« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

Japan Election

選挙の夜の地上波(BSもだ!)はすべて選挙バラエティ。一夜あければ結果がわかるのに馬鹿馬鹿しいと夫はBBC Worldを見ている。でもそこでも「Japan Election Day」の話題がトップニュースで夫は心底うんざり顔だ。

自分の支持政党、マニフェストを明らかにしていないため今回の選挙の結果に対する意見は差し控えるけれど...円安加速するだろうなあ..orz。

Img_0585

猫の世界に選挙は無いよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

アニメ「天元突破グレンラガン」第18話最後までついてくよっ!感想

やべー鳥肌立ってきた。溜めも惜しげもなく提示される世界の謎と転がり続ける物語。エンドクレジットが出た瞬間にもう次週が待ち遠しくて仕方が無いっ!

こんなに大サービスしていーんですかかずきさんガイナさん!いーんです!もう20年以上の長きに渡って自分達も楽しみつつファンにサービスし続けたクリエイター達の心意気に感銘しきりデス。最後までちゃんと見届けるからねっ!選挙も行くからねっ!

例によって私の感想はネタバレには躊躇がありませんので、未見の方はご注意くださいませ~。 また私の感想は劇団☆新感線の座付作家の中島かずきさんが脚本を書いたアニメという観点に基づいています。特に17話から始まる第3部はALL中島脚本ということもあって中島厨バクハツしてるので注意デス

続きを読む "アニメ「天元突破グレンラガン」第18話最後までついてくよっ!感想"

| | コメント (13) | トラックバック (2)
|

爆笑西部(?)劇「ひーはー」感想

「YEEHAA」それは、西部劇でカウボーイ達が馬で牛を追いかける時に叫ぶ掛け声「ひーはー!」。発音は「ひー!」と後ろ上げ気味に叫んで、一度ためて「はー!」と落とす。

気鋭の脚本家にして怪優の後藤大王に、関西一の理論派役者川下Docの二人が演劇ユニット「Piper」を結成したのがもう10年も前なんだって。そこへすぐに関西一の美丈夫山内僧正が加わって、さらにずっと下ってパワーマイム腹筋さんと米米クラブの竹下さんが加わった。記念すべき10年目にして第六回公演は、大王の「別にアメリカでもなきゃあ西部でもないけど」西部劇だ!

例によってこの項盛大にネタバレしているのでまだお芝居見てない人はご注意くださいませ。ってか皆下北沢本多劇場に見に行け~。8月12日までやってるよ!

続きを読む "爆笑西部(?)劇「ひーはー」感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

酒場で仕事

花の金曜日の夜なのだ。怒涛の1週間が終わった。ひょっとしたら人生で一番キツい1週間だったかもしれない。とりあえず懸案仕事が片付いたのを見届けて帰宅の途についたのが夜10時。「It been a hard week night~♪」などと機嫌よく家についたら、ケイタイには留守電の嵐。ノーパソ立ち上げると「至急連絡請う」のメールが多々。

で、電話かけると電話くれた営業さんたちはことごとく飲み屋。ほろ酔い気分の彼らと打ち合わせしながら仕事のダンドリつけてがががとメール打って今週の仕事おしまい。いやー携帯電話と会社のイントラにつながるPCっていいね。これなかった時代はどうやって仕事していたのかモハヤ思い出せないよ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

穏やかな日曜日

穏やかな日曜日は家で仕事。飽きるとピアノの練習。イタリア協奏曲はなんとか譜読み完了。65小節目あたりからの展開はすごい好きだなあ。軽くさらっと、でも明快に弾けたら見事な曲になるんだけど、私は重くぼてっとしか弾けないこの現実。グールド先生の名演奏を聴きながらちょっとショボンヌ。ま、がんばりましょう。

眠りねこまる一丁!

