« [告知]10/8(日)ハイランド・ゲームス | トップページ | Analyze me! (Continue..) »

胃カメラを飲む

健康診断のフォローオンで胃の内視鏡検査(=胃カメラ)を受けたのだ。会社から紹介された六本木ファーストクリニックは、流行のセレブな雰囲気(すまんプアな表現で)。大昔、十二指腸潰瘍をわずらった際に受けた胃カメラ検査にはにはえらい苦労させられた思い出しかない。故にずっと胃カメラ検査を拒否してきたのだが、最近の胃カメラ検査は昔ほど無体なものではなく、かつここでは苦痛の無い内視鏡検査が受けられるということで渋々受けることにしたのだ。

1.リクライニンチェアに座ってリラックスした状態で喉にゼリー状の麻酔薬を含む。5分放置。舌が痺れてきて喉がつまったような気分になる。喘息もち(あらかじめ伝えてある)なのでちょいとヤな気分に。
2.5分後にゆっくりと麻酔薬を飲み込む。更に麻酔薬追加して5分。喉の感覚は完全になくなる。舌も痺れてるのにちゃんとしゃべれるのが不思議
3.その後検査室へ。鎮静剤を注射。ちょびっと意識が朦朧となる。
4.口にマウスピースをはめた状態で、胃カメラを挿入。あっという間にはいっちゃった。鎮静剤のせいかこのあたりの記憶はあいまいだが、先生がカメラを操作しながら映像(目の前にディスプレイがある)の説明をしてくれるのを面白く聞いていた。
5.その後、回復室で1時間ほど休む。ぐっすり寝ておきたらのどの麻酔も切れていた。

結論としては、いやー楽チンでした。前に点滴を受けた際も思ったんだけど、本当に医療の進歩ってすごいな。おみやげに胃カメラ写真(グロなのでアップしません)もいただいたしね。肝心の検査結果も良好で、胃炎(逆流性食道炎・びらん性胃炎・表層性胃炎)は起こしていたけど、直った跡&直りかけばかりで、食生活に注意すればリカバー可能とのことだ。まあせいぜい節制いたしましょう。

|

« [告知]10/8(日)ハイランド・ゲームス | トップページ | Analyze me! (Continue..) »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

食事後直ぐに横になると、胃の入り口が広がって逆流性食道炎になるそうです(先生に注意されました)。Nyaさんもお気をつけて下さいね。
海外赴任前、帰国時は必ず胃カメラなので、私は胃カメラにはうるさいです。以前は苦しくて涙が止まらないので嫌でしたので、最近は喉だけではなく体の麻酔もしてくれる病院に決めています。検査台に横になった後は寝てしまい記憶がないので、苦しさとも無縁なのです。それに目が覚めた時にとっても気持ちいいんですよ(少々麻酔中毒かも・・・)。と言う訳で、新横浜の労災病院はお勧めですよ!

投稿: Kazz | 2006.09.30 07:47

Kazzさん、コメントありがとう!

おお、Kazzさんは胃カメラ達人だったのですね。私も軽い麻酔をかけてもらったんで楽に検診を受けることができましたよん。

投稿: nya | 2006.10.01 10:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33364/12092033

この記事へのトラックバック一覧です: 胃カメラを飲む:

« [告知]10/8(日)ハイランド・ゲームス | トップページ | Analyze me! (Continue..) »