« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

帰国しますた

いやー暑いっすね。何よりも湿気がすごくてすでにバテ気味です。寒いと聞いて覚悟していった英国は陽光に溢れた夏の只中にありました。でっかいボートリフトにど肝を抜かれてエジンバラのフリンジの人並みにもまれてヨークの大聖堂の威容に感動して湖水地方でまったりしてハワーズのヒースの荒野に乙女心を刺激されてカントリーハウスと城と宮殿(!)に泊まって....いやー堪能したした。でも英国物価高すぎ!(てか日本が物価安すぎ)なのですっからかんになってしまいました。次はウェールズに行きたいけど、こんなにお金かかるんなら3年後くらいかなあ(涙)。

当分夕ご飯は塩パスタと夫に宣言されますた。せめて鷹の爪をいれてほしいと訴えたら、週末はアンチョビとオリーブをつけてやらんこともないといわれてショボンヌ。私の金だ~!(もうないけどさ)

旅行記はおおむねアップしました。バナーをクリックしてどうぞ。

Banneruk07_2

| | コメント (5) | トラックバック (0)

英国逍遥2007 : 宮殿の朝

続きを読む "英国逍遥2007 : 宮殿の朝"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

英国逍遥2007 : 鉄の橋に感じ入る

続きを読む "英国逍遥2007 : 鉄の橋に感じ入る"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

英国逍遥2007 : 城に泊まる(ハワースからバーミンガム)

続きを読む "英国逍遥2007 : 城に泊まる(ハワースからバーミンガム)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英国逍遥2007 : 螺旋の塔を昇る(ヨーク観光)

続きを読む "英国逍遥2007 : 螺旋の塔を昇る(ヨーク観光)"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

アニメ「天元突破グレンラガン」第22話 奇絶怪絶また悶絶!感想

アンチスパイラルの圧倒的な力に蹂躙され迫る人類殲滅の危機!生き残りをかけて奮闘するも力足りず絶望する為政者ロシウ。人類の希望は潰えたのか - その時天に響く希望の声「あきらめるなロシウ!」。希望へと続く戦いの火蓋は切って落とされた!

てなわけでここは英国Yorkshireにて視聴したNyaです。ひみつ兵器はロケフリ。家のAV機器にコントローラごとセットして日本時間より2分遅れで視聴しましたよ。詳しい感想は来週日本に帰ってビデオ見ながら書きますが、まあファーストインプレッションってことで。

例によって私の感想はネタバレには躊躇がありませんので、未見の方はご注意くださいませ~。 また私の感想は劇団☆新感線の座付作家の中島かずきさんが脚本を書いたアニメという観点に基づいています。特に17話から始まる第3部はALL中島脚本ということもあって中島厨バクハツしてるので注意デス。あとロシウに強烈に萌えてますので腐女子注意もひとつよろしくデス。

続きを読む "アニメ「天元突破グレンラガン」第22話 奇絶怪絶また悶絶!感想"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

英国逍遥2007 3日目 :湖水地方経由でヨークシャーへ

続きを読む "英国逍遥2007 3日目 :湖水地方経由でヨークシャーへ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「のだめカンタービレ」感想 Lesson 112

ヴァイオリン部門に清良、ピアノ部門にユンロン・ターニャが参戦のカントナ国際コンクール開幕編ですヨ。今回は一次予選編!
例によって私の感想はネタバレには躊躇がありませんので、単行本派の方はご注意くださいませ~。 

続きを読む "「のだめカンタービレ」感想 Lesson 112"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英国逍遥2007 2日目:Wheelを見に行く

続きを読む "英国逍遥2007 2日目:Wheelを見に行く"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英国逍遥2007 1日目 -長い長い一日

続きを読む "英国逍遥2007 1日目 -長い長い一日"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Nya's Manor 夏期休暇中

辺境のブログにようこそお越しくださいました。ただいまNyaは8月末まで夏休みの旅行中です。

旅行先でもできるだけ更新してみますが、のだめ、グレンラガン等の感想は戻ってから書く予定です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