Img_0359_1

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

アニメ「天元突破グレンラガン」第17話ジェットコースターだよ!感想

すげえぇぇ!やっぱりかずきさんとガイナさんはすげえや。なんだかあんまり展開速いわ密度濃いわでED終わって次回予告までただぽかーんと口を開いて画面に見入ってしまったよ。

私「すんげええ、あんまり密度濃すぎて、感想かけないよっ!」
夫「じゃあ書くなよ。お前は『ロシウ萌え~』とでも書いておけ!」
私「あ、それはデフォで。いやあやっぱりかずきさん脚本だけあってロシウの台詞がいちいち粟根さん(注)に変換できてもううひゃうひゃですよ」
夫「うるせぇ黙れ!氏ね腐女子!」

注 : 劇団☆新感線所属役者の粟根まことさん
新感線における参謀キャラ担当眼鏡役者。劇中では「眼鏡くん」と呼ばれる。殺し屋の目を持つ阪大理学部出身のマジインテリ。ちなみに今期アニメ『大江戸ロケット』の舞台時の配役は赤井さん。ルックスはまんまアニメ。すんまそん私は痛い粟根ヲタです。でも好き。

例によって私の感想はネタバレには躊躇がありませんので、未見の方はご注意くださいませ~。 また私の感想は劇団☆新感線の座付作家の中島かずきさんが脚本を書いたアニメという観点に基づいています。特に17話から始まる第3部はALL中島脚本ということもあって中島厨バクハツしてるので注意デス

続きを読む "アニメ「天元突破グレンラガン」第17話ジェットコースターだよ!感想"

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

アニメ「時をかける少女」感想(テレビ放映版)

本日フジテレビの地上波で放送された2006年版「時をかける少女」を観た。

小学生の頃に、NHKの少年ドラマシリーズの「タイムトラベラー」を見て、それと前後して筒井康隆の原作、鶴書房版(ドラマ版の写真が表紙になっているもの)を読んだ。そして大林信彦版「時をかける少女」は大学生の時に池袋の映画館で観た。つまりいずれもリアルタイム世代。大林版は、確か「ハウス」や「転校生」などとセットのオールナイト。大林大好きな夫(結婚前だが)と見に行った記憶がある。どれもこれも記憶の彼方だが。

まいった。この年になってこのオールデイズがこんな胸詰まる傑作になって戻ってくるとは思わなかった!青春SFの傑作である原作のエッセンスをそのままに、かつ原作・映像版すべて通して人物像がいちばん生きているなんて。

傑作だ。すばらしい!

夫と二人で最初は「で、誰がケン・ソゴル?」「三馬鹿トリオで女の子がいちばん馬鹿って新しくね?」とかつっこみながら観てたんだけど、もう踏切シーン辺りからだんだん言葉少なになって、後半はほとんど無言で食い入るように見てたよ。エンドクレジットがでたとき思わず二人で大きな息をついて顔をみあわせた。

私「面白かったね~」
夫「ま、フツーに面白かったな(最大限のほめ言葉)。HDDに録画したからまた見れるよ」
私「あ、DVD限定版あるよ。まだ封あけてないけど」
夫「買ってたのかよ!」

てなわけでイソイソとDVDをとりだして、限定版についていたビジュアルノートなどみながらにまにましてます。いい作品にであえて本当によかったなあ。

作品そのものの感想は、これ以上にチラ裏で私的なものになってしまうためにあえて避けます。まだ未熟で自己中で自分を中心に世界がまわっていると思っていたコドモ時代。ある出来事をきっかけに視点がぐんと広がって、人を思いやる心や未来に向かう意思が芽生える。私は「時をかける少女」は昔からそんな成長の扉を開ける話と思っているのだけど、今回のアニメ版はまさにそれを体言していたと思います。

過ぎた時は戻らず、たくさんの人々との邂逅もまた一瞬。だけど、その日々を糧にオトナになった自分がいる。さまざまな理由でお別れした人たちともう二度と逢えないかもしれないけれど、胸の奥に沈んだ遠い約束は決して朽ちることなく宝石のように輝いている。

真琴も、千昭も、功介も、みなみな瑞々しくていとおしい - 素晴らしい作品をありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

e-workな日

私の会社人生で二番目に忙しい日々続く。一番目は現場でSEとして、システム構築のプロジェクトリーダーやってた頃だけどね。あの頃は物理的に厳しかった。迫る納期。原因不明のマシントラブル。青筋立ててるお客様担当者。お付き合いいただくお客様に忍びなくて、終電で帰った振りしてファミレスでちょっと時間つぶして再びマシンルームに戻って貫徹で仕事したり。若くなきゃできない仕事だったなあ、といっても30代だったけどさ(爆)。

今は物理的というより精神的にキビシイ。まあ仲介とか調停とか書類とか計算とかおよそ私がもっとも苦手とする分野の仕事をやってるからね。それなりに気を使う(でも体は使わない->だから太るんだあ!)。全国の営業所にいる人と仕事してるから電話やWeb会議が多い。あとはひたすら書類仕事。10も20もプロジェクト抱えてると通勤の時間すら惜しい。だから今日の予定が全部電話会議だったりすると - 朝5時におきて21時の現在もなお自宅書斎にこもって会社のイントラにIP-VPNでつなげて、会社のケイタイ電話つかってひたすら仕事。これがいわゆる在宅勤務、e-workだなのだっ!あー外でたいよう(;-;)。

それにしても、朝から夕方、北から南まで全国のメンバーと電話会議しながら仕事なのだ。営業仕事やってた去年と違って客先にいけないのはちょっとフラスト。誰か私に博多のいわしめんたい送ってよう(土産かよ!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

円安に泣く

うわあ、いつの間にこんなことに!

地下鉄初乗り1000円=英ポンド、対円で高騰

ロンドン外国為替市場で17日、英ポンドの対円相場が上伸し、一時16年ぶりに1ポンド=250円を突破した。

15年ほど前、はじめて英国に出張で行った際は、1ポンド230円程であったと記憶している。それから渡英するごとに下がり続け、7年ほど前は150円位になってずいぶんとお得感があった。しかし、それを底値にして再び上昇、おととしは1ポンド230円で「おお、振り出しにもどった」と思ったよ。しかし今は250円で天井の気配すらなく!

とりあえず、ホテル代やレンタカー代をポンド270円で試算してみてめまいがした。いつも英国旅行の最後はヒースローの免税店(デパートみたいにでっかいのだ!)でバーバリーのまとめ買いをしてたんだけど今年は無しだな。ショボンヌ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

地震禍に思う

三連休最後の月曜日朝。仕事をしながらBBCを見ていた夫が声を上げた。「おいBREAKING NEWSはいってるぞ。日本で大きな地震があったみたいだ」。私達は神奈川県川崎市に住んでいるがなんの揺れも感じなかった。とりあえずNHKにチャンネルをまわしたら..。新潟で震度6強の地震が起こっていた。

被災されたかたがたに心よりお見舞いを申し上げます。

明日はわが身。できるだけのことをしたい。とりあえず赤十字の義援金可能になったらすぐにお送りします。

(義援金情報が公開されました。as of 7/18)

1.義援金名称   「平成19年新潟県中越沖地震義援金」

2.受付方法    郵便振替
3.加入者名    日本赤十字社新潟県支部
4.口座番号    00510-5-26
5.受付期間    平成19年7月17日(火)~ 平成20年1月16日(水)
6.通信欄の記載 振替用紙の通信欄に「新潟中越沖地震」と明記して下さい。
7.振替手数料   郵便局窓口での取り扱いの場合、振替手数料は免除されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

台風Day

台風4号で被災されたかたがたにお見舞い申し上げます。

てなわけで台風4号ことマンニィはぐんぐんと関東を目指してやってくる。いや増す雨風...と思ってたら、アレ晴れ間が見えてるよ?きっと渦の隙間にはいったんだね。

台風をみこして昨日のうちに食料は買い込んでるよ。お昼は夫のつくってくれたトマトモッツレラサラダ。夜はカレーにしようとせっせと煮込む。

トマトとモッツレラとスイートバジルにバジルとオリーブオイルと黒胡椒のドレッシング。三分料理だけどシャブリによくあうよ!

