« 英国つれづれ2007 | トップページ | いきなりMAX »

アニメ「天元突破グレンラガン」第23話 ロシウよかったよ~!感想

わー、いよいよ第4部、ラスト5話までのカウントダウンが始まっちゃったよ。きちんと最後まで見届けるからねっ。先週はひみつ兵器ロケフリ使って家のテレビを英国から見たけど(技術の進歩って素晴らしい!)、今日はジェットラグ直らぬ中、がんばって起きて日本で見ていますよ~。あー眠い。

そんなわけで、今回はロシウ厨としてひとつ叫ばしてくれい!ロシウ~良かったよ~ロシウ(涙)!!

例によって私の感想はネタバレには躊躇がありませんので、未見の方はご注意くださいませ~。 また私の感想は劇団☆新感線の座付作家の中島かずきさんが脚本を書いたアニメという観点に基づいています。特に17話から始まる第3部はALL中島脚本ということもあって中島厨バクハツしてるので注意デス。あとロシウに強烈に萌えてますので腐女子注意もひとつよろしくデス。

いやどれもこれも予定調和の範囲内なので意外性はナッシングだったのですが、それでも良いよロシウがいい顔で笑ってくれたから。3部は大好きな展開だけど、ニア経由でアンチスパイラルの与える絶対的絶望は、シモンではなくロシウが負ってしまい、毎回ロシウが憔悴していくのがほんとうにつらかった。螺旋族の王たるシモンの持つ桁外れなポテンシャルは、ニアの与える絶対的絶望すら上昇するエネルギーに変える。しかしそれほどのポテンシャルを持たない(というより懐疑的な)ロシウは、その提示された破滅へのルートを律儀に辿り、絶望を深くしていく。これはロシウの罪ではない。おそらく1000年前に螺旋王が辿った道であった筈なのだから。ロシウの絶望は、シモンがアンスパの仕掛けてきた罠を打ち破り、人類救済を成し遂げたことで完遂する。完膚なきまでの絶望 - しかし翻ってみればシモンが成し遂げたことは全てロシウがお膳立てしたことで、無駄な行為などひとつもなかったのだ。3部の物語をドライブしたのはロシウであり、それに乗っかって人類を救済したのがシモンと大グレン団なのだから。

しかし大グレン団と袂をわかったロシウにカタルシスは赦されず、ただ深い絶望だけが残った。誰もロシウを攻めてはいない。むしろシモンもキタンも彼を称えているのにロシウ自身が自分を許せないのだ。それがゆえに、23話Aパートは、第3部から第4部への橋渡しとして、シモン(とキノン)によるロシウの救済パートでなければならなかったのだ。

故郷アダイ村で老いたマギン司祭様と出会い、かつて故郷を出奔する際に司祭から託された聖典が、どんな古代文字にも似ていないために全く解読できない、おそらく誰かがいたずらで作ったものではないかと語るロシウ。これは聖典がでたらめというより、別の次元(もしくは遠い未来)のものという伏線なのか、それとも意味の無いものを聖典として崇めていた人間の愚かさを哂っているのか。前者と思いたいけどね。

司祭の慰めの言葉も届かずひとり自分を罰するために自殺しようとするロシウ。グレンラガンに乗ったシモンとキノンは彼を案じるあまり、螺旋力で次元転移してしまうのでありました(つっこみはなしの方向で)。これがリーロンの語っていた「螺旋力=気合と恋」ってやつですな。うーんわかりやすい。

突然あらわれたグレンラガンから転げだしたシモンにすしお顔で「歯をくいしばれぇ!」と目覚まし兄貴パンチを見舞われるロシウ。殴り倒された際、一瞬でほどけた髪に全国推定20万の腐女子ロシウファンが絶叫したことでありましょう。これで同人誌一冊つくれちゃうくらいエロいっすよ。ここでロシウを諭すシモンの「間違えた」というのはロシウがとった施策(含むシモンの死刑)のことでは無く、ロシウが絶望し、自身を許せず断罪し、自ら生を絶とうとしたこと - この一点に尽きると思う。

ロシウがとった施策を私はひとつも間違っていないと思うが、人類存亡の危機を前に、命を選別せざるをえなかったロシウが自身に絶望し、決して自分を許さないであろうこともまたわかる。しかしそれこそがアンチスパイラルの望んだ絶対的絶望。善意は踏みにじられ、理想は遺棄され、生きることをあきらめてしまうこと - アンチスパイラルが恐れる螺旋族のパワーとは闇雲なオプティミズムではない。打ち据えられて絶望してもなおあきらめず足掻きもがきならも立ち上がる不屈の闘志なのだ。

しかし、キノンへの手紙「君への友情に感謝する」といい、グレンさんに搭乗する際、キノンを膝に乗せて「(私が)重くありませんか?」とあくまでもプライベートで尋ねられたのに「重いよ」「いまは人ひとりの命の重さを感じていたい」とパブリックな応えを返してしまうことといい、ロシウは、キノンちゃんの恋心に全く気がついてない朴念仁だったのですな。ますます萌えた。まあ、聖職者設定だしね。シモンとのわだかまりもとけて、ロシウも少しは回りに目をやる余裕もできて、やがてキノンの気持ちに気づくことだろう。これからゆっくり幸福になるといいよ~。

そして更に物語はインフレーションする。螺旋力による次元転移をきっかけに、ロージェノムヘッドは次元のハザマに虚数振動時空を作って潜むアンチスパイラル本星を発見する - ってスーパーストリング理論ですかい!しかもシモンがニアに贈った指輪を監視対象にして螺旋策敵確定。文字が読めなかった7年前から、量子宇宙論まで理解してしまうロシウって化け物並の頭脳っすな。超ひも理論にシュレジンガーのぬこ理論 - ここらへんの科学考証はつっこまないのが吉ですよ。なんせ気合と恋の螺旋力ですからね~。

次元のハザマに隠してた(?!)本物の月と入れ替わって、カテドラル・テラ改め超銀河大グレンも発進可能に。地球をロシウに託して大グレン団の旗揚げで物語は一気に第一話アバンタイトルのシモン艦長モードへ...しかしこれって2000年代というより、どうみても宇宙戦艦ヤマトだよなあ。もう一回70年代への回帰となるのかはまだ不明。正直アメコミ調の衣装は微妙なので、ロシウはついていかなくて正解だと思いますた。や、石川賢モードの艦長シモンはかっこいいんですが。

アンチスパイラルがもともと螺旋族であった設定といい、予告にでたおそらくアンスパ側のガンメンがアダイ村の顔神様にそっくりであったことといい、いよいよ大風呂敷たたみはじめた感が強いですな。てなわけで、やべーあと4話じゃん!もうのこり全話クライマックスとみて間違いないね。ガイナさんも総力戦で来るだろうな。こっちも心して見ますよ~。ロシウ~幸せに~(まだ言うか)

公式ページ

過去感想目次
(目次独立させました)

|

« 英国つれづれ2007 | トップページ | いきなりMAX »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

いよいよ あと4話ですね。すべてがクライマックス!いいっスね。残り4話 目が離せないっスね♪♪
また 来ますので
一旦 さよならします。

投稿: ツフィー | 2007.09.02 14:40

ツフィーさん、いつもコメントありがとうございます!

ガイナさんの制作ブログにもありましたが、とうとう今月でグレラガ終わっちゃいますよ。4月からはじまったお祭りもついにファイナル。最後まで目を離さずに応援しましょうね。

投稿: nya | 2007.09.02 21:58

nyaさん おはようございます。昨日、もう一度巻き戻して見ましたがキノンめっちゃカワイイっスやん!アカン オレの中でのグレラガ女キャラ ランキング 1位 ヨーコ 2位 キヨウ 3位 ニア だったのですが堂々2位に入ってきましたョ いや この場合ドリルっぽく2位にくいこんできましたョ!ちなみに2位のキヨウは、ダヤッカと結婚 人妻となり 子どもを出産したことにより、オレのランキングBEST3 圏内から外れました。くそ〜っ 今まで キノンのことなんて見向きもしなかったのにロシウに嫉妬してしまいそうになるほど彼女の一途さに……ほ…惚れた(ポッ) いや!イカンイカンっ!! 番組後半での 戦艦内での ヨーコの衣装に キタン同様 目がくぎ付けに♪♪ここで キノンから ヨーコに も一度 戻りました♪♪オレやっぱヨーコだわ…ってね(笑) キタンが胸元を凝視していたの わかりますぜ! 同じオッパイ星人として。キタン…あいつ 戦いが終わったら ヨーコと何かありそうな……それはやめてほしいなぁ。ちなみにオレの巨乳範囲はIカップまでです!……って聞いてないっスよねんなこと。ついつい暴走モードに入ってしまってごめんなさいnyaさん。オレもあの戦艦内での衣装 イマイチかなと。ヨーコは◎。

投稿: ツフィー | 2007.09.04 11:11

はじめまして
グレンラガンは当初は子供っぽいアニメだと思いながら見てたら第7話でカミナの大ファンになっていることに気付き、第8話で呆然とし、それからはヴィラルのファンになって見続けています
当初はつまらないと思ってたので第2話を見てなかったのでDVD借りて見ました
今回の第23話はリアルタイムで見て、録画したのを何回も繰り返し見ましたよ・・・
本当はシモンがロシウを殴るんではなく、ニアのことでシモンが府抜けてる時にカミナが復活して迷った時は俺が殴ってやると言いながらシモンを殴ってほしかった・・・
実はまだカミナ復活を信じてるんです^^;
アンチスパイラルのボスがカミナの姿なんじゃないかと・・・
そしてシモンと戦ってシモンが勝ち、トドメに躊躇してると殴りに来るんじゃないかと妄想を膨らませてます(汗)
ちなみにnyaさんのこのサイトを見るまで4部構成になってたと知りませんでした^^;しかもガイナックスということも最近になって知ったんですよ^^;
来週が楽しみだけど、見れば見るほど最終話が近づくのがつらいですね;;

投稿: くれよん | 2007.09.04 19:02

ロボットアニメを見ると、ゲームのスーパーロボット大戦をイメージします。
ヴィラルとロシウ以外は全員「気合」コマンドが使えるんでしょうね^^
カミナはイベントで死んでしまうのかな・・・
ダイグレンの武器に、空中回し蹴りはあるのかな・・・
でも本当にグレンラガンがあのゲームに出れば、主力メカになれるのに・・・
地中にもぐれるし、空も飛べるし、水中や宇宙もOKだし、2人乗りだし、MAP兵器あるし、攻撃力あるし、ギガドリルで防御までできるし・・・同じガイナックスのエヴァは序盤しか使えないロボットだったけどね・・・

投稿: くれよん | 2007.09.04 19:15

ツフィーさん、アツいコメントありがとうございます!

キノンちゃんけなげでかわいいですよね~。週末6話を見返しておねえさんキノンとかわいいデコ助ロシウに、これが7年後ああなっちゃうのか~と我が子の成長を見る親の気分になりましたよ。鈍感ロシウ君がはやくキノンちゃんの気持ちに気づけばいいなあと思いました。

クレヨンさん、はじめまして! コメントありがとうございます。

アンスパの声は上川さんと発表されているので、ラスボスがカミナとは思わないんだけど(やっぱカミナは小西さんですよねえ)、何らかの形でシモンと対峙するシーンはでてくるのではないかと思ってますよ。あと4話、一話一話大事に観ましょうね。

私はスパロボゲームやったことないんですが、なんかグレラガでたら無敵って気がしますがどうなんでしょうか。だって多分どのロボットとも合体可能なんじゃないかなラガンさんって。


投稿: nya | 2007.09.05 00:43

スーパーロボット大戦に出ればさすがにガンダムやマジンガーと合体は出来ないでしょうが、ボスにとどめをさすのにコンバトラーの超電磁スピンがよく使われるんだからグレンラガンのギガドリルも通用しそう…ただ、エネルギーと装甲に難ありそうだけど…
最終回の予想なんですが、脱出の時にヴィラルはシモンを脱出させるために分離してラガンだけを脱出させ、自分はグレンで盾になるんじゃないでしょうか…
そしてみんながヴィラルの犠牲を悲しんでると、これくらいじゃ死ねないようだと言いながら生還…そして1人も欠けることなく地球に凱旋し、人類と獣人の共存を目指して終わると妄想を膨らませてます(汗)

投稿: くれよん | 2007.09.05 12:26

今更知りましたが、第4話のことでガイナックスの女性社員がmixiで問題になってたんですね・・・
あいかわらずネットサーフィンしてていろいろ知りました^^;
それと第6話なんですが、本当は違ったんですね・・・放送できないシーンが多くて総集編っぽくなったとか・・・
だから知ってるとは思いますがDVD3巻に第6話が2パターン収録されるらしいですよ~早く借りて見たいなぁ~放送できなかったタイトルからして、カミナが女湯を覗こうとするんでしょうね^^;
あと、今日発売のテレビジョンにメイプルストーリーの紹介がありました・・・グレンラガンの後番組の紹介があると、もう終わりが近いことを突き付けられてるみたいで・・・;;
しかも、メイプルストーリーって絵的にも内容的にも惹かれない(汗)

投稿: くれよん | 2007.09.05 22:26

おお、くれよんさん、コメントありがとうございます!

そうですよねー。ラガンさんは、さすがにマジンガーと合体は..したらちょっとかっこいいかもと考えてしまいました。

ふふふ、私はすでにDVDは予約可能な6巻まで限定版で予約しております。全巻購入特典が楽しみです。

投稿: nya | 2007.09.06 05:53

DVDを初回限定版の予約したんですか~いいなぁ~
レンタルでも特典映像付きの初回限定版があればなぁ~
ところでグレンラガンの名ゼリフを書いてますよね^^自分はここ10年のテレビで聞いたセリフで1番胸が熱くなったのは、仮面ライダーファイズでした^^;
ちょっと説明させてくださいね^^
ファイズの敵はオルフェノクという1度死んで蘇った元人間で、オルフェノクに殺されるとかなり低い確率で殺された人間もオルフェノクになる。オルフェノクは人間を敵対視し、数で圧倒的に負けるから数を増やすために人間を襲う・・・ほとんどがそのまま死ぬ
そのオルフェノクの中にも人間との共存を求めてるのが男と女、ヒロインに好意を持ち、それで頭がいっぱいの3人がいた
その3人は人間を襲わないからオルフェノクに命を狙われ、オルフェノクだからライダーにも狙われる!そしてリーダーの木場は仲間を守るためにオルフェノクともライダーとも戦わなければいけなかった!その3人は人間の時もつらい境遇だった
ファイズと木場はお互いの正体が分かった時、無二の親友になる。
でも悪い人間のせいで仲間の女の子が殺され、木場は仮面ライダーカイザを殺害し、そのカイザの力を使って復讐のために人間を襲うようになる
ファイズは木場と戦いたくない・・・そして電話で木場と話す
「もう俺の知ってるお前はいないと思っていいんだな?」「あぁ・・・」そして決別する・・・
そして2人が戦うんだけど、死力を尽くしあってファイズが勝つが、トドメをささずに去ろうとする
「なぜトドメをささない」
ここで言ったファイズのセリフ・・・これが忘れられない名ゼリフなんだよね・・・
「俺は人間を守るために戦う!お前も人間だ!」
木場の苦悩を理解しているから言える重いセリフだ・・・
ちなみにこれは最終回の1話前で、最終回でラスボスに負けそうなファイズに木場は「もう1度人間を信じてみたい」と言いながら助太刀に現れ、ボスにしがみついて動きを封じ、ライダーキックをしろと言う。すれば木場も一緒に倒してしまうから躊躇するけど、木場の想いが伝わるから「うぉぉぉ~」と叫びながらライダーキックをして、次の瞬間に平和になってて終わった・・・
ところでnyaさんは演劇が好きなんですね・・・
自分は親戚が出演した演劇を見に行ったことがあるくらいですよ^^;チケットは親戚がとってくれたから、ムチャクチャいい席でした♪しかも終わった後で楽屋に入れてもらえましたよ^^親戚と楽屋が一緒だったのは、岡田真澄さんでした
岡田真澄さんはテレビで見るより遙かに渋くてカッコよかったですよ~亡くなってしまいましたが;;

投稿: くれよん | 2007.09.06 19:53

くれよんさん、コメントありがとうございます!

岡田真澄さんは私も偶然ベイエリアのレストランのお隣の席になったことがあります。とても渋くてよい声が聞こえてきたので隣の席をみたら岡田真澄さんが同席の美女を口説いておられたのでした。老齢にしてプレイボーイの心意気を忘れない..なんて素敵な方!と思いました。亡くなられたときは悲しかったです。

投稿: nya | 2007.09.08 00:39

女の人を口説いてたのか(笑)さすがだ…
他に俳優で会ったことのあるのは伊原剛志
伊原剛志に関してはコメントは控えます
別に伊原剛志を悪く思ってるんじゃなく、立場上ね(汗)
でもトーク番組に出ると口数も多いし気さくな感じだけど、あれが素だよ~
グレンラガンのサイト見てたらカードゲームに付くフィギュアだけど、アイテムを持ってるのがいるよね!カミナの刀やシモンのコアドリルは普通だけど、ロシウに聖典はあまり持ってるシーンないやんって突っ込みいれたかった…それより、リーロンのクモ型ロボットは笑ったよσ(^-^;)
DSのソフトにはおまけDVD付くのかぁ~買おうかな~でもDS本体は姉ちゃんがしたいって言って持って帰ったから手元にないしなぁ~明日は墓参りで夜にならないと見れない

投稿: くれよん | 2007.09.08 12:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33364/16315444

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ「天元突破グレンラガン」第23話 ロシウよかったよ~!感想:

» (アニメ感想) 天元突破グレンラガン 第23話 「行くぞ 最後の戦いだ」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
天元突破グレンラガン 3 圧倒的なアンチスパイラルの猛攻を防ぎきり、逆転勝利を収めた大グレン団。その勝利の余韻も覚めやらぬまま、アンチスパイラルの本拠地探索を開始する。そのころ、ロシウは一人、生まれ故郷であるアダイ村に現れていた・・・。... [続きを読む]

受信: 2007.09.02 17:08

« 英国つれづれ2007 | トップページ | いきなりMAX »