« 2007年問題 | トップページ | 恐るべきエスプリ - 「クマとインテリ」感想など »

「タイガー&ドラゴン #11 子は鎹」 感想

いや~いい最終回だった。最終回はかくあるべしという内容。ひさびさにハマったドラマ。もう終わりなのが寂しいなあとちょっと湿っぽい気分で見始めた。

物語は前回からとんで3年後、刑期を終えて出所した虎児を迎えに来るチビTの気の抜け具合がナイス人選。歳月とともに彼をとりまいていたもろもろも一変。

(CYBER)DRAGON SODAは時代の寵児に。リサと別れた銀銀は立派な二代目として流星会を再興させている。日向さんはともかく力夫とヤスオまで手下になってるのがすごい。なぜかジャンプがどん太をしのぐヨゴレ芸人になってるのがおかしい。そしてなにより竜ニが真打として七代目どん兵衛襲名の目前。どん兵衛さんはといえばなんと二代目小虎を名乗っている。寄席の柱の影から師匠の高座を見つめる虎児とともに私も涙目だ。

誰もが虎児を想っているのにその気持ちがうまく噛み合わない。迷子の子供のような虎児の表情が切ない。

クドカンはバイオレンスにも容赦はないけど、人情劇にも容赦が無い。どん兵衛さんと組長の和解。「3年前はここに座ってたんだよ!」の名台詞。行き場を失い流星会に戻ろうと門を叩く虎児を「似合わねえんだよ」とつきはなす銀銀(立派になって..(;-;)) 。そして喫茶店での会話が決裂して席をたつ竜二の背中に向い流暢な噺をはじめる虎児(回想シーンで刑務所での落語勉強三昧の日々)畳み掛けるように泣きのツボをつくシーンを繰り出されてはかなわない。もちろん笑いもてんこ盛り。流星会シーンでの顔怖すぎのシーンはマジ吹いた。辰ちゃんまさかブラジル人嫁(アニータ!)をもらっているとは。しかも蕎麦アレルギー!でも幸せそうでよかった。エロエロ探検隊は健在だし。泣いて笑って泣きながら笑ってほんとに忙しいや。

「子は鎹」の再現ドラマのラストの夫婦の再開シーンが現代の師匠と虎児の再会シーンに見事にフェードインするに至ってはもう唸るしかない。もはや名人芸だ。バスガイドパブでの抱擁が...ホモみたい(くす<-腐)。ナンがSPからの長い長い伏線になっているたーおそれいったぜ。

ラスト。襲名披露の高座に現れる三代目(二代目はどん兵衛さんだからね)小虎。観客席には関係者一同だ。「タイガータイガーじれっタイガー」の唱和で賑々しくも涙涙のカーテンコール。うう~ん。よかったよ!

そして思うのだ。明日からもきっと浅草あたりで彼らの生活が続いてる。良い物語は人の心に作用してそれが終わったあともずっとずっと登場人物が世界のどこかに居るような気分にさせてくれるのさ。それを生み出してくれたクドカンとドラマスタッフ、キャストの皆さんに最大限のリスペクトを。素敵なお話をありがとう!三ヶ月間、本当に楽しかったよ。

■公式サイト

「タイガー&ドラゴン」 : 絶妙な更新タイミングに自作への愛を感じましたよ

■大好きな感想サイト

「タイガー&ドラゴン」withほぼ日テレビガイド:ほぼ日刊イトイ新聞のスタッフ(糸井先生含む)による熱いドラマレビュー対談。女子部も好き。

にゃむにゃむ : にゃむ子様の素敵なイラストによるドラマ感想サイト。半端じゃなくうまくて面白いです!TRICKの頃に見つけて以来のマイお宝サイト。

■ちょびっと宣伝。

DVD-BOXは9月7日に発売! 私も予約しました。

■過去の感想リスト

第三回 「茶の湯」
第四回 「権助提灯」
第五回 「厩火事」
第六回 「明烏」
第七回 「猫の皿」
第八回 「出来心」
第九回 「粗忽長屋」
第十回 「品川心中」

その他 : クドカンやばい

|
|

« 2007年問題 | トップページ | 恐るべきエスプリ - 「クマとインテリ」感想など »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ♪

伏線の張り方がノリではなくて、最後の最後までかかって
よく練られたものやと思いましたねぇ。
間違いなくクドカンの代表作になったなぁと(泣)。

にゃむ子さんのHP、書き込みとかはしたことないですけんど
好きで『ぼくの魔法使い』のレビューから観に行くようになりました♪
画のチョイス(とツッコミ)の面白さが秀逸ですよね(笑)。

投稿: 青いパン | 2005.06.25 23:25

青いパンさん、こちらにもコメントありがとうございます!

タイドラは、闇雲に突っ走っているように見えて実はものすごくよく考えられているよなあとナン落ちをみて思いました。

にゃむ子さんのサイト秀逸ですよね!あの一瞬の表情をよく描けるものだなあといつも感心しています。ツッコミも大好き。最終回は終了後速攻更新なさってましたね。すげー!と思いました。

投稿: nya | 2005.06.26 05:59

はじめまして。
『タイガー&ドラゴン』の感想を探していて、こちらのブログに辿り着きました。
見逃してしまった回がいくつかあるのですが、あらすじを知りたくて感想を拝見し、ますますその未見の回を見たくなりました。
私もDVDを買う予感がします。
それもこれも、最終回が素晴らしかったからだろうなと思います。
終わってしまったことの寂しさとは別の部分で、「ああ面白かった!」と満足できるドラマって、そうそうないですよね。
『タイガー&ドラゴン』はそういうドラマだったと思います。
スペシャルからナンを引っ張ってきたことも、心憎い演出でした。
笑って泣いて楽しめるドラマを見る事ができて、本当に良かったです。

投稿: じゅん坊 | 2005.06.27 22:09

じゅん坊さん、はじめまして!TBとコメントをありがとうございます。

私も第一回の「芝浜」を見逃してしまっていてDVD発売を楽しみにしております。最終回はじゅん坊さんがブログで書かれているようにまさに大団円って感じでしたね!近年まれにみる良い物語を堪能できて本当に幸せでした。

これからもよろしくおねがいします。

投稿: nya | 2005.06.28 06:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33364/4692030

この記事へのトラックバック一覧です: 「タイガー&ドラゴン #11 子は鎹」 感想:

» 『タイガー&ドラゴン』最終話(第11話)「子は鎹」の回の感想。 [まぜこぜてみよ〜う。by青いパン]
◇TBさせてイタダキマス◇『タイガー&ドラゴン』第11話、「子は鎹(かすがい)」の回の感想です(泣)。ドーン、ドーン、ドーン、チャカカーンっ! [続きを読む]

受信: 2005.06.25 22:32

» 『タイガー&ドラゴン』最終回 [日々の覚え書き]
「子は鎹」の回 なんだかんだで飛び飛びにしか見れていない『タイガー&ドラゴン』も、ついにこれで終わりです。 最終回だけは見逃しちゃならねえと思い、映画鑑賞をあきらめてTVにかじりついてました。 そうして良かった。 野球中継のために、時間がずれこんで放映されたの..... [続きを読む]

受信: 2005.06.27 21:58

« 2007年問題 | トップページ | 恐るべきエスプリ - 「クマとインテリ」感想など »