« 「のだめカンタービレ」感想 Lesson 108 | トップページ | のだめDays »

アニメ「天元突破グレンラガン」第九話気をしっかり持って感想

ああ、アニキのいないOPみたらぶわっとこみあげるものがあって、「ううう今回絶対鬱展開だよ。綾波が死んじゃったときのシンちゃんみたいなシモンは見たくないよう」と嘆いてたら夫に「じゃあみなけりゃいいじゃん」といわれてぽんとひざをうったのさ。日曜朝のこの時間帯は常ならばNHK「経済羅針盤」→テレ朝「題名の無い音楽会」って流れでテレビをみてたんだ。てなわけで経済羅針盤みてますた。オーケーストアの正直カードすごかった~。

でも後から録画でみたらやっぱり面白かったので感想書きます。うんぜんぜん悪い流れじゃないヨ。

例によって私の感想はネタバレには躊躇がありませんので、未見の方はご注意くださいませ~。 また私の感想は劇団☆新感線の座付作家の中島かずきさんが脚本を書いたアニメという観点に基づいています。

bしかしまじ展開はやいよな。ためを全く作らずにこれでもかこれでもかって新しいガジェットを繰り出す方式はまさしく新感線芝居の中島脚本。それに目を奪われてるうちに物語が大きくうねりだす。このドライブ感がだせるかだせないかが中島脚本の成功失敗の分かれ道(と私は思ってるんだけど)。さてグレンラガンはどっちかな?

冒頭のアニキの短いバイオグラフィに涙で前がみえないうちに螺旋王と四天王が揃い踏みしちゃったよ。チミルフやられて3人だけど...ってこの前の「朧の森に棲む鬼」かよ!(そういうギャグがあったのよ) 螺旋王って名前があったんだねえロージェノム。どうやら獣人は友達いない(笑)螺旋王がつくりだしたものらしいけど、螺旋王自身は人間みたい。これもまたひとつのお約束だけど、螺旋王=悪ではないことは確か。第一部人間側の団結で第二部螺旋王との戦いと和解で第三部さらなる敵との戦いとみたけどどうかしら。

一方カミナを失ったグレン団は意気消沈。シモンは形相変わるほど憔悴するも、逃げモードというより逆切れモード。戦闘時、アニキの影にしばられてグレンラガン(ロシウが搭乗)を暴走させたあげく戦線離脱してしまう。アムロやシンちゃんと違って戦いから逃げるわけではないのがちょっと意外でした。戦線離脱もコントロールできなくなったあげくだもんね(ゲ○が透過光って明日のジョー?)

シモンが迷い込んだ谷底で、敵ガンメンが廃棄(?)したカプセルから萌え新ヒロインニア登場。ニアの名前はアニの反転?台詞のいちいちがアニキの台詞との類似もしくは反転になってるのがすごいけど、狙いはまだいまいちわからない。というか螺旋王の娘ってことが早々にあかされるのに、なぜ谷底に廃棄されていたのか?他の獣人同様に螺旋王に創造されたのか?としたら、谷底に転がっていたたくさんのカプセルにはみなニア(もしくは失敗作?)がはいっていたのか?それってどこのアヤナミ?

カミナを失っていっぱいいっぱいになっても皆を護ろうとするヨーコは凛々しいし、前向きなロシウや熱血キタン、冷静なリーロン、包容力のあるダヤッカは頼もしい。シモンもやさぐれてはいるけれど、基本前向きで期待が持てる。まだまだ物語としてのポテンシャルを失っていなくて本当によかったな。来週もみようそうしよう。

今週のびっくり:エンドクレジットみてはじめて螺旋王の声をなるしーこと池田成志さん(新感線準劇団員)があてていることに気がついた。なるしーすまなんだ~。なるしーは声も良いけどすっげーハンサムでかっこいいんだよ!新感線の夏のおポンチ公演「犬顔家の一族の陰謀」楽しみにしてるよん。

公式ページ

過去感想目次
(目次独立させました)a>

|

« 「のだめカンタービレ」感想 Lesson 108 | トップページ | のだめDays »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33364/15217665

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ「天元突破グレンラガン」第九話気をしっかり持って感想:

» 人という字は、一人の人がもう一人を支えている字だ グレンラガン9話 [【非公式】世界日本ハムの哀れblog@非公式]
 人死に。「黒の契約者」では登場人物が如何に死ぬかを楽しみにしているような俺が(改めて最低ですねw)、グレンラガンではカミナの死に納得がいかない。これってかなり滑稽ですね、矛盾してるというか。  でもですよ... [続きを読む]

受信: 2007.05.27 18:45

» 天元突破グレンラガン 9話『ヒトっていったい何ですか?』 [淡々と感想をたれながすよ]
『グレンラガン』7話、8話の展開は神がかっていた。それまでの地上の荒廃した様子を [続きを読む]

受信: 2007.05.28 22:52

» [アニメ『天元突破グレンラガン』]『天元突破グレンラガン 第9話』 [どっかの天魔日記]
『天元突破グレンラガン』 ※下記の日記内容には、アニメ本編に対するネタバレの要素が多々記述されています。少しでも気になさ る方は御覧にならない様に注意をして下さい。 今週のお話は、第9話 『ヒトっていったい何ですか?』。 ストーリーは…。  都に届けられた四天... [続きを読む]

受信: 2007.05.29 18:49

» (アニメ感想) 天元突破グレンラガン 第9話 「ヒトっていったい何ですか?」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
天元突破グレンラガン1 (完全生産限定版) 激しい戦いの末、大グレン団はダイガンザンを手に入れた。しかし、その代償はあまりにも大きいものだった。カミナを失い、その悲しみから心を固く閉ざしてしまったシモン。仲間の存在を無視したその戦いぶりから、シモンは仲間よ....... [続きを読む]

受信: 2007.06.02 01:47

« 「のだめカンタービレ」感想 Lesson 108 | トップページ | のだめDays »