« アニメ「時をかける少女」感想(テレビ放映版) | トップページ | 穏やかな日曜日 »

アニメ「天元突破グレンラガン」第17話ジェットコースターだよ!感想

すげえぇぇ!やっぱりかずきさんとガイナさんはすげえや。なんだかあんまり展開速いわ密度濃いわでED終わって次回予告までただぽかーんと口を開いて画面に見入ってしまったよ。

私「すんげええ、あんまり密度濃すぎて、感想かけないよっ!」
夫「じゃあ書くなよ。お前は『ロシウ萌え~』とでも書いておけ!」
私「あ、それはデフォで。いやあやっぱりかずきさん脚本だけあってロシウの台詞がいちいち粟根さん(注)に変換できてもううひゃうひゃですよ」
夫「うるせぇ黙れ!氏ね腐女子!」

注 : 劇団☆新感線所属役者の粟根まことさん
新感線における参謀キャラ担当眼鏡役者。劇中では「眼鏡くん」と呼ばれる。殺し屋の目を持つ阪大理学部出身のマジインテリ。ちなみに今期アニメ『大江戸ロケット』の舞台時の配役は赤井さん。ルックスはまんまアニメ。すんまそん私は痛い粟根ヲタです。でも好き。

例によって私の感想はネタバレには躊躇がありませんので、未見の方はご注意くださいませ~。 また私の感想は劇団☆新感線の座付作家の中島かずきさんが脚本を書いたアニメという観点に基づいています。特に17話から始まる第3部はALL中島脚本ということもあって中島厨バクハツしてるので注意デス

おおっ、そうきたかあ!3部の脚本を全部かずきさんが書くと聞いたときから、視点を一気に引き上げて群像劇を書くんだろうと思っていた。人類レベルの大きなイベントを俯瞰で動かす。熱血主人公。戦うヒロイン。翻弄される仲間たち。裏切り。冷静に状況を見極める黒幕。戦火の中の愛や労り。そしてナニモカモ過ぎ去った後の寂寞感。生き残ったものが背負う荷。

大丈夫。物語がちゃんとうねってる。これはまるで「いのうえ歌舞伎」だ。面白くないわけがない。第3部もまだまだ走るよ!

しかし、ナニカのプログラムが発動し、人類に戦線布告したニアは、まんま阿修羅王@「阿修羅城の瞳」だね。ウェディングドレス姿でシモンに三つ指ついて「月でお待ちしています」と言いそうな感じ。黒ニアは心の中に封じこめた白ニアのシモンへの恋心との葛藤に苦しむのか。第3部ラストはシモンと月での一騎打ちか?!かずきさんのお約束展開のひとつに「クライマックスは男と女の戦い(=情交シーン)」があるからちょっと心配。(そんな展開にはならないと思います)

そしてロシウ。あの第5話のロシウの故郷のアダイの村の話が世界観の伏線になっているとは思わなかった。となると司祭から聖典を託されたロシウが後にそれを読み解き、世界の謎を明らかにするために生体コンピュータ(螺旋王そのものとは!)を造ったのだな。大局を理解しないシモンと大グレン団を抑え、政治と科学を整え、市民の生活を護り、その裏で世界の謎を解く - 若いのになんて有能なんだロシウ!ロシウだけが真に人類の存続を考えている。即ち螺旋王の立場に立っているのだと思う。しかし、若さゆえ、そして「世界の謎に近づきたい」がゆえの早急さに不安が募る。シモンと袂を分つフラグはばちばちたってるよ。なんとなくミスリードって気もするけどね。

月からの敵にロシウの制止のかいもなく、グレンラガンで打って出るシモンの姿に、ロシウは「なぜ楽な道を行く」と臍を噛む。そのコトバ通りにシモンの圧倒的なドリルパワーで倒され四散した敵のカケラは爆弾の雨となってカミナシティに降り注ぎ都市は壊滅する。

さすが90年代オマージュの第3部。それまでの力と気合で押すシモン(=カミナ)の戦いでは通らない、一筋縄ではいかない強大な敵を相手にしているのだと納得させられるシーンだ。

人類の復興、知のロシウと情のシモンとの軋轢、アンネの誕生、人類殲滅のフラグ、二アの覚醒、宣戦布告と目にも留まらぬスピードで繰り出されるエピソード、その後ろで大きな物語がうねりだす。語り部はロシウ。さて、シモンとロシウは自分たちのしでかしたことにそれぞれどのような後始末をつけるのか。シモンはニアを取り戻すことができるのか。そして何より人類は生き延びることができるのか。まさに中島脚本の独壇場なので、安心して物語をゆだねることができる。

スピンアウトして峰不二子化したヨーコとエンキドゥドゥを失って捕まり収監された(←どうみてもグレンラガンに乗るフラグじゃないのか)ヴィラルさんの動向も見逃せないねっ!

ま、とにかく面白い作品は好きだっ!そしてロシウも大好きだっ!結局キャラ萌えかよ腐女子ww! 次週を刮目して待ってるよ!

公式ページ

過去感想目次
(目次独立させました)

|

« アニメ「時をかける少女」感想(テレビ放映版) | トップページ | 穏やかな日曜日 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

いや すごいっスね。
てきかくに的を得た感想は ただ ただ うなづくばかりでした。オレもそうそうそう思ってた♪みたいな感じでオレの感想を代弁してくれているような錯覚に陥るほどでした。

で キャラのネーミングもドラゴンボールのキャラみたいに安直なんですよね
カミナ=上 シモン=下
ヨーコ=横 ギミー=右
ダリー=左 キタン=短気
キヨウ=陽気 キノン=呑気
キヤル=やる気 ジーハ村=ハジ(端)
リットナー村=隣 アダイの村=間
と いろいろ名前の謎が解けました。ありがとうございました。では また

投稿: ツフィー | 2007.07.24 18:28

ツフィーさん。コメントありがとうございます!

こんな辺境のブログによくお越しいいただきました。拙い感想をお褒めいただきありがとうございます!

キャラのネーミングもいいですよね。17話のアンネちゃんは安寧、ロシウの部下のギンブレーは慇懃無礼かな?

これからもまた遊びにきてくださいね♪

投稿: nya | 2007.07.25 23:25

また お邪魔しまーす ツフィーちゃんです。 うわっ! またスゴいですね。アンネの名前は安寧からとか…ロシウの部下の名前までも知ってらっしゃるとは…しかも、そのキャラが慇懃無礼からとか…すごいですね。グレンラガンにおいては 他の誰よりも一歩も二歩も先を進んでらっしゃると言っても言い過ぎじゃございませんよ。いやホント、マジで。明日 18話の感想も見にきま〜す♪♪ あっ!こう書くとヘンにプレッシャーになりますね。誰も見にこないという てい で 今までのように いつもとかわりなき コメントをお願いいたします。お返しコメントありがとうございました。

投稿: ツフィー | 2007.07.28 18:59

ツフィーさん、こんにちわ~。コメントありがとうございます!

いやいや情報もナニもすべて私の独断と偏見(とロシウ萌え)なので、どうぞ話ハンブンにお読みいただければ幸いです。ストーリー予想はほとんど外れてるし~(涙)。

18話の感想いかがでしたでしょうか?いわゆる説明回だったので、カタルシスはありませんでしたが、私にはたいそう魅力的な展開でした。当分は日曜朝が楽しみな日々が続いてうれしい限りです。

投稿: nya | 2007.07.29 13:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33364/15840762

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ「天元突破グレンラガン」第17話ジェットコースターだよ!感想:

« アニメ「時をかける少女」感想(テレビ放映版) | トップページ | 穏やかな日曜日 »