Img_0519

ねこまるはぐー。

Img_0515

「台風だけどせっかくの休みだしどこか行きたい所があれば車をだすよ」と夫に言われて、すかさず「お台場冒険王!」(のだめの新作があるからね)と答えたら即却下。ワイン飲んで不貞寝してたら、寝てる間に夫がミスドでチュロスとポンデ抹茶を買ってきてくれたよ。玉木くんのポスターも撮ってきてくれたけど新作じゃないのでちょっとショボンヌ。

Img_0521a_3
(肖像権有物件につき拡大はなし)

夜は半日煮込んだカレー(うまー)を食べながらNHK大河風林火山「両雄死す」を泣きながら見る。お館さまといっしょに「い~た~が~き~」と叫ぶ。ううっつ千葉先生は格好いいなあ。これもアツい男のドラマだねっ!!

で、大河みながらふと確信したんだけど、10年以内にNHKはいのうえ演出中島脚本で大河をやるね。で、脇に新感線メンバーが全員出るの~。いや冗談じゃなくて、「アテルイ」とかどうよ。染五郎丈と堤真一さんでさ。だってここ2年上川さん、うっちーと新感線組が主役だし、ナニゲに古田橋本粟根も連投してるのよ~。あったらイイナ。うっとり~<- 妄想はやめなさい~。

で、なぜか今は夫とヴォルコシガン・サーガ親世代を実写化したときの配役について熱く語っている。

私「やっぱアラールはエド・ハリスだよ~。しっぶいおじさま!」
夫「年とりすぎ。まあひとついえることは、ヴォルなんとかの貴族にはぜったいジェレミー・アイアンスがいるな」
私「ぎゃはは!絶対それあり。あ、そうそう。変態ヴォル提督はゲイリー・オールドマンで!」
夫「うーんそれ同意。、そしたらボサリはジャン・レノで。絶対表情かえない演技でひとつ」
私「レオンつながりかよ!でも渋いジャンレノならボサリもありだなあ。あと肝心のコーデリアさんがなあ。軍服きれば有能な軍人さんでドレス姿は気品のある貴婦人って難しい。シガニー・ウィーバーがも少し若けりゃなあ。マイルズ世代になったらぴったりなんだけど。あ、マイルズ殿下はイライジャ・ウッドでよろしく」
夫「ロード・オブ・ザ・リングかよ!」
私「アラール・パパはクリストファー・リーで~。パパ・ウォンカが素敵だった~!」
夫「それだとバラヤー貴族がみんな英国人になるぞ。ありゃあロシア貴族だろうよ」

なんてね。そんなやくたいもないことしてる間に台風は東の海上に去りました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

アニメ「天元突破グレンラガン」第16話すげえよ感想になんねーよ!プチ感想

さてAppendixの16話、タイトル「総集片」ときたから直球の総集編ではなかろうと思ってたらそうきたかあ!Remixとはね。最初げらげら笑ってたけどやっぱりありし日のカミナの雄姿には涙したし、シモン復活には胸アツくなったし、テッペリン攻略戦には手に汗握ったよ。

ま、とにかく私今回の総集片は全肯定です。だてに四半世紀ガイナさんにつきあってるわけじゃないよ(つきあってません)。好きー。

そしてエンディングはしょこたんの「happily ever after」にのせて、美しいイメージボード(だけじゃないね。絵コンテもあった)集と騒然の次回予告。ロ、ロシウかっこえー。ダリー美人すぎ。きわめつけシモンが王子様すぎでいったい何のアニメだよ!っなくらいのかわりっぷり。予告担当はロシウなのね凛々しい凛々しい。

ここからチラ裏開始 -
第3部の脚本はALLかずきさん。で、どうやらロシウとシモンの確執が中心となりそう(私の予想はたいてい外れマス) 。ロシウって新政府の参謀じゃん。そしてかずきさん脚本における参謀って粟根さんの役どころなのさ。粟根さんの声で次回タイトル「あなたは何もわかっていない」を夢想してはうんとなってる私は単なる新感線粟根ヲタです。すみません暴走しました。だってロシウ、あの髪型で眼鏡かけたらまんま粟根さんだよ。うわー見てえ!
チラ裏終わり -

で、見終わった後、夫がいったのさ「すげーな、今回だけ見てるとすげーおもしれーアニメみたいだ!」 ... 面白いんだよ!とにかく次回はすんげええ楽しみだっ!

公式ページ

過去感想目次
(目次独立させました)

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

新感線次回公演情報

うわあ、次回新感線公演は森田くんかあ。荒神の森田くんはくるくる動いて可愛かったなあ。でもチケットがとりにくいだろうなあ。

森田剛が3年ぶり舞台主演

新幹線オフィシャルにちゃんと情報が載っておりました。うーんこの布陣は、これをもって「いのうえ歌舞伎」と名乗るにはちと?だけど、「號」ってあるしな、いのうえさん新しいことやりたいんだろう。田辺さんとイケテツ、あと山内さん(今月の演劇ぶっくの表紙かっこヨス)と木場さんに期待~。田辺さんは荒神とクドカン舞台で見たけど、いずれもかっこ面白キャラがはじけててステキだった。声もいいしね~。

いのうえさんが人斬り以蔵の話をどう料理するのか、少なくとも陰惨にならずにエンターテインメントでもってくるのだろう。楽しみ楽しみ。でもチケット...。

いのうえ歌舞伎☆號 『IZO』

作:青木 豪

演出:いのうえひでのり

出演:森田 剛 戸田恵梨香/田辺誠一/千葉哲也 粟根まこと 池田鉄洋 山内圭哉/木場勝己 西岡德馬

東京公演:青山劇場 2008年1月
大阪公演:シアターBRAVA! 2008年2月


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

「オトナアニメ」Vol5 グレンラガン特集を読む

脈絡なくはじめマス。有給休暇なので、アマゾンで注文したオトナアニメVol.5 (洋泉社MOOK)のグレンラガン特集、かずきさんロングインタビューを読む。

例によって私の感想はネタバレには躊躇がありませんので、雑誌未読の方はご注意くださいませ~。 また私のグレンラガン特集に関する感想は劇団☆新感線の座付作家の中島かずきさんが脚本を書いたアニメという観点に基づいています。

続きを読む "「オトナアニメ」Vol5 グレンラガン特集を読む"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

今日はお休み

本日は有給休暇をとったのだ。と、いってもドコカにいくわけでなく(天気悪いし)、家でぐだぐだしてる「休日のお父さん」状態。まあ急ぎの仕事も片付けたし、四連休にしてプレ夏休み気分でのんびりするぞ~と思ってたら、本日締め切りの資料作成の仕事を忘れていたよ。朝の催促メールで気がついて、泣きながら資料作成中デス。ほんと要領悪いよな私。おまけに在宅仕事しながらも、急ぎのメール来ていないかな?とちらちら会社のメールボックスを覗いてるし、なんかワーカホリックみたいでイヤンな感じ。

まあでも仕事はそれだけなのだ。パワポに飽きるとピアノを弾いてるよ。お教室はつい先だって発表会が終わったばかりなのに、次の発表会は12月と聞いて唖然。半年に1回の発表会なんだって。まあスレた大人のピアノクラスだからね、〆切が見えてないと熱がはいらないのかもなー、少なくとも私はそう。

先生と次の課題曲を相談していて、今度はバッハをやりたいと訴えたら(古典好き)、じゃあといってすすめられたのが「イタリア協奏曲」。そんな誰でも知ってるメジャー曲間違えたら一発でわかっちゃうよー(;-;)。

でも曲自体は大好きなので、弾いてみようと楽譜を買って見たら...気が遠くなったよ。特に3rd Mov.のプレスト、こりゃあムリだ。とりあえず1st Mov.のアレグロだけでも頑張ってみようってことになりますた。あと4ヶ月で仕上げられるのかなあ(;-;)

バッハは古典派なのでとにかく正確にキカイのように弾くことを要求される。でも綿密に計算された楽譜通りに弾くとそこから立ち上がってくる荘厳なメロディーの深さ美しさは他に類を見ないほどすばらしい(と、私は思ってる)。まあいけるところまでいってみよー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

のだめドラマパリ編!

おおーっ、ついに先生パリ編映像化OKしたかあ。2夜連続ってことは、指揮コン+のだめコンヴァトとサン・マロくらいまでやってくれるのかなあ。半年先のビッグなお楽しみをありがとう!嬉しいなあ。

のだめがフジ系新春スペシャルで帰ってくる!2夜連続放送

昨年10月期に放送され、クラシックファンを急増させたフジテレビ系月9ドラマ「のだめカンタービレ」がスペシャルドラマになることが10日、分かった。放送終了後、続編希望のメッセージを寄せるファンに応えたもの。舞台を花の都、パリに移し、上野樹里(21)扮する主人公のだめと、玉木宏(27)が演じた千秋のその後を描く。来年新春の目玉として2夜連続放送される。


フジテレビ発表追記

 連ドラで積み重ねたキャラクターの魅力はそのままに、フランス編で新たに登場するキャラクターたち。それを演じるのはいったい誰なのか? そして、外国という設定を逆手にとった“のだめワールド”ならではの展開とは、果たしてどんなもの? 今後の情報に、ご注目いただきたい。


| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

アニメ「天元突破グレンラガン」第15話激動感想

ぐわー、朝っぱらからすごいものを見てしまったあああ。ここ20年でちゃんと見たロボットアニメはエヴァくらいなんだけど、なんだかずーっとロボットアニメ見続けていたよな気になってしまったよ。動画枚数20,000枚というウワサでOVAならともかく30分のTVシリーズの枠もクオリティも完全に超えてるし。採算度外視してナニをするつもりなんだガイナさん!

例によって私の感想はネタバレには躊躇がありませんので、未見の方はご注意くださいませ~。 また私の感想は劇団☆新感線の座付作家の中島かずきさんが脚本を書いたアニメという観点に基づいています。

続きを読む "アニメ「天元突破グレンラガン」第15話激動感想"

| | コメント (0) | トラックバック (2)
|

だらりホリディ

6月は期末で殺人的な忙しさ。期があけたからちょっとは落ち着くかなあなんて思っていたら、うちの営業たちは働き者。なんだかいろいろ新規商談がやってきて嬉しい悲鳴。締め切りも来週から8月頭までとりどりで、仕事の内容もとりどり。今度はポカミスやらないように気をつけないとね。

でも6月は週末も仕事やピアノの発表会の準備でほぼつぶれてた。そういう意味では今週末は、宿題がほとんどないので嬉しいな。朝からピアノの次の課題をおけいこしたり、ワイン(アル中だしな)飲みながらたまっていたHarvard Business Review読んだり、英国旅行のプランを練ったり、だらだらとしまくりで洗濯掃除で家を走り回っている夫に怒られまくり。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

雨のブラッスリー

久々に梅雨らしい天気。雨はヤだけど、ちょっとほっとしたりもした。でも家に帰ってニュースをみたら、九州地方では梅雨末期の豪雨で犠牲者も出てて、本当に自然はままならないと嘆息。

そんな雨の丸の内の夕暮れ時を傘差して早めに退社。友人とブラッスリー・オザミ。4500円のプリフィクスコースを友人ととって、シェアしながら食べる。リーズナブルでカジュアルなフレンチ。おいしいワイン。いい感じの生ピアノ演奏。バーでおつまみにプレートとって飲むも良し、コースでしっかり食べるも良し。いやー良かったです。

前菜:エゾジカのスモーク生ハムと野菜の蒸し煮コリアンダー風味(Etuve de Legumes a la coriandre au chevreuil fume )...鹿ハムが滋味あっておいしかった~。

オマールエビのテリーヌ 青森直送蜜リンゴのソルベ添え(Terrine de Homard aux pommes)..まったく砂糖を使っていないリンゴのソルべのさっぱりした甘みとオマールエビの身がごろごろはいったテリーヌがよくあうんだ~。

主菜:仔鴨モモ肉のコンフィとカルカッソンヌ風カッスーレ(Confit de canard en cassoulet facon Carcassonne)..コンフィもカッスーレも大好きなので迷わず選ぶ。鴨は外がカリッとしていて、なかはほろりとやわらかくってこれぞコンフィって感じです。ワインのつまみにあいますよ

黒毛和牛のタルタル赤ワインマリネ生肉ステーキ(Steak tartare vin rouge)..えっとこれはユッケ。生~。ユッケうま~。フレンチフライが山盛りついてきた。

デザートは友人はリンゴ、私は生フルーツのタルト。 ふつーにおいしかったです。

友人へ私信:玉木くんと玉山くんは違う人デスよ!わたしものだめの前は区別ついてませんでしたが。以下玉木くんの載っているWebページ...って私ただの痛い玉木ファンですねすみません。

千秋にしか見えないマツダのDemio発売予告CM
ラジオCMが嬉しい読売新聞玉木ページ
茶髪玉木くんのミスタードーナツ
樹里ちゃんと一緒のNEC
もえちゃんとどっちがキレイ?のパルレ
正直どうよのSEED眼鏡玉木くん
実は四国電力のキャラクター

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

つれづれにゃるままに2.0

あーおとといWOWOWでみた「The Hitchhiker's Guide to the Galaxy」(いわずとしれた故ダグラス・アダムスの傑作英国趣味の悪いジョーク満載SF「銀河ヒッチハイクガイド」の映画)のオープニングミュージカル「So Long and Thanks For All The Fish」の歌詞が頭を離れない~。一日中「ソロンソロンソロンサンクフォオーザフィッシュ~♪」と歌ってるよ。

あ、ピアノ発表会は無事終了。ステージにたってスポットライト浴びたら頭真っ白になってちゃんと弾けていたのかもはやなにも覚えていませんが少なくとも止まらずに弾けて良かったよ。大人のクラシックピアノクラスは年もレベルもばらばら。でも共通しているのはみんなピアノを楽しんで弾いていること。私はまだまだぜんぜんだけど、もっと指が動くといいなと、リストやショパンを弾いている人たちをみて思った。もっとがんばろうっと。

英国旅行の手配はほぼ完了するも、前回2005年の渡英直前同様、再び英国でテロ。当初スコットランド入りはグラスゴーエアポートからと考えていたので、車突入画像はひどく衝撃的だった。十分に心構えをしていかなければとBBC Newsを読む毎日。

最新状況(as of 7/2) ちょっと安堵...いやいや油断は禁物。いずれにせよ英国は今、Critical condition。


Travel security raised amid alert

Today's travel situation:

Stansted, Liverpool John Lennon, Southampton, Edinburgh and Aberdeen airports all reporting normal service

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

アニメ「天元突破グレンラガン」第14話展開はえーよ感想保留

わー、なんだか展開がどんどんはやくなって、崖っぷちを海に向かってつきすすむレミングスみたいー(いみふめ)。作画は神。さらヤマとマクロス劇場版と(私の知らない)イデオンとザブングルと....ええっともうなんだかわからないくらいのオマージュの嵐。中島さんとガイナさんは、長浜アニメから連綿と続く近代ロボットアニメの歴史をグレンラガンでまるごと描こうとしているんだなあ。物語と作画の両方で。それってすごいチャレンジャブル。いまのところまだ破綻していないけど、先が見えてないだけに不安感がぬぐえないのもまた事実。がんばれー。

で、今週の感想なんだけど、14・15話でワンセットのテッペリン攻略編ということなので、来週を見てから描こうと思う。正直今回の話の展開にはややフラスト。走るだけ走ってぽーんと放り投げられた気分でナニも解決していないからね。それもこれも来週のカタストロフがあるからと思いたい。てなわけでまた来週。

公式ページ

過去感想目次
(目次独立させました)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

本日のねこまる

ああ、やっと仕事も一段落してねこまるの寝顔をアップする余裕が。ねこまるナウ。

Img_0444_1


てなわけで今日はこれからピアノの発表会。ぜんぜん仕上がってないけど楽しんできます(^-^;)。グレンラガンの感想も後であげるね。板野サーカスは我々ロートルへのエールですか?夫は三段空母だヤマトだイデオンだーと懐かしがってました(私イデオン見てないので知らない。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

アニメ「天元突破グレンラガン」感想目次

続きを読む "アニメ「天元突破グレンラガン」感想目次"

|
|

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »