« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

クリティカル・パス

停滞していた仕事がものすごい勢いで転がり始めてそりゃあもうスリリング。メンバー集めてとりあえずここ2週間のスケジュールを引いてみて一同唖然とした。「こ、これは..!」「クリティカル・パスぎりぎりですね」。

クリティカル・パスはプロジェクト用語。あるプロジェクトで行われる作業を洗い出し、前後関係に依存のある作業を並べてスケジュールをたてるわけ。例えば「1.パソコンを発注」「2.アプリケーションの導入手順書を作成」「3.パソコンにアプリケーションを導入」なんて3つの作業がある場合、1と3は依存関係があるわけ。パソコンを発注して納入されなければアプリも導入できないからね。それぞれ依存のある作業関係を並べ、それにかかる最短日数を加算すれば、プロジェクトが円滑に進行した際の最短所要日数が算出される。全く余裕のない日程、それがクリティカル・パスなのだ。

作業が多い割りに依存関係多すぎで1日に何回もチェックポイントがあってすごい。チェックポイントが滞りなく過ぎるたびに「よっしゃ~終わった!」のガッツポーズがでてゲームみたいで楽しくもあるよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京暮色

俳優の岡田眞澄さんが死去

岡田さんといえば思い出す。10年ほど前のある夜、都内某所のレストランで夫と食事をしていた。隣の席からやけに深みのある声が聞こえてくると思ってみたら、件の氏が同席の妙齢の美女を口説いていたのでありました。老いてますますお盛ん、微笑ましいですなあと二人で感じいったよ。

あんな良い声で口説かれたらどんな美女もイチコロ(死語)でしょう。絵に描いたようなプレイボーイを貫かれた素晴らしい人生を称え謹んで哀悼の意を。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「メタル・マクベス」二回目感想

週刊「メタル・マクベス」二度目の観劇だよ。初回の感想が完結してないのは自分の中でうまく纏まらなかったからなんだ(頭悪い)。 初回は次から次へと飛び出すびっくり箱みたいな展開と思っていた物語。落ち着いて観ると意外とシンプルなことに気がついた。故にうまいと思うところも惜しいところもある、観劇後、同行の夫と表参道チャオバンブーでエスニックつつきながらあれこれ議論して大分わかってきた。なんつーかブレイク寸前のすっげー私好みのインディーズバンドみたいな物語だ。勿論私は心から「メタル・マクベス」というバンドを愛してる。でもそれと物語は別の話。ま、感想はじっくり書きますよ。松岡和子先生版「マクベス」も買ったしね。

今回スクリーン映像がとても鮮明で美しかった。解説君の夫によればあれは「LEDアレイ」といって、従来の投射型ではなくメッシュ配置されたLED自体が発光しているとのこと。非点灯時には背景が透けて見えるため、後部に人を立たせて映像と合成することが可能で効果的に使われていたよ。

今日は車。芝居が終わっていつものように青山劇場の地下駐車場からでようとしたらすごい出待ち。そういえばお隣にジャガーとめてあってかっこいいと思ったけどうっちーのだったのかな?

で夫の感想は「七芒星よりは上かな?」でした。おまえはどうよといわれて、「SHIROHよりちょい下」といったら吃驚してた。ま、夫クドカンのギャグ嫌いだからな。

メタマク感想一覧 : 5/20(土)5/28(日)6/10(土)6/17(土)→東京楽!7/4(日)→大楽!


で、今日のトピック。

続きを読む "「メタル・マクベス」二回目感想"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

寝落ち

今週は仕事でちょいと煮詰まってた。いわゆるところの負のスパイラル。人が私の思惑通りに動かない、私も人の思惑通り動けてない。いまが胸突き八丁だここを抜ければ楽になるんだと自分を鼓舞しながら一週間が過ぎたけど仕事はうまく転がらない。来週はもっとひどくなりそうで昨今の梅雨空のように心は晴れない。

単なる愚痴ですねスミマセン。今の私には毎週末の「メタル・マクベス」だけが心の支えです。

閑話休題。昨夜、急な依頼で一晩で資料を作らなけりゃいけなくなった。兎にも角にもメンバーを物理的に召集し、軽く打ち合わせて解散。私が資料のアウトラインをつくって分担決めて、皆にメールで投げてから家に帰った。分担した資料がひととおり集まった夜中の12時頃、メンバーを今度は電子会議で招集し、資料をPCのデスクトップ共有してチャットしながら組み立てていた....はずだったんだけど気がつくと朝の4時.....寝ちゃったよPC前にして。夜中の2時頃突然無反応になった私に向かって皆しばらく呼びかけてた形跡のチャットのログが残ってる。そしてそれなりに完成した資料が....みんなすまーん。とりあえず体裁整えてプリントアウトして翌朝客先に集まったみんなに平謝りに謝った。「すまーん、いつの間にか寝てたよー」「まあそんなとこだと思ってましたよ」。皆許してくれたけど自分がドライブする電子会議で寝落ちってひどいよね。海より深く反省。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋公演かよ!

日向はとっても暑いけど、木陰はさわやかな風が吹くそんな初夏の昼下がり、仕事で外苑あたりを歩いていたと思いねえ。ふと見上げれば国連大学のビル。ああ、あの近くでは私の愛するコミックバンド(いうなー)が今日も演奏しているのね。みてーなーみてーよー。

心は青山劇場どっぷりの今日この頃の私に届いた衝撃的なニュース!

生田斗真 舞台10年目で主役の座

新感線☆NEXUS vol.2『Cat in the Red Boots』

 
 作:戸田山雅司
 演出:いのうえひでのり
 出演:生田斗真 松本まりか すほうれいこ 
    粟根まこと 市川しんぺー/梶原善 ほか

  
 東京公演:06年9月15日~28日 東京グローブ座
 大阪公演:06年10月6日~ 9日 大阪厚生年金会館芸術ホール


ああ、戸田山さん脚本の犬夜叉スタイルか...あの時は漫画原作だし、粟根さんが出演されないしで観劇せずあとでビデオみたら面白くって後悔したのであった。今回は観にいこうっと。でも「スサノオ」の時みたいに、粟根さんが引率のセンセイみたいに若い客演俳優さんたちを率いるのだろう....ジャニーズといい、ハコの微妙なキャパといい、さらに期間の微妙な短さといい絶対にチケットは大争奪戦だ。ここはひとつがんばってチケ取りしよう....スサノオのときは相当つぎ込んだなあ...(遠い目)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コミックバンド

ひいいぃぃ、「メタル・マクベス」のパンフの付録のDVDのメタマクPV超面白すぎ~、粟根さんのドラムかっこよすぎ!気持ちよさそうに叩いてるよ!そして北村さんの顔おかしすぎ!じゅんさんが歌イケてる不思議。そしていきなり轟天メイクになっちゃうのはやっぱりクドカンが轟天大好きだからですねそうですね(腐)。ボーカルうっちーがいちばんおとなしいってどうよ。げらげら笑いながら見ていたら今週末観劇予定の夫が「そっかーメタル・マクベスってコミックバンドの話なのか」と納得したように言った。.....否定しないよ「リンスはお湯に溶かして使え」と「ダイエースプレー買うてこいや」だもんな。

....カッコいいんだよほんとだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「我輩は主婦である」感想

えっとー、クドカンのお芝居毎週見て、電車にのったらクドカンの発泡酒の広告が中吊りにいっぱいでてて、そんでもってクドカンドラマを毎日見るわけだ。クドカン三昧ってどうよ。こうなったら役者のクドカン(かーっこいいんだ!)も観るべく大人計画の「まとまったお金の歌」も観にいくべきだったかな....なんでこんな集中砲火なんだよう(;-;)すごすぎ。

てなわけではじまったよ!「我輩は主婦である」。ちゃんとHDレコーダに毎日撮っているので週末にまとめてみようと思ってたけど、今日がお初なんでつい観ちゃった。....わあい!なるしーがでてるー。胡散臭くてステキ~....いじょ!なんか後ろで夫が「ミッチーはもっと王子様にしろ~」とか吼えてますよ。ま、これからこれから。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お芝居情報

昨日のメタマクでもらったチラシ束の厚かったこと~。で、その中から気になるチラシ。

まずこれは行くだろう、2006年8月ってすぐじゃん!なのに仮チラ Piper「ニコラス・マクファーソン」。大王脚本を同じくPiperの竹下さんが演出。初演は大王・川下Piperコンビに常連石丸謙二郎さんに三上艦長/吉本の芸達者板尾創路さんに加えて人間風車ビル・ロビンソン(大王はレガシーなプロレスファンでそれにちなんだお芝居も多い。そのものずばりの人間風車は何度も再演されている名作)という異色の面々だったけど再演のキャストはどんなかな?

そして、来年1月の新感線次回公演「朧の森に棲む鬼」。日程も明らかじゃないのに立派な紙質の仮チラが!リリース済みのキャストに加えて、高田さん粟根さん(じゅんさんは多分野田地図なのでかなり残念)、おおお小須田康人さんまで~。粟根小須田のお耽美小理屈コンビを忘れちゃいませんよロストセブン!嬉しいなあ楽しみだなあ。

ドナ研#3「初恋の秘密」はなんでこの期におよんで仮チラなの?昨日がPiper先行だったんで、フランス料理食べながら予約しちゃったよ。例によって筆記用具持って行きますよ~Doc!粟根さんってば7/4のメタマクの楽から10日も空いてないじゃん。でもまあドナ研はお芝居じゃないしな。気楽にどうぞ。研究発表楽しみにしています。

あと「噂の男」本チラ。おお一列に並んでるんで身長差が一目瞭然。さとしさん(184cm)、僧正山内さん(182cm)。大きくあいてじゅんさん(172cm)と堺雅人さんが同じくらい。堺さんはいい男だな~。いちばんコンパクトなのが八嶋さん(でもきっと一番毒がある)。素晴らしい面子!絶対チケとるぞ~!

で、おまけ。業界話題騒然の二日限定大人計画学園祭「大人計画フェスティバル」。まあそもそもチケット絶対にとれないだろうけど、プログラム見るとなんとも楽しそうなんだよなあ。家の近くだし入場券だけなんとか手に入れてフリー・イベントのぞいてみようかなあ。三宅アニキからチョコバナナ買いたいよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「メタル・マクベス」感想

おやおやまあまあ、新感線お初のシェイクスピアは吃驚するくらいクドカンですよ奥さん。いや困ったな私は以前書いたようにクドカンの芝居脚本苦手なんだよね。でも不思議。メタル・マクベスはそりゃあもうどうしようってくらいに面白いんですわ。4時間なんてあっという間ですよ。シェイクスピアのマスターピースとぬるいクドカンギャグといつもの活劇新感線と全方位からの客演さん。噛み合っていないのにその不協和音が心地よいのは何故かしら。これからのリピートはこの謎を解くために費やそう -

あ、詳しい感想の前に心の叫び。美しく冷静なフェルナンデス国パール王が私の横を駆け抜けていかれました~。らぶ~(馬鹿)

例によってこの項ネタバレには躊躇がありませんので、これからメタマク観劇予定の方はご注意くださいませ~。

続きを読む "「メタル・マクベス」感想"

| | コメント (6) | トラックバック (1)

REIMS YANAGIDATE(ランス・やなぎだて)

メタマクのマチネ観劇後、同行の友人とディナー。友人ご推薦のフランス料理店「REIMS YANAGIDATE」は青山の住宅街にひっそりとした門構え。ドアを開ければそこは洒脱でこじんまりとした空間。呑み助には嬉しい充実したワインリスト。特にシャンパンが充実!大好きなボルドーのルージュもばっちり。

あわせたお酒は、シャンパンが「Egly-Ouriet Brut Tradition」(フルーティで軽めの辛口)、メインは友人がうずらで私が鳩だったので、ボルドー赤「Ch. Tour Haut-Caussan 1999」(Medoc、ちょっと若かったけど肉料理に合う重厚さ)。どちらもリーズナブルで美味しかったです。

量が多いと聞いていたので、皿数の少ない7000円コース(前菜・魚or肉・デセールをプレフィクスから)を選んで大正解。きっちりしっかり量も多い、そして勿論おいしくて残せない。天国のような地獄のような。

アミューズ:トコブシをやわらかくソテーしたもの。下に敷いたリゾットが美味しい。
前菜:「温泉卵とオマールエビ、ホタテ貝、ウニ、キャビアのコンソメゼリー寄せ」名物料理。温泉卵を崩してうまみたっぷりのゼリーと海の幸とともにいただく。絶品。温泉卵がシャンパンにあう~。
メイン:「バンデ産仔鳩のロティ ジュ(肉汁)を添えて」小さめのハトの半身をしっかりロースト。おかしら(くちばし~)つきで一瞬引いたけど食欲にはかないません。鳩様の恵みに感謝しつつ手づかみでばりばりとかぶりつく。フィンガーボールつきなのでお行儀は悪くないのよ。混んでたのでちょっと恥ずかしかったけど。ボルドーの赤をボトルでぐいぐい飲みながらこんがり鳩のローストを手づかみでわしわし食べる...すんませんお洒落なレストランの雰囲気を台無しにしたどこかの狩猟民族がいます。でもうまかった~。
デセール:キャラメルづくしのひと皿((タルトタタン、クレームキャラメル、アイスクリーム、クレームブリュレ)キャラメル大好き~。

料理は総じておいしく、スタッフのホスピタリティも高く、ワインリストもリーズナブルな価格帯が充実。おすすめです。ただし量が多いのでお腹に余裕をもっていったほうが良いですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

My前夜祭

おお、うっちーってばご結婚おめでとうございます~!お幸せに~、てなわけで待ちきれなくて夢にまでみちゃった(マヂ)「メタル・マクベス」観劇がいよいよ明日に迫りましたよ。既に四公演分確保していますが、明日の感触では増やしちゃうかも~。ボーナスシーズンなんでやヴァいのよ。4年前のスサノオのときボーナス使い果たして赤坂ACTとNHK大阪ホールに通いまくった悪夢が~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

a Day in the Life

いつものように5時に起きて7時に出勤。スタバのノーファットラテを買って8時過ぎには仕事を始める。10時から会議、11時から会議。お昼には持参したお弁当(最近はお昼にお弁当を食べているのだ←1日1食の評判が悪かったから)を食べる。午後からは外出、雨模様なので折りたたみの傘を持つ。2件ほど顧客訪問して夕方に社に戻る。天気はもったけど、結局夕方から雨が降り始める。夕方から打ち合わせ。翌日の顧客訪問の資料を作成してプリントアウト。明日の朝は顧客直行だからね。8時には社をでる。自宅最寄り駅の駅前スーパーでベビーシャンパンを買って帰宅。家に帰るとアメックスのプラチナカードから荷物が届いている。今年は舵型の時計。昨年の船型のペーパーウェイトに比べたらまだ機能がついているだけましかな。シャンパンをあけて、近所のケーキ屋さん「ベルグの四月」のチョコケーキでお祝い。ハッピーバースデー。(陰鬱な調子で読むこと)

Img_0953

だから私は塩チョコケーキが好きなんだって

| | コメント (6) | トラックバック (0)

夏のプラン

連休過ぎたら夏休みのプランだ。とはいえ今年は家の全面リフォームを敢行しようと思っているのであまり大盤振る舞いもできないんだよな....とすると一昨年みたいに国内ドライブ旅行かあ。それもいいけど近場の海外旅行にしようかな。

プライベートでは香港と英国しか行ったことが無い私たちだ。ふたりとも仕事ではそれぞれ様々な国に行ってるんだけどね。そのなかで共通してこれはイイ!(゚∀゚)といっているのがタイ・バンコクだ。チャオプラヤ川の滔滔とした流れとか静謐な寺院とかパッポンストリートの喧騒とかおいしいごはん!とか。ビジネスで訪れた街をつかの間散策して得た魅力に虜となった。きっと若いときに貧乏旅行で行ったらハマってたよなあ。ゲストハウスに沈没してバックパッカーになったりしてな(基本ヘタレで出不精なのでそれはない)

今度行くときは是非バンコクのクラシックホテルのオリエンタルに泊まりたいと思ってる。あ、でもシンガポールのラッフルズも捨てがたいな。どっちにしようかなあ(夏のボーナスでてから考えれ)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

免許更新

にいってきたよ。神奈川県民なので二俣川。最寄の警察署でも更新は可だけど週末はやってないし、試験所は日曜日やってるけど家から遠いし、もうちょっと便宜を図ってほしいものだにゃー。

免許更新は昔は代書屋さんに頼んだり写真を持参したりいろいろ書いたりお金も時間も結構かかっていたけど、そのあたりは劇的に改善されていて、既存免許のコピーを貼った申請用紙を作ってもらい、視力検査をして、収入証紙2800円也を購入して、申請用紙提出して、写真をとる - ここまでで20分くらいの流れ作業で済んだ。このあと優良の30分講習を受けて、できあがった免許をもらって占めて1時間。というからまあ許容範囲。ここまでスリム化できたのだからあとはWEB申請などを併用して最寄の警察署でフレキシブルな時間帯に受け付けてもらえれば言うこと無いんだけどな。次の更新は5年後だ。どこまでシステムが変わっているかな。

Img_0951

ねこまるは大型自動ニャ輪免許にゃ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

映画「阿修羅城の瞳」

WOWOWで本日放映、上映時の散々な評判を聞いていたのであまり期待せずに観始めた。

あ、この項は映画版をテレビ放映で観て言いたい放題言ってる所詮舞台版ファンの戯言なので、お心ある方はスルーしてくださいませー。

続きを読む "映画「阿修羅城の瞳」"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

コモンセンス

昨日、所用で茅場町近くを歩いていた。夕暮れ時、道端で若いサラリーマンが電話をしている。どうやら待ち合わせの相手に自分の今居る場所を伝えているらしい。「あ、俺今なんか神社っぽいところの前にいる~。」

...ちょっと待て、君の目の前にある大きな神社は水天宮だ。駅名にもなってるだろーが!...

以前同僚と会話をしていて、彼が「水天宮は安産の神様」ということを知らないことに吃驚したが、そもそも水天宮を知らない人がいるとは思わなかった...のは多分私が下町生まれだからなのだろう。詳細はこちら。平家由来で安徳天皇(あんとく様~)をお祀りしているのだよ。

ことほどさように、自分が一般常識と思っていることが他人にはそうでなかったり、勿論その逆もあるために人間はあなどれない。先だって電車の中での若いお嬢さん二人の会話。どうやら連休の楽しい思い出話を語り合っているようだ。「...で、中華街にいったの。」「いいなあ、何を食べたの?」「えっとね。小さな蓋つきの竹の籠に肉まんが三つはいってるの」「肉まんが三つも?」「あ、といってもふつうの肉まんより二回りくらい小さいのよ。ちょっと上が割れてて甘辛く煮たお肉が入っていてとてもおいしかった。」.

...君たちの辞書には蒸篭も飲茶も叉焼包(これはちょっと特殊か)もないんだろうなあ...と思わず遠い目をしてしまったよ。ああ食べたいなあ叉焼包(主題が変わっています)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

そうきたか

次の新感線公演は演舞場染さんで古ちんと共演というのは前々から囁かれていたが、「リチャード三世」翻案とはね。佐渡の三世次(@天保12年のシェイクスピア)かよ!

「悪にドップリ染まりたい」染五郎、悪役に本格初挑戦

歌舞伎俳優、市川染五郎(33)が、来年1月に東京・新橋演舞場、2月に大阪松竹座で上演する劇団☆新感線とのコラボレーション舞台第5弾「朧〈おぼろ〉の森に棲む鬼」で、歌舞伎以外では初めて悪役に本格挑戦することが10日、分かった。「朧-」は、オリジナルの新作でシェークスピアの「リチャード三世」をモチーフに、卑しく大嘘つきで天涯孤独の男(染五郎)が、野心でなり上がろうとして破滅する姿を描く伝奇ロマン。共演は新感線と劇団「大人計画」の両看板、古田新太(40)、阿部サダヲ(36)と秋山菜津子(39)、真木よう子(23)ら。

天保12年のシェイクスピアは、古ちん幕兵衛(=マクベス)だったけど、今度は何かな。対「わるもん」染なんだからきっと「ええもん」なんだろうなあ。わくわく。あ、でも「野獣郎」の蛮嶽みたいな役どころかも。それもかっこいい!サダヲに秋山さんもでるのか~楽しみだあ。演舞場は歌舞伎の雰囲気で観劇できるから好き。「アテルイ」は桟敷席でお弁当食べながら観たんだよなあ。また桟敷席とれないかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝令暮改

昨晩タイムゾーンを同じくする海の向こうから突然やってきたナニカの指示。おおあわてで各方面に連絡とってナニカをアレンジしたと思いねえ。朝にはなんとかダンドリが整ってやれやれと思っていたら、再び指示がとんできたのさ「ごめーん、あれ無かったことにして~」...じっと手を見た今日の私だ。宮仕えはつらいよな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日々雑記

連休明けにいきなりばたばたしてる。今日、夫が都内で仕事があったため夜待ち合わせて車で帰ったのだけど「ああ、俺今日二時間も仕事したんで疲れたよ~」と言う言葉に軽く殺意を覚えたよ。

週末WOWOWでキアヌ・リーブス主演の「コンスタンティン」を観る。どこかでみたことある画ばかりのヘボン作だが意外と面白くみれちゃうハリウッド・マジック。まあ、煙草って健康によくないよな!

4日から松本で幕が開いた「メタル・マクベス」はすっげー評判よくてwktkな今日この頃。連休特に予定が無かっのだから松本に行けばよかったと後悔。マイ初日は20日(東京公演は16日から)なんで待ち遠しくってもう大変。でもなあ上演時間が4時間超えるのはちょっとつらいな...まあ「天保12年のシェイクスピア」で経験あるからな4時間超...長いよっ!

PS2ゲーム「大神」。主役わんこ(アマテラスという名の神様。でもゲーム内ではわんこ扱い)かわいすぎ!そのかわいさはメインメニュー「大神映像集」から「アマテラスがゆく」を参照。グラフィックも音楽も素敵だし世界観も好みなので欲しいんだけど私ゲームできない人だからなあ(;-;)。まずPS2を持ってないし。夫にPS2買っていいかどうか聞いたら即却下された。夫はゲームする人だけど、仕事でレビューするとき以外はほとんど触らないしなあ。「私のかわりにやってよ。後ろでみてるから」と言ったのがまずかったか...。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Shall we Dance?

いやあWOWOWではじめてみた米国版「Shall we Dance?」はびっくりするくらいキュートな佳作じゃありませんか。

特にスーザン・サランドンには感心した。さすが名女優。仕事を持ってオンオフをコマネズミの様に働く中年のお母さん。結構なお年のはずなのにすっげー若々しくて愛らしい。リチャード・ギアは人生の目的をちょびっと見失った疲れた中年サラリーマンだし(タキシードに薔薇の花....笑うとこだよね?)、ジェニロペは挫折ゆえに頑なになってしまったダンサーだし、竹中直人だし、渡辺えり子だし~(両作観た人はわかるよね)。スタッフも俳優さんも日本版観てすっごい研究してるんだろうな。幸せな日常のなかにぽっかり空いた心の穴とか年甲斐も無く何かに夢中になってそれが凄く楽しいとかそんなちょっとした心の機微は洋の東西を問わないんだなあと思ったよ。やっぱりハリウッドはシステムも俳優さんもあなどれないな。

あ、勿論周防監督の「Shall we ダンス?」がマスターピースなのは良く分かってる。原作が優れているからこそ、リメイク版にも感動するのだ。生活に疲れた大人をちょびっと元気付けてくれるお伽話が大好きだ。

Img_0932

そのころねこまるはぐーすか寝ていた。傍らの本は須藤真澄先生の最新作「庭先案内」。先生の本は初単行本「電気ブラン」からコンプリート。愛猫ゆずのラストデイズ「長い長いさんぽ」は猫飼いとして胸引き裂かれる想いで読んだ。号泣。


| | コメント (5) | トラックバック (0)

カウントダウンGW

さて、連休もあと2日。そろそろ仕事の準備を......

って横にこんなのが居たらやる気もでないよ~。

R1094077

しっぽと後足が平行。これで安定している。

居間で仕事をあきらめて書斎へ。

Img_0929

すばやすぎるよねこまる....って座れねーよ!


| | コメント (2) | トラックバック (0)

洋上のGW - 東京湾アクアライン -

今日も今日とて居間のソファでごろごろしている私を見かねて夫が言った。「残りの連休中、そうやってずっとごろごろしているつもりなの?どこか行きたい所があれば連れて行ってあげるよ」「うみー」「おととい江ノ島にいったじゃん!」「ちがうー、うみのうえー」「はい?」「うみのうえーみちーはしるー」「あーはいはい、東京湾アクアラインね」

てなわけで、夏のようなお天気のこどもの日。アクアラインを走ってきたよ。道はすいていてとても気持ちよかった。海ほたるはさすがに混雑してたけどね。風速16Mでとばされそうになったよ。

Img_0872

海ほたるから千葉側を臨む

R1094012

海ほたるに展示されているシールドマシンの刃。でっけー!風つよっ!

Img_0926

海ほたるで食べた木更津あさり釜飯。ふつーに美味しかったよ。

R1094049

木更津でUターン。往復6000円は高いなあ。帰りは海ほたるにはよらず、そのままトンネルにはいる。

R1094061

首都高横浜線~第三京浜でかえる。京浜工業地帯のプラントカコイイ!萌える。そして橋も萌え。鶴見つばさ橋は日本で二番目に好きな橋。一番目は実家の極近にある葛飾ハープ橋。吊り橋は美しいのう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

会社は楽し♪

就職して20年なのだ。押しもおされぬ中堅ボンクラサラリー(ウー)マン。大昔同級生から「企業の飼い犬」扱いされてちょっとヘコんだ時もあったけど、そこに属したことで得られた恩恵も多かった。特にこの20年はコンピュータ業界の成長著しかったとき。昨日の知識が今日には陳腐化する日進月歩の世界の最先端に身を置けたことは、ほんとうに幸運だったと思ってるよ。職種は開発から営業、地域は英国からオーストラリアまで楽しくのほほんとビジネスをしてきた日々の記録。下のバナーからどうぞ。

これはプロフィールにも書いてあるけど、私および周辺の方々の個人情報、仕事上知りえた関係者の方々の情報を迂闊にインターネット上に流さないため、この日記には5~25%ほどのフィクションが混じっておりますことをご容赦ください。特に仕事に関わる部分には大いに脚色があります。

Kaisyabanner_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

克己心

今日も今日とて朝から長椅子でごろごろしながら、NHK教育テレビでローザンヌ国際バレエコンクールをみてたら(なぜか毎年みてる)、家じゅうのカーテンを洗濯している夫に説教された。

「まったくきみは、この連休じゅう家でごろごろして、ちょっとは外にでて運動しようとは思わないの?くどくどくど...まったくかっこしんがないんだから」
「ハア?かっこしん?」
「そうだよ、だらだらしてないで、ちょっとは前向きに自分を鍛えなきゃだめだよ!..」
「それはこっきしん(克己心)というのではないのか?」
「う゛...そ、そうとも言う」
「おまえはほんとうに物書きを生業としているのか?」

ちょっと夫をやりこめたことが嬉しいお休みの午前中(でもダメダメ)。

Img_0833

かっこしんのないねこまる

| | コメント (3) | トラックバック (0)

質にいれても

ナニかにとりつかれたかのように初鰹を食べ続ける今日この頃だ。刺身良し、たたきも良し、にんにくしょうがわさびに芥子、どんな薬味も合うのがうれしいな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

脱力ねこまる

なんかぬいぐるみみたいだなあ。

Img_0825


| | コメント (2) | トラックバック (0)

稲村ヶ崎は今日も雨

まあ所詮はサザン世代の私たちだ。連休中日の本日はあいにくの雨。せっかく平日に有給休暇をとったのでちょっとだけ足を延ばしてきたよ。

雨の稲村ヶ崎、鎌倉海浜公園より江ノ島を望む

Img_0579

新江ノ島水族館へ。平日にもかかわらず結構な賑わい。イルカショー。

Img_0707

エノスイといえば充実したクラゲ展示。美しいアカクラゲ(クリックすると動きます)

Mvi_078501


| | コメント (0) | トラックバック (0)

見せられない!

おかしいなあ、有給休暇をとってたはずなのに出社しちゃった。とはいえ、行き先は都心のオフィスではなくて郊外のラボ。カジュアルな服装でピクニック気分でのんびり~なんて思ってたら暑くてたいへんだったよ。

いま抱えてるプロジェクトのひとつで、ちょっとしたデモンストレーションプログラムを考えてるんだ。お客様の考えていることを形にしてみせるプロトタイピング。ラボのスタッフと手分けして、私はプレゼンテーション部、ラボはロジック部という役割分担。ラボの子が多忙なもんでちょっとした時間を見つけては掴まえて作ってる。それがたまたま連休の狭間だったってわけ。

二人でデモの流れを考えて、それに沿って私がHTMLとJAVAスクリプトでガワを作る。今日はそれをみながらロジックを考えるというダンドリだったのだ。一通りあーでもないこーでもないと議論を重ねて、彼が「わかりましたー。じゃあこのプログラムのソースいただければ、それに沿ってロジック組み込みますよ」と言ったのだ。「え゛...」私は絶句した。「そりは無理です」「無理って○○さん(私の名)」「だって私のソースは誰にもみせられません~(;-;)」

入社早々、配属された開発部門ではハードウェアの組み込みソフト(いわゆるファームウェア)をアセンブラとCで開発してた。ホストではCOBOL。次にオブジェクト指向言語のコンパイラ(PrologとかLISP)を作ったりしてぎりぎりC++まで。その後は営業部門にスピンアウトしちゃったので、近年の主流のCGI, Javaは完全に独学。HTMLやJavaスクリプトにいたっては文法書もみたことなく、適当に感覚で書いてる。当然お作法完全無視なので恥かしいったらないよ。

さんざんごねて、とうとう「他言一切無用」という条件でソース渡したけど、それ以来心なしか彼の目が冷たい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »