« 英国逍遥2005 Index | トップページ | 閑散とした楽園 »

英国逍遥2005 補足など

いまだに時差ぼけから立ち直れない私だ。こんなときは身体を動かしてリフレッシュできればいいんだけど、おりしもお盆時なのでフィットネスクラブが休みだった...しょうがないから酒飲んで寝てる(ダメ人間)。居間のクーラーの設定温度は20度になってます。左の「チーム・マイナス6%」のバナーが泣いているよ(今日だけですすみません)。バナーといえば左のロンドンの気象バナーをごらんいただくとわかるとおり、英国最低10度最高24度。曇りや雨の昼間の基本は14~15度で涼しいを通り越して寒かったのだよ。そんな気候でもノースリーブでおへそを出して歩いている英国の女性。白人とは体質が違うのだとしみじみと思ったよ...。

てなわけで今回の旅行で気がついたことなどを追記していきます。

20050807I
<定番フィッシュ&チップス。CodとかHaddockとか鱈系の白身魚のクリスピーな唐揚げとポテトにモルトビネガーをじゃばじゃばかけて食べるのが好きだ。普通はこのように過剰。でも食べちゃう<-でぶ>

- 英国のTVニュースはBBC1かSKYを見ていた。新聞はTIMES。顕著なニュース項目としては「同時多発テロ犯人検挙」「ロシア潜水艇奇跡の救出劇」「前外相ロビン・クック氏の急死」「ディスカバリーの船外活動と帰還」「リバプールでのレイシストによる黒人少年殺人事件」「カナダでのエール・フランス着陸失敗炎上奇跡の全員脱出」など。

- 原爆忌が近づくにつれ、それ関係の報道も増えた。SKY NEWSでやっていた携帯を使ったテレゴングで、「日本に原爆を落としたのは正しいことだったか?」というアンケートに70%近くが「Justice」と答えていたのはちょっとへこんだ。とはいえ下記にあるように戦敗国日本に対するスタンスは非常にフェアに感じた。

-BBCでは8/7の夜に特番「HIROSHIMA」を放送した。広島での原爆投下に到るドキュメントをドラマとCGを交えて非常にリアルにそしてフェアな視点で描き出したもの。私にとってはすぐに是非を問える内容ではなかったが力作であり日本でも是非放送してほしい。

- 終戦関係のニュースではインパール作戦での当時の日本兵と英国人捕虜が二人でビルマを訪ねて往時を語り合うというミニ特集もやっていた。双方非常に紳士な対話。もと日本兵の方のあまりな英語の達者ぶり..というか英国人っぷりにびっくりし帰国してネットで調べたら、英国に長く在住し現在日本人会会長を努められている方であることを知り納得。

- 旅行中に出逢った唯一の日本人はプリンスタウンのダートムーアビジターセンターで女性二人連れ。英国在住でこれからハイキングをするということであった。今回は英国人の保養地を巡ったせいかどこでも圧倒的に英国人が多く、ちょっとドイツフランス(大きな観光地ではたいていドイツ人の団体さんがいるのだ)。アジアではインドやアラブくらいかな..そうそう、インペリアルホテルではアメリカ人の老人団体客が泊まっていたよ。

- 日常の買い物(お酒とかおつまみ系)はどこにでもあるSAINSBURYで。日本におけるジャスコみたいなものかな。お惣菜はそこそこおいしい。銀行、ガソリンスタンド、自動車保険...といろいろ手広くやってたよ。

- 英国でコンビニに当たる店はSPAR。郵便局を兼ねているところも多い。民営化の先鞭の国だね。

- そんでもって英国の家電量販店はDIXONS。日本同様郊外の道路わきに巨大な路面店がある。いま英国では日本同様に薄型大型テレビが売れ筋真っ盛り。毎夜テレビでビックカメラそっくりな商品連呼型のCMを流しててうるさかったよ。

- 英国では平日と週末では新聞のつくりが違うし、例えば「The Times」と「The Sunday Times」というように名前も違う。週末版は日本の新聞のお正月版みたいに分厚い特別版をだすのだ。カルチャー系のイベントなんか記載した情報誌も入っているよ。TheKnowledgeというその雑誌。先週末はエジンバラのフリンジ特集であったが、巻頭"今週のピックアップ"なんてコーナーではなぜかアラーキーがピックアップされてた(好き)。"Japan's most notorious photographer"なんて書かれてたよ。確かにnotoriousだなあ。その他にもアニメやゲームなど総じて現代日本文化への興味関心は高い。

- タブロイド紙も同様(「The Sun」の週末版は「The Sunday People」になる)。 週末のタブロイド紙はゴシップ満載(ヌードも満載)でそりゃもう凄くて英国王室やセレブに関するゴシップは日本では日・月曜日に多く報道されるのはそのため。

- 英米での表現の違いで一番有名なのは階数表示の1st/2ndがGround/1stになるものだろう。その他よく使うものなど。

・ガソリンスタンド petrol station(英) gas station(米) .. BPはBritish Petrolなのだ
・薬屋 chemist(英) pharmacy(米) .. 最近はchemist表示は少なくなってる
・地下鉄 underground(英) subway(米) .. 英国は地下鉄そのものはtubeという
・地下道 subway(英) underground(米) .. 地下鉄と逆転するのだ
・高速道路 motorway(英) freeway(米) .. 英国も米国もほぼ無料(橋などは有料)
・エレベータ lift(英) elevator(米)
・勘定書 bill(英) check(米) .. でもついレストランでは「Check, please」ってやっちゃう。


|
|

« 英国逍遥2005 Index | トップページ | 閑散とした楽園 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

「英国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33364/5466726

この記事へのトラックバック一覧です: 英国逍遥2005 補足など:

« 英国逍遥2005 Index | トップページ | 閑散とした楽園 »