« 「レ・ミゼラブル」感想(さとし限定) | トップページ | つれづれにゃるままに »

「のだめカンタービレ」18巻感想

わー、魅惑のノクターンLesson101で始まり、波乱のサロコンLesson106で次巻に続く18巻。ジェットコースター展開でますます目がはなせませんヨ。

***差込み情報 ( as of 09/25)
最近、のだめ19巻で検索されて来る方が多いので、発売日情報を記載いたしますね。
講談社サイトによると「のだめカンタービレ 19巻」の発売日は11/13です。楽しみ~。
***


表紙はトライアングル。梅雨空を吹き飛ばすよなさわやか虹のだめ。中表紙楽譜は冒頭のアルペジオがとても素敵な"ショパン「幻想ポロネーズ」変イ長調 作品61"ですな。

例によって私の感想はネタバレには躊躇がありません。特にこの巻以降の展開をお楽しみになりたい方はご注意くださいませ~。 

てなわけで、19巻のネタバレいきマス。いきなりかよ!

千秋はヴィエラ先生のリハに誘われてのだめのサロコンをすっぽかしたことを土下座して平謝りに謝り、のだめは犬プレイでこれを許し、このままでは本当にのだめに捨てられると危機感を持った千秋は猛省して心をいれかえ、ますます二人はラブラブになるのでありました。(Lesson107以降の超簡略あらすじ)

閑話休題、18巻裏表紙ののだめと千秋、Lesson103の扉絵なんだけど、ちょっとリアルなタッチは時節柄(まあ掲載は2007年2月ですが)、ドラマ版へのエールかなと思ったり。ああ、ドラマ「のだめ」は良かったなあ。

それにしても、Lesson101のノクターンは破壊力あるなあ。普段クールな千秋が調律師さんの存在も失念してあのような乱れた姿になったということは、正座涙目のだめを前にして一瞬にして脳内メーター振り切ったということが伺えて微笑ましい。対するのだめも千秋にシャツをねだる際「これでも百歩譲ってシャツなんですよ(掲載時と台詞変更)」とうっかり本音を漏らしてしまうのがいじらしい。あ、この台詞はやっぱりシャツより中身に傍にいてほしいってことだよ..ね..まさかシャツより下着なんてことは、あるかもな変態だし(生温かい目)。

さてさて、前巻15~17巻まで、千秋中心に進んでいた物語がついにのだめにシフトした。掲載当時はどちらかといえば間奏曲的な意味合いが強いと思っていたフランク・RuiをフィーチャーしたLesson102~104の裏に、しっかりとのだめのサロコンに至る道が語られているのが通して読んでわかったよ。室内楽の伴奏ばかりと悩むフランクからは、コンクールにでられないまでもじっくりと経験をつんで自分の音楽を深めていくことの大切さを。そして早熟な天才ゆえに壁に突き当たってしまったRuiからはステージで聴衆や共演者、そして何より音楽そのものから経験を得ることの大切さを。それぞれの教訓はそのままのだめが音楽家として成長するためのキホンとなっているのだ。

そして波乱のサロコン。成長しより素晴らしい音楽を奏でられるようになったのだめ(まあ、成長したのは音楽だけじゃないけどな>ドレス破裂)。しかし千秋は彼女の音楽を聴くことはなかった。なぜなら - どーするどーなる以下続刊。

すまん最初にネタバレしちゃって。でもそれもこれも千秋のだめがそれぞれに成長し、かつお互いの関係がより豊かに成熟していくための試練なのだ。

p57、Lesson102の後のおまけ四コマ「前向きな変態」はびっくりするくらい深い内容の一品。引越し当日、千秋に早速待ち合わせデートのお誘い電話をかけるのだめ。荷物に埋もれる千秋から「そんなヒマあったら荷ほどきを手伝いに来い!」と怒られて、「え、いきなり家ですか」と戸惑うのだめはムクレ顔でモノローグ。

「もったいない、もう少しこの情況を楽しみましょうヨ」「じゃなかったらなにが面白いんです?(こんな情況)」

のだめはなんてフトコロが深いんだろう。のだめの心理描写は滅多に漫画上に登場しないが故に、のだめは千秋と別居してもそんなにコタえてないのかなあ、そういえば電話もあんまりしないしなあ、なんて思ってしまうことも多々あるけれど、なあんだ十分寂しいんじゃん。何もかもわかって千秋の音楽のために別居を許し、かつそんな情況も前向きに楽しもうとするけなげな乙女心。こんなできた彼女ふつうはいない。千秋は本当に見捨てられないようにね。

でも千秋の「このままじゃのだめに見捨てられる」とあせる姿が見られるのはLesson107まで待たなきゃいけないんだけどね。鈍感すぎるよ千秋、もっと精進しろ~。

ま、てなわけで魅惑のノクターンの18巻の次は、魅惑の犬プレイの19巻をお楽しみに。ほんと楽しいこといっぱいデスよ!

P.S.そだそだ巻末くろきん4コマにも触れなくては!そういえばR☆Sの現コンマス高橋君はコンヴァトの卒業生。のだめの先輩だったのだな...てかマジそっちの人だったのか!くろきんの苦悶顔アップは色っぽいですヨ(腐)!

過去感想一覧

Lesson 109
Lesson 108
Lesson 107
Lesson 106
Lesson 105
Lesson 104
Lesson 103
Lesson 102
Lesson 101

コミック17巻

|

« 「レ・ミゼラブル」感想(さとし限定) | トップページ | つれづれにゃるままに »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33364/15427564

この記事へのトラックバック一覧です: 「のだめカンタービレ」18巻感想:

« 「レ・ミゼラブル」感想(さとし限定) | トップページ | つれづれにゃるままに »