« そこはかとない不公平感 | トップページ | 近視眼的あるいはヒラ社員体質 »

ガマザリ映画化!

ののちゃさんのブログで発見!「ガマ王子とザリガニ魔人」は大王の感動掌編。素晴らしい舞台だったなあ。もうマジ泣きしたよ。

しっかし気鋭の監督さんに芸達者で主役クラスの俳優さんをそろえてきてほんとうに凄いなあ。アンナちゃんはダブリンで大王のお芝居経験済みだし(うまかったよ!)、上川さんとかサダヲとか国村さんとか山内さん(わはは)とか舞台人もそろえてほんとうに豪華。

役所さんがごうつくじいさんで、アンナちゃんが男気あふれる看護婦さんで、上川さんがヘンテコなお医者さんだね。で、ぶっきーは女装するのか?(ネタバレ)。監督が中島さん(大好き!)なので、単なる感動ストーリーにはせず、大王のちょっと位相のずれたヘンテコワールドをきちんと映像化してくれるだろうと期待期待。で、大王はでないのか?山内さんはでるのにねえ。

舞台の感想
舞台の公式ページ

■映画『パコと魔法の絵本』

公開時期:2008年秋全国東宝系
原作:後藤ひろひと
監督:中島哲也
出演者:役所広司 アヤカ・ウィルソン  妻夫木聡 土屋アンナ 阿部サダヲ 加瀬亮 劇団ひとり 小池栄子 山内圭哉 國村隼 上川隆也(順不同)
内容:舞台『MIDSUMMER CAROL ガマ王子vsザリガニ魔人』の映画化

|

« そこはかとない不公平感 | トップページ | 近視眼的あるいはヒラ社員体質 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33364/15282072

この記事へのトラックバック一覧です: ガマザリ映画化!:

« そこはかとない不公平感 | トップページ | 近視眼的あるいはヒラ社員体質 »