« ブーツの効用 | トップページ | ドラマ「のだめカンタービレ」第十話感想 »

猫の手nya

さて先週半ば同僚があまりの多忙さに蛍の墓状態になっていたと想いねえ。彼にはいつも助けてもらってるので、先来のシュラバ状態からちょっと脱した私が助っ人を申し出た。例によって締め切りタイトな提案に加えて難しい社内外の交渉が立ちはだかりニッチもサッチも行かない状態になっていたのさ。彼には交渉をまかせて提案書作成は私が引き受けた。お客様要件を解析して提案書パーツを集めて見積もり投げて、交渉もまとまりなんとかアレコレ材料がそろったのが土曜の深夜。締め切りは火曜のあさいちだ。

てなわけで提案メンバー(営業/コンサル/SE(が同僚)+猫の手(私))が日曜あさ9時のオフィスに勢ぞろい。人影まばらなオフィスの広い会議室を占領して、プロジェクタで提案書移しながら喧々諤々の提案書仕上げをやったのさ。

私は提案書のチェック係、まず要件一覧を表として作成し、その要件が提案書のどのページで答えられているかいちいちチェックして記載。項目は数百にも及ぶので一仕事だ。足りなきゃその場でチャートを作ったり電話で関係者に手配したり。傍らでは営業が電卓たたきながら見積り額をチェック。コンサルとSE同僚は提案書のストーリー作り。要件にちゃんと答えられていても魅力のあるアピールポイントをいれなきゃバイされないもんね。

なんとかチェックが終わり体裁が整ったのが夕方18時。足りない提案項目を分担していったん解散。次のチェックポイントは明日のあさ10時だ。がんばれみんな~。私も明日朝までにあと3枚チャートをつくらなきゃ~。


|

« ブーツの効用 | トップページ | ドラマ「のだめカンタービレ」第十話感想 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33364/13102012

この記事へのトラックバック一覧です: 猫の手nya:

« ブーツの効用 | トップページ | ドラマ「のだめカンタービレ」第十話感想 »