英国逍遥2007:目次

続きを読む "英国逍遥2007:目次"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぐれらがつれづれ2.0

帰宅したらネットで注文した、グレラガムック「基礎工事編」が届いていたのでパラ見。

うーん設定集もインタビューも充実。8話の完全絵コンテ収録でこりゃあ読み応えありそうだ。英国旅行のおともにしようそうしようと思ってトランクにしまう前に、愛する螺旋王なるしーこと池田成志さんのコメントをみてぽんと膝をうったのさ。

そっかーこれ、かずきさんとガイナさんの「ハイペリオン」だ! 「ハイペリオン」それは現代SF界に輝く金字塔。ダン・シモンズの壮大なSF叙事詩。しかしてその実態は、我とわが身をはぐくんだ数多のSF作品のエッセンスぶちこみまくり、おいしいガジェットいいとこ取りの一大パスティーシュでもあったりするのだ。

宝箱のように大好きなものを自分の周りに集めて、そこから紡ぎあげるのは宇宙を舞台にした壮大なストーリー、豊富な知識と才能とそしてなによりSFへの愛がなくっちゃできない技よ。なあんだそれってロボットアニメとグレンラガンじゃん。

愛があるからついていくのだ。まだまだいけるよグレンラガン。

そして家のHDDレコーダーにはロケフリ機器が接続されていた(すばやいぞ夫、さては自分も見たかったな)。ルータの設定して、LAN経由で視聴できることを確認。英国での視聴環境は整った。宿泊予定のホテルには無線LAN設備もあるし(いや英国なんで信じちゃなんねえが)、第3部クライマックスに静かに思いをはせていますよん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

おみやげ天国

お盆明けのオフィスは、活気が戻ってきて定例ミーティングやその他のうちあわせもいつもどおり。朝9時から夜7時まで入れ替わり立ち代りでちょい疲れたよ。そしてどの打ち合わせにも、メンバーの持ってきたお土産お菓子でお茶しながらわいわいと。北はトラピストクッキー(ああ○い恋人すきだったのに..)から南は雪塩ちんすこうまでお土産日本一周。ちょっとメタボが怖いけどみんなおいしゅうございました!

とはいっても弊社は基本は自由な有給休暇夏休みなので、今週から夏休みの人も多い。ま、私もそうですが。本日のミーティングでも休暇中でキャンプ場から携帯電話参加っつーつわものがいて、「ぱぱー、はやくカブトムシ取りにいこうよー」なんてかわいい割り込みも入ってみんな苦笑い。電話会議で自分が発言しないときはできるだけミュート機能をつかいましょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アニメ「天元突破グレンラガン」第21話 一粒で二度美味しい!感想

わあい、今回はヨーコ先生ほのぼのAパートと復活!大グレン団のアツいBパートのお得感あふれる回だったよ!アイキャッチのまいっちんぐヨーコ先生を壁紙にしてくださいようガイナさん!

例によって私の感想はネタバレには躊躇がありませんので、未見の方はご注意くださいませ~。 また私の感想は劇団☆新感線の座付作家の中島かずきさんが脚本を書いたアニメという観点に基づいています。特に17話から始まる第3部はALL中島脚本ということもあって中島厨バクハツしてるので注意デス。あとロシウがんがれ!スタンスは崩していませんので腐女子注意もひとつよろしくデス。

続きを読む "アニメ「天元突破グレンラガン」第21話 一粒で二度美味しい!感想"

| | コメント (3) | トラックバック (1)

劇団☆新感線「犬顔家の一族の陰謀」二回目感想

今回はひさびさのおポンチ公演だったので、毎週末行くくらいのイキオイでチケットをとるつもりだったのさ。でもチケ取りは連戦連敗。FC先行はもとより、あらゆる先行+一般にチャレンジしたけどとれねーとれねー。ジャニさんがはいったときよりとれなかったよ。どうしてかなあってずっと思ってて池袋サンシャイン劇場に行って納得した「ハコが小さいんじゃん!」。サンシャイン劇場は832席で、ここ最近の公演の青山劇場(1200)、新橋演舞場(1480)、帝国劇場(1897)と比較して圧倒的にキャパが小さい。

