« 「のだめカンタービレ」 ミュージックガイドブック | トップページ | なんだこのかわいさわ »

ドラマ「のだめカンタービレ」第八話感想

さあ楽しいドラマの時間デス ... ってもう8回目なんだあ。なんだか最終回が見えてきてちょっと鬱。のだめを見ている時間がずっと続けばいいのになあ....いやいや終わりがあるからこその楽しいマツリ。最後まで目一杯楽しみましょう。

今回は樹里ちゃんのだめのくるくるかわる表情に魅了された。天才だったり変態だったり可愛かったり思慮深かったり変幻自在で素晴らしい。原作は、基本的に千秋のモノローグで話がすすみ、のだめの心情は一切語られない。だから読者はのだめの心のうちは、漫画の文面(?)から推し量るしかないわけで、その解釈はネットで議論されたりもしている。実は私も、原作でのだめが千秋のトラウマを解くというエピソードを読んだ際には、その動機がわからなかったクチだ。何故のだめは時計を封印したのか、そして一度は封印した時計を使って催眠術をかけたのか、何故「神様が呼んでいる」なのか - それが今回のドラマではパズルを解くようにすんなり理解できた。上野のだめの表情が心情を明確に語っているからだ。単なる三次化ではなく、映像が原作の世界をより拡げている - それはとても幸福なコラボレーションだ。

以下感想は、今後の展開に関わるネタバレを含んでいるため原作未読の方はスルーしてくだされ~

さて感想羅列。千秋ママ征子さん登場。ちょっとさばけた上流階級夫人はイメージどおり。征子ママは優しいだけでなく結構策士なんだけど、そのあたりは今後を期待。征子さんの伝える「私たちは音楽でつながっている」は原作ではヴィエラ先生の発言なんだけど、ミルヒーの言葉になっている。これが作品のテーマだし、ヴィエラ先生・ミルヒー・千秋の父雅之(ドラマでは登場しないと思うが)の間で共有されている言葉だと思うのでそれも良しってところかな。

くろきんすずらんのエピは前回の繰り返しでちょっと興ざめ。懐中時計エピでも感じたがどうして同じシーンを同音異曲で重ねるかな。一度でいいじゃん。その分こぼれた他のエピソードいれてよう(涙) なぜ鬼千秋の「ちょっとそのヴァイオリン貸してみろ!」シーンを削るんだよう(涙)。

指揮の追求に熱心なあまりのだめ化の千秋はもうちょっと無精髭濃いほうがいいんでないかい?妻きどりで世話をするのだめの手からプリンを食べる姿にのだめといっしょに「はうん」と萌え。のだめが千秋を脱がせようとするのも風呂覗くのもナイス....ってはっきり変態ですがな。目をさませくろきん!お風呂で千秋お色気サービスカットが出ると思ったのだが....白目むいて溺れる姿は原作どおりで容赦なし!大好きだ玉木千秋!

清良コンクル失敗で慰める峰が良い子。賛否両論みたいだけど私はあのラブホのシーンは好きなので、あってよかったと思ってる。原作でも唐突なのが効果的だったし、むしろその後の峰の清良サポートっぷりが原作以上に細やかで感心したよ。本当に作中峰がいちばんいい男だよね。瑛太君も好演してる。再起を月に誓うくろきんはジャングルジムの上より日本家屋の縁側のほうが良かったけど。武士だから 。

R☆Sデビューコンサト。彩子さんはもう千秋をカンペキにふっきったのか、すっかりオケサポメンバーになっていてちょっと不満。こうなる前に覚醒シーンが欲しかったよ。でもオケのシーンは素晴らしい。「その口やめろ」から「さあ歌おう - 歌え、歓喜の歌を!」まで怒涛の感動の波。玉木千秋の指揮っぷりもすっかり板について問題なし~。ベト7以上に意味のある選曲(絶望から希望へという曲想と千秋の心情がシンクロする) - やっぱブラ1はいいなあ。

そして問題の千秋トラウマ解消催眠術シーン。最初に催眠術が登場する前半部分がもろギャグ扱いだったので心配してたんだけど、情緒溢れる美しい場面に仕上がっていて感心。玉木千秋と上野のだめの演技が最高。

月明かりに浮かぶ千秋の後悔の涙は清らかで美しく、「もういいんですよ」と千秋を赦すのだめは聖母のように慈愛に溢れて神々しい。このシーンは原作の台詞を一語一句変えずに使っているが、圧巻なのはその後のオリジナルシーン。千秋に覚醒の暗示を与えて自分の部屋に戻ったのだめがハリセンの課題のシューベルトの楽譜を開き、静かにしかし熱心にソラで鍵盤を打ち始める - それまで何度も出しては開かずにしまっていたその楽譜は音楽の象徴だ。 千秋のトラウマを解消して海外に送り出す。そして自分もその後を追う。いままで逃げてきた音楽と真摯に向かい合い、千秋とともに上を目指そうとするのだめの決心が痛いほど胸に伝わってきた。

原作を昇華してなおこの余韻! - 傑作だ。

さて来週は....って予告編みてたらナニコレ!パリ編屈指の名シーン、千秋のだめ欧州大乱闘(!)の決め台詞「ケツの穴の小さか男デスね」~?? やっぱパリ編やらないのかあ(できませんて)。じゃあそこは橋の上か?マトリックス並のCGはあるのか?

で、ここからはちょっとネタばれ予想。もとから日本編の限定つきドラマ化だが、上記のようにちらっとパリ編の台詞やシーンが散見される...ということは、パリ編をやらないという大前提で、千秋がのだめに陥落する千秋パリでのデビューコンサート「ようこそ変態の森へ」シーンまでやってしまうのではないか?場面的なキリは日本編とパリ編できっちり分かれてるけど、心情的なキリはここなんだよね。それをR☆Sのラストコンサートに置き換えちゃうんじゃないかな。続編無しというならこれにも納得。このシーンを玉木千秋と上野のだめで見たいし。まあスタッフのお手並み拝見というところですな。

本日はSMAP×SMAPのビストロスマップのゲストが樹里ちゃんと玉木君。樹里ちゃんがとてもキュート!ものおじしない20歳の年相応の女の子なのに、とてつもない才能を持った女優さん....これからが楽しみ~。そして玉木君は下積みの長さゆえか人柄の良さがにじみ出るよな佇まい。魚の食べ方が綺麗なのに感心。樹里ちゃんとは恋人というよりは兄妹という感じですな。慎吾くんの峰に笑い、ごろちゃんが本当にドラマのファンっぽくて二人をリスペクトしていたのに感動しますた。よかった~。二

ドラマ公式サイト

第三話感想
第四話感想
第五話感想
第六話感想
第七話感想

エピ予想添削。だいぶずれてきた。エピソドちゃんと消化できるのか?来週はオリジナルシーン多そうだよ!
- []は順番違い/登場回数予想違い、( )は新規追加

8.(千秋ママ征子さん登場)、(くろきん失恋)、[清良コンクール失敗→峰とラブ]、[カイ・ドゥーン先生登場]、[鬼指揮者千秋復活]、R☆S華麗にデビュー、のだめ千秋ママ征子さんに逢う、千秋飛行機恐怖症克服、のだめコンクル決意、北海道カニ、ハリセン妻かおりちゃん登場、、千秋渡欧決意

|
|

« 「のだめカンタービレ」 ミュージックガイドブック | トップページ | なんだこのかわいさわ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33364/12935642

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ「のだめカンタービレ」第八話感想:

» のだめカンタービレ☆第8回 [せるふぉん☆こだわりの日記 ]
おぉ~、とうとう8回目を迎えてしまいましたぁぁぁ~。ああ、あと3回で終わるぅぅ [続きを読む]

受信: 2006.12.10 10:52

« 「のだめカンタービレ」 ミュージックガイドブック | トップページ | なんだこのかわいさわ »