« 演劇/映画系のあれこれ | トップページ | おねがい荒嶋さん »

雨の御堂筋(線) - 「吉原御免状」大阪遠征

新幹線が名古屋を過ぎたあたりから雨になり、新大阪についたときはすっかり本降りになっていた。御堂筋線で梅田まで、茶屋町口から地上にでて、雨を避けて阪急三番街のアーケードを歩く。梅田芸術劇場(とシアタードラマシティ)への通い慣れた道だ。

大阪で芝居を観るようになって、観客席の温度が東京と違うのに驚いた。よく笑うし反応が良い。大阪の方が明らかに観客があったまるのが早いのだ。きっとそれは吉本新喜劇などで培われた関西地域の住民性からきているのだろう。こりゃあ大阪発の小劇団が東京へ初進出時する際にはさぞかし度胸がいることだろう。ただ生粋の関東文化圏で育った私には、ちと客席緩みすぎと思ったのも事実。東京じゃあ絶対笑わないところで笑いがおきたり、ヌルい(と思われる)おちゃらけにも大げさに反応するのには正直違和感を感じていたりもするのだ。

そんな笑いの殿堂大阪の地にお笑い劇団(ひどい言い草..)新感線がお笑いなしのお芝居をひっさげて凱旋してきたわけさ。地元ファンはどう思うかなあ..っておっかなびっくり遠征してきたよ。

20051015A
<秋の味覚の崎陽軒きのこシウマイうま~>

さて3週間ぶりの吉原だ。前回の時点ですっかり芝居は完成し、役者さんも安定した演技(のぞくおひょいさん..でもまああれで御の字だ)をしていたため、「芝居が化ける」ことを期待してはいなかった。ただ今回は、3列目センターという砂..というよりスモーク被り席。前回前々回の観劇では望めなかった役者さんの表情を間近で見れると期待しての観劇だ。まあ正直エロいシーンを間近で見れることに期待するスケベ心もあったことは否定しない。タブロイド誌が松雪さんのエロシーンばかり話題にすることに憤慨したその口で言うか!って感じですねすまなんだ。

でも実際にみていちばん印象に残ったのは松雪さんの輝くばかりの太股(華奢なのよ~)よりも堤さんのふくらはぎのよく動く筋肉の力強さだったりする。あの不安定な八百屋舞台で中腰で二刀流に構えて微動だにしない鍛えっぷりにしびれたよ。そして松雪さんのくるくるかわる表情にも魅せられた。花魁勝山のつんとすました美人顔。裏柳生のくのいちとして義仙と相対する際の昏い憂い顔。「あたしはどうしちまったんだろう」と誠さんへの想いを認識したときのあ然とした顔 - なによりも末期の切ない泣き顔がいずれもとても魅力的。松雪さんのお顔がとても小さくてこの距離ではじめてわかる表情演技(DVDに期待かな)に大満足。

粟根ファンとしては、まず冒頭の花魁道中シーン、勝山のお供で出てきた際の小芝居(勝山が誠さんに話しかけるシーンでおろおろしながらとめる)を間近に見れたのが良かったよ。そして狭川さんのクールなこと!宗冬の屋敷で水野十郎左衛門と相対するときの剣の収め方なんてしびれるくらいかっこいいじゃん!冷たい声(でも義仙に心酔しているのがわかる!)がすごい素敵。そうこの芝居は声の芝居でもある。役者さんはみな声に説得力があるのだ。「死に場所探してるんだよ」の水野十郎座衛門の鬱屈、「時代が変わっていることに何故気づかんのだ!」の柳生宗冬の慟哭、「これでお前もただの人斬りだ」の義仙の満足、そして何より幻斎の「優しいってのは悪だよ」の後悔 - ああ、だからおひょいさんの出来がアレでも許せるのかと自分に納得。あの深みはなかなかだせるもんじゃないからねえ。

そしてラストシーンが変わっていた(よね?)。吉原を去ろうとする誠さんを高尾が留めるシーン。膝をついた誠さんをその胸に抱いて「吐きなんし」というようになっており、よりいっそう原作に近づいていた。勝山をフィーチャーした分、対する高尾があまり表情に変化無く、したがって誠さんとの交情も薄くなった感が否めないが、このくだりでずっと印象が深くなった。

ところで今日は、みなちょっとずつ台詞を噛んでました。できわめつけ古ちん「さすがおせいの選んだ女..男だなっ」ってヤング幻斎君女にしちゃだめでしょう~。

至近で観てびっくりしたのはあのセット。廻りながら手でセット組み立ててるんだあ。格子を外し、他の格子とジョイントして...というダンドリを舞台上で吉原の住人に扮した大道具さん(?)が行っている。暗転一切なし、廻りながらの場面転換にはたいへんな労力がかかっているのだなあと思った次第。あの廻りながらの場面転換ってテレビゲームだよね。あえていえばダンジョン。登場人物はほとんど動かずに周囲の景色がくるりと廻って別の場面になる。右上に吉原MAPを出して誠さんのいる位置をポイントしておいてくれ~と思ってしまったよん。

逆木さんが足を痛めて大阪降板してしまい、欠けた穴は仁さんの三浦屋とサンボちゃん耳助でカバー。仁さんは今回の功労賞だね!台詞の量がハンパじゃなく増えたのにとってもがんばってたよ。前回見た後に思った「そういえばいっそん君でてたっけ?」...でてました。しかもけっこうたくさん。すまなんだ~(でもそれがいっそん君の味なの~)。

