« 「OUR HOUSE」本チラ | トップページ | 靴と鍵の謎 »

執事カフェその後

戯れに執事カフェなんてどうかとブログでつぶやいていたのは2004年暮だが(執事カフェ 或いはスランゴイド・ホールの思い出)、なんと本当に企画してますよお嬢さん方が。

執事カフェ経営戦略部

その心意気や良し!応援しちゃうよっ。

昔、プライベートではじめてロンドンに行った際に泊まったホテルがハイドパークホテル。英王室や各国セレブ御用達のクラシックホテルにミーハー気分で泊まったわけだ。ホテルの雰囲気は抜群でサービスも満点で良かったんだけどポーターからフロント、コンシェルジェまで会話の最後に「マダム」ってつけられるのにはまいったまいった。ばりばりのミドルクラス出身の私にはちょっと身体がカユくなる表現であったことだよ。

余談ですが、ハイドパークホテルのテレビは英語・イタリア語(当時はイタリア資本だった)に加えてアラブ語のプログラムがあった。流石アラブ王室御用達のホテルだと感心したよ。

まあ後日カントリーハウスホテルをよく利用するようになってそんな会話にも慣れちゃった。でも英語だからまだ我慢できるけど母国語で「かしこまりました。マダァム」なんてやられたらきっと走って逃げちゃうよ。だから多分行かないけど声援はおしまず。がんばれー。

|

« 「OUR HOUSE」本チラ | トップページ | 靴と鍵の謎 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33364/8353811

この記事へのトラックバック一覧です: 執事カフェその後:

« 「OUR HOUSE」本チラ | トップページ | 靴と鍵の謎 »