でも演技のスケールの大きいいのうえ歌舞伎と比較して、演技のちっちぇー(褒めてる)おポンチはハコが小さければ小さいほどいいと思います。でも小さいほどチケがとりにくくなる罠。

見終わった後、同行の夫が言った。「大江戸ロケットやグレンラガンで新感線に興味を持ったアニメファンが、『お、ちょうど今公演やってるじゃん』って観にきてみたら、こんなしょーもない芝居(褒めてる)だったら絶対引くじゃん!」。 だいじょーぶ、そもそもチケとれないから(涙)。

そんな方には、お値段も優しくて迫力満点。スクリーンで見る演劇「ゲキXシネ」をどうぞ。ゲキXシネ「朧の森に棲む鬼」は10/6からです。大江戸ロケットやグレンラガンで中島かずき脚本に興味を持った方には最適。アニメの設定を彷彿とさせるシーンや台詞もでてきますよん。みんな観てね! 

ゲキXシネ「朧の森に棲む鬼」公式サイト

てなわけで、前回に引き続き二回目観劇感想行きマス。

例によって私の感想はネタバレには躊躇がありませんので、これから犬顔観劇予定の方はご注意くださいませ~。なにも情報いれずに劇場行った方がぜーったい楽しめるって。あ、でも映画の1976年版「犬神家の一族」は時間があれば観ておいた方がいいですよ。 

続きを読む "劇団☆新感線「犬顔家の一族の陰謀」二回目感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

技術の進歩

会社用に新しいノーパソを買ったのだ。自己負担でね(とほ)。本日会社で仕事の合間にセットアップしてたんだけど、はえええ~。インテルのCore2 Duoすげ~。無線LANもIEEE 802.11gで帯域ひろびろ54Mbps~。そしてなによりHDD120GBいままでの倍~。

だいたいさ、私が最初に買ったノートパソコンは東芝のダイナブックJ-3100SSで、初代だったらからHDDもついてなくってRAM1MBに記録してたんだよね~。それがいまや120GB!! なんだか歴史の生き字引~。

いままで使ってた3年前のモデルは自宅用にしようと思ってたんだけど、あまりのパフォーマンスの違いになんだかイヤになっちゃった。安いし、暮れあたりにもうひとつ買ってる自分がいるかもだ。いや、その前に夫のデスクトップをリプレイスせんとあかんのですが。1TBのNASつけてホームサーバー化を目論んでる。これだけビジネスユース機器の一般化が進むともとインフラ構築屋の血が騒いじゃう。RAID+ホットスワップまではデフォでつけようと思ってるけど、テープ装置はちょっとやりすぎかな?楽しい~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新感線おポンチ公演「犬顔家の一族の陰謀 ~金田真一耕助之介の事件です。ノート~」感想

小さい頃は「つまんない大人にはなりたくない(@ガラスのジェネレーションby佐野元春)」ってずっと思っていた。不惑を越えたいまも実はそんな気持ちをちょびっと持ってるってちょっとおかしいよね。まあ年月を経て今は、「つまんない大人になりたくないなら面白い大人になりゃいいじゃん!」って思ってるんだけどね。

普段さぼったりへたれたりしてるけれど、ここはというところでがつんと真剣勝負でがんばっちゃう。そんな大人になれたら素敵だって四十すぎて真剣におポンチ芝居をやってる新感線のみんなをみて改めて思いましたよ。

てなわけで「劇団☆新感線 2007年夏休みチャンピオン祭り 犬顔家の一族の陰謀 ~金田真一耕助之介の事件です。ノート~」、2004年の「レッツゴー!忍法帖」以来、実に3年ぶりのおポンチ芝居が帰ってきたよ。無駄に歌って無駄にパロって小学生レベルの下品なギャグを、帝劇までいっちゃって、権威ある賞までもらっちゃった劇団がいい年して真剣にやってるんだよ!最高だよ!

