« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

Nya、脱税をするの巻

すんませんすんません。決して年に何百万も税金に持ってかれるのがどーにも納得いかなかったという不埒な心持じゃあなくって単にずぼらだったんです。

私のプロフィールには扶養家族は夫とある。でもそれは嘘なの。厳密に言えば夫が永年勤めた出版社を退職して数年間、一応フリーのライターを名乗ってはいたけど駆け出しで鳴かず飛ばず。当然ギャラも少なかったので私が扶養控除を受けてたのさ。でもここ数年は仕事が軌道に乗ってまあそこそこ稼げるようになった。だから私の扶養控除からもはずしたんだ。

で、そのハザマの年が微妙だったんで、面倒くさがりの私はまあいいやと思って、扶養控除を申告してたの....そしたら天網恢恢祖にして漏らさず..そりゃあ私は勤め人だからインカム隠しようがないし、夫は確定申告してるしな....でもでもちょびっとじゃんリミット超えたの!

なのに追徴課税が数十万....ボーナスがふっとんだよ..orz。釈然とはしてないんだけどしょうがないわねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名ばかりのクールビズ

梅雨の中休みは気温が高い上に湿気も多くて不快指数最悪だ。本日も日中、顧客訪問のためオフィスから一歩外に出てその場で逃げ帰りたりたくなったほど。

でも私はまだ良い。半袖のカットソーに薄手のスカートだからね。同行の営業君はちょいとふくよかな上にきちんとスーツにネクタイで暑い暑いを連発していた。オフィスではさすがにネクタイ外して上着は脱いでいるけれど営業がお客様を訪問するのにそんな格好は許されないからね。

いくら政府がクールビズの掛け声をかけても、それが世間で「軽装、略装」であると認識されているために、公的な場ではいずれにしたって従来の背広ネクタイになるのであった。これではいけない。なんの解決にもなってない。

やっぱりこれはフィリピンのバロン・タガログのように日本の夏の正装はかりゆしウェアであると制定して、背広ネクタイの場合はペナルティくらいにしとかないと(勿論寒い日だってあるので非現実な考えであることは承知)日本人サラリーマンは夏の灼熱地獄からは開放されないと思うんだ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

人生の並木道Part...いくつだ?

今月前半は疎な更新であったが、ここ最近は密な更新....仕事が忙しくなるとブログ更新に励むというわかりやすい私だ。昨日は夕方5時からはじめたミーティングが11時までかかってしまいなんかミーティングの最長記録。や~紛糾したした。若者たちがつかれてへとへとになる中、テンション高く会議をひっぱるシニアなマネジメントたちってすげーと感心...私はシニア仲間なのにへろへろになってました(能力がないうえに年寄りってどうよ)。

そしたらしらないうちに新プロジェクトのリーダーにされてやんの...ひでー。「えーこんなでっかいプロジェクトまわせませーん」とチェアマンのマイボスに抗議するもすげなく却下。またあのどたばた偽プロマネの日々がはじまるのかよ..orz

でも来週火曜のメタマク大千秋楽@大阪は休むよっ....休めたらイイナ...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Nyaの行方暫定版

現在のチケとり状況

  1. 7/4(火)Shinkansen☆RS「メタル・マクベス」@大阪厚生年金会館ホール
  2. 7/15(土) ドナインシタイン博士のひみつ学会§3『初恋のひみつ』 @ 新宿シアターモリエール
  3. 8/19(土) Piper「ニコラス・マクファーソン」@紀伊国屋サザンシアター 
  4. 9/3(日) 噂の男 @ パルコ劇場 
  5. 9/22(金) 新感線☆NEXUS vol.2「Cat in the Red Boots」@東京グローブ座
  6. 「噂の男」はなぜか千秋楽がとれてしまった。しかも微妙に良い席なので楽しみ。チケ激戦が予想されるジャニーズ新感線はFC先行で平日1枚とれたのみ。これからの各種先行にかけるしかないな...orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「Our House」英国的感想補足

そいえば私は英国大好き人間だった。ウエストエンドにお芝居観にいったこともあるし、カムデン・マーケットも覗いてみたことがある。そんな視点で「Our House」の感想を

続きを読む "「Our House」英国的感想補足"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

功名が辻

わあい、昨年の「新選組!」に引き続き粟根さんが大河ドラマ「功名が辻」に出演だあ...てなわけでファンクラブの掲示板に告知がでた瞬間に録画予約をして待ち焦がれたら....出演時間正味一分だったよ..orz。

まあいいけどさ、クレジットでたし、秀吉様に縋る声音もかっこよかったし、一豊上川さんとのすれ違いシーンあったしさ。これは家宝にするよん♪

| | コメント (2) | トラックバック (1)

「Our House」感想

えっと私はYouTubeのあり方にはあまり賛成してないんだけど、とりあえずこれ

「Our House」のPV

ざっつロンドン下町って感じでしょ。マッドネスは1980年世界に一大スカブームを起こしたバンドだけど、このPVみるとわかるようにばりばりのロンドン風味のわりと生真面目なバンドなんだ(現役。今年のフジロック来るし)。そんなマッドネスをトリビュートしたロンドンミュージカル「OUR HOUSE」は、ちょっとビターなテイストだけどノリがよくって猥雑なパワーに溢れた楽しい作品に仕上がってるよ。

例によってこの項大いにネタバレしておりますので、アワハウスをこれからご覧になる方はご注意くださいませ!

続きを読む "「Our House」感想"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

観察日記

夫がベランダで育てているゴーヤーの花が咲いたよん。早く実がなるといいな~。

Dscn0331

こんなサイトをみつけたよ。にがうり情報満載のGbanner_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

或る日

鬱々とした梅雨空の合間にふと訪れた爽やかな夕間暮れ。家路をたどる間に西の地で失われた家族のことを暫し思う。憤ることは容易いが私には既にその資格はない。挫折も絶望もそして殺意ですら私には馴染んだ感情だ。彼は私であり、失われた家族もまた私自身なのだ。

私が堰を越えなかったのは単なる偶然だ。何故誰も幸福になれなかったのだろう。今はただ失われた方々の冥福と残された方々の心の救済を願う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏至のおまつり

そういえば昨日は夏至だったのだな。BBC Newsを観ていたら、恒例のストーンヘンジ夏至祭りには17,000人のドルイド教徒やヒッピーが集まったっていってたよ。

Thousands gather for Summer Solstice
リンクはビデオです。

ヒッピー?何故?とか思ってぐぐってみたら、こんなサイトにいきあたった。知らなかったよストーンヘンジがニューエイジな方々の聖地だったとは...orz。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生放送

なんだかんだいって10時にはテレビの前に正座してまってるくらいのわくわく感な「プリマダム」最終回生放送付特別編。いや~すごいな古ちん。やっぱ生放送のためのキャスティングだったのだな。場をしきってるよ~カリスマあるよ~かっけーよ~。

ああ、楽しかった。次シーズンの古ちんは上戸彩ちゃん主演の「下北サンデーズ」に出演か~。下北沢を舞台にした小劇団物語。原作はIWGPの石田衣良さん、監督はTRICKの堤さんで脚本は河原ハイレグ総代なので、そう陳腐なものにはならないだろうな、期待期待。

ところで、ののちゃさんのブログではじめて知った、橋本さとしさん今週の「大岡越前」にゲスト出演。うわー思いっきり見逃した。洋風のさとしさんの風貌に遊び人の風体が似合わねー!似合わなすぎて逆に見たかったよ..。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

週明けの話題

オフィスでの週明けの話題は、W杯とテポドンだった。月曜朝の定例ミーティングの皆の顔が暗く唯でさえ月曜はユウウツなのに不景気なことこのうえない。みんなニワカ評論家になって、「なぜ柳沢はあそこでシュートを外すんだ。あれだったら俺でも入れられるよ」とか「いやいや大黒が好機を生かせなかったのが」とか言いたい放題。

そしていまは第二四半期の期末。みんなで売上げの数字について喧々諤々やってたら、誰かが「でもさー、こんなのもテポドン飛んできたらそれどころじゃなくなるよなあ」なんて言ったりしてた。

心配になって帰宅後、軍事評論家(半分マジ。ジェーン年鑑とか買ってるし)の夫に聞いてみた。「ねえ、テポドンってほんとうに発射されるの」「ああ、発射されるかされないかっていったら発射されるだろうな」とのたまった。ただ彼がいうのは精度が低いので、まず陸地におちることはないだろうし、本当に発射される局面になったらアレがアレして防ぐだろう(アレは伏字)ということだ。ちょっと安心したけど怖いなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週刊「メタル・マクベス」おかわりっ!

ううう、5/20からはじまった私のメタマク観劇もいよいMy東京楽(本当の楽は明日)。楽しかった週刊メタマクも今日でおしまいなんだよう、次は大阪楽なんだよう....って次もあるんかい!ええありますとも愛しの真珠王様にお会いするためには新幹線代も苦になりませーん。自分ながら痛いや、ごめんね。

しかし、作品としてはここ数年最高だと思った(自己基準)「SHIROH」ですら三回なのに、メタマクは五回。私の観劇基準はやはり作品より萌える粟根キャラなんだよなあ。呆れたやつだ俺。

てなわけで本日ソワレは2F最前列観劇。やや下手ながら舞台全体がみわたせてぐー。新感線の舞台はすごい凝った照明をするけれど、残念ながらその全容は2F席じゃないとみえないのだ。今回は夫人がランディに殺人を唆すシーンが血の形のパターンですごかった。まあ、なによりオープニングのディフェンダーにあわせて青い照明から白い照明にぐーって変わるところは上からみると本当にキレイだよ。

メタマク感想一覧 : 5/20(土)5/28(日)6/10(土)6/17(土)→東京楽!7/4(日)→大楽!

続きを読む "週刊「メタル・マクベス」おかわりっ!"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

オンザエッジ(崖っ淵<-誤訳)

どたばたしながらもソフトランディングすると思っていたプロジェクトがクローズ直前になって足踏みしている。「いや~俄然面白くなってきたあ!」とベテランの営業君が張り切る張り切る。「ねむい~なにも考えられない~」と真夜中の会議室でぼ~っとする私をよそに大車輪でナニヤラいろいろ策を巡らしてて凄い凄い。とにかくこれをなんとかしないとこの先は一歩もたちゆかないんだからここで私たちがふんばらなきゃね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プリマダムで古田さんが!

わー、ずっとみてなくってたまたま今日見たら、古ちんが踊ってるよ~! うめーよ~かっけーよ~!しかも発表会で黒木瞳さんプリマとペアで踊るんだよ~。最初は奥さんが踊るの反対するヤなだんなさんを好演(?)してたのにいつのまにかすっごいいい人になってる~惚れる~。

そして来週は生中継...って生で踊るのか、ちっ知ってたらエキストラに応募したのに~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

浮き足立つ街角

19時からはじまった会議は紛糾し20時30分を過ぎても終わる気配がなかった。でもお取引先含む参加者がもうそわそわしちゃって大変。21時過ぎに必死にラップアップしておわらせると、みんな挨拶もそこそこに会議室を飛び出してるの。最寄の駅を降りると21時50分。周囲の人たちは通常と比較してものすげー足早。22時前に家についたらちょうどキックオフ。

まあ、試合結果にはちょびっとがっかりだけどさ。クロアチア戦も応援するよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴールデンスランバー

最近気がつくとこの歌をうたっているなあビートルズの「ゴールデン・スランバー」。眠いのか?

Golden slumbers fill your eyes/Smiles awake you when you rise/Sleep pretty darling do not cry/And I will sing a lullabye

ゴールデンスランバー(詩・曲レノン・マッカートニー、原詩マザーグース、意訳はnya)

かつて家路をたどる路があった/おやすみ愛しい子よ泣かないで/子守唄を歌ってあげよう
黄金のまどろみがおまえの瞳を浸し/目覚める頬には微笑が浮かぶことだろう/お休み愛し子よもう泣き止んで/ずっと子守唄を歌ってあげるから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週刊「メタル・マクベス」感想

週刊「メタル・マクベス」ふっかつ~!てなわけで麗しのパール王様にご拝謁しに行って参りましたよ!

5月20日5月28日に続いて3回目の今回は持ってるチケの中では一番前の2列目センター。それなのにオペラグラスを用意して万全の体制。もうすみずみまで見逃すまいってね。まあ、ぶっちゃけパール王の王冠についているという眼鏡の意匠を確認したかっただけなのですが。すみませんねえ痛い粟根ヲタで(開き直ってる)。

結論としてはちゃんと確認できましたよん。王冠が可愛らしい眼鏡かけてました(○-○なの)。

あ、それから今日のスペシャルカーテンコールは松たかさんバースデイ!

2度目のカーテンコールの後、内野さん「皆さん、今日は何の日だか知ってますか?」。ざわつく客席に対してキャラメル出して「今日はキャラメルの日なんです~!」。後ろのほうでじゅんさんやいっそん君に「知ってた?」って聞かれた粟根さんが「知らなかった!」って手を振って答えてました。

今日がキャラメルの日なのはほんとみたい。1913年6月10日に「森永ミルクキャラメル」が発売されたことにちなんで制定されたそうですよ。

で、その後内野さんが「実は今日は僕のワイフの誕生日なんです~!」に万来の拍手!松さんは恥ずかしがって前にでてきませんが、後ろの大スクリーンにセーラー服に三つあみの松さんの写真とハッピーバースデイの文字が映し出されると、舞台上に倒れこんで悶絶していました。内野さんが「今日は松さんの誕生日にお集まりいただきありがとうございます~」と言って松さんにばんばん叩かれてましたが、ご挨拶を促されると松さんも「今日は私の誕生日にお集まり頂きありがとうございます~」と言ってました。

会場全体の「ハッピーバースデイ」の大合唱を背景にさとみちゃんの運んできた特大バースデイケーキのろうそくを吹きけす松さん。それをデジカメに収めようと(会報に載せるんだね!)する粟根さんをじゃまするじゅんさん。粟根さんはスクリーンも撮ってました。

最後に松さんはケーキのイチゴをひょいをつまみあげて最前列の私の前の人にあげてました。手に付いたクリームをなめる松さんが可愛らしかったです。.

メタマク感想一覧 : 5/20(土)5/28(日)6/10(土)6/17(土)→東京楽!7/4(日)→大楽!

続きを読む "週刊「メタル・マクベス」感想"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

佳境ダイエット

仕事が大詰めなのだ。営業は交渉しボスは暗躍し下っ端は身を粉にして働いて私はなんだかあちこち走り回ってる。打ち合わせでコーヒーばかり飲んでるけれど、食事をする纏まった時間がとれないため、てきめんに体重が落ちてばたばた走ってると緩くなったスカートがくるくる回って面白いよ。

まだー5Kgくらいだけど私はこれで過去に1ヶ月で15Kg程体重を落としたことがあります。元の生活に戻ればすぐにリバウンドする全く意味のない佳境ダイエットですが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

朝の癒し顔

NHKニュース朝5時台のキャスター真下貴さんのファンだ。今期番組改編前は平日19時台のニュース担当でなかなかお目にかかる機会がなかったのだが今期は毎朝見ることができてほんわか嬉しい。セサミストリートのマペットみたいなお顔が癒し系だなと常々思っているんだけど、NHKのも一人のマペット顔アナウンサー「英語でしゃべらナイト」の松本和也アナウンサーともども京大経済卒とNHKアナウンスルームのHPで知った。京大出身といえば大好きなPiper役者のDocこと川下大洋さんがいるけどこれまたマペット顔だし、傾向としては面白いなーとひとりにまにまするのであった(腐)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

経済犯罪に思う

時代の寵児よ先鋒よと持て囃された人たちが結局は「乗っ取り屋」で「粉飾決算」や「インサイダー取引」といったレガシィな罪状で逮捕されるのがなんともやるせない今日この頃だ。

これって日ごろはさばけた言動で好感度の高い男性が、飲み会の席などでいきなり「料理しない女は女じゃない」とか「夫婦は子供ができて一人前」なんてレガシィなジェンダー論振りかざすのと似てるかも。おさとが知れて好感度一気にダウン。要するに興ざめ。

まあ逮捕失脚も含めてそこまでの器であったということなので、引退するも韜晦するも知ったこっちゃないけどね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

メタマク今週はお休み&感想完成!

週刊メタルマクベス今週はお休み。本当はチケ調達しようと思ってたんだけど、このあとのグローブ座の長ねこ公演のことを考えるとチケット資金を確保しとかないとなーと思ってちょっと控えた。来週は行こうっと。てなわけで家で仕事しながらメタマクの感想を書きました...ありゃりゃん、あんま全肯定じゃなくなっちゃった。でも本当に面白いんだよん!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

猫も杓子も

最近は爽やかでしのぎやすくっていい陽気だねー。カメラマン夫は青空が見えないと仕事にならんとかいってフラストしてるけどさ。怒涛のイキオイで流れてる仕事はトラブルの種をはらみながらオンゴーイング。懸案の問題を皆かたづけちゃおうと夕方5時からはじめたミーティングは夜10時まで続き、最後のほうはもうなんだかみんなドーパミンだだもれ状態。会議室の床に体育座りしたり机の上にねそべったり、アルコールもはいってないのにげらげら笑いながらシビアな問題を討議していたよ。おかげで問題は皆洗い出せて共有してなんとか目処もたったから良かったけどさ。

まあプロジェクトはいい感じに煮詰まりながら進んでるけど、私の本来の仕事は営業なので売込みにも余念がない。本日訪問したお客様とWeb2.0絡みで話し込む。最近は猫もシャクシもWeb2.0でみな虎視眈々とこれでお金儲けしようと企んでてなんだかね。でも思うんだけどさー「ロングテールコンテンツ」って「ニッチ」を言い換えてるだけじゃないのかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »