« 爆笑西部(?)劇「ひーはー」感想 | トップページ | Japan Election »

アニメ「天元突破グレンラガン」第18話最後までついてくよっ!感想

やべー鳥肌立ってきた。溜めも惜しげもなく提示される世界の謎と転がり続ける物語。エンドクレジットが出た瞬間にもう次週が待ち遠しくて仕方が無いっ!

こんなに大サービスしていーんですかかずきさんガイナさん!いーんです!もう20年以上の長きに渡って自分達も楽しみつつファンにサービスし続けたクリエイター達の心意気に感銘しきりデス。最後までちゃんと見届けるからねっ!選挙も行くからねっ!

例によって私の感想はネタバレには躊躇がありませんので、未見の方はご注意くださいませ~。 また私の感想は劇団☆新感線の座付作家の中島かずきさんが脚本を書いたアニメという観点に基づいています。特に17話から始まる第3部はALL中島脚本ということもあって中島厨バクハツしてるので注意デス

パブリックに苦悩する補佐官ロシウとプライベートな自嘲に耽溺する総司令シモン。それぞれのアプローチで世界の謎にたどり着き、自分達が7年前にしでかした事の意味を知る。震撼するロシウと奮い立つシモン。

そしてニア - アンチスパイラルのメッセージをその遺伝子に秘めた滅びの使者。シモンはあくまでニアを取り戻そうとするが、そこにはもう昔の彼女はいない。冷たく美しい瞳でシモンの前に姿をあらわし人類殲滅を告げるその姿はまさに阿修羅王@阿修羅城の瞳(注)そのものだ。ものすごいデジャブ。戦闘服にも着替えちゃったし、ここはやっぱりシモンと一回は切り結ぶんだろうなあ。ただ間違いなく言えることは、螺旋の王(になるであろう)シモンは反螺旋の姫ニアを決してあきらめないだろうということだ。

それにしても前螺旋王ロージェノム様の再登場は首だけでもうれしい限り。開口一番が大あくびなんて最高じゃないですか。なるしーらぶ(こればっかり)。

「聞かせてもらうぞこの世界の謎を」。ただひとりロージェノムと対峙するロシウに語られる1000年前の戦いのいきさつ。この宇宙に生まれた螺旋族という強烈な生命力とポテンシャルを持つ生命体。瞬く間に宇宙を席巻する螺旋族に危惧を抱いた反螺旋族は、螺旋族を討伐する。戦いに負けそれぞれの母星に封じられた螺旋族。ある一定の数に達すると殲滅装置が発動する監視下におかれて。かつて螺旋の戦士として反螺旋族と戦ったロージェノムは、なんとか人類を存続させるために、人類が増えぬように滅びぬように獣人を使って慎重に支配し続けたのだ。

しかし、カミナやシモンが現れたように、螺旋族の生命力はどんなに押さえつけられようとも、天に向かって突き進むことを止めない。その光は戦いに敗れ失望し1000年の倦怠に身をおいた螺旋王の血を騒がせるほどに強烈だ。

螺旋族の螺旋がDNAなら、反螺旋族はDNAを持たない生命体(珪素系?)。だから「ムガン」が無機質なCGキャラなんだろうなあ。

ロージェノムがロシウに、ニアがシモンに語る人類殲滅システムの正体は月。発動後3週間で月が地球に衝突し人類は母星ごと殲滅する。人類全体に発信されたニアのメッセージはカミナシティを混乱に陥れ、民衆は暴徒化する。混乱の元凶として責められるシモン。民衆を沈静化させようとして失敗するロシウ。

彼らはそれぞれに民衆を護り、生き残る道を模索し始め - 対立する。ロシウの命で捕らえられ、裁判にかけられるシモン。

大丈夫かロシウ!月が落ちてくるまであと3週間しかないぞ!そしてヨーコは!きっと囚われのシモン(ついでにヴィラルさんも)を助け出すんだろうけれどはやく来い~。

オトナアニメのインタビューで、かずきさんは第3部はプロジェクトリーダーの苦悩を描くといっていたけど、まさしくロシウのことだったのだなあ。人類壊滅という未曾有の危機(しかも自分達の責任で)をひとりその肩に背負って、生き残る道を模索するロシウをひたすら応援するよ!はやくシモンと共闘できる形に持っていければいいなあ。やっぱ第3部ラストは二人でグレンラガンにのって合体してほしいなあ..でもちょびっと死亡フラグが立ってて怖い。

お願い、人類が生き残ったらやっぱりロシウが治めなきゃ文明が成り立たないだろうからちゃんと生き残って、シモンが反螺旋族の決戦に出かけてる間も地球を護ってねっ!

公式ページ

過去感想目次
(目次独立させました)

(注意) 「阿修羅城の瞳」の解説
かずきさんの手になる戯曲で、「いのうえ歌舞伎」として新感線では1987年の初演を皮切りにこの20年で三度再演され映画にもなっている。(名戯曲だが映画版はベツモノ)

■あらすじ:舞台は文化文政の頃の、鬼が席巻する魔都と化したパラレル江戸。鬼退治を生業とする主人公病葉出門(わくらばいずも)は、美しき女義賊「闇のつばき」と出会い恋に落ちる。が、実はつばきは、56億7000万年の長きにわたり鬼達が待ち続けた救世主「阿修羅王」であった。阿修羅の血に目覚め鬼を率いて人類を征服しようとするつばきに対峙した出門は彼女を愛するが故にともに滅びようと戦いをしかけるのでありました。

出門役は初演の古田新太を除いて一貫して市川染五郎(でも基本的に古田さんへのアテガキキャラです)。つばきは白石恭子(当時の新感線の看板女優)、富田靖子、天海祐希 、宮沢りえ(映画版)と毎回変わるけど、やっぱり天海さんの阿修羅が女王然としていて最高に美しかった。

■グレンラガンとの相関性
「闇のつばき」の肩に浮かび上がるつばきの形の赤いアザ。それが発光するときつばきの心の中に眠っていた阿修羅の血が目覚める。目覚めた後のつばき=阿修羅は、以前の記憶を持ちつつまったく別の人格になってしまい、人類に敵対する。阿修羅の変容シーンはニアの変容シーンと同一モチーフだし、シモンの前にあらわれたニアが静かに人類殲滅を告げるシーンも戯曲と似ている。

■でも最後が…
実は変容後の阿修羅が心の中に潜むつばきと葛藤するシーンは明確に描かれてはいない。彼女の恋心が滅びていなかった唯一の描写は、クライマックスの一騎打ちのシーンだ。出門と敵対するものになってしまった以上、彼女の恋心を貫くためには鬼として出門に滅ぼされるしかない。その心を斟酌した出門は彼女を討ち、阿修羅城とともに滅びる道を選んだ。もちろん私はニアとシモンにこんな最後を望んではいない。なんとかシモンには黒ニア様ごとニアを引き受けて助けてほしいなあ。

|

« 爆笑西部(?)劇「ひーはー」感想 | トップページ | Japan Election »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

また 来ちゃいました ツフィーです。感想バッチリでした。オレの考えてるようなことを書いてくださって いやはやすごいっス!! nyaさんは ホントすごいっス!! やっぱり シモンとロシウは ぶつかり合うことは 避けられないんでしょうね…。 アニキ…… カミナって 月にいてたりして? ま、それは ないか…。今の機械文明の発達した時代に もしも アニキがいたら…って考えてしまうのは ワタシだけ? かしら。 あと しょこたんの OP アレ 最初は そうでもなかったけど 回を重ねるごとに 心に響いてきますね。すごい歌やわ。あの歌を書いたメグロックさんも。あ!また長くなってごめんなさいまた 来ますんで。ほな このへんで。さようなら。

投稿: ツフィー | 2007.07.29 16:52

おお、ツフィーさん、コメントありがとうございます!

私はロシウ萌えなので、「きっとロシウは心の中ではコドモの頃のままシモンを慕っているのだけれど、立場上仕方なくシモンを断罪してるのだわっ!でも最後にきっときっと.」などと思っておりますよん。苦労人ロシウには幸せになってほしいです(;-;)

しょこたんのテーマソングいいですよねえ。「happily everafter」とあわせてすごい深い内容で大好きです。携帯音楽プレイヤーにいれて通勤のおともにしてますよん。

投稿: nya | 2007.07.29 22:04

毎度おなじみツフィーです。いやいや毎度毎度オレみたいなヤツのためにコメント返し ありがとうございます。いや〜こうして グレンラガンの話をブログを通じて ですけど コメント交わしながら話せることに 幸せを感じておりますよ。 ウチの周りに グレンラガン見てるヤツが1人もいてないという nyaさんからすれば 信じられない状況なんです。だから カミナの名言やシモンの名ゼリフ 『お前の信じる お前を信じろ!』や『墓穴掘っても堀り続け 掘り抜けたならオレ勝ち!』 なんか言っても みんな ??な顔してます。ま、オレは我が道を走ってますが(笑)。
しょこたんの B面←言い方 古っ! C/Wね。あれも グッと きますネ。オレ 実は 最近 ウチで15年飼ってたネコが 死んじゃったんですよ。……で その しょこたんの歌聴いてたら 消えて逝ったカミナ と 死んでいったネコ と しょこたんの歌の歌詞が重なって涙が止まりませんでした。もう 今は大丈夫ですけど それぐらい いい歌ってコト ですよね。 オレも性格が碇のシンちゃん みたいに 弱いところがあるので シモンとも似ているのかな?と思ったりしてたんですが シモンはシンジとは また別?なんですね性格が…。字数足りないんで また来ます

投稿: ツフィー | 2007.07.30 01:25

お邪魔しま〜す♪♪♪ツフィーでーす♪♪♪また ネーミングについて です。穏やか(ダヤッカ) と 陽気(キヨウ) の 間に生まれた子供が 安寧(アンネ)って ようできてますね。しかし 自分たちの してきたことが間違っていたのか!?と疑問に思うようになるのは かつての名作 ザンボット3 を 彷彿とさせますよね。nyaさん、ザンボットは!?ご存知?ですか?ね?オレも あんまり ストーリー詳しくないんやけどネ(笑)。 まさしく いろんな ロボットアニメがミックスされてますね。まさか、板野サーカスがグレンラガンの中で見られるとは思ってもみませんでした。あと17話で シモンとロシウの引きの画のとき エヴァの 碇指令と冬月の話し合いをしている場面を思い出していたのは ワタシだけ?かしら?螺旋族と反螺旋族の対立構造の話は作中のロージェノムが語っていた口ぶりよりnyaさんの目線で語る説明の方が ものすごく かみくだかれていて わかりやすかったです。 残り話数もじっくりかみしめながら観賞したいと思います。そして そのあとは 復習として nyaさんのブログに飛び込んで、nyaさん 独自の解釈を読ませていただこうと思っております。いろんな ラガンのブログ見てきましたがここが1番ですわ

投稿: マルハンで大海物語で1万円負けちゃった男とは…ツフィー…オレのこと。 | 2007.07.30 19:46

おおお、ツフィーさん、アツいコメント2連発ありがとうございます~!

うちだってグレンラガン見てる人なんて回りにいませんよう(;-;)なんせ中間管理職世代だし、会社じゃヲタのカミングアウトしてませんから!そして唯一ヲタ仲間の夫は「黙れ腐女子!」ですからねえ。

15年飼ってた猫を亡くされるなんて...本当にお悔やみ申し上げます。傍にいることが当然だった存在がいなくなるのは本当につらいことです。お察し申し上げます。

ザンボットは私もリアルタイムに観ていた世代なので痛烈に感じました。正義と信じて戦ってきた自分達は実は - というのは私はアリだと思ってます。ただかずきさんは、必ずやそれに納得のいく回答をくれると思ってますけどね。

どんどん遊びに来てくださいね~。

投稿: nya | 2007.07.30 22:04

毎度ーっ酒屋ですぅ!ちゃうちゃうツフィーです! nyaさん ウチのネコへお悔やみの言葉 ありがとうございました。しっかと受け止めました。ご丁寧にどうも 気を使わせてしまってすいませんでした。
ザンボット3 知ってはったんですね。それも リアルタイムっスか! (・o・)ビックリ クリクリ クリックリ! クイッククイック ドットコム ッテカ… 驚き次郎です!ソレ轟ですから〜!! 日本新記録です!! 古っ!!!
オレと同じく周りに話せる仲間がいない…とオレと同じくカミングアウトできずいる…と似てますネ 状況。 旦那さん シドイ〜っ!(>_<)\ (^o^) (笑) 正直 最初 キャラや背景が ザブングル…っぽいな〜って 思ってて 途中で見るのを 断念しようとした時もありました。でもオレはガイナックスを信じていました ナディア エヴァ カレカノ 王立宇宙軍と 見てきたオレを。 あの名言を聞き入れた時に1話からずーっと逃さず見てきてよかったと思いました。『オレが信じるオマエじゃない オマエが信じる オレでもない オマエの信じるオマエを信じろ!』これ このアニメの放送終わってもずーっと心に残ってるというか、刻まれてる言葉やと思ってるんですよ。これを名言と言わずして何を…ってネ!

投稿: ツフィー | 2007.07.30 23:15

nyaさん! オレも買いましたヨ!‘オトナアニメ’。 ブログの別の欄に この本のこと 書いてあって しょこたんも オトナアニメ ギザ面白ス!(笑) お買い得だお (笑) ……(笑)←は オレが笑ろたってコト。 と お二人のコメント読んでいたら 欲しくなって 本屋に行った時は ついでに その本探してたんです。昔、一時 アニメ系の雑誌 買ってた時期もありましたが、そっち系の本買うのは ひさかたぶりなんで とまどいも あり〜の… 探しましたよ。オレね ニュータイプ や アニメージュ の ような本かなと思ってたんですが アレですね、意外とあの本小さかったので びっくり! そら見つからんわ。 オレたまたま大きな書店に入ったら たまたま目につくところにあったので、すぐさまGET!しましたよ。 やっぱり お二人が言ってただけあって めっちゃ面白いじゃないっスか!! 値段以上にお得感があっていいっスよ!! そやけど 普通にアニメ雑誌やと思って買いに行ったら すぐには見つかりませんよ。店員に聞いたりしないとね。 いや でも ホンマ面白いっスわ!! オレ いつも nyaさんのブログにコメント書いてたら 字数オーバーですって表示されるんです。(^o^;)ゞ ドンダケカキコンドンネン!! ッテネ…(笑)

投稿: ツフィー | 2007.08.01 19:36

おお、ツフィーさん、アツいコメントをありがとうございます!

オトナアニメ小さい判なんですよねえ。でもヨミゴタエはばっちりでしょう?しょこたんのブログは私も愛読してます。すっごい才能の塊で努力も怠らない、好きこそものの上手なれを体言している女の子でみていて気持ちがいいですな。

またコメントくださいね~。

投稿: nya | 2007.08.01 23:38

おはようございます☆ラガンインパクトではないところでの登場ですいません。nyaさん!なにやら 旅行に行かれるとか? 細かいことや詳しいことはラガンのところ以外はあんまり目を通していないのでよくわかんないんですが もしですね、ご旅行に行かれるのであればですね、ワタクシが楽しみの1つにしております グレンの感想コメントが読めないのでは?と思い、ちと気になって書かせてもらいました。…ってことはnyaさん自身も リアルタイムでオンエアチェックできないのでは?とか余計なお世話的な心配までしたりしちゃいました(汗)←↑広川太一郎 風味で まぁ、でも 最後まで見届けるよ!っておっしゃられていたので その点は ウチが心配することじゃないっスね!! 話かわって 9月1日公開のエヴァ nyaさんやっぱり見に行かれるんですか? オレは… どうだろォ?う〜ん…ちと 決めかねてます
今回 字数オーバーを 気にして ギチギチで書いてしまってすいませんでした。
ロボットアニメで好きなのは第3位 ダンガイオー 男1人女子3人の逆構成(笑)(今までの合体ロボって男4に女1みたいな構成が多かったので)が新鮮でした 当時は。2位と1位は…?

投稿: ツフィー | 2007.08.03 22:03

続けて書かせてもらいます。第2位は グラヴィオン こちらも変則構成で 男2人 女4人 なんですが 大張正己のキャラデザは もちろん ロボを書かせたら1番じゃないでしょうか。 そしてそのパイロット6人なんですが 気弱な主人公、考えるより行動の熱血野郎、
↑の幼なじみのキャピキャピっ子、 でかパイねーちゃん、悩み続ける少女、 ↑の身の回りの世話をするメイド、 と個性 際立つ6人が大張メカに マッチしてて 見ごたえ十分でした。オレ的には 続編のグラヴィオン ツヴァイが オススメです。OPのJAM プロジェクトが歌う 紅の牙 これがまた いいんです!
そして 輝く第1位は やっぱり グレンラガンですわ。カミナの兄貴にここまでハマるとは 思っていなかったし、セクシーなヨーコ 天然風味の不思議チャン ニア 最初は影が薄かったけど今では立派な男になったシモン テッペリンでの攻防から螺旋王との決戦は 最高!の一言。 しょこたんのOPも挿入歌もバッチシだし。現在 文句なしの1位です!!

投稿: ツフィー | 2007.08.03 22:04

ツフィーさん、いつもコメントありがとうございます!

グレラガ関係のコメントを移動させてもらいました。すみません~。

ロボットアニメといえば、ダイターン3とかダンバインとか、もはや大昔のアニメしか思い浮かばないので最近のアニメはさっぱりわかりません~(;-;)。

あ、バカンス中は勿論予約録画ですよ~。帰ってからしっかり感想書くつもりです~。

でわでわ。

投稿: nya | 2007.08.03 22:14

すいませんでしたnyaさん。暴走ぎみの趣味の押し付けのようなコメント2連発 お許しくださいませ。勝手にnyaさんがロボットアニメに詳しい方と決めつけての書き込みをしてしまい反省っス!!
さて 話をラガンに戻しまして、実はオレの予想なんですけど、新しいキャラとして エマというキャラクターが登場?! (エマ→マエ→前) 上、下、横、後、右、左、 と きて前が残ってるがな〜とずっと引っ掛かっててですね。これは新しいキャラが出てくるんじゃないの?みたいなことを考えておりまして。あ!アカンアカン!! オレ 日常でもグレンのこと 考えてもうてるっ!! ちとヤバいんでしょうか オレ?(笑) ただ救いは 幸か不幸か、周りのみんなはオレが大のラガン好きってことを知らないってコト……。 (>_<)ゞ デモ、 ミンナニモ、ラガン ノ オモシロサヲ ツタエタ〜イナ!!モドカシーゼ…。でも ブログとはいえ 共通の話題でコメントしあえるってゆうのはやっぱ いいっスね!!特にオレの場合、話し相手? コメント相手というべきか が nya さんでホントよかったです! すごく大人な意見であり てきかくにまとをえている所はお世辞抜きで尊敬に値します。オレ、nyaさんとめぐりあえて本当によかったって思っています。コレカラモ ヨロシク ドウゾ

投稿: ツフィー | 2007.08.04 01:32

ツフィーさん、コメントありがとうございます!

いえいえ~、こちらこそ全然ウスいファンなもので、あきれないでくださいね~。

そういえばカミシモヨコウシロミギダリでマエがありませんねえ。第4部の宇宙編のあの副官さんあたりがアヤシいかな?

私も日ごろ結構特に通勤途中にグレラガ考えてますよ~。特にロシウの日常生活や会話をほわほわ考えている腐女子っぷりです。

また遊びにきてくださいね!

投稿: nya | 2007.08.04 09:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33364/15934277

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ「天元突破グレンラガン」第18話最後までついてくよっ!感想:

» (アニメ感想) 天元突破グレンラガン 第18話 「聞かせてもらうぞこの世界の謎を」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
天元突破グレンラガン2 地上の人類が100万人を越えた時、現れた兵器。まさにそれは、ロージェノムの予言どおりであった。そして、人類へと宣戦布告したその人物は・・・。 [続きを読む]

受信: 2007.07.29 11:20

» 【シモン】天元突破グレンラガン18話『聞かせてもらうぞこの世界の謎を』【ニア】 [失われた何か]
3部になってますます熱くなり続けるグレンラガン。今回はネタバレ回。 かつて螺旋族(人間)と反螺旋族の戦争があって螺旋の戦士:ロージェノム)側は敗北。 ガンメンそしてグレンラガンは螺旋族側の兵器だった。 螺旋族は... [続きを読む]

受信: 2007.07.29 12:28

« 爆笑西部(?)劇「ひーはー」感想 | トップページ | Japan Election »