閑話休題。新感線のお芝居は大別して二つ。ひとつは骨太の歴史やファンタジーを扱った「いのうえ歌舞伎」。おおむね座付作家の中島かずきさんが脚本を担当。豪奢で骨太で見ごたえたっぷりの活劇だ。そしてもうひとつは「おポンチ(ネタもの)」。劇団主宰で演出担当のいのうえひでのりさんが脚本も担当。上述のようにすっげー偏差値低いお馬鹿芝居。「いのうえ歌舞伎」が石川賢先生的伝奇ロマンなら、「おポンチ」は永井豪先生的ハレンチギャグで、両方あっての劇団☆新感線なのだっ!休題終わり

例によって私の感想はネタバレには躊躇がありませんので、これから犬顔観劇予定の方はご注意くださいませ~ってかネタものは本当にネタが命なんでみんな気をつけてっ! 

続きを読む "新感線おポンチ公演「犬顔家の一族の陰謀 ~金田真一耕助之介の事件です。ノート~」感想"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

お盆はのんびり仕事

しあ・わせっはあるいてこっなっい~♪ そっとはあめふっりかっさがなーい~♪ と時折モダンチョキチョキズの往年の名曲「絶望行進曲」を歌ったりもしているけど私は元気です。いやー「底なし沼に底は無い」ですなあ。

お盆時の出社率って半分くらいかなあ。やけに閑散としているオフィス。みんな有給休暇をとっている。外資系企業に勤めて20余年。お盆休みが無いのは納得してるけど、じゃあクリスマス休暇が無いのは何故なんだという疑問は解決しておりません。先週まであれだけブッキングしまくっていた会議も今週は2こだけ。スケジュール帳はすかすかで仕事ものんびり。

まあ、人口密度の低いオフィスでここぞとばかり9月提出の論文書いたり、改善活動のネタ考えたり、昼休みには英国旅行のガイドブック読んで旅行の機運を高めていますよ。宿泊予定のホテルにも問い合わせて先月の洪水の影響がなかったってわかったし、最近はお天気もめっきり夏めいてきたそうで楽しみ楽しみ。

オフィスの窓から見える夕焼けに照らされた汐留のビル群も心なしかのんびり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アニメ「天元突破グレンラガン」第20話大グレン団、復活の狼煙をあげろ!感想

おおー、来たよ来ましたよキタン!暑い夏にふさわしいめっちゃ熱い展開でこちらの頭も沸騰中!人類の存続を賭けて奮闘する新政府のロシウ。その立場を斟酌し、それでも「大グレン団」の方法で戦う道を選ぶキタンとのエールの交換に胸がじんときた。歴史には正義も悪もない。ただ人がそのように生きたという事実が残るだけだ。

歴史の無常に翻弄される人々。すべてを諦念し非情に徹する為政者。蟷螂の斧だとわかっていても振り上げられずにはいられない熱い魂。くーっ、これぞかずき脚本だ!涙がでちゃうよ。

だから、だからこそ、ロシウもキタンもみんなみんながんばれー生き残れーヘタレシモンははよ奮起しろー!(アレ?)

例によって私の感想はネタバレには躊躇がありませんので、未見の方はご注意くださいませ~。 また私の感想は劇団☆新感線の座付作家の中島かずきさんが脚本を書いたアニメという観点に基づいています。特に17話から始まる第3部はALL中島脚本ということもあって中島厨バクハツしてるので注意デス。あと青年ロシウに胸キュンキュンしてるんで、腐女子注意もひとつよろしくデス。(だんだん長くなるな注意書き)

続きを読む "アニメ「天元突破グレンラガン」第20話大グレン団、復活の狼煙をあげろ!感想"

| | コメント (5) | トラックバック (1)

「のだめカンタービレ」感想 Lesson 111

祝裏軒息子峰パリ上陸!わーすっかりと日本編に立ち戻ったような雰囲気だよ。なによりも峰のだめのお馬鹿コンビがやらかすボケに千秋が激しいつっこみで応酬っつーのがいいねえ。これぞのだめって感じで嬉しかったよ!

例によって私の感想はネタバレには躊躇がありませんので、単行本派の方はご注意くださいませ~。 

続きを読む "「のだめカンタービレ」感想 Lesson 111"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

前のめりスケジューラ

朝起きて、いつも最初にすることは、コーヒー飲みながら会社のイントラネットにアクセスしてオンラインのスケジューラ見ることなんだけど、今日のスケジュールはちょっとすごいよ。

10:30 - 12:00 A会議 5階
11:30 - 12:30 B会議 18階
12:00 - 14:00 C会議 18階
13:00 - 14:30 D会議 15階

みんな重なってるやん!12-14の会議は自分がチェアなのでフルに出なくちゃいけなくって、あとはそれぞれの主催者にあらかじめ断ってあるけどさ。どんな状態になるのかもう恐ろしくって。不器用な私はたいてい失敗しマス。

とりあえず会議室移動は階段ダッシュ。そしてお昼抜きでも耐えられるように朝スタバでクッキーでも買っていこうそうしよう。

んじゃ行ってきます。

8/8夜:追記

会議はスタバのパウンドケーキかじりながらわりとあっさり乗り切ったよ。だけど会議はあくまで手段で目的はそのアウトプット。いわゆるPDCA(PlanDoCheckAction)。決めること決めて次にすすまなくっちゃ。だから肝心なのはプレとポスト。チェアをやってる会議ではレジュメを準備しなくちゃいけないし、会議の結果のアクションプランを遂行する責任もあるしなあ。終日会議に忙殺されてると、必然的にその作業はそれ以外の時間になるわけで...うわぁぁぁ仕事しよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

灼熱の日曜日

いや~、今日は暑かったねえ。新宿に出かけたのだけどまるで真夏の香港のような出口ナシの暑さですごかったよ。それでもクリスピークリームドーナツの行列は1時間待ちでした。みんな熱射病には気をつけようね!

P1000400

メインは英国旅行の旅行用品お買い物。20年くらい前の最初の英国出張の時にハンズで買ったサムソナイトのトランクはもう5年くらい鍵が壊れてるので、まずトランク新調。これ買ったよ。ちょっとレトロ風味だけど機能は最新。

新聞の記事で気がついたのだけれど、機内への液体持込ルールがこんなに厳しくなっているとは思わなかった。2年前のロンドン同時多発テロ直後に渡英した際はセキュリティ全然手ウスだったのになあ。てなわけで機内液体持ち込み用プラスチックボトルも購入。

でもそんな旅行の買い物をしている間に、なぜか私の手元にはNINTENDO DS LITEが! 「お前、DS持ってるやん。なぜそんな無駄遣いをするんだ~」と怒る夫に「いや、たまたまビックカメラで定価で売ってたので、いまのが壊れたときのスペア用に~」っていったら更に怒られたよ。でもこれにはこないだ買った「TOIEC TEST DSトレーニング」をいれて通勤時の勉強用に使うんだ。こないだのテストが750点しかとれなくてちょっとショックだったのだ ... ってそれでも外資系かよっ!ってつっこみは無しね。ほんと英語苦手なんで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アニメ「天元突破グレンラガン」第19話がんばれ~ロシウ!感想

そして物語は怒涛のように流れ続け、ロシウの苦闘とシモンの受難が続く。見ている間息苦しくってたまらなかった。たぶんここが第3部の胸突き八丁。がんばれーロシウ..でもロシウの苦闘はもうちょっと続きそう。反乱する民衆。無能な為政者(ごめん立場的にいまシモンこうだから)と大グレン団。完全なる四面楚歌。足元に火がついてそれでも -

- それでも人類救済というプロジェクトを完遂しなければいけない。だって僕はプロジェクト・リーダーだから!

例によって私の感想はネタバレには躊躇がありませんので、未見の方はご注意くださいませ~。 また私の感想は劇団☆新感線の座付作家の中島かずきさんが脚本を書いたアニメという観点に基づいています。特に17話から始まる第3部はALL中島脚本ということもあって中島厨バクハツしてるので注意デス

続きを読む "アニメ「天元突破グレンラガン」第19話がんばれ~ロシウ!感想"

| | コメント (10) | トラックバック (3)

ぐれらがつれづれ(チラ裏注意)

DVD「天元突破グレンラガン1 (完全生産限定版)」のオーディオコメンタリーを聞きました。メンバーは、かずきさんとカミナ役小西さん、シモン役柿原さん、ヨーコ役井上麻里奈ちゃん。かずきさんがすっごく楽しそうにメンバーにつっこみをいれてるのが可愛いなあ。いや私オーディオコメンタリーって新感線のお芝居DVDでしか聞いたことがなくって、それとまったく同じ雰囲気、すなわち「画面をみながらゆる~く、和気藹々とおおむね芝居と関係ない話をしていて、ときどき関係ある話をする」なんですけど、アニメの方もそうなんでしょうか?まあ、伝わってくるのはメンバーや語られるスタッフみんながグレンラガンを大好きで一生懸命作ってるってことですな。すばらしい~。

以下ツボにはいったコメント。みんな芝居関係でごめん。

・カミナの「人の話をきいてなくって暑苦しい」キャラが最近のアニメではめずらしいとのお話に、かずきさんが「新感線ではこれが普通のキャラなんですけどねー」といってたのがおかしかった。1話で、地上から落ちてきたガンメンにカミナが見得を切った後で、グレン団の面々が「馬鹿だ」「大馬鹿だ」ってあきれるシーンなんか、まんま「髑髏城の七人」の抜かずの兵庫(橋本じゅん、アオドクロ版は佐藤アツヒロ)の名乗りシーンだもんね。

・螺旋王様のなるしーこと池田成志さんに小西さんが憧れていて会いたかったんだけどアフレコシーンが重ならず(そりゃそうだ)会えなくって悲しかったこと。「仲間の役者からの伝言もあずかってるんですよ~」と小西さん。どんだけ人気者なんだなるしー!

・みんなで麻里奈ちゃんにヨーコのコスプレすすめて、麻里奈ちゃんが胸が無いからXと断ったのをかずきさんが「大丈夫!新感線の衣装さんはニセ乳つくるの得意だから、作ってもらえばいいよ!」だってさ~。

以降はチラ裏ロシウ語りなのでたたみます。

続きを読む "ぐれらがつれづれ(チラ裏注意)"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

英国旅行心の準備

webcomなど見て心を浮き立たせてみよう!リアルタイムですよん。増える予定。

1.Edinburgh Royal Mile - 大好きなHistoric Place.絶対行く!

2.Lake District - 風光明媚な英国の箱根。たぶん行く!

3.Loch Ness - ネス湖~アーカード城(廃墟) たぶん行く!

4.York - 今回の旅行の目玉。楽しみ~!

おまけ.London Eye and River Thames - ロンドンは行かないと思うけどまだロンドンアイに乗ったことないんだよね~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

8月は大忙し

気がつくと8月で梅雨も明けてたよ。あいかわらず仕事は多忙。本日は久々に早仕舞いできて22時に家に帰ったら夫が冷製カッペリーニ(トマトと生ハムとイタリアンパセリ)とタイ風春雨サラダをぼぼんと食卓に並べやがった。「なにこの炭水化物コンビ!」と怒ったら「ちょっとずつ食べて残せばいーやん」とのたまわる。

それができたら太っちゃいませんがな。しかも俺寝るからってもう寝てるし。猫かよ!

それにしても今月後半は英国かあ。なんて実感わきません。とりあえず毎日BBCサイト見てる。なんせ先週まで未曾有の大洪水に襲われていたミッドランド。ようやく天候も安定し水も引き、断水も回復しつつあるみたいで本当に良かった。よく通る高速道路のM5が水浸しになったり、馴染みのミッドランドの某町も洪水に見舞われて一時は旅行キャンセルしようか、大陸に行き先変えようかとも迷ったんだけど、最近ようやく夏らしい気候になってきてひと安心。まあでも最高気温が20度くらいなんだけどね。

今月は新感線と粟根さんの観劇の予定もいれてるし、プライベートもそれなりにタイトなのでがんばりましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »