« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

Farewell2006

Farewell2006_3

Ja, wer auch nur eine Seele / Sein nennt auf dem Erdenrund!
そうだ、地上にただ一人だけでも心を分かち合う魂があると言える者も歓呼せよ(wikipedia/第九の項より)

年末恒例、N響第九をききながら年越しそばを食べるオーセンティックな大晦日。年賀状も出したし大掃除もしたのでゆっくりとした大晦日でうれしいなあ。

今年は大事無くほんとうに平穏な一年だった。もちろん社会的にはそうじゃなくって悲しい事件や争いごと、天災も多かった - 来年はぜひつつがない一年に。

今年もこんな辺境のブログにきていただき、まことにありがとうございました。来年もテンション低めに続けて行きたいと思っております。どうか皆様もよいお年を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朧あーんど次回公演と薮原話

テレビドラマののだめにはまっているからって、演劇レーダは鈍ってないよ。新感年越し公演「朧の森に棲む鬼」は本日初日。なかなか評判もよさそうだ。私は年明け早々の観劇。楽しみ楽しみ。

現地チラシ情報。わあいネタモノネタモノ。ついにクドカンが新感線に! クドカンは殺陣・ダンス・歌できるし、立ち姿は細いけどかっこいいし、声もステキな大人の魅力。板の上では華も艶もある役者さんなので絶対に新感線の舞台にあうと思ってたんだ。サモアリ小松さんになるしー、月影先生まで!勝地涼君は亡国のイージスつながりかな。看板役者も皆揃って、これは期待できそう。うれしいなあ。

2007年 夏休みチャンピオン祭り 犬顔家の一族の陰謀

作・演出:いのうえひでのり
出演:古田新太 宮藤官九郎 勝地涼 橋本じゅん 高田聖子 小松和重 粟根まこと/逆木圭一郎 右近健一 河野まさと 村木よし子 インディ高橋 山本カナコ 磯野慎吾 吉田メタル 中谷さとみ 保坂エマ 村木仁 川原正嗣 前田悟 /池田成志 木野花
7月 シアターBRAVA!  8月 サンシャイン劇場

あとこれは大型公演だね。井上脚本を蜷川演出で古田さん主演。古ちん来年は舞台いれたなあ。そのぶんじゅんさんが大江戸ロケット声優とドラマでテレビで活躍だ。

薮原検校は戯曲でしか読んだこと無いんだけど悪の魅力のピカレスクロマンは古ちんにぴったり。共演も芸達者はこれはチケ取り超難関そうだけどがんばってとろー。来年はさとしバルジャンのレミゼもあるし、魅惑の舞台てんこもりで本当に楽しそうだなあ。さあチケ代のためにがんばって働こう!

藪原検校

2007年5月8日(火)~31日(木)Bunkamuraシアターコクーン / 6月5日(火)~10日(日)シアターBRAVA!

作:井上ひさし 演出:蜷川幸雄 音楽:宇崎竜童
出演: 古田新太 田中裕子 段田安則 六平直政 梅沢昌代 神保共子 壤 晴彦 他

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラマ「のだめカンタービレ」総括

『楽しい音楽の時間』が終わったって人生は続く(涙)。いろいろ反芻しながら、時折「あへー」とか「ぎゃぼー」とかつぶやく私にキレた夫に「とっととのだめから離れろー!そして大掃除をしろー!」とどつかれる今日このごろですが、ドラマのだめファンに皆様はこの喪失感(=めちゃくちゃ盛り上がった文化祭が終わった気分)をどのように収拾つけてるのかしらどうかしら?

....とりあえずのだめまとめWIKIがどんどん進化していてものすごいデータベースになりつつあることだけは事実です。

続きを読む "ドラマ「のだめカンタービレ」総括"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ドラマ「のだめカンタービレ」感想の目次

2006年秋、フジテレビ、いわゆる月九の時間帯に放映された型破りのテレビドラマ「のだめカンタービレ」がNyaの心をわしづかみ。漫画の文法をそのまま実写化。漫画から抜け出たような上野のだめ。漫画より王子様度5割増お色気10割増の玉木千秋に業界(って何?)騒然でNyaの頭も大沸騰。そんな熱狂の2ヶ月の記録です。

さらに2008年1/2~5に放送された、ドラマ一挙再放送とヨーロッパ編の感想も追加しました。本当に夢のような4日間でした。全てのスタッフとキャストとヨーロッパ編の映像化を快諾した二ノ宮先生に感謝!(2008/1/6追記)

まさかの映画化! いよいよ公開も2009/12/19(土)と決定しました。楽しみですねえ。映画情報用の目次も追加しましたよ~!(2009/9/5追記)

前編は観客動員数300万人突破の大ヒットでロングランも決まって本当に良かった。ファーストランも終わって遂に後編(涙)の情報が公開されましたよ! 後編情報はわかりやすいように上に記載しますね(2010/2/2追記)

ついに後編も公開されました。長きにわたったのだめ物語のグランド・フィナーレを堪能いたしましょう!(2010/4/17追記)

1.映画情報(2010/12/19 前編、2010/4/17 後編公開)

1-1.映画後編情報

■映画「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」感想

映画第一回目感想
映画第二回目感想
映画第三回目感想

後編公式サイト

後編予告編・特報 - 東宝ムービーニュース

■映画情報

「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」全国先着50万名プレゼント
6/4発売決定「 のだめカンタービレ 最終楽章 前編」【DVD】
映画「のだめカンタービレ最終楽章 後編」予告 続き
映画「のだめカンタービレ最終楽章 後編」予告
映画「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」情報
のだめいろいろ情報

1-2.映画前編情報

■映画「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」感想
映画第一回目感想
映画第二回目感想
映画第三回目感想
映画第四回目感想
映画第五回目感想

前編映画公式サイト

■映画情報

祝のだめ映画化決定
のだめ映画続報
映画「のだめカンタービレ最終楽章」情報+α
のだめ映画ネタバレ情報
「BARFOUT!」上野樹里ちゃんインタビュー
映画「のだめカンタービレ最終楽章」最新予告

2.ドラマ日本編(2006年10/16~12/25 )

■ドラマ感想

第三話感想
第四話感想
第五話感想
第六話感想
第七話感想
第八話感想
第九話感想
第十話感想
最終話感想

総括

■2008年1/2および1/3 日本編一挙再放送の一行感想

1話~6話
7話~11話

3.ドラマSPヨーロッパ編(2008年1/4および1/5 )

■ドラマ感想

第一夜感想
第二夜感想

ドラマ公式サイト

4.その他

■ファンによる記録サイト

「のだめで使われた曲を全部解説するスレ」まとめサイト→2chクラ板の住人様によるすばらしいサイトです。!

のだめカンタービレまとめサイトWIKI .. ドラマのだめファンの総力を結集したまとめサイト。

|

Seasonal Holidays

さて冬休み。今年の仕事が一段落したので、もう今日からお休みにはいってしまったよ。穏やかな小春日和。書庫やクロゼットの掃除にいそしんでいるのだ(あったかいねー)。

来年うちの会社は大きく舵を切る予定。それにあわせて自分のキャリアを考えて配属先の希望をだしていたんだけど、どうやら希望通りにきまりそう(やったー!ボスありがとう!) とても大変そうだけどやりがいありそうなのですっげー楽しみ。自分のキャリアの集大成にしたいなって考えてるけど、不安材料もあるのでまだまだ不明。

いえることはただひとつ、私の前に道は無い、けれども私の後ろに道はできる(光太郎ぱくり、すまん尊敬してるので赦してれい!) だからただひたすらに前に進むのだ。私の時間はまだまだ続く(とイイナ)

てなわけでがんばるぞー2007年!! .,.....あっ年賀状かかなきゃ(だめだめ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「のだめカンタービレ」感想 Lesson 102

