« 薄氷を踏む | トップページ | 「のだめカンタービレ」感想 Lesson 108 »

魅惑のCMシリーズ ドラマ編

マエマエから怪しいと思ってたCXのスペシャルドラマ>「星ひとつの夜

公式サイトでストーリーを読んだらますますアヤしい。年も立場も違うが深い孤独と心の傷を抱えた二人が出逢い、惹かれあうという、ビタースィートな人間ドラマなんだろうけどさ、謙さんと玉木くんのビジュアルといいなんかもうアヤシイ妄想がわいてしまうよなあ(腐)しかし謙さんは渋くかっこよく玉木くんは美しいなあ(ほれぼれ)

明日はのだめDVD、KISSの発売日で玉木くん出演のこのドラマとのだめデーなのだ!DVD配送は遅れそうだけどさ(涙)

注:魅惑のCMシリーズというのは、世の中にはなぜか意図していないのに男同士のあやしい関係を喚起するようなCMです。そうです私の勝手な妄想ですヨ。

過去の記事

NECさん
リクルートさん
ライフカードさん

|
|

« 薄氷を踏む | トップページ | 「のだめカンタービレ」感想 Lesson 108 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33364/15181814

この記事へのトラックバック一覧です: 魅惑のCMシリーズ ドラマ編:

» 金曜プレステージ 山田太一ドラマスペシャル『星ひとつの夜』 渡辺謙 × 玉木宏 [文才がなくても描けるドラマ脚本術]
そんな誰にでも(?)経験のある「落し物」。 落し物のコートを届けたところから人間関係が始まった『星ひとつの夜』。 脚本界の巨匠・山田太一先生が描く人間模様を、今やハリウッド・スターとなった渡辺謙と、若手注目度NO.1の玉木宏という期待のドラマ! 《あらすじ》 コンサートホールで清掃の仕事をしている野々山廣治(渡辺謙)は、担当エリアのひとつで男物のコートの忘れ物を発見するが、ポケットの中に... [続きを読む]

受信: 2007.05.28 13:06

« 薄氷を踏む | トップページ | 「のだめカンタービレ」感想 Lesson 108 »