さて問題の大阪ファンはどうだったか...といえば大丈夫。ちゃんとなじんでたみたい。近くの席にある意味典型ファンがいて、最初のうちは古ちんやじゅんさんがでてくるたびに笑っててちょっと勘弁~と思っていたけど、お芝居がすすむにつれてそんなことは無くなったよ。カーテンコールは役者さんも観客席も東京よりずっとアツイ感じ。そうそう、堤さんとじゅんさんのアンガールズ至近距離でみれてしやわせ~。観客も大歓声で喜んでたよ。お芝居は真面目でもカーテンコールはハジけて楽しくなきゃね。これぞ新感線。みんな満足そうでよかったよかった。

20051015B
<大阪出張(ちがう)のお約束、帰りの新幹線のビールと大阪寿司。左はおいしそうなので買った大阪ええとこ鶏。手羽先のピリカラ煮だって>

■9月17日の感想

■9月23日の感想

|

« 演劇/映画系のあれこれ | トップページ | おねがい荒嶋さん »

「劇団☆新感線」カテゴリの記事

演劇」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
大阪行かれたんですね~♪おいらも大楽、行ってきます!
ところで、逆木さんはやっぱり降板なさってしまったのですね。
楽に観に行った時、杖を突いてらっしゃったので心配だったのですが…そうでしたか。
大阪では東京より間近で見られるので、堤さんのふくらはぎを楽しみにしてます(違!)

投稿: くまのすけ | 2005.10.16 14:24

くまのすけさん、こんにちわー。コメントありがとうございます!

くまのすけさんの東京楽レポートを指をくわえて読んでいた私です~。大阪楽しかったです~。大楽はきっとお祭りさわぎですよ。是非楽しんできてくださいね。レポート楽しみに待っております。

逆木さんのお怪我はとても心配です。回復を心からお祈りしております。抜けた穴を埋めるのは大変だったろうに、特に村木仁さんの負担を感じさせないうまさに感心しました。さすが小劇場の名花西牟田恵さんのだんなさんですねー(関係ないと思う..)

投稿: nya | 2005.10.16 14:48

お返事ありがとうございましたっ!
仁さん(&サンボちゃん)、大活躍なんですね。
仁さんはピーターパンのラスト、客席降りの時にすぐ近くに来て歌ってくれたのがすごぉく印象に残ってます。
三浦屋さん張りに大汗でした(笑)

投稿: くまのすけ | 2005.10.16 21:58

nyaさん、大阪観劇おつかれさまでした。
いい席で見られてよかったですね。
各所で目にしましたが、藤村氏の出来は相変わらずだったのですね。
私はあの物語では幻斎がいちばん好きな登場人物なので
すこうし残念(見に行ってないけど)

以前から、個人的に「吉原御免状」を映像化するなら
ぜひ、青野武さんにやってもらいたいなあと思っていたので
私は脳内で楽しむことにします。
味のある台詞も朗々と通って、きっとかっこいいだろうなあと。

投稿: 研太郎 | 2005.10.17 02:11

くまのすけさん、お返事ありがとうございます。

仁さん八面六臂の大活躍ですよ!罰ゲームのピーターじん、観たかったなあ。昨日やったという松雪さんのはなわ(佐賀だったのかあ)とあわせてDVD特典で収録して欲しいと思いましたよ。

投稿: nya | 2005.10.17 04:24

研太郎くん、コメントありがとう!

それが、おひょいさん、たしかに台詞はおぼつかないけど幻斎としては納得の存在感なのですよ。あと、おひょいさんは影武者家康役もやってるんだけどそれもぴったり。

原作(とくに「かくれさと」)を考えるとあんなに枯れてちゃいけないし、原作ファンには思い入れ深い人は多いキャラなので、きっと誰がやっても文句はでると思うけど、不思議と納得してしまうのでした。

>青野武さん
ああ、お声は浮かぶのですがお顔が..と思ってぐぐってみたらなるほどなるほど~。むしろ私は油っけのある老人ということで緒方拳さんなんかを思い浮かべていました。

しかし舞台を見てしまうと原作読んでもおひょいさんでキャストされてしまう...ある意味今回の舞台の成功要因のひとつだと思いますよ。DVD(もしくはゲキシネ)にはなると思いますので機会がありましたら是非観てください。

投稿: nya | 2005.10.17 04:40

なるほど、藤村氏、台詞はちょっとあれだったけど
はまり役だったのですね。
しかし影武者家康もやってらしたとは。
あの茶屋のシーンも入っているのでしょうか。
見るのが楽しみになりました。

青野武は飄々としているところや、やさしさと
その中にある厳しさ、剛さ、そして怖さを存分に味あわせて
くれそうだという期待と確信を持って
文庫が出たばかりのころに読んで以来の脳内キャストです。
あまり披露される事はないけど、クールな2枚目をやっても
かっこいいのですよ。(でもたいてい悪役)

投稿: 研太郎 | 2005.10.18 07:45

TB致しました。
大阪のレポを9月17日の青山劇場に、TBしてしまいました。
こちらにしたほうが、よかったかと・・・申し訳ありません、青山の方は削除してください。

投稿: あわはぎ | 2005.10.20 23:39

あわはぎさん、TBどうもありがとうございます~。TBはメンテしておきますね。

投稿: nya | 2005.10.21 23:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33364/6410795

この記事へのトラックバック一覧です: 雨の御堂筋(線) - 「吉原御免状」大阪遠征:

» 吉原御免状(もちろんネタばれ) [あわはぎ]
くぅぅぅ~殺陣がぁ殺陣がぁぁぁかっこいいぞぉ!!!新感線プロデュースいのうえ歌舞 [続きを読む]

受信: 2005.10.20 23:44

« 演劇/映画系のあれこれ | トップページ | おねがい荒嶋さん »