ふわあ、「楽しいドラマの時間」が終わっちゃってちょっと鬱。原作は続いてるのが心の支えデス。マンガ柱の二ノ宮先生のドラマスタッフへの感謝の言葉に感激。奇跡の様なコラボだったよねえ。

表紙の良妻エプロンも初々しいのだめが、年相応の美人モードなのがまた眼福で。

続きを読む "「のだめカンタービレ」感想 Lesson 102"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラマ「のだめカンタービレ」最終回感想

わー光陰矢の如くひとっとびってな感じでとうとうXデイが来てしまったよ最終回。泣いても笑ってもこれ限り。

千秋とのだめとともに駆け抜けた三ヶ月間は、彼らの送る青春をほんのつかの間追体験させてもらった気分。騒いで悩んで笑って泣いて、根拠もないのに自分の可能性を信じていて、大好きな恋人と同じ高みを目指してそこへ駆け上がれることを確信していた - 年をとって大分草臥れてしまったけれど、そんなコドモの頃の想いはいまも心の中で灯台のように私の行く先を照らし続けている。

ああ、ほんとうに泣いてるよ私。お別れするのは悲しいけれど、不世出の名作ドラマに出会えたことが嬉しくてしょうがないや。ありがとう、ほんとうにありがとう。疑いも無く近年稀に見る最高のクオリティ。私はドラマの「のだめカンタービレ」を愛しています。

以降、最終回のためもうネタバレの心配はありませんが、果てしなくタワゴトが続いていくだけなのでたたみます。

続きを読む "ドラマ「のだめカンタービレ」最終回感想"

| | コメント (0) | トラックバック (4)

War is over if you want it

偶然にもこの世界に生を受けたから、そして今日を迎えたから、せめてこの聖夜に祈る - 争いは終わるよ、皆がそう望むのならばと - I wish you have a very merry Christmas !

Pc232398

ベルグの四月の塩チョコケーキだよ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

NODA・MAP 「ロープ」感想

うわわわわ、こう来たか~。クリスマスイブイブの浮かれ気分を一気にずんどこ(違)に落とす鬱展開!にもう降参って感じ。

本年最後の観劇はシアターコクーンで野田地図。藤原竜也くんと宮沢りえちゃん、このみょ~にカツゼツがよくって芸達者な若い二人の肩にどすっと重い荷を負わせて御大はかわらず舞台のパックとなって遊んでる感じだったな。特にりえちゃんは大変な役どころなのにきちんと演じていてすごかった。公演期間は長いので魂持っていかれないように注意してください。

以降物語の核心にからむネタバレしてるんで観劇予定の方はスルーしてくだされ~。

続きを読む "NODA・MAP 「ロープ」感想"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ラップアップ

wrap up : まとめ、おわり

さて年末だ。例年思うんだけど、体感季節的にはまだ10月くらいの感覚なんだけどね。心の準備ができていなくても否が応にも時間は過ぎる、こうして人は生きて死んでいくのだなあと思わず哲学的虚無に襲われたりもするけれど私は元気です(何のこっちゃ)。

今年後半は、年末にかけて何度もシュラバに巻き込まれてピンチに陥ったけどそれもこれもやっと落ち着いた。まだまだ営業は契約書を持ってお客様の間を走り回ってるけど、私は来年早々提案しなきゃいけない案件の準備に向けて余念がない。今年の仕事をラップアップしてなんとか来年につなげなきゃね。

今年はでっかいのから小商いなプロジェクトまで、それまでやっていた結果がそれなりにでて嬉しかった。もちろんうまくいかないこともゴマンとあった。私は年齢的にはシニアで、名刺の肩書きにもシニアってついてるけどその実態はまだまだアマくて未熟で恥ずかしい。お給料に見合う仕事はぜんぜんできてないなあって反省しきり。多くのデキル同僚たちの見事な采配を見習って来年もがんばって仕事するよ!

あ、まだ一週間ありますんでワークデイ(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニシエヒガシエ

タイトルはミスチルですすんません。さて本日は出張。5時のバスで羽田空港に6時着。7時の飛行機でお好み焼きの地へ。あさいちの飛行機はビジネス客で満席ですごい。ちょっと奮発して(自腹)クラスJ。飛行機の中で資料を作ろうと思ったのにぐーぐー寝てしまったよ。空港から市内まではバスで40分くらい(遠い)。山道を走るバスの中で営業と話しながら資料を作ってたらちょっと気持ち悪くなりますた。

あさ10時からのお客様の打ち合わせをすませて、午後いちの飛行機でとんぼ返り東京。広島空港のビジネスラウンジでメール処理。午後4時には羽田からタクシー飛ばして別の客先へ。年末で道が混んでいてちょっと冷や汗。移動距離何キロなんだろう。6時にオフィス戻って軽く打ち合わせして帰宅。15時間中移動時間は10時間....効率悪すぎ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラマ「のだめカンタービレ」最終回予告にびっくり!

フジはやる気だ!

最終回予告

このタイムスケールで大川ロケを敢行するとは(撮ったのは今日らしい..)、その心意気や良しっ!スタッフの熱意と役者さんの尽力に頭の下がる思いです。最終回がほんとに楽しみだ~プリごろ太ニュース(それかよ!)

おまけ:pdf注意、このパワポのテンプレート欲しいデス : フジテレビ 第66期 中間事業報告書 (pdf : 1924kb)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ドラマ「のだめカンタービレ」第十話感想

どうしようどうしようのだめが終わってしまうよ。これからナニを楽しみに生きていけばいいんだあ(大げさ)。のだめの切ない強がりが胸を打ってこちらまで涙にくれる第十回。いよいよセミファイナルだあ!

以下感想は、今後の展開に関わるネタバレを含んでいるため原作未読の方はスルーしてくだされ~


続きを読む "ドラマ「のだめカンタービレ」第十話感想"

| | コメント (0) | トラックバック (3)

猫の手nya

さて先週半ば同僚があまりの多忙さに蛍の墓状態になっていたと想いねえ。彼にはいつも助けてもらってるので、先来のシュラバ状態からちょっと脱した私が助っ人を申し出た。例によって締め切りタイトな提案に加えて難しい社内外の交渉が立ちはだかりニッチもサッチも行かない状態になっていたのさ。彼には交渉をまかせて提案書作成は私が引き受けた。お客様要件を解析して提案書パーツを集めて見積もり投げて、交渉もまとまりなんとかアレコレ材料がそろったのが土曜の深夜。締め切りは火曜のあさいちだ。

てなわけで提案メンバー(営業/コンサル/SE(が同僚)+猫の手(私))が日曜あさ9時のオフィスに勢ぞろい。人影まばらなオフィスの広い会議室を占領して、プロジェクタで提案書移しながら喧々諤々の提案書仕上げをやったのさ。

私は提案書のチェック係、まず要件一覧を表として作成し、その要件が提案書のどのページで答えられているかいちいちチェックして記載。項目は数百にも及ぶので一仕事だ。足りなきゃその場でチャートを作ったり電話で関係者に手配したり。傍らでは営業が電卓たたきながら見積り額をチェック。コンサルとSE同僚は提案書のストーリー作り。要件にちゃんと答えられていても魅力のあるアピールポイントをいれなきゃバイされないもんね。

なんとかチェックが終わり体裁が整ったのが夕方18時。足りない提案項目を分担していったん解散。次のチェックポイントは明日のあさ10時だ。がんばれみんな~。私も明日朝までにあと3枚チャートをつくらなきゃ~。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブーツの効用

わー一気に寒くなってきたね。冷え性なんで防寒対策は欠かせない。タイツをはいて、靴底用カイロを敷いて、手袋してマスクして毛皮つきのカシミヤのコート着ればどこの北国の人かってなくらいの冬の通勤スタイルだ。喘息に風邪は大敵なのでこれくらいの装備が必要なのよ。で、今年はこれにロングブーツが加わった。

ブーツっていまいちフォーマルではない気がして、通勤用には持っていなかったんだけど、昨今の流行に負けてついつい細身の黒のロングブーツ買っちゃった。柔らかい皮で履きやすいし足元があったかいのでとてもぐー。なるほど、ロングブーツは冷え性の女性の冬の必須アイテムなのだな。もう2,3足買っておこうっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜中の焼肉

昨夜12時まで仕事して終電で家に帰ると早寝(11時に寝て起きるのは7時)の夫は既に寝ていた。考えてみれば前の晩から何も食べていないのであった。とても空腹。冷蔵庫の中にあった牛肉キャベツピーマン玉ねぎを焼いて焼肉のタレをつけて食べたのであった。一人焼肉もなかなかいいね。

翌朝追記

で、起きたら胃がもたれてつらい~。1:30ころにご飯食べてすぐ寝ちゃったからなあ。夜中に焼肉はだめだ~!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ドラマ「のだめカンタービレ」第九話感想

「いやだな、もうすぐ終わりだ - 」。楽しい時間は永遠に続かない。いつか終わるとわかっているから愛おしい。てなわけでシリアス展開が物語終盤を感じさせて涙にくれる第九回。広げた風呂敷をたたみはじめてマスよ。

今回はオリジナルなラスト(=R☆Sオケのクリスマスコンサート@サントリーホール)に向けてそれまでの原作に沿った展開から大きく舵を切った回。微妙なところもあるけれど、とても丁寧に作ってるし、なにより樹里ちゃんのだめの憑かれた演技がその展開を納得の行く物にしてるので全肯定。

以下感想は、今後の展開に関わるネタバレを含んでいるため原作未読の方はスルーしてくだされ~

続きを読む "ドラマ「のだめカンタービレ」第九話感想"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ピンポイント並木通り

雨の中車で銀座。目的は並木通りのルイ・ヴィトン。

地下のリペアセンターで鞄の修繕を頼み、3Fのアパレルフロアで今年の新作マフラー買う(長めのフリンジが超キュート)。ボーナス少なかったんで本年の散財は終了。

100_0228

改装してダミエ模様になった。

そのあと天一でお好みてんぷら。お座敷でえびししとうきす銀杏いかふきのとう。アナゴは多いので夫とシェア。カレー粉で食べるとでらうま。仕上げは天茶。

100_0223

えび。頭をさきにから揚げにしてくれるのだ。

ヴィトンと天一いっておしまい。雨だしね。歩行距離50Mくらい(だめだめ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「のだめカンタービレ」感想 Lesson 101

ドラマは佳境で千秋のだめふたりの初々っぷりがたいへんに愛らしい。なのに、原作の四年後の二人はすっかり倦怠期...じゃなかった千秋の試練。前回記念すべきLesson100では、雅之ショックに打ちのめされて追い討ちをかけるようにのだめに避けられて。行き場のない思いをもてあました千秋はついにのだめとの別居(同居じゃね~)を決意...どーするどーなる以下次号ってはらはらの展開だったのだ。

続きを読む "「のだめカンタービレ」感想 Lesson 101"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

なんだこのかわいさわ

ふと後ろをむいたらこんな姿

102_1191

まあ今週は先週のごたごた余波でいろいろあったんだけど、ココログの長時間メンテがなあ...。近しいトラブルに遭遇したこともあり、そのリカバリに奔走したこともあるので責めはしないけどさ。まあがんばれ>スタッフ。そしてニフに限らず、マネジメントはもうちょっと運用に目配り人配りお金配りをして欲しいと思うシステム屋なのでありますた。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

ドラマ「のだめカンタービレ」第八話感想

さあ楽しいドラマの時間デス ... ってもう8回目なんだあ。なんだか最終回が見えてきてちょっと鬱。のだめを見ている時間がずっと続けばいいのになあ....いやいや終わりがあるからこその楽しいマツリ。最後まで目一杯楽しみましょう。

今回は樹里ちゃんのだめのくるくるかわる表情に魅了された。天才だったり変態だったり可愛かったり思慮深かったり変幻自在で素晴らしい。原作は、基本的に千秋のモノローグで話がすすみ、のだめの心情は一切語られない。だから読者はのだめの心のうちは、漫画の文面(?)から推し量るしかないわけで、その解釈はネットで議論されたりもしている。実は私も、原作でのだめが千秋のトラウマを解くというエピソードを読んだ際には、その動機がわからなかったクチだ。何故のだめは時計を封印したのか、そして一度は封印した時計を使って催眠術をかけたのか、何故「神様が呼んでいる」なのか - それが今回のドラマではパズルを解くようにすんなり理解できた。上野のだめの表情が心情を明確に語っているからだ。単なる三次化ではなく、映像が原作の世界をより拡げている - それはとても幸福なコラボレーションだ。

以下感想は、今後の展開に関わるネタバレを含んでいるため原作未読の方はスルーしてくだされ~

続きを読む "ドラマ「のだめカンタービレ」第八話感想"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「のだめカンタービレ」 ミュージックガイドブック

月刊ピアノ別冊「のだめカンタービレ」 ミュージックガイドブックを買ったのだ。裏表紙がクラシックライフ(千秋様とミルヒーの特大ポスターつき)でその巻頭ページがミッチー佐久間の夢色☆クラシックになってるのが最高です。

続きを読む "「のだめカンタービレ」 ミュージックガイドブック"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風船ねこまる

脱シュラバ記念。丸かろう?

Ballooncat1


Ballooncat2


| | コメント (2) | トラックバック (0)

Nya家録画予約状況

夫は、NHKのニュースやドキュメンタリーを除いて地上波のテレビ番組はほとんど見ない。といってもTV番組がキライなわけじゃない。彼の仕事机には小型のモニターを置いて、通常はBBC Worldを流しっぱなしにしているし、BSやCSで映画を良く見ている。そして時々は米国や英国のドラマにはまったりもしているのだ。カナリ昔になるけれど、ツイン・ピークスやERには私もはまった。ERは第二シーズンくらいで早くも飽きたけどね。

そんなうちの最近のHDDレコーダーのコンテンツはこんな感じ。みんな夫の予約。「のだめ」だけが仲間はずれっぽいのは勿論私のリクエストだからだ。

Tvtitle

最近の夫のお気に入りはCSI(ラスベガス・フロリダ・NY)と懐メロコールドケース。彼に勧められて見てみたけれど、CSIはともかく迷宮入り殺人事件を捜査するコールドケースは、悲しい結末とわかるのでちょっとなあ。
それから、ジェーミー・オリバーは英国の超有名シェフ。最近では英国のミザリーな小学校給食の改革運動をやったりしている食育にも一家言ある新英国料理の専門家。彼の料理番組をなぜか夫が非常に気に入っていて、時折WOWOWで放送される彼のスペシャル番組をよく見てるんだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シュラバのりきる

あーやっと乗り切った。今年一番のシュラバだったなあ。火曜徹夜水曜2時間木曜2時間で、4日で4時間しか寝れなかった。若い頃は1ヶ月くらいこんな状態でも体力的にはワリと平気だったんだけど、いまはさすがに1週間くらいで音を上げちゃう。

つらいのはやっぱパフォーマンスが落ちること。木曜のチェアやってる定例ミーティング終わったあとに、メンバーに「寝てないからなんも考えられないよ~」と愚痴ったら「あ、そうなの?いつもよりちゃんと会議しきってたよ」と驚かれた。「それはきっと余計なこと考えられなくて脊髄反射で切り返せたからだよ」と言おうとしてその「脊髄反射」という単語がなかなかでてこない。「やっぱ寝てないんだね」と納得された。いやそれは単なる老人の物忘れですから。

この一週間ナニモカモ振り切って金曜の締め切り目指してきたけど、来週以降はその余波が思いっきりくることが予想されてちょっと鬱。とりあえず週末は月曜締め切りの提案書を書かなくちゃ。未読のメールも処理しなくちゃ..。ちなみに先月受けたお仕事メールは1500通、うち300通が未読です。どうしようシュラバ乗り切ってないよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »