見るのやめようと思ってたんですよ…
30分間、映像に取り込まれてました(汗)作った人たちは視聴率とかじゃなく情熱で作ってるのが伝わった…
そんじゃそこらの映画やドラマよりヒューマンドラマとして脚本や演出がしっかりしてた
だから、仮面ライダーの脚本家や演出家は子供番組という先入観にとらわれずに、もっと評価されて欲しいってずっと思ってたから(汗)
今まで多くの大人が見る普通の映画やドラマを見たけど、仮面ライダーの脚本家と演出家はただ者じゃないもん…
でも今のは子供番組に近くなってるけど…

投稿: くれよん | 2007.09.10 12:32

nyaさん 教えて下さりありがとうございました。 マッケンは松平健やったんですね(笑)おおかた 当たってたみたいです オレ。 ただ ガンメンのネーミングの由来がいまひとつ わがんねっス! ダヤッカでダヤッカイザー? キタンでキングキタン? その辺のところが???です(笑)

投稿: ツフィー | 2007.09.10 15:40

横槍ですいませんが、ガンメン達は3部でスピンバリアー弾を撃てるように改良されたらしいですよ^^
アインザーは背中の銃座が排除されてスピンバリアー弾の砲台になったようです
もう犠牲は打ち止めですよね?
キタンがヨーコをかばって死なないかとか、大グレン団を壊滅したと思ったアンチスパイラルがそのまま地球に攻め込んでロシウが犠牲になるってことはないですよね?;;
アンチスパイラルに勝ったあと、キタンがどんな言葉でヨーコを口説くか楽しみ♪

投稿: くれよん | 2007.09.11 18:23

ツフィーさん、コメントありがとうございます。

ガンメンのネーミングは、たぶんのりでつけたんだと思います~。
ちなみに四天王のガンメンは、チミルフはビャコウ(白虎)、アディーネがセイルーン(青龍)、シトマンドラがシュザック(朱雀)、グアームがゲンバー(玄武)ですよん。

くれよんさん、コメントありがとうございます。

そうそう、グレン団のガンメン3部でレイテさんご夫妻がこっそり改良してましたよね~。あのえびソードは大好きです!

投稿: nya | 2007.09.12 05:38

ノリでしたか(笑) ノリでつけたネーミングやったんですね(笑)(笑) 重ね重ねありがとうございました。少し 引っかかってたものが取れました♪♪ アンチスパにやられた仲間たち…最後に、内部のそれぞれのガンメンで脱出していた!ってゆうオチが有力かなぁ?「オレたちゃあ…」「ただじゃあ死なねぇよ!」全員で「オレたちを誰だと思っていやがる!!」ってゆう熱い展開に20ペセタ賭けます(笑)(笑)
でも もしそうだとしたら、そんなオチのアニメってけっこう多かったから グレンラガンは 同じ鉄を踏まないでほしい ってゆう思いと みんな生きててほしいってゆう希望と 半々であります。矛盾してますよね、オレ。

投稿: ツフィー | 2007.09.12 13:09

ゾーシィは「脱出装置もききゃしねぇ」って言ってたから脱出不可でしょうね・・・
今回脂肪した中では、バリンボー&ジョーガンの笑いながら逝ったのが胸に残ります!あの2人らしい最期ですよね;;
平成ライダーを見てると何度も書きましたが、あのシリーズで味方の重要キャラが途中で死ぬというのはよくあります(中には主役が最後まで生きてないことも・・・)
でも、やっぱり死ぬのを見るのは慣れませんね。。。
DVDで最初のほうを見てて気になったんですが、ラガンのコックピットって子供のころのシモンでちょうどいいサイズですよね・・・大人のシモンには窮屈じゃないのかな?いくらアークグレンラガンになっても、コックピットの大きさは変わってないと思うんだけど・・・
あと第2話でグレンを奪った様子を第3話の冒頭でみんなに語るカミナだけど、シモンの「兄貴には手を出させねぇ!」という言葉が凄く嬉しかったんでしょうね^^

投稿: くれよん | 2007.09.13 06:58

2行目ミス><
脂肪→死亡(汗)

投稿: くれよん | 2007.09.13 06:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33364/16389110

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ「天元突破グレンラガン」第24話 悲しみのぷち感想:

» 天元突破グレンラガン 第24話 「忘れるものか この一分一秒を」 [SERA@らくblog]
アンチスパイラルの本拠宇宙に向かったシモンたち。 そこに待っていたのは想像を絶する巨大な敵、敵、敵…。 対向できるのは超銀河大グレンだけ――。 変形の時間を稼ぐ大グレン団は、後を託し次々と散っていく…。 ... [続きを読む]

受信: 2007.09.09 12:00

» 天元突破グレンラガン 第24話 「忘れるものか この一分一秒を」 [アニメって本当に面白いですね。]
天元突破グレンラガン   現時点での評価:3.5〜   [ロボット ドリル]   テレビ東京系 : 04/01 08:30〜   監督 : 今石洋之   シリーズ構成 : 中島かずき   キャラデザ : 錦織敦史   メカデザ : 吉成曜   アニメ制作 : GAINAX   全26話  ....... [続きを読む]

受信: 2007.09.09 17:51

» (アニメ感想) 天元突破グレンラガン 第24話 「忘れるものか この一分一秒を」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
天元突破グレンラガン 3 人類の未来と愛するニアを救うため、次元の狭間にあるというアンチスパイラルの母星を目指すシモンと大グレン団。その行く手を阻むようにあらわれるアンチスパイラルの艦隊。その数、無量大数!シモンの螺旋力に全てを託し、大グレン団が絶望的な....... [続きを読む]

受信: 2007.09.09 22:29

« ネパール・デー@日比谷公園 | トップページ | 犬顔家ネタ補足 »