« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

インテレクチュアルな風景(笑)

ああ、今日はしのぎやすかったねえ。外出の多い日だったからありがたかったよ。

本日午後の訪問先は仕事でなければとてもいけないようなアカデミックな某所。なんだかわくわくして心の中でサンバを踊っている(勿論表面はにこやかにお客様と会話をしているけどね)私の前をすいっと横切った壮年の男性。「あっあれは知の巨人立○隆先生!」。さすがはインテレクチュアルな場所。行き交う人までインテレクチュアルだわーと感心したよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ニガウリ観察日記とねこまる怪談

結構でかくなったよ。この他にあと5つくらいできてる。

R0020200

おまけのねこまる。ねこまる怪談を一席。昨夜2時頃突然鳴った電話にたたき起こされた。眠い目をこすりながら電話にでるも無言で切れる。よくみるとそれは別部屋の内線からかかってるんだけど、かけてきたはずの子機には誰も触った気配はない。それだけなら誤動作?ですんだんだけど、怖いのはそれから小一時間、ねこまるが電話の前に陣取ってじっと電話機をみつめたまま微動だにしなかったことだ。

Img_0134

「なにかいるの?」って聞いても答えやしないよ猫だから。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

きのう買った漫画とか

観劇後、パルコブックセンターでいろいろ。まとめて紹介。

続きを読む "きのう買った漫画とか"

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

「開放弦」感想

実はG2プロデュース演出の舞台は苦手だ。どうもいまいちめりはりがないような気がしてね。好きな脚本家や役者さんと組むことが多いから見る機会が多いんだけど、私にとってG2というのは芝居を観る動機付けとしてはヨワイ(あくまで主観です)。なので、この「開放弦」も最初は見る気がなかったんだけど、幕を開けてみるとどうも評判いい。あちこちから絶賛の声が聞こえてくる。そのわりにチケットの出足はいまいちだったようで、チケット掲示板で結構良い席が定価割れででていたので、思わず買ってしまったよ。いやあいい買い物しました。素晴らしいお芝居でしたよ。

続きを読む "「開放弦」感想 "

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

皇国大人買い

昨日のデスノに引き続き二次創作系の腐女子界で人気爆発の漫画版「皇国の守護者」三巻一気買い。会社の近くの本屋さんに全巻揃っていたので会社帰りに衝動買いして電車の中で全部読んじゃったよ。続きが待ち遠しい~。

おもしろいなあ架空戦記ふかふかサーベルタイガー付(ネコミミもあるよ!) 冷徹無比な策士にして小心者、アンビバレンツな性格がめちゃくちゃ魅力の新城直衛中尉率いる”おぢさんからショタ、ケモまでとりどりそろえた”皇国十一大隊。対するは美しき戦姫を総司令官に頂く"元お稚児さんから無骨な若者まで美形をそろえた"帝国軍。皇国が近代日本の趣で絵柄は手塚横山とレトロな少年漫画風ならば帝国軍は帝政ロシアの趣で絵柄は安彦はいったさいとうたかを風ってとこ。いずれにせよはんぱじゃなく達者な絵で竜やサーベルタイガーが跋扈する日露戦争といった仮想世界を破綻なく描いててすごいなあ。

そして直衛は巻を追うごとにかわいくなっているよ。百面相が愛しくってもう!サーベルタイガーの千早をもふりたい~。直衛を巡る義姉蓮乃と義兄保胤との関係も気になるっつーか義兄弟の確執萌え~(やっとれ)

(追記)その後、この漫画版の作者伊藤悠先生が女性ということを知り絶句。そういえばこの人のデビュー作「影猫」は昔のウルトラジャンプで読んだな。レトロな絵柄の時代物で黒白のコントラストが美しく、確か新人コンテストの入賞作だったけどあまりの個性に衝撃を受けた記憶がある。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

デスノ大人買い

ジャンプ漫画はほとんど読まないんだけど、ふと思い立って完結巻がでたばかりの「デスノート全12巻」を大人買いして一気読みしちゃったよ。さすがの評判だけあって面白かったなあ。最初の数巻は神展開ですな。2部はなんか「勇午(雰囲気ね)」みたいだなあと思いながら流し読みで所要時間2時間ほど。

最後のアレ込みできっちり終わってくれて週刊少年誌掲載作品としてはありえないくらいのクオリティに感心した。まあ物語はゆっくりよみかえして堪能しようっと。それにしてもLくんカワユス(結局キャラ萌えかよ!)。月とLの漫才コンビ最高。それにリュークとミサミサが加わるキャンパス編をもっとみていたかったけど、そんなことしてちゃ物語が破綻したろうな。番外4コマがもっと掲載されるという13巻に期待。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

熟柿作戦

日曜の朝、ニュースサイトをサーフィンしていた夫がいった。「いや~福田さんポスト小泉戦線離脱しちゃったけど、本当に"うれがきさくせん"だったのかな?」 日経新聞のその日の朝刊を読んでいた私には彼がなにをいっているかわかった。「あのねー、ちょっとそのパソコン入力モードにして~」「...したよ?」「そんで『じゅくし』ってうってみ?」「...うったよ?」「変換してみ?」「 - あ?」

かっこしんに引き続き夫の恥ずかしい日本語読み間違いシリーズ。君は渡米を『わたりごめ』と読んだ山田(in TRICK)を笑えない。

ちなみに記事はこれ。

福田氏、崩れた「熟柿作戦」

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

ボレロ

日曜の朝のお楽しみ。出光プレゼンツ「題名のない音楽会21」。今日のお題はラヴェルのボレロ。単調とも思える二種のメロディーの繰り返しにどうして皆魅了されるのか、スコアを丹念に追いかけて読み解いていく。こんな構成は大好きだ。

ふと思い立って、"Torvill, Dean,Bolero"でYouTubeで検索かけてみたら、あったあった、1984年、サラエボオリンピックでの伝説のアイスダンス名演。いやあYouTubeって人類のビデオアーカイブだよなあ。

Torvill & Dean - 1984 Olympics - Bolero - HQ

トービル&ディーンはENCOUNTERもお勧め。ちょっと背筋がぞっとするくらいの名演(コメントにあるように拍手がちょいとうるさいんですが)

Torvill & Dean ENCOUNTER

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

かごねこ

最近のお気に入りは洗濯かごらしい。

102_0790

なぜか必ずふちに手をかけて寝ている

102_0794

庭のゴーヤとねこまる

102_0787

ゴーヤが小さな実をつけたよ!大きくなるといいな。

102_0782


| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

ぶっとび狸御殿

WOWOWで「オペレッタ狸御殿」を夫とげらげら笑いながら見る。合言葉は「清順サイコー!(私)」「浦沢サイコー!(夫)」。もうなんだか自由自在の好き放題で映画だかカキワリだか舞台だかCGだか。その中で妙に楽しそうに演じる役者さん(除くチャン・ツイィー←わけわかんなかったろうなあ)。ヒラミキと薬師丸さんと由紀さおりさんと高橋元さんがかっこよかった~!CGひばりさん最高!雨千代X安土桃山に萌え~。

てなわけで全肯定オペレッタ狸御殿。これはありでしょう。万人にはおすすめしませんが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

冷蔵庫ロシアンルーレット

家事一切をとりしきる夫は一応家計を預かっているという意識があるのか、見切り品をやたらと買ってくる。閉店間際のX%割引とかね。晩酌にかならず小さいお刺身なんかつけてもらってるんだけどたいていこれ。そして食卓で自慢する。「今日の食材はみんな半額なんだぜ。タイムセールを狙ってスーパーに行ったんだ。要領の悪い君なんかこうはいかんだろう。俺って賢い主夫~♪」...まあ、君がそれで気持ちよく家事ができるんなら何もいわんがね。

でも必然的にそういう商品は賞味期限がぶち短い。2人家族なんだから食べる量に限りがあるし。さっき朝ごはんに焼いた全粒粉パンの賞味期限をみたら10日前に切れてやんの。まあパンだから腐ることないだろう...って牛乳の賞味期限見たらこれも1週間前に切れてるよ..orz。それで食あたりを起こしたことはないけどさ、これから食中毒のトップシーズンだから気をつけなきゃね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

眠れない夜はどうしよう

ぼくはため息つくばかり~♪ こんばんわ、谷山浩子縛りのカラオケはやったことはありませんが、たぶん30曲くらいはいけるnyaです(またかよ)。「はみだしっ子」のLP(!)持ってます。好きなのは「てんぐさのうた」です。海の生まれは退屈知らずよ~♪

てなわけで喘息の咳がひどくて眠れない。こんなときはどうすればいいのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

隣の芝生

昨日、某所で聞いた弊社女子社員の会話。

A嬢「...でねCさんってばだんな様にとても大切にされているのよ。土曜日は『Cちゃんデー』にして、食事をつくってくれるんですって」
B嬢「まあ羨ましい」
C嬢「でも食事だけなのよ。掃除も洗濯もしてくれないの」
A嬢「食事だけでも十分よ。うちのだんななんて縦のものを横にもしないんだから」

....ときどき我が家がすげー変則的な家庭であることを忘れそうになるんだ。でも彼女達の夫は、きっとうちの夫の何倍もの収入があるんだろう。「稼ぐ夫」と「まめな夫」世の中は二者択一なのかなあ。

(追記)この記事を書いた後で、いや二者択一というよりむしろ四象限だなと思って描いたのが下記上。下は超有名なBCGの四象限ね。赤丸がnya家。微妙なバランス。

Nyappm


| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

濡れた犬

不順な天候が続きただでさえ喉の調子が悪くなっていたのだ。

朝からどしゃぶり。

朝9時のアポイントで、混雑ピークの満員電車に乗らざるをえない(いつもはちょいと早めにでるのだが)。網棚は立錐の余地もないほど鞄が立ち並び、ノートパソコンの入った重い鞄をもってまっすぐにたつこともままならない足元は自分と他人の濡れた傘がべったりと張り付いて気持ちが悪い。

土砂降りの中を社に戻り、濡れた体を乾かすまもなく米国人主催の会議に出席。クールビズ対応で社内の空調28度がデフォだけど、欧米人にそんな理屈が通るわけもなく会議室はぎんぎんに冷えている。カフェラテで暖をとるも体は芯から冷えてしまったよ。この時点で咳がではじめる。

午後はまた外出。雨はちょっと小止み状態(でも降っている)。郊外の顧客は最寄の駅から徒歩15分 - は意外に長い。重い鞄を担いで傘をさして往復。最後にたずねた都心のお客様はやはり駅から徒歩20分ほど。遅刻しそうになって早足で歩く。

その後、営業と喫茶店で打ち合わせ。ヘビースモーカーの彼は席に着くや否や(止める暇もあらばこそ)煙草に火をつける。

てなわけで喘息てきめんに悪化。咳がひどくて眠れず。生きていくのがつらくなる一瞬だ(おおげさ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

中食(なかしょく)三昧

今日はしのぎやすかったねー、でも雨が激しく降っていてイヤ。涼しさか雨か二者択一状況。やや涼しさが勝るか?

最後の仕事が渋谷だったので、夏バテが復調しない夫(医者へいけ)のために東急フードショーで夕食を買って帰る。私のお気に入りは「季節料理 しの原」の旬菜パレット。ま、要するにおこのみ八寸。ふぐのからあげとフォアグラ大根でらうま。夫には「サイゴン」のサイゴン弁当に青いパパイヤのサラダをつけて。ここのネム(揚げ春巻)はもちもちしてて本当においしいよん。懐石とベトナム料理混在。デパ地下の醍醐味。明日は夜、新宿の予定なので京王地下で買って帰るかな(私が作るという選択肢はまったくない)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

かくて世の終わり来たりぬ

**2010/9/21追記 : ご依頼いただきNyaのホローマンの訳文を、アニメ「学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 」の最終回に提供いたしました。もちろん「かくて世の終わり来たりぬ」の一文は、このエントリーに記載の通り、井上勇先生の訳であることも改めてお断りしております。

このエントリーを読まれた方に。もし機会がありましたら、古典SFの名作「渚にて」をお読みください。偶然の出会いがあなたを馥郁たる空想の世界へいざなうよう願ってやみません。私が40年前に出会ったように。

**

静かな雨の休日 大好きなネビルシュートの終末SF「渚にて(On the Beach)」を読んでる。1957年初出だからもう半世紀前の作。米ソ冷戦時代、核の影が色濃く世界を漂わせていた頃に世に出された傑作。息詰まる政治の駆け引きも激しい戦闘もドラマチックなラブシーンもない。そこは核戦争後の世界。戦争初期に使用された核爆弾によりすでに北半球は死滅。わずかに残された豪州の人々の前に迫る放射能。人々は形なく忍び寄る放射能の影におびえつつ淡々と日常を送る。取り残された人々が崇高に静謐に滅びを受け入れていく姿は美しくただ哀しい。

下記は冒頭を飾る英国詩人エリオットの詩篇「ホローマン(空ろな男)」からの抜粋。「Not with a bang but a whimper.」のくだりを「地軸くずれるとどろきもなく ただひそやかに」と訳した井上勇先生はすごいなあと思う。エリオットが第一次世界大戦の戦渦を憂いて作った詩篇を一気にグローバルな視点に引き上げて本質は失っていない。これぞセンスオブワンダー。

この終末の集いの場所に
我ら交わす言葉もなく潮満ちる渚に集う
かくて世の終わり来たりぬ - 銃声ではなくすすり泣きのうちに(アホ訳はnya)

In this last of meeting places
we grope together
And avoid speech
Gathered on this beach of the tumid river...

This is the way the world ends
This is the way the world ends
This is the way the world ends
Not with a bang but a whimper.

("The Hollow Men(1925) T.S.Eliot" より抜粋)

続きを読む "かくて世の終わり来たりぬ "

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

かなしい週末

専属料理人(まるしー堀晃先生)の夫が夏バテで寝込んでいるのでちゃんとした夕食が食べられない。おとといはコンビニで買った枝豆+ポテトサラダ、昨日は新宿デパ地下で焼き鳥を調達。 今晩こそなんとかせねば。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

ドナインシタイン博士のひみつ学会§3『初恋のひみつ』 感想

さてさて今年もやってまいりました。年に一度のお楽しみ。関西一の知性派役者、川下大洋さんこと我らがDocの主催するドナ研ひみつ学会の発表会。前作「ニッポンのひみつ」に続く今年のお題は「初恋」ですよ皆さん!

愛と恋の違いに鋭く迫るDoc(いや本当に感心した)。腹筋さんのパワーマイムに不覚にも感動!小演劇界で最も恋愛から遠い男41歳独身の粟根さんはいったい何を語るのか(想像通りです)。ゲストのカリカは相変わらず飛ばすし、サモアリ(+あっち)は....噛むなよ。ビデオ参加のゴエさんに爆笑、転球さんコドモー!竹下さん変わらぬネタをありがとう!僧正..それひょっとしてキムタクの真似?そして大王の写メねたとは!

謎が謎を呼ぶひみつ学会。そして観客それぞれの胸に秘めた初恋の思い出 - まあ期待に背かない面白さ。ネタバレ(写真含む!)は公演の後にアップするね!

それにしても怖かったね雷。遅刻しそうになっちゃったよ!


続きを読む "ドナインシタイン博士のひみつ学会§3『初恋のひみつ』 感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

頭沸いた

夏の祭りの夜が好きだ。

ともる提灯。遠くから聞こえる楽の音太鼓のリズム。通り一本隔てた人混みの気配。
露を含んだ熱気と酩酊。
虫の声草いきれ。

豊穣。

ここはアジアだ喧騒の夜だ。

お風呂にでもはいっているような湿気と熱気についポエマー(誤用)となってしまうくらいのアジア熱帯モンスーン気候。営業仕事がこれほどつらいと思ったことがかつてあるだろうか - と毎夏思うんだよな。

へろへろになって帰ってきたら夫が夏ばて(?)で唸っていた。珍しい。私と違って満員電車に載る必要もなく、炎天下の営業活動もしない君が倒れてわたしがぴんしゃんしているのは何故だ~。

てなわけで急遽コンビニに走り夫にはゼリー飲料とアイソトニックドリンク。私は枝豆にビールの熱帯夜ディナーなのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

下北サンデーズ

今日から放送の「下北サンデース」スタッフと役者さんのメンツに魅かれてNHKのニュースをみながら二画面チラ見してたけど....話としてはちょいときついなあ。原作石田衣良さん脚本河原総代で監督堤さんなんだからもうちっとちゃんとしたお話にして欲しいなあ。「僕の魔法使い」の劇団の回(ミッチー!)くらいのクオリティを期待してたのに。

それよりも知った顔があちこちに!ってゆーか何故ケラさんがケラさん役で!あと動物電気の辻さんとか、三宅アニキが結構たくさんでてたのにびっくり。山口紗弥加ちゃんオモシロス。佐田真由美ちゃんは相変わらず美人だなー。古ちんはあいかわらず好き放題に(着物姿がステキ)。蔵之介さんはもっとはじけろ~パワーマイムを是非テレビで!

唯一爆笑したシーンはチラシパロティ。いずれも一瞬だったので録画しとけばよかったか。「猫のホテル」ならぬ「猫のビジネスホテル」に吹いた。あと何より「SHINKANSEN★RS」じゃなくて「SETAGAYASEN★RS」の「メタル・マクベス」じゃなくて「メタル・リア王」。ロゴマークの蜘蛛の足が蛸の足になってるんだよ~8本!凝ってる。

まあ今回のインパクト大賞は、主人公の通う大学が千葉大だったことであろう。下町の進学校であったわが母校の高校はかの大学への進学率(だけ)が異様に高く、先輩や友人が通っていたのでよく西千葉のキャンパスに遊びにいったのだ。っつーか自由が丘から千葉大通学ってありえない設定。千葉とシモキタって遠すぎ(ネタ?)!

まあ、今後に期待しましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

祝!ブログ復活

いやーながかったね48時間メインテナンス。メンテ前のありえないパフォーマンスにうんざりして、某所の事例紹介で見かけたココログのシステム構成をしみじみ思い返して現場の苦労を思ったりもしたよ。

まあ、今回のシステム移行で少しはスケーラビリティのあるものになったろうからもう少しは有料会員続けてもいいけどさ。現場で苦労した方々はお疲れ様でした。マネジメントの方々はこれからはもう少し知見の高いビジネスケースを考えてくださいね。

でもさあ、最近のお客様ってすぐブログサービスやりたがるんだよね。ROI見込めませんよ~難しいですよ~とさんざ脅かしてる今日この頃さ。知見の低い私はとても怖くてできない。

100_0696

ブログ復活を寿ぐねこまる

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

見逃した!

しまった~、今日の「特命!刑事どん亀」。さとしさんがゲストだったのか~!前にじゅんさんが出た際にも録画してみたんだけど、ストーリーがあまりにアレだったんで今回も...とストーリーみてみたら

新型人工衛星エスペラルが前島博士(黒部進)の手によって完成し、国際宇宙研究所でその発表が行われた。エスペラルは通信・科学・交通など全世界のあらゆるコンピューターシステムとコンタクトができ、高精度GPSエックス光線で上空から建物内の人物特定まで可能というもの。

(中略)

過激派テロ組織ガレアが現れ、博士らを人質に立てこもる。リーダーの裏木栄一(橋本さとし)は刑務所にいるボス「龍・オザキ」の釈放を要求。さもなくばエスペラルを乗っ取り世界中をパニックに陥れるという

(中略)

亀田(西田敏行)は小型ロボット「とっても気配り君」を研究所内に潜入させ真理から情報を入手する。

なにこのいまどきの特撮ですらやらないおこちゃまストーリー!しかしここまでトンデモだとむしろ見たかった。だいたい写真のテロリストさとしめちゃめちゃかっこいいじゃん。きっとすげーまぬけな最期をとげたんだろうなあ....やっぱり見たかったなあ....いやいや見れなくて悔しくなんかないやい!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

スピッツ「魔法のコトバ」

スピッツ新曲「魔法のコトバ」はハチクロムービーの主題歌なんだね。ハチクロは原作タイトルがスピッツの「ハチミツ」をインスパイアしてるあたりから伺えるようにスピッツワールドにぴったりなお話なのだ。マサムネさんのLyricsはあいかわらず素敵で「花は美しく棘も美しく根っこも美しい筈さ」のくだりに感じ入ってしまったよ。ま、とりあえず「倒れるように寝て泣きながら目覚めて人ごみの中ぼそぼそと歌う」毎日ではありますが「魔法のコトバ口にすれば短く、だけど効果は凄いものがあるってことで」よろしく。

映画版ハチクロは河原"ハイレグ永久総代"雅彦さんが脚本を書いているのか..。や~河原さんもクドカン同様ドラマに舞台に映画に脚本ひっぱりだこだな~。本人もいい男なので是非映像露出を。

と思ったらののちゃさんのブログ情報で、スター雅彦のCM「サントリー酸素ダイエット」。内山君を叱るプロデューサー役。かっこいい!っつーか腐?

てなわけで、家で仕事しながらYahooのサウンドステーションでスピッツのサイクルヒットエンドレス。新曲「魔法のコトバ」も聴けるしなによりお手軽でいいよね。

魔法のコトバ~スピッツ・サマーコレクション2006~ 魔法のコトバ~スピッツ・サマーコレクション2006~ 【8月6日まで公開】

もちろん予約もしましたよ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ああ無情

おつきあいのある観劇ブログの皆様の間を走った衝撃

押しも押されぬ東宝ミュージカルの大看板「レ・ミゼラブル」の主役ジャン・バルジャンに橋本さとしさん大抜擢~!

うわー、軽そうなじゃんばるじゃんと思ったことは秘密.....「ミス・サイゴン」のエンジニア役は納得行くんだけどな、ジャン・バルジャンは重厚な演技が求められると思うんだよな。そもそもクワトロキャストの他が山祐さんに別所さんに今井さんじゃん....むしろジャベのほうが...いやいやいやでもこの大役をちゃんとこなせたらさとしさんもうなんでもできますよ。最終的にはトート閣下を!とか思ってます。

とりあえず2007年6~8月の観劇予定はきまりましたよ。すげーなかっこいいな~。

| | コメント (6) | トラックバック (1)
|

週末恒例復活

週刊メタマク祭りも無事終了(惜)したので、週末恒例ねこ画像復活だ。

最近、踏み台(兼道具箱)の上がお気に入り。

Img_2106

Dscn0369_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

「Cat in the Red Boots」の本チラ

そういえば、メタマク大千秋楽で「Cat in the Red Boots」の本チラをもらったのでありました。

赤い長靴型に、bitch猫のロゴがかわいくてしみじみみてたら、折り返しの出演者写真に目が釘付け。

カジュアルな粟根さんが若い!ベレー帽が愛らしい!う~ん、楽しみになってきたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

世界の片隅で泣き喚く子供

早朝5時頃、NHKでイタリアドイツ戦を観ていたら北朝鮮ミサイル発射のブレイキングニュース。あわてて寝室の夫を起こしにいく。「ね~ね~北朝鮮がミサイル撃っちゃったよ~。戦争はじまるのかなあ。やだなあ」と揺り起こしたら「お前は日米安保条約を知らんのか」と一言言って寝ちゃったよ。どうやらあんまり心配しなくていいらしい。

その後私の出勤間際に起きてきた夫に「どうして北朝鮮はミサイルを撃つの?」と聞いたら「ああ、ありゃあ、誰か僕に話しかけて~ってみんなが遊んでる公園の片隅で癇癪を起こして泣き喚く子供だ」だってさ。私はヤダな、隣にそんな聞き分けのない子供がいるのは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

「メタル・マクベス」大千秋楽感想だよっ!

平日新横浜駅朝9時発の新幹線のぞみはビジネス客で満載であった。そんな中、日経新聞片手にビジネススーツで乗り込む私。座席に座るとおもむろにノートパソコンを広げる....ふふふ完璧なカモフラージュだ。まさか私がメタマク大千秋楽見たさに大阪へ遠征する関東新感線ファンだとは思うめえ...って何のためのカモフラージュだよ!

いやホントまじで仕事忙しいのよ。今日もお客様との大切なミーティングも「どうしても外せない私用で..」とかいって代行を頼んできたのよ(このブログ見てるリアルワールドの友人(少しいる)よ、会社にはどうかご内密に~)。

でも行ったかいがあった。 いやあメタマク最高っ!元気がいいっ!(レスポール王風にね) メタル・マクベスよ永遠なれってくらいののりで千秋楽を楽しんだよ。いのうえさん、クドカン、つかささん、役者ならびにスタッフの皆さん、ありがとーありがとー私はこの作品を愛してま~す。

メタマク感想一覧 : 5/20(土)5/28(日)6/10(土)6/17(土)7/4(火)

Img_2104

千秋楽恒例メタマクおせんべ。割れちゃった..(;-;)

続きを読む "「メタル・マクベス」大千秋楽感想だよっ!"

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

猫リストカットの実態

いつもねこまると戦っている私の右手はこんな感じ。通勤電車内で半袖でつり革につかまってると隣の人がこの手をみてぎょっとするので、そろそろねこまる遊びも控えたいのだが。

Img_1962


| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

わあいチケとれた!

新感線の「Cat in the Red Boots」は本日FC二次先行で無事に、9/16と23の週末とれたよ~(;-;)。これで心穏やかに9月が迎えられるってもんだ。

安心してねこまると遊ぶ。

Img_1944

ソファの下で寝ているねこまるをリボンをつかって釣るのだ!じゃれるじゃれる。

Img_1956


| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

ミニデザイナーズチェア

実は夫はデザイナーズ建物や家具が好きだ。雑誌AXISCASA BRUTUSは欠かさず読んでるしね。

しかしいくらデザイナーズ家具が好きといっても、それを買うわけには行かないのがつらいところ。だってねこまるの餌食だからね。英国製の布張りのソファもいまや見る影もない有様。デザイナーズの一戸建てを建てれるほどの甲斐性はないしな(私にだよ)

そんな夫が、ある日Webページをみながらしきりにいいなあといっている。みたらこれ「Design Chair Collection Vol.1」。名作椅子の数々が1/12のミニチュア模型に!「へ~ハートシェイプもあるのか、いいじゃん」「俺はこのリートフェルトが好きなんだ~」

しきりにいいなあと繰り返すので「そんなに気に入ったら買えばいいじゃん!」といっても「でもこれ思うに食玩レベルだよ~。それに5000円近く払うのもなあ。9個セットだけど」迷う夫に痺れを切らし私が買ってしまったよ。「Design Chair Collection Vol.2」も一緒に。こっちも名作揃いの8こセット。

てなわけで家には世界の名作椅子が17個もあるのです。家をリフォームするときに飾り棚作って月代わり展示でもしようかな。

Img_1939

リートフェルトのモンドリアン風味とパントンのハートシェイプ

Img_1933

1/12のミニジェニーを座らせてみたらぴったりだ!


| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

好事魔多し

どうしようもう2006年おりかえしちゃったよ。さまざまな問題が行く手を阻み一時はどうなることかと思ったプロジェクトも無事テイクオフ。メンバーの皆様お疲れ様!昨夜はひとしきりセレブレーションメールが関係者(海外も含む)を行き交ってちょっとしたお祭り気分だった。

もちろんプロジェクトの完了はイコール運用開始、お客様にとっていちばん大事なのはこれからだ。気を抜いてはいけないね。昨日は新しいプロジェクトのキックオフもあったのでそりゃもうばたばたしてた。来週からのアレヤコレヤを今週末でダンドリつけちゃわないと~(;-;)

そんなほっとした本日、車で買い物に出ようとしたらセルまわらないでやんの。実は我が家のクーペフィアットは昨日まで恒例の年に1度のガレージ入りをしてた。イタリア車オーナーとして、あんま調子悪くなくてもこの儀式はかかせない。でも修理費X十万かけて戻ってきた途端この有様。ガレージに電話かけたら飛んできてへたれたバッテリーを交換してくれたよ。もともとヘタレ気味だったところに修理期間中に放電しちゃったみたい。うーむ期待を外さない車だよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »