« 猫の手nya | トップページ | ドラマ「のだめカンタービレ」最終回予告にびっくり! »

ドラマ「のだめカンタービレ」第十話感想

どうしようどうしようのだめが終わってしまうよ。これからナニを楽しみに生きていけばいいんだあ(大げさ)。のだめの切ない強がりが胸を打ってこちらまで涙にくれる第十回。いよいよセミファイナルだあ!

以下感想は、今後の展開に関わるネタバレを含んでいるため原作未読の方はスルーしてくだされ~


以下感想羅列

前回過去のトラウマからコンクル二次予選でおよそ気の無い(しかし超絶技巧の)ショパンのエチュード10-4を弾いてしまったのだめ。あっけにとられる審査員、ざわめく会場、追い詰められた表情ののだめ。どーするどーなる!ってとこから次回に続いた前回ラスト。しかしのだめは客席に心配そうに見守る千秋の姿を見つけて一転ラブモード。”恋しちゃってルンルン(byかおりちゃん)”音の煌くドビュッシー「喜びの島」を弾いて見事本選に進出......ってベタや...すげーベタな展開なんだけど、樹里ちゃんのだめの一変する表情変化と曲想変化がすばらしくて思わず説得されちゃったよ。

変態次期コンマス高橋くんキタ----! BGMはアランフェスだね。シャツのボタンを外すお色気千秋は高橋君でなくともむらむらのもんもんですな。清良の「真澄ちゃ~ん、千秋くんがキケンよ~」に効果線とばして飛んでくる真澄ちゃんにワラタ。「君のおうちはどこですか」と迫る高橋君にバケツをかぶせて「千秋様、逃げて~」「真澄、このためについてきたのか...」(とすたこら逃げる千秋)...はい、何とかお笑い劇場みたいなこんな原作と寸分たがわぬルーチンコントが大好きデス。これこそのだめ(日本編)だって感じ。

あ、峰は今回もいい男だったよ~。峰と清良がつきあってることに気づかない鈍感千秋も音楽馬鹿って感じでぐー!

根を詰めてコンクル本選の練習して湯気ふいて倒れるのだめを心配するハリセン夫妻はほんといい人たちだ。ふにゃふにゃがダメバージョンのシューマンなのね。あ、そだそだのだめの「通電」、それを真似するかおりちゃんの「通電」...すげー、このシーンは原作超えた..って思いました。いやもちろん原作あってのドラマなんですけど、ほんと気合いれて映像化するよな~感心感心。

ただのだめコンクルの本選がちと不満。クラシック素人だから何言っても説得力ないんだけどね。暗譜中に耳がひろっちゃった着メロ「今日の料理」が楽譜変換されて流れるのはあくまで頭の中で、曲が止まって真っ白になったのだめがそれをペトリューシュカの楽譜に混ぜちゃって作曲しながら弾くシーンじゃん。だから弾くのはペトリューシュカの面影のあるナニカ別の曲だって頭の中に思い描いてたんだ。なのに演奏が止まった後、おもむろにまんまの「今日の料理」の旋律を弾き始めるのはいかがなものか、せめて転調くらいはして欲しかった。のだめの失敗に会場が笑うのもちょっと引いた。私も合唱の伴奏中に舞台上で頭真っ白になって2小節くらい飛ばして弾いた経験があるのでよけいつらく感じたのかもな。(その節はすまんかった...)

ま、でもすごくわかりやすい暴走シーンにはなっていて十分に意図は伝わったのでそれもありだな。その前のシューマンのピアソナのシンコペーションに憑かれたようになっていくのだめは素晴らしいし、なによりスカーレットドレスがかわいかったなあ。くるんくるんヘアにまっかなリボンが超キュート。

その後の「一緒にヨーロッパに行かないか」シーンはもう玉木千秋と上野のだめの演技爆発独壇場って感じで見てるこちらの胸に迫るような名シーンになってたよ。何よりのだめの切ない表情が...だけじゃなくって千秋も結構切ない表情してるんですよ。「すごくいい演奏だった」と去っていく千秋。 「....それでもダメだったじゃないデスか」。ぱたぱたと涙をこぼしながらつぶやくのだめに思わずもらい泣きデスよ!

のだめのいない日常にふと空しい表情をする千秋。裏軒のクリスマスデコレーションが原作(Lesson48)通りで凄い。日本最後の公演をすべてのはじまりだったあの「ベト7」で締めようと決意。その胸のうちを斟酌する峰とR☆Sの仲間たち、笑って送り出そうとする彼らと慌てる高橋くんの対比がグッド。素晴らしい仲間を得て満足する千秋 - でもそこにはのだめがいない。からっぽの椅子。荷物をまとめて故郷に帰るのだめ。BGMのピアノのベト7がより一層切なさを増幅する。「もういい - 俺には関係ない」

さてさてほんとに次回はラスト。予告の泣きながらサントリーホールでタクトを振る千秋(.っておとといの映像かよ!)にもうすでに心の中ではハンカチ用意でスタンバイ。良い最終回になるといいなあ。でもさびしいなあ。でも観たいなあ大川ハグ、でもさびしいなあ最終回..でも(以下無限ループ)

ドラマ公式サイト

第三話感想
第四話感想
第五話感想
第六話感想
第七話感想
第八話感想
第九話感想

ドラマレビューおすすめサイト .. TBさせていただいている「せるふぉん☆こだわりの日記」様は画像選択のセンスが素晴らしく、レビューも充実してます~!

「のだめで使われた曲を全部解説するスレ」まとめサイト .. 2ちゃんのクラ板住人様の素晴らしいお仕事です。早いし!


エピ予想添削。- []は順番違い/登場回数予想違い、( )は新規追加

10. [高橋君登場→千秋にアプローチ]、(通電)、[のだめコンクル本選]、スカーレットドレス、今日の料理、コンクル失敗→千秋のだめを欧州にさそうも断られショック、のだめ実家に引きこもる、.千秋佐久間と欧州デビュープラン作成、次期指揮者松田氏登場

|

« 猫の手nya | トップページ | ドラマ「のだめカンタービレ」最終回予告にびっくり! »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33364/13118167

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ「のだめカンタービレ」第十話感想:

» のだめカンタービレ☆第10回 [せるふぉん☆こだわりの日記 ]
とうとう10回まできてしまいましたぁ~。 今回はのだめのマラドーナ・ピアノ・コ [続きを読む]

受信: 2006.12.19 00:39

» のだめカンタービレLesson10「波乱のコンクール!告白と涙の最... [読書とジャンプ]
悠人くん、やっぱり頭でかっ!( ̄□ ̄;)!!ルチ将軍?もしくは福禄寿?そんなどうでもいい感想はさておき、今回もたくさんピアノが聞けて堪能させていただきました♪というわけで、無駄に長い本編感想です。演奏が終わってのだめちゃんの魂が抜けたような顔から一転、...... [続きを読む]

受信: 2006.12.19 07:27

» だめカンタビーレ(カンタービレ) [だめカンタビーレ(カンタービレ)]
の だめ カンタビーレ(カンタービレ)のドラマがいよいよ最終回で・・・ [続きを読む]

受信: 2006.12.25 05:31

« 猫の手nya | トップページ | ドラマ「のだめカンタービレ」最終回予告にびっくり! »