« 「吉原御免状」感想 | トップページ | Escape from Dartmouth »

十五夜望月

102_0069

中庭地白樹栖鴉(中庭 地白うして 樹に鴉を栖ましむ)
零露無聲濕桂花(零露 聲無く 桂花を濕す)
今夜月明人盡望(今夜 月明 人盡く望む)
不知秋思在誰家(知らず 秋思の 誰が家に在るかを)

王建

家のベランダから見事な月を撮ってみた。お月見団子も備えたけれどやっぱり月見酒がいちばんだ。酒盃片手に月を愛で七言絶句など朗じながらしばし酔峡に遊ぶ夜なのだ。いいよな詩吟。

|

« 「吉原御免状」感想 | トップページ | Escape from Dartmouth »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 十五夜望月:

« 「吉原御免状」感想 | トップページ | Escape from Dartmouth »