« Le printemps | トップページ | 「のだめカンタービレ」感想 Lesson 106 »

ドーピングな夜

生理痛と胃痙攣と花粉症と喘息で一睡もできず。バッファリンとブスコバンとクラリチンとサルタノール。いま私の体には何種類の薬が駆け巡っているのか。それはもはや毒か。

|

« Le printemps | トップページ | 「のだめカンタービレ」感想 Lesson 106 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この時期、ぜんそくユーザーには、
花粉症→気管支ぜんそくの出世コースが定番ですからね。
(寝てると鼻水が喉に落ちる→喉が炎症→痰がからむ→気管が炎症→ぜぃぜぃ)

おまけに自分の呼気音で寝られないんですよね。それがツライ。

私の場合、昨年暮れから会社では常にマスク状態で、2月からはさらにマスク出勤。
加えて、痰や鼻が少しでもオカシイと思ったらすぐパブロン(食後) or 葛根湯(食間)で大事に至らないようケアしてます。

それでも何度か休みを取ったけど。

適度な薬と心身ともの休息で、早めはやめのケアを。お大事に。

投稿: やすべろ | 2007.03.24 14:27

やすべろさん、コメントとお見舞いありがとうございます!

おおおやすべろさんも喘息仲間でしたか。ほんとうにヒューヒューぜーぜー言う自分の呼吸音と一晩中戦うのはつらい。ピークフローも普段の半分以下で気管支はれあがってるのですな。

私も年の1/2はマスクしてます。風邪や花粉症は喘息の敵。お互いに養生しましょうね。

投稿: nya | 2007.03.25 02:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33364/14367278

この記事へのトラックバック一覧です: ドーピングな夜:

« Le printemps | トップページ | 「のだめカンタービレ」感想 Lesson 106 »